高級和栗を使用したモンブラン専門店「栗歩 -KURIHO-」が自由が丘にオープン

和栗へのこだわり

松尾栗園産 能登栗
栗歩では、石川県の松尾栗園がこだわり抜いた能登栗で作った無糖栗ペーストを使用しています。こちらは糖度30超えしていますが、実は、採れたての栗の糖度は10ほどしかありません。しかし、−1°Cで45日間熟成させることで、糖度20を超えるほど甘味が増します。この“45日間の熟成”という日数は、松尾栗園で温度や風の強さなど条件を変更し、その都度、糖度を図り15年かけて導き出した期間なのです。
松尾栗園産 能登栗・製法
さらに、加圧量や加熱温度、加熱時間などにもこだわり、その条件で焼いた栗は、糖度30を超えるほどまで甘くなります。「選果」にも妥協を許さず、最高の栗だけを使用。作業場の温度や湿度管理などあらゆるものに気を遣い、その結果として最高級の焼き栗が完成しています。

栗歩の自信作「熟成無糖モンブラン」

熟成無糖モンブラン02

◇熟成無糖モンブラン
石川県の農家・松尾栗園が誇る、無糖ながら糖度30度超えの“能登栗ペースト”を使用。ペーストの細さは1mm単位で調整し、舌の上でとろける食感と、栗の香りも存分に楽しめる自信作です。
価格:2,420円(税込)

栗歩 店内
栗歩では、味覚以外でもモンブランを楽しめるよう、仕上げは目の前で行われます。じっくり熟成された和栗の香りや、栗ペーストが細さ1mmになる瞬間を楽しむだけではなく、スイーツに使用する和栗のストーリーや、おすすめの食べ方なども説明してくれる“劇場型”の店舗となります。「熟成無糖モンブラン」のほか、4種類のモンブランや和栗スイーツを提供中。日本が誇る和栗を心ゆくまで堪能できる「栗歩 -KURIHO-」に、ご期待ください!

栗歩 -KURIHO-
住所:東京都目黒区自由が丘1-9-6 オハナビル2F
電話番号:03-6459-5535(事前予約可能)
営業時間:11:00~18:00
定休日:年中無休
席数:12席

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

斎藤工さん一押しシンガポールグルメ!成城石井のシンガポールフェアも要チェック


画像提供:シンガポール政府観光局

シンガポールのグルメは日本でも人気上昇中だと言われています。そんな中、シンガポール観光大使でもある斎藤工さんが、シンガポールの食について熱く語る、『シンガポール・フーディーズ』イベントに出かけました。斎藤さんおすすめのシンガポールグルメ4品とそれぞれのおすすめのお店情報、それに成城石井で気軽に楽しめるシンガポールグルメに、自宅で作れる『カヤトースト』までご紹介します。

シンガポールのマルチ・エスニックが生む絶品グルメ


画像提供:シンガポール政府観光局

シンガポールへは東京から直行便で7時間ほど。時差も1時間しかないので気軽に出かけることができます。そして、なんといっても世界のおいしいもの好き『Foodie (フーディー)』の舌をうならせる絶品料理が満載なのが魅力です。


画像提供:シンガポール政府観光局

「なぜシンガポール料理がおいしいのか。」

それは多様な食文化が共存して、かつ互いに影響を与え合ってどんどんおいしくなったからなんだとか。中華系、インド系、それに元から住むマレー系の人たちが狭い国土にひしめいているからこそなんですね。

斎藤工さんおすすめのグルメ4品!

