【地方の美味を自宅で】千葉県のお取り寄せグルメ5選


(C)成田ゆめ牧場

南房総の鮮魚を自宅で「干物セット」/まるい鮮魚店


(C)まるい鮮魚店
6種類の魚が入った南房総産地直送の干物セット。一枚一枚丁寧に塩を擦り込み、2度の塩抜きを行うなど、じっくりと手間暇かけて作られています。キンメダイをはじめとした、ここでしか味わえない豪華セットを自宅で思う存分堪能できますよ。

まるい鮮魚店
南房総館山産地直送通販 干物セット(6種18枚) 3,348円(税込)※送料別
URL:https://www.marui-sakanaya.com/hanbai3-10.html

ボリューム満点!「野菜セット」/はにーびー


(C)はにーびー
契約農家の方が作った特別栽培野菜が、たっぷり詰め込まれてご自宅へ直送されます。ボリューム満点のレギュラーサイズから、使いやすいライトサイズまで。野菜たちの旬の芳醇な香りと濃厚な味を楽しめます。

はにーびー
野菜セット レギュラーサイズ(11品目) 2,780円 ~ 3,840円 (税込)※重量によって送料が変わります
URL:https://honeybee-shop.com/top/set/

落花生を楽しむならコレ!「人気商品詰め合わせセット」/鈴市商店


(C)鈴市商店
鉄板の千葉県産落花生4種に加え、グルメ雑誌などでも紹介されたクリーミーピーナッツバターを詰め合わせたセットです。「何がオススメかわからない」という方にこそおすすめしたい、鈴市商店の味を幅広く堪能できる味比べセットとなっています。

鈴市商店
人気商品詰め合わせセット  4,784円 (税込)※送料込
URL:https://suzuichi-s.co.jp/SHOP/A010_OT.html#pi_cart

しっとりふんわり「まきばの夢チーズケーキ」/成田ゆめ牧場


(C)成田ゆめ牧場
成田ゆめ牧場の牛乳を使用した「まきばの夢チーズケーキ」。新鮮な牧場牛乳を使用し、牧場直営店でパティシエが1本1本心を込めて作っているこだわりの濃厚チーズケーキです。しっとりふんわりの優しい食感とコク深い濃厚な味わいに、思わず笑みがこぼれますよ。

成田ゆめ牧場
まきばの夢チーズケーキ  1,350円 (税込)※送料別
URL:https://www.yumeboku-shop.com/shopdetail/000000000031/

夏にぴったり「まるごとびわゼリー」/亀屋本店


(C)亀屋本店
皮と種を取り除いたびわの果肉をたっぷりそのまま閉じ込めた「まるごと枇杷ゼリー」。夏場は冷たく冷やして食べると、スッキリさわやかな口当たりが広がり、よりおいしく味わえます。食欲がない夏場でも食べやすい、とっておきのデザートです。

亀屋本店
まるごとびわゼリー(2粒入)6個箱入り 1,944円 (税込)※送料込
URL:http://kameyahonten.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=428331&csid=0

※価格は全て税込表記です。
※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

鍋の具材にカラムーチョ!新感覚のスナック菓子「鍋カラムーチョ」が新登場

鍋カラムーチョ 花椒火鍋


ジワジワとシビれる花椒と、肉のコク深い旨みがクセになり、一度食べたらもう止まりません。味のテーマである「火鍋」は、カラムーチョのキャラクターであるヒーおばあちゃんが発する言葉とかけて、“ヒー鍋(火鍋)”という表現しているとのこと。

鍋カラムーチョ 生姜鶏鍋


生姜の辛味が肉の旨味を引き立てる、“しょうがない”ほどの美味しさです。こちらも体がポカポカ温まる、この時期に嬉しい商品ですね。

商品概要
■商品名:「鍋カラムーチョ 花椒火鍋」/「鍋カラムーチョ 生姜鶏鍋」
■内容量:90g
■価 格:オープン価格
■発売日/販売先:
2019年12月23日(月)/全国コンビニエンスストア
2020年1月6日(月)/全国スーパーマーケット等、一般チャネル

『ヒーっとネック』キャンペーン


「鍋カラムーチョ 花椒火鍋」、「鍋カラムーチョ 生姜鶏鍋」の発売を記念して、口からだけでなく、首からもみなさんを温めたいとの想いから、口から温める「鍋カラムーチョ 花椒火鍋」(2袋)と「鍋カラムーチョ 生姜鶏鍋」(2袋)、首から温める「カラムーチョマフラー」(1本)を、「カラムーチョ」発売から35周年にあわせて抽選で35名様にプレゼントするというなんともユニークなキャンペーンが実施されます!


当選するとこちらの、カラムーチョマフラーがもらえます。見るからに温まりそうですね!

