【焼き鳥】あの「博多ぐるぐるとりかわ」を取り寄せ出来るばい! フライパンで焼くだけでバリバリのうまうま!!!!

家で焼鳥するのって難しくない? パリジュワっと良い感じに焼くの、難しくない? オーブンや魚焼きグリルを使ってみるものの、なかなか上手くいかない。もしかすると、鶏の仕込み方自体に問題があるのかもしれない。

そんな悩みを、ぐるっとまとめて解決してくれる商品に出会ってしまった。博多竹乃屋の「ぐるぐるとりかわ」を取り寄せれば、万事OK! フライパンを使うだけで、あっという間にパリッとモチモチでジューシーに仕上がっちゃうのだ。味はもちろんバリうま!!!! 

・もっと早く知りたかったオンラインショップ

福岡に縁がある方であれば、竹乃屋はご存じのことだろう。博多駅ナカにも店舗が入っているもんな。同店は何を食べても美味しいが「マストで頼んどかんといかんやろ」と、多くの人が注文するのが “博多ぐるぐるとり皮” である。

こちらはその名の通り、1枚の皮をぐるぐると串に刺して巻き付けてあるモノだ。焼いては寝かし、焼いては寝かしを繰り返し、秘伝のタレに漬け込んであるとのこと。あの美味しさはそうやって作られているのね……。

記者は最近知ったのだが、2020年4月12日よりオンラインショップがオープンしていたようだ。早く教えてくれよ! そんなことを思いながら、サイトにて取り急ぎ “ぐるぐるとり皮20本入り(税込3240円)” をポチっとな。

・思わずため息がでる美味しさ

冷蔵庫にキンキンに冷やしたビールを用意し、ぐるぐるとりかわをお迎えする準備は万端! 到着したモノは冷凍された状態で、パックに入っている。注意書きによると冷蔵庫に入れて、じんわり解凍する必要があるそうだ。

今すぐ食べられない状況にもどかしさを感じながらも、待っている間のワクワク感がなんともたまらない。頭の中はもう、とりかわでいっぱいだ!! 解凍されてからはあっという間。フライパンで5分ほど焼くだけで完成だ。

ビールをプシュッとしまして、いざ実食。うん……バリうまだな! 唯一無二な、同店ならではのモチモチ感が最高だ。フライパンで焼いたとは思えない、パリッとさも良い。仕込みの段階で何度も焼いては寝かしを行っているからか、油加減も程良い。

何度も言って申し訳ないが、ガチでバリうま。咀嚼(そしゃく)後に、思わずため息が出るほどである。正直、20本ぽっちじゃ全然足りない。50本くらいあってもペロっとイケちゃうなということで、この記事を書き終えてのち、再び注文しようとしている。

参考リンク:竹乃屋 オンラインショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

食欲の秋に!糖質とカロリーにこだわった可愛いケーキが登場【銀のぶどう】

「糖質とカロリーにこだわりました」シリーズ


秋といえば食欲の秋!そんな秋の夜長にも、気にせずおいしいスイーツを食べてほしい、との想いから生まれたのが「糖質とカロリーにこだわりました」シリーズ。食物繊維を配合した低糖質の粉をブレンドしたり、カロリーゼロの糖を使用したりすることで、糖質とカロリーをできるだけ抑えました。秋のムードを盛り立てる可愛らしいケーキ全3種が登場です。

ティラミス・スワン


北海道産マスカルポーネクリームでできた羽が美しい白鳥。コーヒーシロップを浸したスポンジを忍ばせた、大人仕立てのティラミスです。
「ティラミス・スワン」648円(600円)

きのこのカシスバニラ


カシスムースの屋根と、バニラムースの壁でできた、可愛いきのこのおうち。壁の中にはカシスジュレをぎゅっと閉じ込めました。
「きのこのカシスバニラ」648円(600円)

苺のパルフェ


ふわっとやさしい生クリームと、フレッシュないちごの、酸味と甘みが絶妙なパルフェ。フランボアが香るジュレがたまりません。
「苺のパルフェ」680円(630円)

 
※記載の糖質とカロリーは計算値です。
※糖質は、エリスリトールを除いた数値です。

「Petit Gateau〈プチガトー〉」 糖質とカロリーにこだわりました
発売日: 2019年9月12日(木)
販売店:銀のぶどう 首都圏各店 (大丸東京店・京王新宿店・西武池袋店・伊勢丹府中店[9月30日まで]・そごう横浜店)・ぶどうの木&鎌倉座 阿佐ヶ谷店・パクとモグ小田急町田店

「スタンダードにこだわりました」シリーズ


「スタンダードにこだわりました」シリーズの2019秋冬コレクションは、“スイーツの森”をテーマに、秋の味覚を堪能する“スイーツ・ハイキング”へご案内!見た目も味もこだわり抜いた全7種が登場します。パーティの手土産にもおすすめです!

