【朗報】北海道最強コンビニ「セイコーマート」が初となる独自エナジードリンク『VERSUS』を発売! 安定の超絶コスパを炸裂させる!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 突然だけど、みんなは俺の出身地がどこか知っているかな? エナジー星? 残念。北海道でした。おう、逆ゆうこりんスタイルで今日もお送りするぞ。

そんな俺の出身地・北海道が誇る最強コンビニ「セイコーマート」が先日、初となるエナジードリンク『VERSUS(バーサス)』を発売したという情報が複数の読者から寄せられた。マ、マジかよ……! めっちゃ飲んでみたいけど、それって東京でも買えるのか……?

・セコマのエナドリ

2020年7月27日より販売が始まったセイコーマート初となるオリジナルエナドリ『バーサス』。その圧倒的なクオリティーとコスパによって、道民から絶大な支持を集める「セコマ(セイコーマートの略)」だけに、果たしてどんな商品に仕上がっているのか “エナジー者” ならずとも気になるところである。

容量は250mlと通常のレッドブル同様控えめなサイズだが、税抜120円というエナドリとは思えぬ価格設定はさすがとしか言いようがない。しかし! 残念ながら東京にセコマはないので、飲みたくてもいつものように1本だけ買うのは不可能。むむぅ……どうする? そこでエナジーマン考えました。

30本入りケースを大人買いならぬ、エナジー買い……!

・覚悟の大量仕入れ

本体価格が税抜3600円&東京までの送料がかかって、合計4493円をエナジーペイしたぞ。もはや高いのか安いのかよく分からんが、計算してみると1本当たり約150円なので普通に安いな。さすがセコマ、道民の誇り! 道民の聖地である!! だがしかし……

ハッキリ言ってジャケはクソダセぇ。何なんだよ! このクロスした勇者の剣みたいなソードは!! 「己と戦え」じゃねーよ! まずはお前が何としろと言いたい。下手したらエナドリ史上1、2位を争うダサさだが……まあよく考えたら、そういうところもセコマっぽくてなんかカワイイよな。うん。

そう、エナドリたるもの大事なのは外面じゃなくて中身だ。というワケで、恒例のエナジーサーチ行くぞォォォォオオオオ! ※説明しよう! エナジーサーチとは、エナジーマンが缶の裏の成分表示をただ眺めることである!!

・サーチ結果

エナエナ(ふむふむ)。高麗人参根エキスが入っているあたり、妙にモンスターエナジーっぽいな。100ml当たりのカフェイン量が40mg、アルギニン量が123mgという点もほぼモンスターエナジーと同じだ(モンエナのアルギニンは125mg)。成分的にかなり寄せてきている印象である。

ただ、それに加えてガラナエキスが100ml当たり20mg入っているのは北海道らしくてグッドエナジー! 製造しているのも北海道の会社で、まさに道民による道民のためのエナドリって感じの雰囲気だぞ。さあ、それでは実際に飲んでみよう。グビエナ、グビエナ!

・エナジーテイスティン

ほほう……色・香り・味、いずれもモンスターエナジーを彷彿とさせる王道エナドリテイストだ。ガラナ要素もけっこう強いが、意外に甘さ控えめでケミカル感はかなり希薄。モンエナをちょっと薄くしたような、少々シロップっぽい味わいである。

ただそのぶん、エナドリ特有の “体に悪い感じ” があまりしないので、割と誰でも飲みやすいと思われる(もちろんそれもエナドリの魅力なのだけど)。あのセブンイレブンですら北海道ではセコマに勝てないと聞くが、レッドブル・モンスターエナジーの2大巨頭にとっても、これは強力なライバル出現ではないか。

セコマ初のエナジードリンク『バーサス』。なるほど、成分・コスパともに一般的なエナドリのちょっとだけ上を行く、実にセコマらしい良心的な商品と言えるだろう。エナエナ(ふむふむ)。

・安定のセコマ品質

ジャケに関しては悪い意味で歴史に名前を刻んでしまったものの、やっぱりセイコマートは日本一ィィィィィイイイ! 北海道が誇る最強コンビニの実力を改めて思い知った瞬間であった。さあ、残りあと29本あるから張り切って毎日飲むぞ! というワケで今日はここまで。また会おう。エンナァジイイイィィィッッ!!

