キリオスがフレンチ・オープンもスキップする可能性

cover image

すでにUSオープン欠場を決めているニック・キリオス(オーストラリア)が木曜日に地元オーストラリアのテレビ番組でインタビューに答え、自分がヨーロッパに渡ってフレンチ・オープンに出場する可能性は「正直、『非常に少ない』と『皆無』の間だ」と発言した。

「テニスマガジンONLINE」はテニス専門誌『Tennis Magazine(テニスマガジン)』の公式サイトです。国内・海外のテニスニュース、選手、技術&レッスン、アイテム、プレーヤーのための部活動「テニマガ・テニス部」の最新情報を配信します。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大切な人と向かい合うのは◯◯cmが最適!心地よい距離で会話と食事を

今の日本では共働きの夫婦の割合が増え、二人でゆっくりと話す時間がなかなかとりにくくなっているのでは?

 

新しい文化やライフスタイルを生み出す取り組み「JT Rethink PROJECT」は、夫婦の距離を縮めるきっかけを作るべく、物理的な“夫婦の距離”について研究を実施。心理学者・晴香葉子先生の監修のもと、夫婦40組80名で実験を行い、会話をするときに最適な目と目の距離は898mmであるという結果が!

 

「898mmは実験を行った40組の平均値ですが、参加者の多くがこの数字に近い値を最適な距離として答えました。898mmという距離は、手を伸ばせば相手に届き、個人的な会話を楽しみやすいと一般的に考えられている距離の範囲に含まれます。夫婦であっても、お互いが心地よいと感じる距離を知り、その距離で会話をすることは、不要なストレスの回避、良好な関係性の維持や向上に繋がるのではないでしょうか」(晴香先生)

 

今回導き出された結果をもとに、夫婦が心地よく過ごせるレストラン「TABLE898」が期間限定で代々木上原にオープン。

 

最適な距離で向かい合って座り、さらに二人の距離を縮めるべく考案されたフルコースが楽しめます。メニューは、パリのモダンフレンチ「Restaurant A.T」のオーナーシェフを務める田中淳さんが開発したもの。

 

2皿で一つに見えるようなお皿で表現したアミューズ「結び」や、移りゆく色彩のコントラスト夫婦の歴史を表わした冷前菜「時の流れ」など、目にも楽しい料理を食べながら過ごす時間は、楽しく濃密なものになりそうです。

アミューズ「結び」は、赤い糸をイメージしたビーツのチップスが皿を繋ぎ、一つの作品に

冷前菜「時の流れ」は、サーモンのマリネに、ハーブで色付けしたチップスが散りばめられている

 

「最近、夫婦でじっくり話す時間が取れていないな」というかたは、「TABLE898」を訪れてみては?

TABLE898の店内

 

TABLE898

営業期間:12月2日(日)まで

住所:東京都渋谷区西原3-12-14

時間:18:00〜20:00/20:45〜22:45 ※完全予約制

金額:フルコース7,000円(税別・ドリンク別)

席数:20席

電話番号:03-6327-2267

※夫婦でお申し込みください

 

取材・文・撮影/食べログマガジン編集部

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

子育て中の働くお母さんへ “伝説の家政婦”志麻さんが忙しいママに「フレンチ」をすすめる理由

『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た! ワーママでも簡単! 子どもが喜ぶおうちレシピ61』(タサン志麻 著)世界文化社 フレンチのシェフとして本格的な研鑽を積み、現在は料理専門の家政婦として活躍している…

世の中の「ほんとう」がわかります