【焼き鳥】あの「博多ぐるぐるとりかわ」を取り寄せ出来るばい! フライパンで焼くだけでバリバリのうまうま!!!!

家で焼鳥するのって難しくない? パリジュワっと良い感じに焼くの、難しくない? オーブンや魚焼きグリルを使ってみるものの、なかなか上手くいかない。もしかすると、鶏の仕込み方自体に問題があるのかもしれない。

そんな悩みを、ぐるっとまとめて解決してくれる商品に出会ってしまった。博多竹乃屋の「ぐるぐるとりかわ」を取り寄せれば、万事OK! フライパンを使うだけで、あっという間にパリッとモチモチでジューシーに仕上がっちゃうのだ。味はもちろんバリうま!!!! 

・もっと早く知りたかったオンラインショップ

福岡に縁がある方であれば、竹乃屋はご存じのことだろう。博多駅ナカにも店舗が入っているもんな。同店は何を食べても美味しいが「マストで頼んどかんといかんやろ」と、多くの人が注文するのが “博多ぐるぐるとり皮” である。

こちらはその名の通り、1枚の皮をぐるぐると串に刺して巻き付けてあるモノだ。焼いては寝かし、焼いては寝かしを繰り返し、秘伝のタレに漬け込んであるとのこと。あの美味しさはそうやって作られているのね……。

記者は最近知ったのだが、2020年4月12日よりオンラインショップがオープンしていたようだ。早く教えてくれよ! そんなことを思いながら、サイトにて取り急ぎ “ぐるぐるとり皮20本入り(税込3240円)” をポチっとな。

・思わずため息がでる美味しさ

冷蔵庫にキンキンに冷やしたビールを用意し、ぐるぐるとりかわをお迎えする準備は万端! 到着したモノは冷凍された状態で、パックに入っている。注意書きによると冷蔵庫に入れて、じんわり解凍する必要があるそうだ。

今すぐ食べられない状況にもどかしさを感じながらも、待っている間のワクワク感がなんともたまらない。頭の中はもう、とりかわでいっぱいだ!! 解凍されてからはあっという間。フライパンで5分ほど焼くだけで完成だ。

ビールをプシュッとしまして、いざ実食。うん……バリうまだな! 唯一無二な、同店ならではのモチモチ感が最高だ。フライパンで焼いたとは思えない、パリッとさも良い。仕込みの段階で何度も焼いては寝かしを行っているからか、油加減も程良い。

何度も言って申し訳ないが、ガチでバリうま。咀嚼(そしゃく)後に、思わずため息が出るほどである。正直、20本ぽっちじゃ全然足りない。50本くらいあってもペロっとイケちゃうなということで、この記事を書き終えてのち、再び注文しようとしている。

参考リンク:竹乃屋 オンラインショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【革命的】飯盒で炊いたご飯をその場で食べられる「焼肉キャンプ」がステキ! 一歩進んだ次世代の焼肉店だ

「焼肉」は他の外食と異なり、肉を焼く行為も含めて食事を楽しむ場である。その焼肉の楽しみをもう1段階引き上げたお店が誕生した。そのお店『焼肉キャンプ』は、まるでキャンプ場にいるかのような食事体験を提供している。

実際に利用してみたところ、“食事の場” を楽しむ仕掛けがいろいろと用意されていることがわかった。飯盒(はんごう)でご飯を炊いたり、チーズやベーコンをスモークしたり、コーヒーを自分で淹れたりできるのだ。これは流行りそう!

・ロースターとIHコンロ

私(佐藤)が訪ねたのは、東京・高島平の店舗。ここは2020年7月3日にオープンしたばかりだ。飲食関係者の間で評判が良いという話を聞き、行ってみたいと思っていた。お店を訪ねると、店内は開放的な空間を演出している。テーブル席の中央にはロースター。

そのロースターとは別に、IHコンロがある。ここで飯盒を加熱したり、お湯を沸かしたりする。

席の間仕切りにはレーン。回らない回転ずしでお馴染みのあのレーンを通って、料理が提供される。

・まずは飯盒ご飯を頼め!

