【保存食比較】吉野家の缶飯「牛丼」とサンヨー堂の弁当缶詰「牛めし」を食べ比べてみた結果 → ご飯に圧倒的な違いがあった

こんな時代だからこそ持っておきたい保存食。賞味期限が長く場所も取らない缶詰は非常用の備蓄に最適だ。そんな缶詰の中でも珍しく米が入っているのが吉野家の缶飯サンヨー堂の弁当缶詰である。

缶詰しか食べるものがない時を想定すると、やはり我々日本人は米を食べたくなるに違いない。そして、どうせならウマイ米を食べたいものである。そこで、吉野家の缶飯「牛丼」とサンヨー堂の弁当缶詰「牛めし」を食べ比べてみることにした

・価格差2倍

まず、価格だが、吉野家の缶飯「牛丼」はサイトでの通販価格は6缶で税込4860円。つまりひと缶810円と結構高級である。対して弁当缶詰「牛めし」はサイトの製品紹介に定価が書かれていないが、Amazonにサンヨー堂が出品している価格が2個セットで875円(438円/個)なので、これが定価と考えて良いかもしれない。およそ2倍の価格差である

ちなみに、ディスカウントスーパーのオーケーストアでは、缶飯が税抜き582円、弁当缶詰が税抜き291円なので、ここでもやはり価格には2倍の開きがあった。はたしてこの価格差は味にも影響しているのだろうか? さっそく食べ比べていきたいと思う。

・吉野家は常温でも食べられる

吉野家の缶飯は常温でも食べられるが、サンヨー堂の弁当缶詰は湯煎を15分して食べるものだ。そこで、できるだけ条件を合わせるために、吉野家の缶飯も湯煎することにした。なお、缶飯のパッケージによると、湯煎する場合は10分が目安のようである。

というわけで沸騰したお湯に2つをドボン。まずは、10分で缶飯をサルベージして、15分後に弁当缶詰をサルベージする。熱湯で缶詰もチンチンに熱せられているためトングで取り出し……

タオルを使ってフタを開けると……

見た目から全然違う2つの缶詰

・より「ごはんっぽい」缶詰

以前の記事でもご紹介した通り、サンヨー堂は細切れの肉が入った炊き込みご飯のような質感だが、対して吉野家はつゆだくでトロッとしている。まずは吉野家から食べてみたところ……

うん。おじや。

つゆに米が溶け込む感じは牛丼というか牛雑炊というイメージだ。米が炊きたてみたいなサンヨー堂と食べ比べると、そんなおじや感がより顕著である。正直、サンヨー堂の方が粒が立っておりモチモチで、圧倒的に「ごはん」だ

・店で味わえない吉野家らしさ

とは言え、それは良し悪しではなく、ただの違いであるような気もする。あなたは考えたことはないだろうか? 「吉野家のつゆでおじや作ったらどんな味になるんだろう」と──。

想像してみてくれ。吉野家のつゆが存分に染み渡ったおじやを。牛丼のような薄切り肉に、フタを開けた瞬間、ふわっと香り立つ吉野家臭を。むしろ牛丼以上に吉野家を味わっている気さえする。店では食べられない牛雑炊としては最高なのだ。

ちなみに、缶飯をおかずに弁当缶詰を食べたらなかなかウマかったことを追記しておきたい。質感が違う缶飯は、ご飯のお供みたいな使い方でも意外と違和感がなかったぞ。

・それぞれのごはん

最後に、それぞれのサイトで賞味期限を確認したところ、吉野家の缶飯は製造後3年で、サンヨー堂の弁当缶詰が製造より5年。エネルギーは吉野家が289kcalでサンヨー堂が315kcalだった。

保存食としてはサンヨー堂が強い気がしなくもないが、どちらが良いかは、保存食や非常食に何を求めるかで変わるだろう。どんな状況でも、食べ物がウマイとちょっと救われる。あなたがアガる味は、ごはんか吉野家か? 保存食購入の参考になれば幸いだ。

参照元:吉野家サンヨー堂Amazon
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【困惑】ベトナムの回転火鍋が高速すぎる件について / 謎システムに戸惑ってたら衝撃の請求金額が…!

東アジア地域の都市部には、レベルの高い日本食を安く提供する店が多くある。食の心配をせずに旅することができて良い。ベトナム旅行中にフードコートへ立ち寄ると……おっ、回転寿司を発見! 金額は分からないけれど、まぁ知れているだろう。

繁盛していそうなこともあり、迷わず入店してみた。ところでレールをよく見ると、笑っちゃうくらい高速で回転しとる。日本の3倍ほどもあろうかという速さだ。我々が知る回転寿司と同じ動力なんだろうか? っていうか……

よく見るとコレ、寿司ですらなかったのである。

・回転火鍋

調べるとこれは『回転火鍋』といって、ベトナムではメジャーなグルメらしい。回転するレールの上を皿が移動するスタイルは回転寿司と完全に一致。ただひとつ決定的に違うのは、皿の上に寿司ではなく「鍋の具」が乗っていることだ。