プラネットショコラ


濃厚な口どけが楽しめる、ショコラの一番星!チョコレートソースにチョコレートムースを重ねた、5層のショコラの味わいを堪能ください。
「プラネットショコラ」648円(600円)

苺のショートケーキ


甘酸っぱい苺たち、北海道産生クリーム、しっとりスポンジ。これぞスタンダード!みずみずしくて真っ赤な宝石がまぶしい、銀のぶどうの定番ショートケーキ。
「苺のショートケーキ」680円(630円)

モンブランローズ


世界で愛されるラム酒「オールドジャマイカラム」が香るカスタードに、キャラメルソースをしのばせたマロンのクリームが彩るローズ。大人のモンブランです。
「モンブランローズ」680円(630円)

真っ赤なりんごのレアチーズ


秋冬にぴったりの、爽やかに香るジューシーな赤りんご。中に入ったりんごの果肉がアクセントになった、キュートなりんご型レアチーズケーキ。
「真っ赤なりんごのレアチーズ」680円(630円)

ポワール・ポワール


イタリアで育まれた洋梨を添えた、洋梨ブランデー“ポワール・ウィリアム”の味わいのババロア。洋梨をまるごと愉しめるスイーツです。
「ポワール・ポワール」648円(600円)

抹茶マロン


抹茶のムース&スポンジに、なめらかマロンクリームを重ねました。ふくよかに薫る抹茶クリームと、ごろっとのった栗の甘露煮を贅沢にトッピング。
「抹茶マロン」648円(600円)

キャラメルナッツの森


ふわっとした口どけのキャラメルクリームに、トロっとしたヘーゼルナッツクリーム、サクサクのプラリネフィアンティーヌ。いろんな食感が楽しめる切り株ケーキ。
「キャラメルナッツの森」648円(600円)

 

「Petit Gateau〈プチガトー〉」スタンダードにこだわりました
発売日:2019年9月12日(木)
販売店:銀のぶどう 首都圏各店 (大丸東京店・京王新宿店・西武池袋店・伊勢丹府中店[9月30日まで]・そごう横浜店) ・ぶどうの木&鎌倉座 阿佐ヶ谷店・パクとモグ小田急町田店

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

松屋の「まぐろ丼」が本気すぎてヤバい! 牛丼屋ってレベルじゃねーぞオイ!!

およそ1カ月前の2020年6月30日に、松屋が公式Twitterにて「”店舗限定新商品6つ同時に発売” 記念全部食べたら松屋TシャツプレゼントCP」と題して全国の各地で限定メニューを出していたのを覚えているだろうか。

キャンペーンは7月7日まででとっくに終了しているが、この時の6つの限定商品の中で、ひときわ異彩を放っていたのが「まぐろ丼」である。その時は活動圏内に取り扱い店舗が無かったためスルーしたが、どういうわけか今になってフラっと寄った店舗で発見。

さっそく食べてみたところ……牛丼屋ってレベルじゃねぇぇえええええ! 並の海鮮系チェーンが逃げ出すレベルで美味いぞ! 松屋どうなってんだ!!

・だって牛丼屋だし?

なお、券売機の表示的には店舗限定のようで、執筆時点(2020年8月7日)では公式TwitterやHPにも関連する情報が一切ないため詳細は不明。まあ松屋ではよくあること。きっとまた試験的に何やらやっているのだろう。

ちなみに、店舗でポスターを見た時に思ったのは「フン、牛丼屋にまぐろ丼はムリでしょ(笑)」というもの。確かに松屋はすでに、牛丼屋とは思えないクオリティのカレーを出している。ぶっちゃけ並のカレー屋より美味いとすら思う。

しかし美味いまぐろ丼を出すのは、美味いカレーを出すより難易度が高いように思うのだ。それに、鮮魚を扱うのに最適化された仕入れルートや設備を持つであろう海鮮系のチェーン店や回転寿司屋にまぐろ丼は割とあり、我々はそういったところの、可もなく不可もないまぐろ丼の味を知っている。

松屋のまぐろ丼は、せいぜいその手の海鮮系チェーンの劣化版か、良くて同じ程度の「まあその辺の回転寿司屋で食えるよね」的なクオリティだろうと思っていた。

・松屋の反撃

まぐろ丼のラインアップは2種類。730円の『6枚盛』と、1000円の『大漁12枚盛』だ。どちらもテイクアウトも可能で、ライス大盛り無料サービスもあるもよう。270円差でまぐろが倍になるということで、迷わず『大漁12枚盛』をオーダー。まあ、そんなに期待はしていないけ……

おや?

松屋の反撃は、提供と同時に素早く開始された。まずデカい。ケチ臭さゼロである。これはもしかして、結構ヤルのでは? 

どんぶりの半分はまぐろに覆われており、もう半分には とろろ がかけられている。12枚なので、表面的に見えるまぐろの下にもまぐろがある。そして不可欠なネギと刻み海苔も。人によっては不要かもしれないが、生卵もついている。

・美味そう

まあでも、何よりも重要なのはまぐろ。しかしどうだろう。見れば見るほど……

ちゃんと新鮮で……

実に美味そう。

・美味い

いやまだだ。見栄えが良くても、やはり食べてみないと何とも言えない。微妙なまぐろにありがちな、パサついていたり、魚臭いゴムみたいだったりする可能性はまだ残っている。

ワサビを溶いた醤油をかけ、一口食べてみると……

フフッ、うっま!

一口目で思わず笑ってしまったレベルでガチなまぐろ丼である。臭みゼロ。程よい厚さとプリプリ感。何だこれは。マジで良い赤身じゃないか! その辺の海鮮系チェーンのまぐろ丼より美味いと思う。

このクオリティとボリュームで1000円という値段設定は、もはや意味が分からない。他所で食べたら1500円くらいはすると思う。唯一の欠点を述べるなら、実施店舗や期間が今のところ不明(もしかしたら公式Twitter等で情報が公開されるかもしれない)な点だろう。

もし近隣の店舗で偶然みかけたら、それは実に幸運なことだ。マジで美味いので、絶対に食べるべき1品だと思う。美味すぎるカレーに続き、まぐろ丼もイケるとは……松屋とは一体何なのだろう?

参考リンク:松屋、Twitter @matsuya_foods
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。