京都「みつばち」の夏季限定かき氷は、あんずの甘酸っぱさがたまらない!

双子の姉妹が営む手作りあんみつ店

みつばち外観

京都御所や下鴨神社のほど近く、叡山電鉄の出町柳駅から徒歩7分ほどの河原町通りにある「みつばち」。手作りのあんみつで知られる甘味処です。味わいのある手作りの看板と暖簾、すだれのかかった外観が、レトロで温かみのある雰囲気を醸し出しています。

みつばち内観

土壁に木目を基調とした店内は、和柄の座布団やメニューが配された懐かしいイメージです。そんな空間にしっくりと馴染む、ほんわかとした雰囲気の双子の姉妹が営んでいる、物語にでも出てきそうなお店です。アコースティックギターのBGMと共にゆるりとした空気が流れています。

甘酸っぱさがクセになる!「特製あんず氷」

まずは夏季限定の「特製あんず氷」(900円・税込・数量限定)です。少しくずしてから、手作りの寒天と赤えんどう豆をのせて一緒にいただきます。見るからに濃厚そうな自家製あんずシロップは、食べてみると実際に濃厚でピューレの中に果肉がしっかり残っています。氷とよく混ぜるとちょうどよい感じです。あんず特有の甘酸っぱさがたまりません!

あんず氷2

自家製の寒天は今まで食べていたものは何だったのだろう・・・と思うほど、磯の香りがかすかに漂い、プルンとした食感もあいまって本当においしい。こんなにふっくらとやわらかい赤えんどう豆、初めて食べた気がします。ほんのり塩気があります。中にもあんずシロップが入っていて、甘酸っぱさが好きな人はきっと気に入る味わいです。寒天とお豆が、ほどよくかき氷のアクセントになっています。

寒天、赤えんどう豆・・・素材へのこだわり

寒天

こちら自慢の寒天は、千葉県産の海藻「天草(てんぐさ)」を2時間ほどじっくりと煮込んでいるそうです。毎朝お店で炊き上げる赤えんどう豆と小豆は北海道産、黒みつには沖縄県波照間島産の黒糖を使用しています。選び抜いた素材の持ち味を大切に生かしているからこそ、こんなおいしさが生み出されるのでしょう。

「抹茶クリームあんみつ」と「ミニ黒みつきなこ氷」

あんみつと黒みつきなこ3

こちらの看板メニュー「あんみつ」も味わいたい!そんな人にうれしいのが、好きなメニューと「ミニかき氷」のセットです。今回は「抹茶クリームあんみつ」(750円・税込)に「ミニ黒みつきなこ氷」(400円・税込)をセットしていただきました。ほかにも「宇治氷」「ミルク氷」「特製あんず氷」があります。

あんみつは寒天、赤えんどう豆、甘さ控えめの小豆、濃厚な黒みつと、一つひとつのおいしさをしっかりと感じられます。まずは黒みつをかけずにいただくと、それぞれの自然な味わいを楽しめますよ。普段どれだけ人工的で不自然な甘さに慣れてしまっているのか思い知らされます。つるんとした白玉に、ほどよい甘さとコクのある特製抹茶アイス、甘酸っぱいあんず、全てのバランスが絶妙です。

黒みつ氷3

「黒みつきなこ氷」は、コクのある黒みつの風味を存分に楽しめます。振りかけられたきなこが香ばしさを添えています。ミニサイズであんみつと一緒に味わえるとは、うれしいはからいです。

吟味した素材で丁寧に作られた素朴な味わいが、老若男女を問わず地元の人や旅行で訪れる人々に親しまれています。あんみつ店が作る夏だけのかき氷、ぜひ味わってみてくださいね。

みつばち
住所:京都市上京区河原町今出川下ル梶井町448-60
電話・FAX:075-213-2144
営業時間:11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:日、月曜日
※「あんみつ」、各種「豆かん」は取り寄せが可能
(4個~、送料900円(税抜)~、消費期限は発送日から3日以内)。
詳しくはお店まで。
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

30種類以上!モチモチ食感のフォカッチャ専門店「もちぱん」広島にオープン



モチモチ食感が自慢のフォカッチャ専門店「もちぱん」が、4月1日(月)に広島にグランドオープン!30種類以上のフォカッチャを開発し、日本一の品揃えを誇る同店では、藻塩を使った「藻塩フォカッチャ」や、クリームチーズを合わせた「広島塩レモン」などが食べられます!

独自製法のフォカッチャ

フォカッチャ専門店「もちぱん」は、独自の製法で作り上げた、モチモチした食感の個性的なフォカッチャが自慢です。

ホシノ天然酵母を使って15時間熟成させたパン生地は、ジャガイモを練り込んだモチモチ感とともに旨味を最大限に引き出します。また、改良を重ねた生地は、柔らかさが長持ちし、冷蔵庫に入れても固くならないのが特徴。モチモチ食感が長く楽しめます!

「もちぱん」おすすめメニュー




「広島塩レモン」
クリームチーズと塩レモンを挟んだ、デザートドックフォカッチャ。さっぱりとして甘酸っぱいコンビネーションが魅力。冷やしても美味しくいただけますよ。


「藻塩フォカッチャ」
藻塩を使ったフォカッチャ。飽きのこない、何個でも食べたくなる味です!


