水沢うどんの名店「田丸屋」と自家焙煎コーヒーのカフェ「のはな」をはしご【伊香保温泉】

伝統の手法を守り続ける田丸屋

約400年前に、水澤寺(水澤観音)の参詣客向けに手打ちうどんが振る舞われたのを起源とする水沢うどんは、小麦粉、塩、水沢の水だけを使って伝統の手法で作られ、強いコシと透明感のある麺が特徴です。

伊香保温泉・田丸屋

風格ある店構えの田丸屋は、十数軒のうどん店が軒を連ねる水澤観音の参道(県道15号)沿いにあります

天正10年(1582年)創業の田丸屋は、代々、水澤観音の門前に店を構える水沢うどんの元祖。昔ながらの伝統と技法を用いた麺とつゆにこだわり続けているそうです。

伊香保温泉・田丸屋

店内は天井が高く広々とした空間

田丸屋の麺は、厳選した国産小麦粉のみを使用した白い十割うどんと、国産小麦を自社工場の石臼で自家製粉し、その全粒粉から醸し出される穀物の香りや甘みを追求した古伝・喜利麦の2種類があります。いずれも、水沢の水と天然塩を用いてほどよい熟成をさせているとのこと。

伊香保温泉・田丸屋

座席もゆったりとしていて落ち着いて食事ができます

出汁は季節の気温や湿度、水温など気候によって利尻昆布、羅臼昆布、真昆布を使い分けて、熟成された本枯れの鰹節、鮪節などを使用し、濃厚でも雑味の少ない味を目指しているそうです。

醤油つゆと胡麻つゆでうどんの味わいを堪能

水沢うどんのつゆは、醤油つゆと胡麻つゆの2種類あり、お店によって、醤油つゆのみだったり、両方出していたり異なるのだとか。田丸屋は2種類のつゆが選べ、両方とも味わいたいという人は二色つゆも選べます。

伊香保温泉・田丸屋

白くて透き通るようなツヤのあるうどん

筆者は、醤油つゆと胡麻つゆの両方を楽しめる「もりうどん二色つゆ」(1,000円・税抜)を注文。まずは、真っ白な十割うどんをつゆをつけずにそのまま食べてみました。コシの強いうどんを噛むと、小麦の香りがふわっと口の中に広がります。ツルツルとしたのどごしも心地よく、至福の瞬間です。

伊香保温泉・田丸屋

強いコシとのどごしのよさが印象的

醤油つゆは、カツオの香りが豊かで旨味たっぷり。そのままスープのように飲めるくらいほどよい塩味です。胡麻つゆは、香ばしい胡麻の香りと甘みやコクが、ツルツルのうどんにぴったり。醤油つゆと胡麻つゆを行ったり来たりして、両方食べるのがなんとも贅沢な時間でした。

小麦のおいしさを伝えるカフェ

田丸屋の向かいには、今年5月にオープンしたカフェ「のはな」があります。田丸屋が小麦のおいしさを伝えるためにケーキやパンと自家焙煎のコーヒーが楽しめるカフェを開いたのだそう。店内で、コーヒーで一服したり、コーヒーとケーキをテイクアウトしたり、やはりうどんを食べた後に立ち寄るお客さんが多いようです。

伊香保温泉・カフェのはな

明るく温もりを感じさせるカフェのはなの店内

ショーケースには、見た目も華やかなケーキや惣菜パンなど、さまざまな種類が並んでおり、迷ってしまうこと間違いなし。シェフのおすすめを日替わりで作っているので、行くたびに違うものが楽しめるそうです。

伊香保温泉・カフェのはな

バリエーション豊富なパンのほか、かわいらしいケーキも並びます

伊香保温泉・カフェのはな

ワッフルやスコーンも

筆者はキャロットケーキ(380円・税抜)とアイスコーヒーのノーベル(マイルド)(500円・税抜)を注文しました。

伊香保温泉・カフェのはな

キャロットケーキとアイスコーヒー

キャロットケーキの生地はもちもちして、にんじんの自然な甘さが口の中に広がります。たっぷりのナッツとジューシーなレーズンが食感の豊かさを生み、クリームチーズの酸味がちょうどいいアクセントになっています。