斎藤工

今年公開の斎藤さん主演の映画『家族のレシピ』では、シンガポールの骨付きの豚肉を煮込んだスープ「バクテー」がストーリーのキーになっています。斎藤さんは撮影のために1か月ほどシンガポールに滞在して、その後6回も出かけているそう。今では第2の故郷のようで、「シンガポールに帰る」といった気持ちになるそうです。

そんな斎藤さんの一押し4品がこちらです(写真はイベント会場に投影されていたものです。食べ物は斎藤さん撮影です)。

廣州麺食(タングリン・ホルト・フードセンター内)の『ワンタンミー』



ワンタンミーはその名の通り「ワンタン麺」ですが、シンガポールでは汁なしのものがメジャーなようです。ワンタンミーをいただくなら、タングリン・ホルト・フードセンターにあるこの1軒がおすすめとのこと。

タングリン・ホルト・フードセンターは、シンガポールでは『Hawker(ホーカー)』と呼ばれるフードコートのひとつ。外食が多いシンガポールの人たちの日常的な食の場所です。

「監督のエリック・クーと、ミシュラン獲得のレストランに行った時に、ちょっと小腹空けておいてと言われて、その足で出かけたのがこのお店。たくさん食べた後なのに、ものの数秒で食べ終わってしまいました」

麺にワンタン、野菜にたっぷりチャーシューというボリュームをさくっと平らげたとは、かなりおいしかったんだろうと想像できます。

現地での撮影の最初は、ほぼ単身でシンガポールに滞在していた斎藤さん。現地のスタッフたちと、国や言葉を越えて「これおいしいね」と共有する体験から、食が究極のコミュニケーションになると実感したそうです。

廣州麺食

カイジュアンの『バクテ』

バクテ

バクテは、ポークリブを、丸ごと皮付きのニンニクと粒コショウでシンプルに煮込んだもので、労働者たちが安くエネルギーを補給できる料理として広まったそうです。



「作る人それぞれが好きなものを入れて作るようで、自分なら根菜類や芽ねぎを入れたりします。ちょっと日本にはない、素朴だけど奥深い、それにとても簡単な料理。なので、最初に作ったときに『おいしい』にたどり着けました。今では得意料理の一つです」

ヒルストリート・タイボア・ポーク・ヌードルの『バクチョーミー』



バクチョーミーは麺の上に様々な具材をのせた屋台料理。斎藤さんはそれを映画のように表現してくれました。

「比較的新しい屋台飯で、ここはミシュランも獲得した店。レバー、魚のフライ、鶏・豚・牛肉も入っています。主役が集まって、旨味がまとまって、そして食べるたびに違った味になって、まるでオムニバス映画のよう。あっという間に食べ終わるという一品です」

店にはいつも行列ができているとのこと。地元の人たちも並ぶおいしさです。

ヤ・クン・カヤトーストの『カヤトースト』



『カヤ』は、ココナッツミルクにたまご、バニラのような香りがするパンダンリーフで作られたペースト。カヤジャムと呼ばれることもあります。

「シンガポールの、一日中汗をかくような暑い気候では、毎朝エネルギーをしっかりとるために食べていました。このお店では温泉卵が添えられていて、そこに醬油、そしてトーストをつけて。甘みと、しょっぱさがおいしく融合していて、奥深い食べ物でした。それにコンデンスミルクが入っている甘いコーヒーも一緒に」

朝の定番になったそうです。ヤ・クン・カヤトーストはシンガポール内に店舗がいくつもあるので、HPをチェックしてみてください。

>>>ヤ・カン・カヤトースト

成城石井で手に入るシンガポールグルメ



今回のイベント、実は成城石井の社長である原昭彦氏のシンガポールの「フーディー・パーソナリティ」に任命したことを発表する場でもありました。

斎藤さんはさすが映画人で、グルメの中にも「コミュニケーション」を感じていらっしゃるし、原さんは成城石井で開催するシンガポールフェアのためにシンガポールを訪れて食研究をされたとのことで、「味の探求」という視点からのお話。興味深いトークセッションになりました。

現在も『シンガポール風焼きビーフン』、『シンガポール風ラクサ』(ラクサは香辛料の効いた具だくさんの麺料理)といったメニューを展開している成城石井ですが、8月2日から「シンガポールフェア」を開催して、さらにシンガポールグルメを展開していくそうです。

