高級和栗を使用したモンブラン専門店「栗歩 -KURIHO-」が自由が丘にオープン

和栗へのこだわり

松尾栗園産 能登栗
栗歩では、石川県の松尾栗園がこだわり抜いた能登栗で作った無糖栗ペーストを使用しています。こちらは糖度30超えしていますが、実は、採れたての栗の糖度は10ほどしかありません。しかし、−1°Cで45日間熟成させることで、糖度20を超えるほど甘味が増します。この“45日間の熟成”という日数は、松尾栗園で温度や風の強さなど条件を変更し、その都度、糖度を図り15年かけて導き出した期間なのです。
松尾栗園産 能登栗・製法
さらに、加圧量や加熱温度、加熱時間などにもこだわり、その条件で焼いた栗は、糖度30を超えるほどまで甘くなります。「選果」にも妥協を許さず、最高の栗だけを使用。作業場の温度や湿度管理などあらゆるものに気を遣い、その結果として最高級の焼き栗が完成しています。

栗歩の自信作「熟成無糖モンブラン」

熟成無糖モンブラン02

◇熟成無糖モンブラン
石川県の農家・松尾栗園が誇る、無糖ながら糖度30度超えの“能登栗ペースト”を使用。ペーストの細さは1mm単位で調整し、舌の上でとろける食感と、栗の香りも存分に楽しめる自信作です。
価格:2,420円(税込)

栗歩 店内
栗歩では、味覚以外でもモンブランを楽しめるよう、仕上げは目の前で行われます。じっくり熟成された和栗の香りや、栗ペーストが細さ1mmになる瞬間を楽しむだけではなく、スイーツに使用する和栗のストーリーや、おすすめの食べ方なども説明してくれる“劇場型”の店舗となります。「熟成無糖モンブラン」のほか、4種類のモンブランや和栗スイーツを提供中。日本が誇る和栗を心ゆくまで堪能できる「栗歩 -KURIHO-」に、ご期待ください!

栗歩 -KURIHO-
住所:東京都目黒区自由が丘1-9-6 オハナビル2F
電話番号:03-6459-5535(事前予約可能)
営業時間:11:00~18:00
定休日:年中無休
席数:12席

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

原宿にタピオカの夢の国が登場!東京タピオカランドでタピオカを心行くまで

人気のタピオカブームにさらに火をつけるかのように、原宿に「東京タピオカランド」が8月13日からオープンします。会場にはたくさんの種類のタピオカやタピオカフードも登場するのだとか。様々なタピオカが楽しめるタピオカの夢の国を満喫しよう!

東京タピオカランドってなに?

8月13日より、原宿駅のすぐそばに建つ「jing」の2階で新感覚のタピオカが楽しめる東京タピオカランド。「タピオカの夢の国」をテーマに、豊富なタイプのタピオカを用いたドリンクやフードを提供予定です。

フォトブースで撮影も可能!

東京タピオカランドでは10個を超えるフォトブースが随所に用意されています。タピオカと一緒に写真が撮れますよ。

コラボ企画を実施

有名人が東京タピオカランドの1日店長を務めたり豊富なアトラクションが用意されているのだとか。(変更の可能性あり)

東京タピオカランド
場所:jing(東京都渋谷区神宮前6丁目35-6)
アクセス:JR山手線「原宿」駅徒歩2分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅直結
期間:8月13日(火) 10:00~9月16日(祝・月)~19:00
営業時間:8月 10:00〜19:00 (LO 18:45)、9月 13:00〜19:00 (LO 18:45)
※土日祝は10:00〜19:00(LO 18:45)
料金:前売り 税込1000円、当日 税込1200円(ウェルカムドリンク付き)
※小学生未満(未就学児)のお客さまは入場無料
前売りチケット購入サイト:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n5ha10dr7bz.html#seller
イベント公式サイト:tapioca-land.jp

 

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【テイクアウト】びっくりドンキーがしれっと「カリー」の持ち帰りをスタート! 利用してみたところ → とくに容器がいい…

びっくりドンキーって、どのへんが “びっくり” なんだろうなあ……。そう思っていたのだが、このたびなんともびっくりさせられることがあったので、この場を借りて報告したい。

同店がテイクアウトを実施していることは、以前にお伝えした通り。2020年8月5日からは「カリーソース」の持ち帰りもスタートしている。さっそく記者も注文してみたところ、びっくり。味はモチロン、容器が特に良かったのだ。

・鉄壁のガード力を見せつける容器

このカリーソースは、びっくりドンキーのグランドメニュー “カリーバーグディッシュ” にも使用されているものだ。美味しいよね、アレ。なんでも約30種類のスパイスと牛挽肉、隠し味にたまねぎソテーと赤ワインなどを使ってハンバーグと合うように作られているらしいぞ。

そんなカリーソースを税込216円で持ち帰られるとあらば、注文しない手はない。あらかじめ電話をして頼み、そそくさと車を走らせた記者。徒歩圏内に店がないからな。そんなこんなで受け取り、家に帰って食べようと歌でもルンルン歌いながらこれまた車を走らせる。

そんな時である。前を走っていた車が急ブレーキを踏むではないか。「およよ……」と記者もブレーキを踏んだその時、カレーが袋を飛び出しコロコロと転がってしまったのだ。えらいこっちゃ、きょうのご飯がなくなるどころか車にカレー臭が染みついてしまう。

ブワッと嫌な汗をかいたものの、よくよく見ると当のカレーは素知らぬ顔で無事のご様子。蓋がきっちり閉まっているどころか、漏れ出す雰囲気もない。容器の鉄壁のガードに “びっくり” したことは、言うまでもないだろう。

・ちょうどよい量

そんなこんなで、安心安全な容器に守られ帰宅。まだ温かかったので、そのままいただくことにする。車のブレーキを踏んだ衝撃で、あわせて注文していたご飯とハンバーグは寄ってしまっていた。

ご飯が寄ってスペースができたところに、ちょうどハンバーグが収まりそうだったので、ちょちょいとセット。あっという間にハンバーグプレートの完成だ! これにカリーソースと、カリーソースと同日販売開始したチーズソースイエロー(税込216円)を乗せれば、めちゃめちゃ豪華!! 

味もお店で食べるものと遜色ない美味しさだ。216円という値段から量が少ないことを危惧していたが、ハンバーグと一緒に食べるとこれ以上ないジャストさだった。ハンバーグと食べることを計算してこその量に違いない。

または「今晩のおかずに、もうひとアクセントほしいな」という時に、カリーソースだけ持ち帰るというのもありだ。なんたって216円だしな。ウマさだけでなく、その丈夫な容器もぜひ体感してくれよな。

参照元:びっくりドンキー「テイクアウトメニュー」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。