いろいろと目移りすると思うが、まずは「キャンプ de 飯盒ご飯」(税別690円)を注文することをオススメする。理由は炊きあがるまでに時間がかかるからだ。加熱と蒸らしで計20分を要するので、1番最初に頼むのがいいだろう。

注文が完了すると、米の入った飯盒としゃもじ、それに厚手の革手袋が出てくる。手袋はやけど防止のために使用する。

IHに飯盒をセットして、スイッチをオン。タイマーに従って9分の加熱を行った後に、さらに11分の蒸らし。全部タイマー表示に従うだけなので、迷うことはないだろう。

・手作り燻製キットもある

ご飯が炊ける間に、肉を焼いて待つことにしよう。肉類は税別390円から1490円まで。ソーセージやベーコンはもっと安く税別290円だ。値段が安いだけでなく、種類も豊富。シャトーブリアンやスカートステーキなども揃っている。今回は飯盒のご飯を楽しむのが目的だったので、肉の注文は控えめ。

また、燻製を席で楽しめることも、このお店の魅力の1つ。「手作り燻製キット」(税別390円)は、3分間で仕上がるという。網に載せて砂時計で時間を見ながら、仕上がるのを待つ。

砂が落ち切ったのを確認してフタを開けると、サクラチップの華やかな香りが広がる。のってる! 煙がチーズにもベーコンにもしっかりのってるヨ!

・ご飯が炊けた

いろいろつまんでいる間にお腹が満たされそうになってしまうのだが、ここからが本番。ご飯が炊けました!

飯盒で炊いたご飯を食うのは、いつぶりだろうか? ちょっと思い出せない。それくらい久しぶりだ。炊き立てのご飯は、1粒1粒が光って見える。

これに焼き立ての肉をドドン! とのっけて、焼肉丼の完成。炊き立てご飯と焼き立ての肉をのっけた丼ぶりが不味いはずがない。美味いに決まっている訳ですよ、マジで!

・締めのコーヒーが旨い

ひとしきり肉とご飯を堪能し、締めは「淹れたてキャンプコーヒー」(税別290円)。その場で湯を沸かして、自らコーヒーを淹れる。

軽く湯を落として豆を蒸らし、そして静かにコーヒーを淹れていく。まるで厳かな儀式を執り行っているようだ。ほのかに立ち上るコーヒーの湯気が芳しい。外で嗅いだら、さぞ気持ちの良い香りなんだろう。あいにく室内ではあるが、その気分だけでも十分に味わえる。

・食事体験を楽しむお店

時計を見ると、席についてから1時間以上経過している。こんなに食事に時間を費やすことは、普段ならめったにない。1人焼肉ならもっと短い時間で食事を終える。なんだかんだで1時間以上もロースターの前に居たのは初めてかもしれない。それほど楽しかった。

正直、ご飯を炊いたり、コーヒーを淹れたりするのは手間だ。だが、ただ胃袋を満たすだけの食事とは違い、食事体験そのものを楽しめたように思う。ファストフード化しつつある焼肉に対して、こちらはスローフードのアプローチ。焼肉をもう1歩進んだ形で提供する次世代型店舗と言っていいだろう。

今は新型コロナウイルスの影響で外出も外食も控えめな向きがあるが、完全に収束したのちは、この手の体験型飲食店が流行る予感がする。飲食業界の未来を感じるぞ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 焼肉キャンプ 板橋高島平店
住所 東京都板橋区高島平4-1-20
時間 11:00〜24:00 ※土日は翌1:00まで

参考リンク:焼肉キャンプ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

松屋の「まぐろ丼」が本気すぎてヤバい! 牛丼屋ってレベルじゃねーぞオイ!!

