【地方の美味を自宅で】岐阜県のお取り寄せグルメ4選

もちもち食感とくるみたれの香り「五平餅」/五平餅本舗ふるや


(C)五平餅本舗ふるや

お米をつぶし、串焼きにしてくるみたれを塗った郷土料理の五平餅。香ばしい香りと甘辛のたれが食欲をかきたてます。レンジで簡単に調理でき、トースターやホットプレートで香ばしく焼き上げることもできますよ。おやつやちょっと小腹が空いたときにもぴったりな一品です。

五平餅本舗ふるや
ふるや五平餅 12本詰 2,406円(税込)
https://www.47club.jp/23M-000029/goods/detail/23M-00002902/

長年愛される定番「明宝ハム」/明宝ハム


(C)明宝ハム

昭和28年に製造されて以来、良質な国産豚のもも肉だけを使って食品添加物を極力使わないハムです。サラダやオードブル、お弁当など、さまざまな用途に使えますね。好きな厚さに切れるので、そのままでも、厚めに切ってフライパンで焼いてもおいしくいただけますよ。

明宝ハム
明宝ハム 1本(360g) 1,134円(税込)
http://shop.meihoham.co.jp/shopdetail/002000000001/

特別な飛騨牛を熟成した最高の味!「熟成飛騨牛(山勇牛)焼肉」/山勇牛一貫


(C)山勇牛一貫

肉質のキメが細かくて柔らかく、味がよいとされる飛騨牛の雌牛を主に、30日以上長期熟成させることによって、うま味成分を多く含むお肉になります。そんな特別な飛騨牛「山勇牛」の、肩からモモまでの赤身部位5種を食べ比べで楽しめます。自宅での食事が特別な時間になりますね。

山勇牛一貫
熟成飛騨牛(山勇牛) 焼肉 おまかせ5種盛合せ 500g  13,090円(税込)
https://store.hida-yamayuushi.com/item/yakiniku/yakiniku-omakase5-30.html

期間限定の秋の味覚「栗きんとん」/恵那川上屋


(C)恵那川上屋

岐阜の東濃地方が発祥とされる栗きんとんは、厳選された栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つひとつ手絞りで仕上げたお菓子です。栗の品種や収穫期によって砂糖の量や炊き時間を工夫しています。ほっこり心温まる素朴な食感を期間限定で楽しめます。8月20日まで早期予約受付中。

恵那川上屋
栗きんとん20入 4,600円(税込)
https://enakawakamiya.com/user_data/kurikinton.php

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

プチトマトのかき氷!?遊び心あふれる京都の老舗京菓子店「二條若狭屋 寺町店」

寺町通りにある老舗京菓子店の茶房

若狭屋外観1

寺町通りと二条通りが交差する場所にある老舗京菓子店の茶房です。寺町通りは日本茶、洋菓子、紙専門店などの老舗や骨董店などが軒を連ねる、ショッピングや散歩が楽しい界隈です。そんな通りに「氷」の文字がはためいています。

若狭屋内観

本店は二条通りを西に向かった場所にある、大正6年創業、現在4代目が営む京菓子店です。寺町店の1階ショーケースには、本店で購入できる代表菓子の懐中ぜんざい「不老泉」や薯蕷まんじゅう「家喜芋(やきいも)」、季節の生菓子などが並んでいます。

不老泉

初代が考案したという懐中ぜんざい「不老泉」。発売当初のままのデザインという、月、花、雪の絵があしらわれた小箱が、レトロで愛らしい魅力を放っています。

家喜芋

こちらもアイデアマンで知られる初代の考案した「家喜芋(やきいも)」です。庶民の食べ物である焼き芋を模り、薯蕷まんじゅう仕立てにしたユニークさが当時好評を博したそうです。「家が喜ぶ芋」とは商品名もウィットに富んでいます。

アマビエ

疫病退散のキャラクターとしておなじみ「アマビエ」の愛らしい生菓子もあります。

清潔感あふれる2階テーブル席

若狭屋内観

2階に上がると清潔感にあふれるテーブル席です。落ち着いた和の空間でゆっくりと甘味を楽しめます。

若狭屋箸休め

まずは「やき栗」と鮎を模した琥珀菓子がサービスされます。

野菜のかき氷!?「トマトヨーグルト」

一つは「宇治金時」など定番のお茶系を味わおうと思っていたのですが、多彩な創作かき氷に心を奪われてしまいました。「トマトヨーグルト」(1,200円・税抜)をオーダー。かき氷にプチトマト!そのお供にヨーグルトとは、どんな味わいなのでしょう?