【キャンペーン詳細】
■ タイトル : 鍋カラムーチョであったまる!『ヒーっとネック』キャンペーン
■ 応募方法 : コイケヤ【公式】(@koikeya_cp)をフォローしていただいた上で、キャンペーンツイートをリツイートしてください。
フォローはこちら:https://twitter.com/koikeya_cp
■ 応募期間 :2019年12月23日(月)~2020年1月5日(日)
■ プレゼント賞品 (35名)
・「鍋カラムーチョ 花椒火鍋」:2袋
・「鍋カラムーチョ 生姜鶏鍋」:2袋
・「カラムーチョマフラー」:1本
上記をセットにして、抽選で35名様にお送りいたします。

PRTIMES

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

なか卯のいくら丼に「あわびを1万円分」トッピングしようとしたらこうなった

2020年8月6日、親子丼と水樹奈々さんでお馴染みの「なか卯」が「いくら・Wあわび丼」の発売を開始した。なか卯ではこの4月から、いくら・まぐろ・うなぎなどの “豪快盛シリーズ” を展開しており、このたび高級食材のあわびが登場した、というワケだ。

ぶっちゃけ、私、P.K.サンジュンはこれまで「親子丼は好きだけどそっち系はスルー」の姿勢を貫いてきた。だがしかし「あわびを追加トッピングできる」と聞いてしまったら無視するワケにはいかないだろう。やるか……! 久々に男のロマン「1万円トッピング」の開催だ!!

・親子丼はウマいけど

自宅の近所になか卯がある私は、ちょいちょい同店に足を運んでいる。お目当ては「親子丼」と「すだちおろしうどん」が9割で、気が向いたら牛丼を食べている感じだ。中でも親子丼の安定感は抜群! 親子丼に関しては「自分で作るよりもウマい」と確信している。

そういう意味で私なりになか卯への信頼感はあるのだが、数年前から展開している「いくら丼」については「どうせ……」という気持ちを抱いていた。だってそうだろう、親子丼がどれだけ美味しいとしても生もののいくらは畑が違い過ぎる。端的に「またやってらあ」くらいの感想しか持ち合わせていなかった……のだが!

冒頭でもお伝えした通り「いくら・Wあわび丼」は、あわびの追加トッピングが可能だというではないか。あわび単品は500円。仮に味がイマイチだとしても、1万円分のあわびはとんでもない画力(えぢから)を持っているハズ。やるしかねえ……! 私は1万円札を握りしめ、なか卯へと足を運んだ。

・ハプニング発生

今回はいくら丼に2つのあわびがのった「いくら・Wあわび丼」(1600円)を注文し、残り8400円分は全てあわびをトッピングすることに。あわびは1つ500円だから、16個のあわびをトッピングすれば合計9600円で「いくら丼+18個のあわびトッピング」が完成する計算だ。ところが……。

あわびを16個注文しようとしたところ、訪れたなか卯には8個の在庫しかないというではないか。なぬ……! さらにもう1つの店舗では在庫が6個しかなかったため、今回は「いくら・Wあわび丼」+ あわび6個、合計8個のあわびで妥協することにした。総額は4600円である。

「いくら・Wあわび丼」は5分も経たず到着した。意外と言っては失礼かもしれないが、小ぶりではあるものの、あわびはなかなか立派である。てっきり私は茹でか蒸しか、火を通したあわびを使用しているかと思っていたが、実際は生のあわびが使用されていた。在庫が少ないのも納得だ。

・盛り付け開始!

で、あとはあわび6個を「いくら・Wあわび丼」に盛り付けていくだけ。キラキラのいくらを覆い尽くすあわびたち。1つ1つは小ぶりだが、数の暴力で丼を埋め尽くしていく。やがて……

ドーーーーーーン!

ズドーーーーーーーーン!!

あわび4600円トッピングの完成である!

もはやいくらの姿は確認できず、パッと見は完全に “あわび丼” だ。なんと贅沢な丼だろう……! しかもここは漁師町でもなければ寿司屋でもない「なか卯」である。まさか なか卯でここまで大量のあわびとご対面するとは思ってもいなかった。サンキュー、なか卯。

とはいえ、大切なのは味である。実はこの段階でも「それでも……」とややネガティブな感情があったのだが、なかなかどうして、なか卯のあわびは悪くない。生のあわびだけあって風味は強く、思ったより身も柔らかだ。個人的には噛み切れないほど硬いあわびが好きなのだが、丼としての食べやすさを考えた場合、なか卯のあわびはアリである。

・いくらのウマさにビビった

また、長年スルーしてきたいくらが、実はかなり美味しかったことも記述しておく。一言でいえばなか卯のいくらは、そんじょそこらの回転寿司とは一線を画す “イイいくら” であった。このクオリティなら いくら丼だけ食べに来てもイイと感じた次第だ。

想像以上の美味しさにスルスルッとノドを通過していった結果、10分足らずで4600円のあわびいくら丼を平らげた。あと10人前あわびが追加されていても、おそらく余裕でイケたハズ。それくらい美味しい丼であった。

予期せぬハプニングはあったものの、個人的にはかなり満足だったなか卯のあわびといくら丼。このクオリティで「いくら・Wあわび丼」が1600円ならば、決して高くないのではなかろうか? 私のように「なか卯でいくら丼(笑)」と思っている方にこそ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:なか卯
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ『1万円分トッピングしてみたらこうなった

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。