参考リンク:セイコーマート(PDF)
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★エナドリ関連の記事はこちら → シリーズ「エナジー検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【閲覧注意】昆虫食の「いもむしカレー」を食べたら思考回路はショート寸前 / ゴキブリやカブトムシを食べた強者の感想あり

自分が生きている間は大丈夫。そう悠長に思っていたのだが、どうやら世界のタンパク質不足はすぐそこまで来ているらしい。日本経済新聞によると2030年がその時。このまま人口増加が進むと、需要と供給のバランスが崩壊するという。ここ数年、タンパク質豊富な昆虫食が注目を浴びているのもそのせいだ。

さて、当サイトはこれまでさまざまな昆虫食を取り上げてきたが、今回は「いもむしゴロゴロカレー」なるものに挑戦することにした。カレーと昆虫……クセにある2つが混ざり合うことで食のケミストリーは起きているのだろうか。

・いもむしカレーと対面

編集部に届いた「いもむしゴロゴロカレー」の試作品は無添加のレトルトカレーで、野菜とシアワーム(いもむし)、香辛料くらいしか使用せず。牛脂や増粘多糖類、小麦粉などは使っていないらしい。

現在、商品は味と栄養成分の向上のため試作を繰り返している段階とのだが、果たしてどこまで昆虫のクセをなくすことに成功しているのか。それではさっそく登場していただこう。いもむしゴロゴロカレーさん、いらっしゃ〜い!

あっ、虫が苦手な人はこのあたりで引き返すことをオススメするぞ!

ジップロック内にある段階だと普通のカレーだけど……

ここからが閲覧注意……

ほんとにいくよ?

3

2

1

バンッ!

ババンッ!

ババババンッ!

パッと見は普通のカレーのようだったが、思いっきり いもむし が寝そべっていた。とはいえ、ワインで下味をつけているため、袋から取り出すとオシャンティな匂いがする。この時点だと、イケなくはなさそう!

こういうのは勇気が大事──。ってことで、思い切って いもむしを口に放り込んでみた。

いただきま〜ぁ……うぐっ……

正直に言おう……

こいつは……

マズうぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!

こ、これはイカン。試作の段階とは分かっているが、とにかくマズすぎる。噛んだときは思ったほどショックを受けないものの、じわりじわりと苦味が口の中に広がっていく。なんというか生かさず殺さずで、毒が全身にまわっていくような感覚だ。毒を盛られたことないけど。

時間が経てば経つほど思考回路はショート寸前。その後、一生懸命「これはカレーライス」と何度も脳内変換するも、体が昆虫の苦味を感じ取って胃に入れることを拒否してしまった。それにしても、昆虫が入っているとここまで破壊力が増すとは……。やはり昆虫食ってキツい……?

・昆虫食のツートップが試食

そうとも思ったが、いかんせん私は昆虫食初心者。ある程度、鍛錬を積んだ者ならば味の見極めもできることだろう。そこで、当編集部の昆虫食を得意とするツートップに食べてもらった。まずはその一角……

中澤星児

カブトムシをはじめ、ゲンゴロウ、サソリ、イナゴなどなど、その戦歴は輝かしい。そして経験者だけのことはある。カレーやライスから手をつけることなく、ど本命のいもむしから攻め始めた彼はどう感じたのかというと……

「これイヤっすねぇ……ちょっと硬いところがライスとは合わないかもしれないですね。いもむしの味は甘くないレーズンっぽいかな。そもそも虫として美味しくない。まだカイコとかコオロギを使った方がカレーに合うんじゃないでしょうか」

──と具体的な代替案が出てくるあたり、さすがの実績である。では、もう1人に登場してもらおう。いろんな虫を食べたことがある強者……

GO羽鳥

イヤイヤ言いつつも、躊躇(ちゅうちょ)することなく一口でパクリ。過去にゴキブリを食べた鉄のハートは伊達じゃない。で、その感想は……

「これまでいろんな虫を食べてきたけど……あっ……これはうまくねぇ……(涙目)。粘土っぽいのを食べているような……ダメ、う〜んダメ。う〜ん、うまくねぇ……」

・昆虫食が美味しくなる未来はあるのか

一言でバッサリ切るなら「マズい」という結果になったが、それもそのはず昆虫を美味しく食べる調理方法はまだまだ開発されていないのだ。むしろ時代はこれから。マズいが積み重なって美味しいに転生する日を待ちたい。

なお、「昆虫食のentomo」のいもむしゴロゴロカレーはクラウドファンディングサイト「Makuake」で支援することができる。ここまでマズいマズいと言っておいてなんだが、昆虫食が本格的に食卓に並ぶ日はそう遠くない。高タンパクだし、未来を人より先に切り開きたい方は覗いてみてはどうだろう。

参照元:Makuake「いもむしゴロゴロカレー」日本経済新聞
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

若い女性の“甘〜い香り”と同じ成分を含む食べ物。デートで食べるとイイかも?

 若い女性特有の香り。  夏になると自分の汗のニオイが気になることって多くなりますよね。そんなことを解決すべく調べものをしていたところ、「若い女性特有の甘い香り」が“ラクトン”という成分によるものだということを知りました […]