カウンターに座ると、テーブルに不思議なサイズの穴が空いていることに気づく。直径15cmほどだろうか。

ほどなくして鍋、というより “筒状の容器” が運ばれてきて例の穴にスッポリと収まる。中には赤いスープ。注文していない肉も同時に1皿置かれた。おそらくしゃぶしゃぶ店などでもよくある「最初の1皿」というやつだろう。

手前のスイッチで火加減を調節できる仕組みっぽい! どうやらこれは完全に「おひとりさま用鍋」らしいな。

・一瞬の迷いも許されない

猛スピードで回転するレールから目当ての皿に狙いを定め……た時にはすでに遅し。皿は彼方へ去った後である。

あっという間に再び回ってくるから無理して追わずに待ちましょう。

回る具材は白菜、チンゲンサイ、モロヘイヤなどの葉っぱ類に、キノコ、カリフラワー、とうもろこしなどの野菜。さらにはエビ、イカ、白身魚といった海鮮、肉団子などだ。

一皿に乗っているのはごく少量である。

好みの具材をゴチャッと鍋に放り込むだけですぐに食べられるぞ。

入店時、スープを「スパイシー」かそうでないか選ぶことができる。私はスパイシーをチョイスしたが、よっぽど辛さが苦手な人でなければ何も感じないほどのマイルドさだ。辛いもの好きの人には物足りないかもしれない。

逆に言えばクセがなく、万人受けするタイプの火鍋である。

・そんなことより……

ところで非常に気になるのは、ここへきても ”店内どこにも値段表記がない” という点だ。気になるというより、だんだん不安になってきた。

日本と同様、メニューによって皿が色分けされている。つまり同色の皿であれば金額は同じなハズだが、肝心の料金表がない。どこにもないのだ……!

念のため食べた皿の枚数をメモしつつ恐る恐る鍋をつつく。

・異国で大ピンチ到来

異国での不用意な行動は極力慎むべきであると、旅立ち前に多くの人から忠告を受けていた。しかし生理現象だけはどうにもならず、私は食事中にトイレへ立ったのだ。

そのわずか3分ほどの間に……

おい嘘だろ……間違いだと言ってくれ……

絶対に注文していない「豪華海鮮盛り」が勝手にテーブルに置かれているだなんて……!

皿に盛られているのはイカ、タコ、エビ、ハマグリに魚……日本だと数千円は下らない豪華さである。完全にやられた。どうやらこれがこの店のやり口らしい。客が目を離したスキに商品を置き、「注文を受けた」と突っぱねる手口だ。

おまけに重ねておいた皿は全てなくなっているではないか!!! 文句を言ったところで「食った・食わないの水掛け論」になることは目に見えている。言葉の話せぬ外国人に対する仕打ちとしてはあまりにも酷っ……!

仕方がないので腹をくくり、豪華海鮮盛りを食べ進めた。イカもエビもプリップリで最高だ。一体いくらするんだお前らは?

しばらくすると背後からコソコソ忍び寄る店員の影。鍋にスープをつぎ足し、さらに料金をせしめるつもりなのだろう。私は「いらん!」とばかりに跳ねのけた。しだいに鍋は底が見えるほど煮詰まってきたが、これ以上奴らの好きにさせるわけにはいかないから我慢だ。

・衝撃の会計金額

海鮮盛りで腹十分目状態となった私は、恐る恐る「チェックプリーズ」と合図した。ただしビビっていることがバレると足元を見られる可能性があるため、あくまでもゆっくりと、落ち着いた態度でレジへと向かう。その衝撃の会計額は……

257400VND だとォ!!!!!!!

……ケタが大きすぎていまいちピンとこない方のために説明すると、これは日本円で約1216円。ベトナムの物価が日本より安いことを差し引いても、あれだけ食べてこの金額はかなり良心的といえる。何これどゆこと……?

あっ!

レシートをよく見ると、そこには「Buffet」の文字。つまり………なんとここは「食べ放題」の店だったのであった!!!

ンモ〜! 最初に言ってよォ〜〜〜!

・SUSHIもあるよ!

257400VNDの内訳には別オーダーのコーラ代も含まれていたため、火鍋食べ放題の正確な料金は218900VND(税込)で約1035円となる。う〜む、安い。最初に白菜ドカ食いでお腹を膨らませたことが悔やまれる。

ちなみに海苔巻きのみではあったが、レール内には寿司も回転していた。寿司の皿にだけ書かれた「絶えず動く」という日本語の文字が印象的だ。

日本人にとって鍋は「みんなで囲むもの」というイメージが強いが、1人で好きなものを好きなだけ食べるスタイルは思いのほかハマる。私はベトナム滞在中、リベンジに2回も同店を訪れたほどだ。

日本での知名度はまだまだ低い回転火鍋だが、寿司を脅かす存在に成長する日が来るかもしれない……?

・今回ご紹介した飲食店のデータ

店名 Kichi Kichi Mipec Long Biên
住所 Ngọc Lâm, Long Biên, Hanoi, ベトナム

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

“大人のかき氷”が流行中。お酒入りで、暑い夏の夜にキーンと冷える

 ブームが定着し、行列のできるかき氷店が全国各地に出現している。そして、今夏のブームは「お酒入り」。フローズンカクテルとはまた違った、大人のためのかき氷のお味は? 夜の新デザート! スイーツの新境地「お酒×かき氷」  う […]