【魔性】セブンイレブン限定「とろ生ケーキクリーミーチーズ」が罪深すぎる味! 舌が甘やかされすぎてモンテールのために国を滅ぼすレベル

クレオパトラ、楊貴妃(ようきひ)、ヘレネ……その魅力で国をも傾けた世界三大美女たち。ここに新たなメンバーが加わったかもしれない。セブンイレブン限定で発売された「とろ生ケーキクリーミーチーズ(税抜き260円)」である

出会いは2020年8月7日。セブンイレブンのスイーツコーナーで私(中澤)は言葉を失った。鮮やかに焼けたスポンジ、パッケージの奥からのぞく真っ白なチーズクリーム。そのコントラストは夏の暑さを忘れるのに十分なものだった。

──だがしかし、この時の私は全く分かっちゃいなかったのであるこのケーキの持つ魔性を

・美しい

しばし息をのんで見守っていると、「とろ生ケーキクリーミーチーズ」が振り向いてニコリと笑った。吹き抜ける風。強すぎる太陽の光が窓の外を白く染める中、透き通るその笑顔にはどこか決意のようなものを感じる。これは白昼夢か夏の幻影か。私は「とろ生ケーキクリーミーチーズ」の手を取った。

ひんやりしたその手。シースルーのパッケージには洋菓子メーカー・モンテールの名前が見えた。モンテールと言えば、あの創業66年の由緒正しき洋菓子メーカーの? 近年では毎年モンドセレクションも受賞している名門じゃないか。でも、そんなお嬢さんがなぜこんなところに

・本家の宿命

そこでモンテールに問い合わせてみたところ、セブンイレブン限定で8月6日から全国発売されたものとのこと。個人的には、モンテールではkiri「チーズクリームロールケーキ」が鮮烈だが、今回kiriは絡んでいないという。チーズクリームの味も本家の血筋ということか。

そっとフタを外すと、スポンジに降りかかった粉糖が粉雪のように美しい。そんなスポンジの間にガッツリ入ったチーズクリームの量には、本家の宿命のようなものが感じ取れた。

・魔性の味

かぶりつくと、甘いカステラに粉糖がさらに甘みをつけている。これだけでもスイーツとして成り立っているのだが、その上、チーズクリームがなめらかに舌を包み込む。

チーズの豊潤さが合わさったトロけるような甘さ。クッ、一体どれだけ私の舌を甘やかせば気が済むのか! この時、私はケーキに潜む魔性に気づいた。しかし、時すでに遅し……

落ちていく。食べれば食べるほどに、その甘みに溺れるように落ちていく。足りない! まだまだ足りないぞ!! 心が叫ぶままに貪り食べた結果……

320キロカロリーを瞬殺してしまった

その甘やかしは理性を崩壊させるほどの破壊力。時代が時代であれば争乱が起こっていてもおかしくなかっただろう。あれから私は「とろ生ケーキクリーミーチーズ」の甘さを忘れられずにいる。恐るべしモンテール。このケーキがコンビニスイーツ界の楊貴妃と呼ばれる日も近いかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【北海道からの招待状 第3回】客室から出たくなくなる「景色と窓」がある宿 ニセコ|たったひとつを叶える旅<58>

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

北海道が私たちを招いている

国内旅行で、最も満足度が高かった旅行先第1位にも登場する「北海道」。日本人のみならず、海外旅行客にも大変人気があります。

大自然が私たちを寛がせ、
地元の美味が私たちを喜ばせ、
豊かな温泉が私たちを蘇らせます。

だから私たちは北海道が好き。
大好きな北海道から、あなた宛に招待状が届いています。
どんなお招きか、招待状を開けてみましょう。

英国人オーナー夫妻が描いた理想の宿

坐忘林

理想の宿とは何でしょう。坐忘林のオーナーは、英国人ご夫妻。日本に住んだ10年以上の間、民宿から高級旅館まで多くの旅館に宿泊。その結果、自らの「理想の旅館」の夢を思い描きました。「自然に感謝する穏やかな心と、そういった気持ちになれる平穏な空気に満ちた場所の組み合わせ」のコンセプトが、「坐忘林」の実現です。英国人オーナーの理想が、同じく英国人のクリエイティブディレクター、北海道に拠点を置く日本人建築家により結実しました。

ニセコの約15,000坪もの敷地の中に、たった15部屋の客室の宿。雪と縁が深いニセコゆえ、客室の名前は、「氷柱雪(つららゆき)」「雪月輪(ゆきつきわ)」「深雪(みゆき)」など雪の結晶の名前。家紋のようなそれぞれの模様が、ルームキーや部屋の入口のサインになっています。

英国人の美学

坐忘林 ロビー

英国人のクリエイティブディレクターは、自然にあるアナログなものの美しさを、ロビーや暖炉、インテリア、部屋に飾ってある写真で表現しています。

雪の積もった地平線
枯れ木の形
暖炉の火
燃える薪のにおいなど。

極限までシンプルにして、ほとんど妥協することなく完成したのが、「坐忘林」。

景色を切り取った、借景のバースペース

坐忘林 バースペース

日本人建築家が「景色の切り取り方、窓を配す場所にこだわりました」と自信を持つ、バースペース。チェックインの手続きもこちらでします。宿の絶景ポイントを、宿泊客に見せたいのでしょう。

敷地面積約15,000坪に、15室のみの客室



敷地面積約15,000坪に、15室のみの客室ゆえ、隣室の物音が聞こえることもなく、プライバシーが守られます。

英国人のクリエイティブディレクターは、「スペースが大事。空白を怖れていろんな要素を取り入れると、結果ぐちゃぐちゃになる」と語っており、その意識が部屋に表れ、宿泊者が抵抗感なく入り込める空間を感じますね。

全客室には源泉かけ流しの内湯と露天風呂

坐忘林 露天風呂

全客室には、源泉掛け流しの内湯と露天風呂が付いており、何回でも入れます。窓から大自然の景色を眺め、何度でも温泉に浸かり、居心地の良さに客室から出て来ない宿泊客も多いそうです。日常で溜まった雑念が空っぽになり、あなたが自然の空間に溶け込む瞬間が味わえるかもしれませんね。

今回のたったひとつは、英国人の美学が結実した「坐忘林」。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためなのです。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
建築に終わりはない。時を経て価値が増す。それが『坐忘林』。[坐忘林/北海道虻田(あぶた)郡]

坐忘林
〒044-0084
住所 : 北海道虻田郡倶知安町花園76-4 
電話 : 0136-23-0003
Website: https://zaborin.com

参考
[HOTERES オンリーワンの宿づくり 最終回「坐忘林」]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

余った「青しそ」を使いきる絶品レシピ2つ。ごはんの進みすぎに注意

<香味野菜をおいしく食べる~後編>  2~3枚でも、余った時に。  蒸し暑い季節が到来。健やかに食欲をアップさせてくれるのが、夏の香味野菜ですよね。中でもお刺身やパスタの薬味として広く人気なのが、大葉(青しそ)。  不揃 […]