「レンコンとバジルチキン」
自家製チキンとレンコンの食感がたまらない、総菜フォカッチャ。バジルペーストの味が美味しさの決め手。

イートインコーナー(テーブル席2席、カウンター席6席)で、その場で召し上がることも可能です。ガラス貼りの大きな窓から見える景色を楽しみながら、色とりどりのフォカッチャを、季節のオリジナルスープやドリンクと一緒にどうぞ。

フォカッチャ専門店「もちぱん」
所 在 地:広島県広島市中区八丁堀4-4
定 休 日:日曜日・祝日
営業時間:平日  8:30~15:00
     土曜日 10:00~17:00
アクセス:広島電鉄「女学院前」より 徒歩2分
URL   :http://letoile-filante.jp/focaccia/

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

なか卯のいくら丼に「あわびを1万円分」トッピングしようとしたらこうなった

2020年8月6日、親子丼と水樹奈々さんでお馴染みの「なか卯」が「いくら・Wあわび丼」の発売を開始した。なか卯ではこの4月から、いくら・まぐろ・うなぎなどの “豪快盛シリーズ” を展開しており、このたび高級食材のあわびが登場した、というワケだ。

ぶっちゃけ、私、P.K.サンジュンはこれまで「親子丼は好きだけどそっち系はスルー」の姿勢を貫いてきた。だがしかし「あわびを追加トッピングできる」と聞いてしまったら無視するワケにはいかないだろう。やるか……! 久々に男のロマン「1万円トッピング」の開催だ!!

・親子丼はウマいけど

自宅の近所になか卯がある私は、ちょいちょい同店に足を運んでいる。お目当ては「親子丼」と「すだちおろしうどん」が9割で、気が向いたら牛丼を食べている感じだ。中でも親子丼の安定感は抜群! 親子丼に関しては「自分で作るよりもウマい」と確信している。

そういう意味で私なりになか卯への信頼感はあるのだが、数年前から展開している「いくら丼」については「どうせ……」という気持ちを抱いていた。だってそうだろう、親子丼がどれだけ美味しいとしても生もののいくらは畑が違い過ぎる。端的に「またやってらあ」くらいの感想しか持ち合わせていなかった……のだが!

冒頭でもお伝えした通り「いくら・Wあわび丼」は、あわびの追加トッピングが可能だというではないか。あわび単品は500円。仮に味がイマイチだとしても、1万円分のあわびはとんでもない画力(えぢから)を持っているハズ。やるしかねえ……! 私は1万円札を握りしめ、なか卯へと足を運んだ。

・ハプニング発生

今回はいくら丼に2つのあわびがのった「いくら・Wあわび丼」(1600円)を注文し、残り8400円分は全てあわびをトッピングすることに。あわびは1つ500円だから、16個のあわびをトッピングすれば合計9600円で「いくら丼+18個のあわびトッピング」が完成する計算だ。ところが……。

あわびを16個注文しようとしたところ、訪れたなか卯には8個の在庫しかないというではないか。なぬ……! さらにもう1つの店舗では在庫が6個しかなかったため、今回は「いくら・Wあわび丼」+ あわび6個、合計8個のあわびで妥協することにした。総額は4600円である。

「いくら・Wあわび丼」は5分も経たず到着した。意外と言っては失礼かもしれないが、小ぶりではあるものの、あわびはなかなか立派である。てっきり私は茹でか蒸しか、火を通したあわびを使用しているかと思っていたが、実際は生のあわびが使用されていた。在庫が少ないのも納得だ。

・盛り付け開始!

で、あとはあわび6個を「いくら・Wあわび丼」に盛り付けていくだけ。キラキラのいくらを覆い尽くすあわびたち。1つ1つは小ぶりだが、数の暴力で丼を埋め尽くしていく。やがて……

ドーーーーーーン!

ズドーーーーーーーーン!!

あわび4600円トッピングの完成である!

もはやいくらの姿は確認できず、パッと見は完全に “あわび丼” だ。なんと贅沢な丼だろう……! しかもここは漁師町でもなければ寿司屋でもない「なか卯」である。まさか なか卯でここまで大量のあわびとご対面するとは思ってもいなかった。サンキュー、なか卯。

とはいえ、大切なのは味である。実はこの段階でも「それでも……」とややネガティブな感情があったのだが、なかなかどうして、なか卯のあわびは悪くない。生のあわびだけあって風味は強く、思ったより身も柔らかだ。個人的には噛み切れないほど硬いあわびが好きなのだが、丼としての食べやすさを考えた場合、なか卯のあわびはアリである。

・いくらのウマさにビビった

また、長年スルーしてきたいくらが、実はかなり美味しかったことも記述しておく。一言でいえばなか卯のいくらは、そんじょそこらの回転寿司とは一線を画す “イイいくら” であった。このクオリティなら いくら丼だけ食べに来てもイイと感じた次第だ。

想像以上の美味しさにスルスルッとノドを通過していった結果、10分足らずで4600円のあわびいくら丼を平らげた。あと10人前あわびが追加されていても、おそらく余裕でイケたハズ。それくらい美味しい丼であった。

予期せぬハプニングはあったものの、個人的にはかなり満足だったなか卯のあわびといくら丼。このクオリティで「いくら・Wあわび丼」が1600円ならば、決して高くないのではなかろうか? 私のように「なか卯でいくら丼(笑)」と思っている方にこそ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:なか卯
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ『1万円分トッピングしてみたらこうなった

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。