栃木最強のファミレス・フライングガーデンの『爆弾ハンバーグ』が最強すぎて忘れられない / 栃木県出身者に聞いたおすすめグルメ

もうすぐお盆休み。GoToトラベルキャンペーンも開始され旅行者も増えることだろう。賛否両論あるが、以前の記事でお伝えした通り、こういった動きに地方経済活性化の側面があることも事実だ。

ところで、旅行と言えば食べ物も楽しみの1つ。その土地のことは、土地の人が1番知っている。というわけで、栃木県出身のビッグウェーブさんことブッチさんにオススメの栃木グルメを聞いてみたところ、「友達が来たら絶対に連れて行く」という最強のファミレスに連れて行かれた。

・栃木県民のソウルファミレス

そのファミレスの名前は『フライングガーデン』。北関東に広がるチェーン店であり、本社が栃木県にある。ブッチさんいわく「栃木に来たらまずは行くべき」とのこと。栃木県民のソウルファミレスなのだとか。

サイトの店舗案内を見ると、群馬、茨城、埼玉、千葉と、東京を避けるように展開されていた。ひょっとしたら東京、神奈川以外の関東民には有名なのかもしれない。

・コスパ良し

で、そこの名物というのが『爆弾ハンバーグ』というメニューだ。キングサイズは250gで税抜き999円。和風ソースとにんにくソースの2種類がついてくる上、セットを注文するとご飯はお替わり自由ときている。この時点でブッチさんとハイタッチしたことは言うまでもない

注文すると、やって来たのは名前に負けぬ大きく分厚いハンバーグ。網状の焼き色がついたハンバーグの端からは赤みが覗いている。レア系のハンバーグだ。

・あふれ出す肉汁

印象的だったのは肉汁。席に運ばれてきた後、店員さんがハンバーグを半分に切って焼いてくれるのだが、その際、肉汁がジュージューと音を立てながら飛び散るのである。溢れ出す肉汁はもはや海! 食べてみたところ……

生命の源やん

焼け目とレア部分が口の中で溶け合って肉の一体感が半端じゃない。よくあるボソボソと解けるハンバーグとはもはや別の食べ物と言っても過言ではないだろう。

そんなレアみの強いジューシーな肉の味に、にんにく醤油のソースが最強に合う。心の中で暴れまわるテンションが制御できず、私は拳を突き上げた。爆弾ハンバーグに一片の悔いなし……!

・大人にとっても特別

ハンバーグは子供だけでなく、大人にとっても特別な食べ物だ。素晴らしいハンバーグに出会った時、全てを忘れて子供に戻ることができるのである。

フライングガーデンは、子供の頃感じていたファミレスに行く時のワクワクを思い出させてくれた。爆弾ハンバーグは、間違いなく素晴らしいハンバーグだったと言えるだろう。

思い出しただけで口の中に肉の味が蘇る。あの時の感動を私はいまだに忘れることができない。もし、北関東を訪れることがあるならば、まずは行ってみてくれ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

韓国の屋台で絶対食べたいグルメ9選!母の味を楽しめるなら市場へ行こう

韓国と言ったら辛い韓国料理ですが、実は、今じわじわ流行っているのが韓国の屋台料理。昨年から日本でブームになった、チーズが伸びるアメリカンドック、ハットグも屋台発のグルメです。

レストランでは味わえない、韓国グルメを味わうなら屋台での食事がおすすめ。そこで、今回韓国に行ったら必ずチェックしたい韓国の屋台グルメを9つご紹介します。

 

トッポッキ

photo by 桃

お餅で作られた辛めのタレと一緒に食べる、韓国料理の定番トッポッキ。こちらも屋台で食べることができます。日本で食べるトッポッキは甘く味付けされているので、本場の辛いトッポッキを出来立てで食べることができるので、人気。

箸と捨てられるお椀をくれるので、立ちながらサクッと楽しめるのが魅力です。明洞のメインストリートに出店している屋台ではもちろん、韓国の様々なところで食べることができるので、あまり探す必要はないでしょう。

 

コーティング苺

photo by 桃

ミルクチョコレートやホワイトチョコレートが掛かっている苺です。日本のチョコバナナのような感覚で地元の人からも愛されているスイーツです。大粒の苺にたっぷり掛かっているチョコレートと、可愛らしいハートや星のトッピングが掛かっていて、まさに写真映え

明洞のメインストリートに出店している屋台で食べられます。一粒100円くらいなので安くはありませんが、なんだか可愛くて美味しそうだったので、私も思わず買ってしまいました。これが屋台の醍醐味ですよね。みんなで頬張りながら食べると、楽しいです。

 

オレオチュロス

今、韓国屋台でじわじわ人気があるのがオレオチュロス。屋台でも明洞駅前の小さなお店でも購入することができ、食べながら歩くのが定番です。オレオ味を砕いたクリームがチュロスの中に含まれており、チョコレート好きにはたまらないそう。しかし、甘すぎるので注意してください。

まだ日本には入ってきていないので、韓国に行った時にはぜひ探して食べてみてください。

 

トルネードポテト

photo by shutterstock

こちらも韓国屋台の定番、トルネードポテトです。ポテトチップスよりは厚めのジャガイモをフライで揚げており、一本の串に刺さっています。最初は食べづらいですが、慣れれば上手に食べられるはず。

こちらも明洞のメインストリートに出店している屋台で食べることができ、見つけるのも簡単です。味も塩やコンソメなど様々なので、好きなものを選んでみんなでシェアしましょう。

 