トマト2

ふわふわと繊細な口当たりのかき氷。ほんのり甘いシロップとトマトのほど良い酸味がうまくミックスし、違和感なく味わえます。ヨーグルトは主張しすぎず、ほど良くトマトの旨みと風味を引き立てています。カルピスを思わせる懐かしい味わいです。トマトの酸味が全体を引き締めるアクセントになっています。全体的にあっさりと甘さ控えめで、暑い夏にうれしい一品です。

欲張りさんも大満足!「あんみつ氷」

あんみつ氷1

これまた心惹かれるネーミングの「あんみつ氷」(1,400円・税抜)。京都の夏の風物詩「五山の送り火」のシンボル「大」があしらわれた、かわいらしいかき氷です。表面には、煎茶の香りがほんのり漂う薄緑色のシロップがかかっています。

あんみつ氷2

そして食べ進めていくと、中にはあんみつが!かき氷とあんみつを同時に味わえるとは、なんと贅沢な一皿なのでしょう!あんみつには黒みつか白みつ、あんこは粒あんかこしあんから選べるという配慮のきめ細やかさ。今回は黒みつと粒あんを選びました。

黒豆、寒天があしらわれ、正真正銘あんみつです。途中で黒みつをかけるとコクと甘みが増します。こちらもあっさり風味で、かき氷とあんみつという和の甘味どうし、自然な組み合わせでした。こんな楽しいサプライズには、思わず笑顔になってしまいます。

若狭屋外観2

ほかにも季節で変わるシロップ5種類の味を楽しめる「彩雲」、季節限定の「いちごレアチーズ」「バジルライム」などの創作系、「梅」「紫蘇」「パイナップル」、もちろん「宇治金時」「ほうじ茶」「黒みつ」などの定番メニューもそろいます(その時々で内容が変わります)。餡、栗甘露煮、練乳ミルク、白玉、アイスなどのトッピングも可能です。好みの味を見つけてみて下さいね。

二條若狭屋 寺町店
住所:京都市中京区寺町通二条下る榎木町67
電話:075-256-2280(席の予約不可)
営業時間:1階 販売 9:00~18:00
2階 茶房 10:00~17:00(ラストオーダー)
定休日:水曜日
URL:http://www.kyogashi.info/index.html
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更、臨時休業の場合があります。詳しくは店舗HPでご確認下さい。

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【テイクアウト】びっくりドンキーがしれっと「カリー」の持ち帰りをスタート! 利用してみたところ → とくに容器がいい…

びっくりドンキーって、どのへんが “びっくり” なんだろうなあ……。そう思っていたのだが、このたびなんともびっくりさせられることがあったので、この場を借りて報告したい。

同店がテイクアウトを実施していることは、以前にお伝えした通り。2020年8月5日からは「カリーソース」の持ち帰りもスタートしている。さっそく記者も注文してみたところ、びっくり。味はモチロン、容器が特に良かったのだ。

・鉄壁のガード力を見せつける容器

このカリーソースは、びっくりドンキーのグランドメニュー “カリーバーグディッシュ” にも使用されているものだ。美味しいよね、アレ。なんでも約30種類のスパイスと牛挽肉、隠し味にたまねぎソテーと赤ワインなどを使ってハンバーグと合うように作られているらしいぞ。

そんなカリーソースを税込216円で持ち帰られるとあらば、注文しない手はない。あらかじめ電話をして頼み、そそくさと車を走らせた記者。徒歩圏内に店がないからな。そんなこんなで受け取り、家に帰って食べようと歌でもルンルン歌いながらこれまた車を走らせる。

そんな時である。前を走っていた車が急ブレーキを踏むではないか。「およよ……」と記者もブレーキを踏んだその時、カレーが袋を飛び出しコロコロと転がってしまったのだ。えらいこっちゃ、きょうのご飯がなくなるどころか車にカレー臭が染みついてしまう。

ブワッと嫌な汗をかいたものの、よくよく見ると当のカレーは素知らぬ顔で無事のご様子。蓋がきっちり閉まっているどころか、漏れ出す雰囲気もない。容器の鉄壁のガードに “びっくり” したことは、言うまでもないだろう。

・ちょうどよい量

そんなこんなで、安心安全な容器に守られ帰宅。まだ温かかったので、そのままいただくことにする。車のブレーキを踏んだ衝撃で、あわせて注文していたご飯とハンバーグは寄ってしまっていた。

ご飯が寄ってスペースができたところに、ちょうどハンバーグが収まりそうだったので、ちょちょいとセット。あっという間にハンバーグプレートの完成だ! これにカリーソースと、カリーソースと同日販売開始したチーズソースイエロー(税込216円)を乗せれば、めちゃめちゃ豪華!! 

味もお店で食べるものと遜色ない美味しさだ。216円という値段から量が少ないことを危惧していたが、ハンバーグと一緒に食べるとこれ以上ないジャストさだった。ハンバーグと食べることを計算してこその量に違いない。

または「今晩のおかずに、もうひとアクセントほしいな」という時に、カリーソースだけ持ち帰るというのもありだ。なんたって216円だしな。ウマさだけでなく、その丈夫な容器もぜひ体感してくれよな。

参照元:びっくりドンキー「テイクアウトメニュー」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。