およそ1カ月前の2020年6月30日に、松屋が公式Twitterにて「”店舗限定新商品6つ同時に発売” 記念全部食べたら松屋TシャツプレゼントCP」と題して全国の各地で限定メニューを出していたのを覚えているだろうか。

キャンペーンは7月7日まででとっくに終了しているが、この時の6つの限定商品の中で、ひときわ異彩を放っていたのが「まぐろ丼」である。その時は活動圏内に取り扱い店舗が無かったためスルーしたが、どういうわけか今になってフラっと寄った店舗で発見。

さっそく食べてみたところ……牛丼屋ってレベルじゃねぇぇえええええ! 並の海鮮系チェーンが逃げ出すレベルで美味いぞ! 松屋どうなってんだ!!

・だって牛丼屋だし?

なお、券売機の表示的には店舗限定のようで、執筆時点(2020年8月7日)では公式TwitterやHPにも関連する情報が一切ないため詳細は不明。まあ松屋ではよくあること。きっとまた試験的に何やらやっているのだろう。

ちなみに、店舗でポスターを見た時に思ったのは「フン、牛丼屋にまぐろ丼はムリでしょ(笑)」というもの。確かに松屋はすでに、牛丼屋とは思えないクオリティのカレーを出している。ぶっちゃけ並のカレー屋より美味いとすら思う。

しかし美味いまぐろ丼を出すのは、美味いカレーを出すより難易度が高いように思うのだ。それに、鮮魚を扱うのに最適化された仕入れルートや設備を持つであろう海鮮系のチェーン店や回転寿司屋にまぐろ丼は割とあり、我々はそういったところの、可もなく不可もないまぐろ丼の味を知っている。

松屋のまぐろ丼は、せいぜいその手の海鮮系チェーンの劣化版か、良くて同じ程度の「まあその辺の回転寿司屋で食えるよね」的なクオリティだろうと思っていた。

・松屋の反撃

まぐろ丼のラインアップは2種類。730円の『6枚盛』と、1000円の『大漁12枚盛』だ。どちらもテイクアウトも可能で、ライス大盛り無料サービスもあるもよう。270円差でまぐろが倍になるということで、迷わず『大漁12枚盛』をオーダー。まあ、そんなに期待はしていないけ……

おや?

松屋の反撃は、提供と同時に素早く開始された。まずデカい。ケチ臭さゼロである。これはもしかして、結構ヤルのでは? 

どんぶりの半分はまぐろに覆われており、もう半分には とろろ がかけられている。12枚なので、表面的に見えるまぐろの下にもまぐろがある。そして不可欠なネギと刻み海苔も。人によっては不要かもしれないが、生卵もついている。

・美味そう

まあでも、何よりも重要なのはまぐろ。しかしどうだろう。見れば見るほど……

ちゃんと新鮮で……

実に美味そう。

・美味い

いやまだだ。見栄えが良くても、やはり食べてみないと何とも言えない。微妙なまぐろにありがちな、パサついていたり、魚臭いゴムみたいだったりする可能性はまだ残っている。

ワサビを溶いた醤油をかけ、一口食べてみると……

フフッ、うっま!

一口目で思わず笑ってしまったレベルでガチなまぐろ丼である。臭みゼロ。程よい厚さとプリプリ感。何だこれは。マジで良い赤身じゃないか! その辺の海鮮系チェーンのまぐろ丼より美味いと思う。

このクオリティとボリュームで1000円という値段設定は、もはや意味が分からない。他所で食べたら1500円くらいはすると思う。唯一の欠点を述べるなら、実施店舗や期間が今のところ不明(もしかしたら公式Twitter等で情報が公開されるかもしれない)な点だろう。

もし近隣の店舗で偶然みかけたら、それは実に幸運なことだ。マジで美味いので、絶対に食べるべき1品だと思う。美味すぎるカレーに続き、まぐろ丼もイケるとは……松屋とは一体何なのだろう?

参考リンク:松屋、Twitter @matsuya_foods
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。