韓国おでん

photo by 桃

韓国おでんは日本のおでんと異なり、ピリ辛スープが特徴的です。屋台で食べられるおでんの主な具材は、練り物が串に刺さったもの。冬は日本よりもぐっと寒くなる韓国では、おでんのスープは体全体を温めてくれるのでおすすめ。

屋台では串に刺さっているおでんとスープを紙コップに入れて渡してくれます。室内屋台で座って楽しむ場合は、大きなスープ皿に入れて、お皿ごとシェアして食べることができます。

 

ハットグ

日本でブームを巻き起こした、チーズ入りホットドックのハットグ。伸びるチーズを写真に撮って、Instagraにあげるのが2018年とても流行りました。今では原宿にハットグのお店ができ、毎日行列ができています。

韓国では日本よりも長く待つことなく、本場のハットグを食べることができます。見た目はホットドックにそっくり、中はチーズがたっぷり入っており、チーズ好きにはたまらない一品。明洞のメインストリートで一つ買って、食べ歩きましょう。

 

フルーツ飴

日本にもあるあんず飴の、あんずではなく様々なフルーツに飴がかかっているスイーツです。イメージは日本の夏祭りなどに出店している屋台のフルーツ飴と一緒。心なしか、マスカット飴が多く売り出されていた気がしました。

そのほかにもいちごなどのフルーツ飴がたくさん並んでいるので、お金を渡して好きなものを買うだけ。日本の夏祭りを思い出しますね。

 

キンパ

photo by 桃

韓国風海苔巻きのキンパは、一度食べたら病みつきになると言われています。日本の海鮮の入った海苔巻きとはちょっと異なり、中には人参やたくわん、卵焼きなどがぎゅっと詰まっています。

醤油ではなく、ちょっとピリ辛のタレをつけて食べるのが韓国流。中に入れる具はなんでもよく、屋台やレストランによって大きく変わるので、韓国滞在中に自分のお気に入りのキンパを見つけるのも楽しいでしょう。

キンパは明洞のメインストリートに出店している屋台でも、広蔵市場などのマーケットでも食べることができます。

 

タコ

photo by 桃

辛いタレをつけていただくタコは、なんとさっきまで生きていたものを目の前で捌いてくれるので、お皿に置いてもらった直後はまだ動いています。

すぐに食べると新鮮で、口の中でタコが踊っている完食を味わうことができます。海苔がかかっており、専用のピリ辛タレにつけて食べるので、お酒に最高に合うのが大きなポイント。

このタコは明洞のメインストリートに出店している屋台では食べることができず、広蔵市場などのマーケットで楽しむことができます。ゆっくり座ってお酒と一緒に食べるのが良いです。韓国最高って思うはず。

 

明洞のメインストリートでは夕方から屋台が出現

photo by shutterstock

ソウル・明洞のロッテ前などのメインストリートには、平日は夕方から、土日祝日はお昼頃から屋台が出現します。だいたい夜中近くまで営業している店舗が多いので、夜遅くでも賑わっているのが特徴です。

明洞のメインストリートに出店している屋台は、座って食べることができません。ほぼ全て食べ歩きとなっているので、気をつけましょう。お祭りやお花見などで見る屋台を想像していただければ、雰囲気などがわかるかと思います。

ショッピング街に面していますが、食べながらお店に入るのはマナー違反。しっかり食べ終わって、ゴミをゴミ箱に入れてから観光をしましょう。支払いはほぼ全ての屋台で現金になるので、用意を忘れずに。

 

市場と屋台が合体した通称「うまいもん通り」広蔵市場

photo by 桃

もう一つ、屋台で有名なのが「うまいもん通り」という名前で有名な広蔵市場。最寄駅の鍾路5街駅から徒歩すぐという好立地です。ここは屋台だけでなく市場と合体しているので、お土産もかなり安く購入することができます。

この屋台の特徴は、座って食べることができること。様々な韓国のおばちゃん(たまにおじちゃんも)が手料理で韓国料理を提供しています。好きなところに座るとメニューを渡されるので、そこからオーダーをしましょう。

photo by 桃

イメージは日本の赤提灯のようで、おばちゃんと向かい合って次々出てくる韓国料理を、みんなでシェアしていきます。メニューはあまり大きく変わりませんが、様々な料理が大きな鍋で作られているので、美味しそうなところを選ぶのがポイント。会計はキャッシュで後払いになるので気をつけましょう。

私は一月頭に行ったので、気温マイナス8〜10度の極寒でしたが、マーケット自体に大きな屋根があり、屋台の椅子には電気ストーブが通っているので、お尻がとても暖かいんです。

韓国料理は辛いので、お酒と一緒に楽しんでいると、寒さも忘れてしまいますが、寒がりな人はしっかり対策をして行ったほうが良さそう。

 

韓国料理は屋台で楽しもう

韓国に来たら絶対楽しみたい韓国料理。レストランを探して食べに行くのも良いですが、より韓国の母の味が感じられる屋台料理がとてもおすすめです。

前回初めて韓国屋台を体験した私ですが、レストランとはまた違った楽しみを見つけられたので、次に韓国に行くときも屋台で食事をすると心に決めました。

次の韓国旅行は屋台の食べ歩きはいかがですか?

世界一周や海外旅行の持ち物・準備や、おすすめの世界遺産・絶景などを、世界一周を経験したバックパッカーがご紹介しています。世界一周団体TABIPPO[たびっぽ]が運営しています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

“大人のかき氷”が流行中。お酒入りで、暑い夏の夜にキーンと冷える

 ブームが定着し、行列のできるかき氷店が全国各地に出現している。そして、今夏のブームは「お酒入り」。フローズンカクテルとはまた違った、大人のためのかき氷のお味は? 夜の新デザート! スイーツの新境地「お酒×かき氷」  う […]