【魔性】セブンイレブン限定「とろ生ケーキクリーミーチーズ」が罪深すぎる味! 舌が甘やかされすぎてモンテールのために国を滅ぼすレベル

クレオパトラ、楊貴妃(ようきひ)、ヘレネ……その魅力で国をも傾けた世界三大美女たち。ここに新たなメンバーが加わったかもしれない。セブンイレブン限定で発売された「とろ生ケーキクリーミーチーズ(税抜き260円)」である

出会いは2020年8月7日。セブンイレブンのスイーツコーナーで私(中澤)は言葉を失った。鮮やかに焼けたスポンジ、パッケージの奥からのぞく真っ白なチーズクリーム。そのコントラストは夏の暑さを忘れるのに十分なものだった。

──だがしかし、この時の私は全く分かっちゃいなかったのであるこのケーキの持つ魔性を

・美しい

しばし息をのんで見守っていると、「とろ生ケーキクリーミーチーズ」が振り向いてニコリと笑った。吹き抜ける風。強すぎる太陽の光が窓の外を白く染める中、透き通るその笑顔にはどこか決意のようなものを感じる。これは白昼夢か夏の幻影か。私は「とろ生ケーキクリーミーチーズ」の手を取った。

ひんやりしたその手。シースルーのパッケージには洋菓子メーカー・モンテールの名前が見えた。モンテールと言えば、あの創業66年の由緒正しき洋菓子メーカーの? 近年では毎年モンドセレクションも受賞している名門じゃないか。でも、そんなお嬢さんがなぜこんなところに

・本家の宿命

そこでモンテールに問い合わせてみたところ、セブンイレブン限定で8月6日から全国発売されたものとのこと。個人的には、モンテールではkiri「チーズクリームロールケーキ」が鮮烈だが、今回kiriは絡んでいないという。チーズクリームの味も本家の血筋ということか。

そっとフタを外すと、スポンジに降りかかった粉糖が粉雪のように美しい。そんなスポンジの間にガッツリ入ったチーズクリームの量には、本家の宿命のようなものが感じ取れた。

・魔性の味

かぶりつくと、甘いカステラに粉糖がさらに甘みをつけている。これだけでもスイーツとして成り立っているのだが、その上、チーズクリームがなめらかに舌を包み込む。

チーズの豊潤さが合わさったトロけるような甘さ。クッ、一体どれだけ私の舌を甘やかせば気が済むのか! この時、私はケーキに潜む魔性に気づいた。しかし、時すでに遅し……

落ちていく。食べれば食べるほどに、その甘みに溺れるように落ちていく。足りない! まだまだ足りないぞ!! 心が叫ぶままに貪り食べた結果……

320キロカロリーを瞬殺してしまった

その甘やかしは理性を崩壊させるほどの破壊力。時代が時代であれば争乱が起こっていてもおかしくなかっただろう。あれから私は「とろ生ケーキクリーミーチーズ」の甘さを忘れられずにいる。恐るべしモンテール。このケーキがコンビニスイーツ界の楊貴妃と呼ばれる日も近いかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【注意】絶対にヤンヤンつけボーの「つけデコパーティーセット」で1人さびしくヤンパーしてはいけない

一番好きなお菓子は何ですか? と聞かれたら、迷わず「明治の『ヤンヤンつけボー』です!」と答えるくらいにヤンヤンが好き。その愛は、「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」なる記事も書いたくらい。

そんな私にとっても、ヤンヤン界の最強セット商品「つけデコパーティーセット」は未知なる領域だった。なぜならヤンヤンの素晴らしさを共感できる「ヤン友」がいないからである。ずっと一人のヤン活だった。

しかし、いつまでも逃げてばかりはいられない。もしかしたら1人でも楽しくヤンパー(ヤンヤンパーティー)できるのかも? 試してみた。

先に結論から書いてしまおう。

虚しかった。

泣きたくなるほど虚しかった。

もう二度と、1人で孤独ヤンパーするものかと強く心に誓った次第だ。

なぜそう思ったのかといえば、「つけデコパーティーセット」のセット内容が、あまりにも楽しげだったからである。

まず、開封した時点で……

テンションMAX。

ヤンヤン×3に、さまざまな「つけ具」が入っているうえ、それらを入れる釣具入れのような「ヤンヤン専用トレー」まで入っている。

あのヨーグレットまでヤン化できちゃうなんて夢のようだ。

中心のくぼみにはヤンヤンがピッタリ。

そして、いつものようにチョコをつけて……

パウダーと共にヨーグレット……

マーブルチョコもwithして……

仕上げにパチパチキャンディーも付けちゃって……と、本来であればメチャクチャ楽しいヤンヤンタイムなのであるが、なぜか今回ばかりはスンゲーーーー虚しくなったのである。泣きたくなるほどの虚しさだった。

昔から一人遊びは得意だし、メシも1人で食べられるし、寂しさや虚しさにも比較的強いタイプなのだが、なぜか今回ばかりは耐えられなかった。

きっとこれ、大勢のヤン友と一緒にやったら絶対に楽しい。間違いなく盛り上がる。その確信が強ければ強いほど、寂しく単独ヤンパーしている自分に虚しさを感じてしまったのである。幸せな商品、「つけデコパーティーセット」。孤独のヤン者は、気をつけて。

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

余った「青しそ」を使いきる絶品レシピ2つ。ごはんの進みすぎに注意

<香味野菜をおいしく食べる~後編>  2~3枚でも、余った時に。  蒸し暑い季節が到来。健やかに食欲をアップさせてくれるのが、夏の香味野菜ですよね。中でもお刺身やパスタの薬味として広く人気なのが、大葉(青しそ)。  不揃 […]