自宅で食べて九州を応援!近鉄百貨店ネットショップで「九州大物産展」を開催中

おうちで楽しむ「九州大物産展」

豪雨により特に大きな被害を受けた熊本県を含む、九州の人気グルメ”約60点を自宅にいながら楽しむことができるのが、おうちで楽しむ「九州大物産展」。新型コロナウイルスの影響により9月に予定していた店頭での開催が中止となったこともあり、WEB物産展第2弾として、8月5日(水)よりスタートです。

九州大物産展
期間:8月5日(水)10:00~9月30日(水)18:00 
商品点数:約60点
店頭受注店舗:あべのハルカス近鉄本店、上本町店、東大阪店、奈良店、橿原店、和歌山店、四日市店、草津店
近鉄百貨店ネットショップ:https://shop.d-kintetsu.co.jp/shop/

勢ぞろいした九州の人気グルメ

熊本「森からし蓮根」


熊本の名産からし蓮根発祥のお店から、お惣菜やお酒の肴にもぴったりな一品の登場です。鼻にツーンとくるからさと、蓮根のうまみの相性が抜群!日本酒のお供にも、最適です。

熊本<森からし蓮根>
からし蓮根 
価格 3,996円(税・送料込み)

鹿児島「岡留かまぼこ」

さつま揚げ
大正10年に創業した蒲鉾の名店「岡留かまほこ」より、人気の味を詰め合わせた逸品。おつまみにもおかずにもぴったりな旨み抜群のかまぼこは、あらゆる年齢層の人に愛されています。

鹿児島<岡留かまぼこ>
さつま揚げ
価格 4,212円(税・送料込み)

熊本「吉次園」

シャインマスカット
自社農園で丁寧に育て上げた、樹上完熟のシャインマスカットは極上の甘さ。これまでにないさわやかな香りと贅沢な甘みが、お口いっぱいに広がります。大粒で種無し、皮ごとそのまま食べられるのも、魅力です。

熊本<吉次園>
シャインマスカット(限定数200)
価格 10,800円(税・送料込み)

佐賀「光武酒造」

麦焼酎舞ここち
2014年モンドセレクション金賞受賞の、実力派麦焼酎!長期低温発酵によって、香ばしさとほのかなフルーツの香りのバランスが抜群です。ロック・お湯割り・水割り、どんな飲み方でも香りと風味をしっかり楽しめるバランスの良い逸品です。

佐賀<光武酒造>
麦焼酎舞ここち
価格 1,113円(税込)

長崎「がまだす堂本舗」

長崎がまだすちゃんぽん・皿うどん詰合せ
麺にもスープにも、こだわりあり!本場長崎ちゃんぽんの味が、自宅で楽しめます。たっぷりの野菜との相性も抜群なので、身体に優しい一品です。

長崎<がまだす堂本舗>
長崎がまだすちゃんぽん・皿うどん詰合せ
価格 3,893円(税・送料込み)

@Press

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【閲覧注意】「かたつむりの水煮」を食べてみた結果…… / 缶詰マニア:第16回 ギャバン『エスカルゴ缶』

いつからだろう。カタツムリが怖くなったのは。子供の頃は、そのゆったりした動きに可愛さすら感じていたのに、大人になるにつれ触れることすらできなくなってしまった。気づいてしまったのである。「中身ナメクジと変わらなくね?」と。

だがしかし、できることならまた昔のように仲良く帰ったりしたいものだ。そこで、関係修復の第一歩として、カタツムリを食べてみることにしたぞ

・ヨーロッパでは高級食材

カタツムリと言えば、ヨーロッパでは「エスカルゴ」と呼ばれる高級食材だ。サイゼリヤのグランドメニューにも「エスカルゴのオーブン焼き」があるくらいだから、皆さんご存知のことかと思う。

私(中澤)も、もちろん知っていたのだが食べたことはない。前述の通り、カタツムリがかなり苦手だからだ。正直、見るだけで鳥肌が立つし、触るなんてもってのほかである。そんな苦手意識を克服したくて購入してみた。ギャバンの「エスカルゴ缶」を

・カタツムリの水煮

税込678円のこの缶詰は、その名の通りカタツムリの缶詰。原材料名にもバッチリ「食用かたつむり」と書かれている。ちなみに、カタツムリ以外で使われている材料は食塩のみ。いわゆる水煮だ。

水煮と言えば素材の味がよく出る印象だけど、カタツムリって素材の味を出してしまって大丈夫なのか? 若干の胸騒ぎを覚えながらも缶切りでフタを開けると強烈な卵臭さが爆発した。わあ! 温泉街みたいだね♪

言うとる場合かッ! これマジで食べんの……? その匂いは思わず自問自答してしまうレベルだが、開けてしまったのでもう後戻りはできない。

・リアルなカタツムリ感

っていうか、めっちゃ入ってんな。試しに皿に出してみると、こんもりとしたカタツムリの山ができる。原材料を確認すると、固形量はなんと250グラム。皿に出すとリアルにカタツムリ感があってやっぱり怖い。これはツブ貝、これはツブ貝、これはツブ貝……

よし! これはツブ貝だ!! いただきます! ぐにゅッ!!

あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙

ぐにゅってしてるゥゥゥウウウ!!

思いっきりカタツムリだコレ!!

しかも、その風味は超絶卵臭い。ひなびた温泉街の側溝、雨のアスファルト、深緑に輝く用水路の苔……そんなイメージが次々と脳裏をよぎる。

なお、食感については他の食べ物に例えることもできるが、読者の皆様にトラウマを植え付けかねないため、これ以上の描写は控えさせていただく。さて置き、まだ248グラムくらい残っているが水煮のままだとかなり厳しい。

というわけで、残りはバターとオリーブオイルで炒めて臭みを飛ばして食べた。

炒めてみると、食感は鶏肉のようにプリッとして普通にウマイ。おそらく、この缶詰はこういった調理をすること前提の食材なのだろう。

関係修復のために開いたこの缶詰。なんとか食べきったものの、克服とはほど遠い結果になってしまった。むしろ、若干苦手度が増した気もしなくもないが、私とカタツムリが昔のような関係に戻れる日は来るのだろうか。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【台湾】ガチョウ肉の旨味と高コスパで大人気!台北の「阿城鵝肉」現地ルポ

台北MRT行天宮駅近くのガチョウ肉料理店「阿城鵝肉」

ガチョウ肉料理店「阿城鵝肉」の最寄り駅は、台北MRT行天宮駅。本店は新北市の土城という場所にありますが、この台北吉林店が観光客にとってアクセスが便利だと言えるでしょう。

阿城鵝肉 台北吉林2号店

斜め向かいには新しくできた台北吉林2号店もあります。平日のお昼12時直前ころ訪れた筆者は、台北吉林店が満席だったため2号店に行くよう案内されました。

清潔感のある店内

清潔感のある店内で、気持ちよく食事ができる雰囲気です。

写真付きメニューもあり注文楽々

写真付きメニューも有り

注文は伝票に記入する形で行います。雰囲気で筆者が外国人だと気づいた店員さんが、そっと写真と外国語訳付きメニューも差し出してくれました。なんでわかったんだろう?と不思議に思いつつ、その親切さは単純にうれしいです。

書き終わったら注文票を店員さんに渡します。会計は食後です。

ガチョウ肉やサイドメニューのお味は?

ガチョウ肉料理の数々

筆者が注文したのはガチョウ肉200元(1〜2人前)、ご飯にガチョウ肉の油がかかった鵝油拌飯(ウーヨウバンファン)、モツがたっぷり入ったスープ・下水湯(シャーシェイタン)の小サイズです。合計価格は285元(約1,040円)。タレは料理が来る前に、調味料コーナーで用意しておきましょう。

つやつやのガチョウ肉

なんといってもメインはガチョウ肉!お肉がつやつやでとってもおいしそう。お肉の下には千切り生姜がたっぷりとしかれています。1~2人前とはいえ、結構な量があります。

量の多さにびっくり

後ろから見ると、その量の多さがより顕著に。

一口いただいてみると、まず身がぎゅっと詰まっていることに驚きます。そして噛むたびに旨味がじゅわっと口いっぱいに広がるんです・・・!スモークされたお肉のほどよい塩気と、さっぱりとした千切り生姜のハーモニーもたまらない。タレをつけることで味の変化も楽しみつつ、しばしこのおいしさを堪能します。

ガチョウ油がかかったご飯

そして、このお肉に欠かせないのが、ガチョウ肉の油がかかった鵝油拌飯!ガチョウ肉の油がふわっと香るこのご飯、食べる手が止まらなくなります。

モツのスープ

こちらは下水湯というスープです。料理名を見て「えっ、下水!?」と驚かれるかもしれませんが、これは実はモツのスープのことなんです。

小サイズにもかかわらず、その大きさと具の多さには驚かされます。スープはだしの旨味を感じるコクのあるスープ。そして、モツ、レバー、ザーサイ、細切り生姜、台湾バジルなどの具がとにかくたくさん入っていて、ボリューム満点でした。

食べきれない分は持ち帰りできる!

持ち帰り可能
とってもおいしいガチョウ肉なのですが、1人で訪れた筆者は量が多すぎて完食できませんでした……。でも大丈夫!台湾では食べきれない料理を持ち帰ることを「打包(ダーバオ)」と言い、ほとんどのレストランで持ち帰りが可能です。このお店では調味料コーナーに持ち帰り用の箱や袋、輪ゴムが置かれており、自由に使用できます。

地元民にも観光客にも大人気のガチョウ肉料理店「阿城鵝肉」は、人気なのも納得のおいしさでした。ガチョウ肉自体が旨味たっぷりなのはもちろん、それぞれの料理の量の多さにも驚きます。このおいしさとコスパの高さが、長年お客さんに支持され続けている理由なのだと感じました。

阿城鵝肉
住所:台北市中山區吉林路105號
URL:https://www.acheng.com.tw/

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~