自宅でもできるカヤトースト

カヤトースト

さて、斎藤さんが紹介してくれたグルメの中でも、自宅で簡単に作れるのが『カヤトースト』です。

実はカヤジャム、日本でも通販などで購入することができます。いくつか種類もあるようなので、まずは気に入ったものを手に入れます。あとは、パンをトーストしてバターをたっぷり塗り、さらにカヤジャムを重ね塗りして2枚を合わせて、その上に半熟の目玉焼きをのせ、お醤油を振れば出来上がり。



最初は甘いものに目玉焼きってどうかと思いましたが、パンケーキやクレープを思えば「あり」です。そして、癖になるおいしさです。

斎藤工

シンガポールでは、もちろん高級レストランで世界トップクラスの美食を楽しむこともできますが、地元の人たちが日常的に楽しむ屋台から始まったグルメもぜひ経験したいですね。

[シンガポール観光局/ 飲む&食べる]
[成城石井]
[映画『家族のレシピ』公式サイト]

[Photo by Atsushi Ishiguro unless otherwise attributed.]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【テイクアウト】びっくりドンキーがしれっと「カリー」の持ち帰りをスタート! 利用してみたところ → とくに容器がいい…

びっくりドンキーって、どのへんが “びっくり” なんだろうなあ……。そう思っていたのだが、このたびなんともびっくりさせられることがあったので、この場を借りて報告したい。

同店がテイクアウトを実施していることは、以前にお伝えした通り。2020年8月5日からは「カリーソース」の持ち帰りもスタートしている。さっそく記者も注文してみたところ、びっくり。味はモチロン、容器が特に良かったのだ。

・鉄壁のガード力を見せつける容器

このカリーソースは、びっくりドンキーのグランドメニュー “カリーバーグディッシュ” にも使用されているものだ。美味しいよね、アレ。なんでも約30種類のスパイスと牛挽肉、隠し味にたまねぎソテーと赤ワインなどを使ってハンバーグと合うように作られているらしいぞ。

そんなカリーソースを税込216円で持ち帰られるとあらば、注文しない手はない。あらかじめ電話をして頼み、そそくさと車を走らせた記者。徒歩圏内に店がないからな。そんなこんなで受け取り、家に帰って食べようと歌でもルンルン歌いながらこれまた車を走らせる。

そんな時である。前を走っていた車が急ブレーキを踏むではないか。「およよ……」と記者もブレーキを踏んだその時、カレーが袋を飛び出しコロコロと転がってしまったのだ。えらいこっちゃ、きょうのご飯がなくなるどころか車にカレー臭が染みついてしまう。

ブワッと嫌な汗をかいたものの、よくよく見ると当のカレーは素知らぬ顔で無事のご様子。蓋がきっちり閉まっているどころか、漏れ出す雰囲気もない。容器の鉄壁のガードに “びっくり” したことは、言うまでもないだろう。

・ちょうどよい量

そんなこんなで、安心安全な容器に守られ帰宅。まだ温かかったので、そのままいただくことにする。車のブレーキを踏んだ衝撃で、あわせて注文していたご飯とハンバーグは寄ってしまっていた。

ご飯が寄ってスペースができたところに、ちょうどハンバーグが収まりそうだったので、ちょちょいとセット。あっという間にハンバーグプレートの完成だ! これにカリーソースと、カリーソースと同日販売開始したチーズソースイエロー(税込216円)を乗せれば、めちゃめちゃ豪華!! 

味もお店で食べるものと遜色ない美味しさだ。216円という値段から量が少ないことを危惧していたが、ハンバーグと一緒に食べるとこれ以上ないジャストさだった。ハンバーグと食べることを計算してこその量に違いない。

または「今晩のおかずに、もうひとアクセントほしいな」という時に、カリーソースだけ持ち帰るというのもありだ。なんたって216円だしな。ウマさだけでなく、その丈夫な容器もぜひ体感してくれよな。

参照元:びっくりドンキー「テイクアウトメニュー」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。