伊香保温泉・カフェのはな

自家焙煎機が店内に

コーヒーは、ほどよい苦味にすっきりとした後味。まろやかで、とても飲みやすく、何杯でも飲みたくなるような好みの味でした。あまりに気に入ってしまったので、コーヒー豆をお土産に購入したほどです。コーヒーのカップは、栃の木を使った山中塗。軽くて、口当たりも優しく、コーヒーのおいしさを引き立ててくれました。

伊香保温泉・カフェのはな

コーヒー豆はひき立てを販売してくれます

小麦の味わいをたっぷり堪能し、まろやかな味のコーヒーでほっとする時間。旅先で新しい発見があるとうれしいものですが、今回はお気に入りとの出会いもあり、一段と印象に残る旅になりました。

田丸屋&カフェのはな
住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1
電話:0279-72-3019
営業時間:田丸屋9:00〜15:00(売り切れ次第終了)、カフェのはな10:00〜15:00
定休日:水曜日
客席数:200席 個室4室(要予約・有料)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tamaruya/index.html

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

家系と二郎系が融合した「家系二郎」に “ラーメンの持つ無限の可能性” を見た / 東京・六本木「ラーメン馬場壱家 智の陣」

「家系」と「二郎」。一般的には「家の系譜」を意味したり「次男に付けられることが多い名前」だったりする2文字だが、こってりラーメン好きにとってはそれらの意味合いは変わる。「家系ラーメン」と「二郎系ラーメン」は、どちらも堅固な支持層を抱えた人気流派だ。

そんな巨頭同士が組み合わさったラーメンが存在することを皆さんはご存知だろうか。個性の強い両者の奇跡のコラボとも言うべきそのラーメンの名前は、ストレートに「家系二郎」。果たして「混ぜるな危険」なのか、それとも「混ぜれば悦楽」なのか。

・「家系二郎」、その融合ぶり

あまりに未知すぎる化学反応を確かめるべく、実際に現地に足を運んでみることにした。

向かった先は六本木にある「ラーメン馬場壱家 智の陣」というお店である。

同店は家系ラーメン店なのだが、特別メニュー的に「 “智の陣” 流の二郎系」として「家系二郎」を提供しているようだ。西日暮里にある同系列店「馬場壱家 風の陣」でも食べられるとのこと。

家系も二郎系も好む筆者としては期待感しかない。さっそく店内に入り、「家系二郎ラーメン 並(830円)」のボタンを軽やかに押す。

ただ、どんなラーメンかは全く予想がつかない。今までに味わったことのないような味なのか、あるいは「こってり」と「こってり」が掛け合わされることによって天文学的な「こってり」が生まれるのか。

やがて到着したラーメンは、味についてばかり考えていた筆者の横っ面をはたいてくるようなビジュアルだった。

まず目を奪ったのが、背脂やもやしなどの具材。これらは紛れもなく二郎系ラーメンの特徴だ。

そして具材を浸すスープは茶色がかっていて、家系ラーメンの特徴が表れている。

上は二郎、下は家系。ぱっと見は「こってり界のケンタウロス」かと思うほど見事な融合ぶりだ。いざ目の当たりにしてみるとインパクトがある。しかし事態はさらに思わぬ展開を見せる。

この時の筆者の頭にあった「半分は二郎、半分は家系」という認識は、スープを口に含んだ瞬間に誤りであることが判明した。背脂の風味がガツンとやってきて、その奥から控えめに家系の豚骨醤油が続く。つまり二郎系の色合いの方が強く感じられたのだ。

加えて麺の方も、コシがありつつモチモチとした食感を通して二郎系の印象を与えてくる。丼全体における比率としては、二郎系対家系が6:4か7:3くらいではないかという体感だ。思えば「家系のお店が作る “二郎系” 」なのだから、二郎系が主体となるのは自然ではある。

今までに全く味わったことがない味でも、激しく濃い味でもない。すでに知っている二郎系の味がやんわりと家系ナイズされているような、適度にこってりとした味わいである。だが面白いのは、そういう丼だからこそ美味しさが成り立っているのだろうと感じられる点だ。

おそらく両者を均等の比率で混ぜ合わせたなら、相当な喧嘩が起きて、どっちつかずになっていたはずだ。どちらかがどちらかのサポートに回ることが融合の秘訣なのだろうと思える。

結果として、二郎系の濃厚さを堪能しつつ、後味に家系ならではの醤油感も楽しめる贅沢な一品に仕上がっている。このラーメンを完成させることは決して楽な挑戦ではなかっただろうが、果敢に挑んで成功させたお店の腕前には感服するばかりだ。

・無限大の可能性

強いて欠点を挙げるとすれば、家系の要素もガッツリ味わいたいという場合には不向きかもしれないということだ。しかしその代わりに、新たな二郎系を食べてみたい方や、二郎系をまだ食べたことのない方にもおすすめできるラーメンである。

逆に二郎系のお店が作る家系ラーメンもいずれは食べてみたいところだ。ラーメンが持つ無限の可能性について、「家系二郎」にこってりと教え込まれた気分である。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ラーメン馬場壱家 智の陣
住所 東京都港区西麻布3-20-16
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

夏のスイーツをお取り寄せ!自分へのご褒美にも「夏の手みやげフェア」

宅配ギフトも充実の「夏の手みやげフェア」

大切な人になかなか会えないこの時期だからこそ、宅配ギフトでのオンライン帰省がピッタリ!夏の手土産にも最適な、見た目もかわいらしいスイーツギフトも充実しています。

オンラインでも買えるおすすめ手土産

【セゾン ド セツコ】淡雪のきらめき

【セゾン ド セツコ】淡雪のきらめきは、暑い夏にさっぱりいただきたい涼やかで贅沢な香りの4種のソルベです。産地にこだわって、国産果物だけを使った丁寧な一品なので、普段お世話になっている方に贈るギフトにも向いています。

【セゾン ド セツコ】淡雪のきらめき
■内容 4個入/温州みかん、巨峰、佐藤錦、ゆず
■価格 税込み1,296円
■店舗 B1F 4番地

【ビスキュイテリエ ブルトンヌ】夏のガトーBOX<ひまわり>

【ビスキュイテリエ ブルトンヌ】夏のガトーBOX<ひまわり>
濃厚なバターの香りがお口いっぱいに広がる、贅沢なマドレーヌやフィナンシェなどの焼き菓子BOX.。夏らしいひまわりをモチーフにした限定BOXに、香り豊かなスイーツが詰まっています。

【ビスキュイテリエ ブルトンヌ】夏のガトーBOX<ひまわり>
■内容 8個入
■価格 税込み2,268円
■店舗 B1F 9番地

【資生堂パーラー】フリュイジュレ5個入

【資生堂パーラー】フリュイジュレ5個入
フルーティーな香りがお口いっぱいに広がる贅沢なゼリーの詰め合わせ。ボリュームたっぷりの果肉も魅力です。

【資生堂パーラー】フリュイジュレ5個入
■内容 ブラックチェリー&カシス、マンゴー&パッション、はっさく&グレープフルーツ、ラ・フランス&グリーンアップル、ピーチ&ピーチ
■価格 税込み2,160円
■店舗 B1F 4番地

季節を感じるおすすめ手土産

【青山フロマージュ】ガトーフロマージュ

【青山フロマージュ】ガトーフロマージュ
ふわふわのスフレタイプと、コクの深いベイクドタイプ2種類のチーズケーキを、3種類のチーズで楽しめます。

【青山フロマージュ】ガトーフロマージュ
■価格 税込み270円(1個)
■店舗 B1F 4番地

夏の手みやげフェア
東武百貨店池袋本店 食品フロア
住所:東京都豊島区西池袋1-1-25
TEL:0570-086-102
営業時間 B2F~10F:10:00~20:00
11F~15F(レストラン街スパイス):11:00~21:00
オンラインショッピングサイト https://www.tobu-online.jp/shopping/goods/list/temiyage/

@Press

~人生に旅心を~