【焼き鳥】あの「博多ぐるぐるとりかわ」を取り寄せ出来るばい! フライパンで焼くだけでバリバリのうまうま!!!!

家で焼鳥するのって難しくない? パリジュワっと良い感じに焼くの、難しくない? オーブンや魚焼きグリルを使ってみるものの、なかなか上手くいかない。もしかすると、鶏の仕込み方自体に問題があるのかもしれない。

そんな悩みを、ぐるっとまとめて解決してくれる商品に出会ってしまった。博多竹乃屋の「ぐるぐるとりかわ」を取り寄せれば、万事OK! フライパンを使うだけで、あっという間にパリッとモチモチでジューシーに仕上がっちゃうのだ。味はもちろんバリうま!!!! 

・もっと早く知りたかったオンラインショップ

福岡に縁がある方であれば、竹乃屋はご存じのことだろう。博多駅ナカにも店舗が入っているもんな。同店は何を食べても美味しいが「マストで頼んどかんといかんやろ」と、多くの人が注文するのが “博多ぐるぐるとり皮” である。

こちらはその名の通り、1枚の皮をぐるぐると串に刺して巻き付けてあるモノだ。焼いては寝かし、焼いては寝かしを繰り返し、秘伝のタレに漬け込んであるとのこと。あの美味しさはそうやって作られているのね……。

記者は最近知ったのだが、2020年4月12日よりオンラインショップがオープンしていたようだ。早く教えてくれよ! そんなことを思いながら、サイトにて取り急ぎ “ぐるぐるとり皮20本入り(税込3240円)” をポチっとな。

・思わずため息がでる美味しさ

冷蔵庫にキンキンに冷やしたビールを用意し、ぐるぐるとりかわをお迎えする準備は万端! 到着したモノは冷凍された状態で、パックに入っている。注意書きによると冷蔵庫に入れて、じんわり解凍する必要があるそうだ。

今すぐ食べられない状況にもどかしさを感じながらも、待っている間のワクワク感がなんともたまらない。頭の中はもう、とりかわでいっぱいだ!! 解凍されてからはあっという間。フライパンで5分ほど焼くだけで完成だ。

ビールをプシュッとしまして、いざ実食。うん……バリうまだな! 唯一無二な、同店ならではのモチモチ感が最高だ。フライパンで焼いたとは思えない、パリッとさも良い。仕込みの段階で何度も焼いては寝かしを行っているからか、油加減も程良い。

何度も言って申し訳ないが、ガチでバリうま。咀嚼(そしゃく)後に、思わずため息が出るほどである。正直、20本ぽっちじゃ全然足りない。50本くらいあってもペロっとイケちゃうなということで、この記事を書き終えてのち、再び注文しようとしている。

参考リンク:竹乃屋 オンラインショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

神のチーズティー”が大阪梅田に誕生!台湾発チーズティー専門店「machi machi」

タピオカに次ぐトレンドドリンクとして大注目のチーズティー専門店「machi machi」が、10月16日(水)に大阪エリア初のオープン!地元の台湾メディアには、神のチーズとも呼ばれるその内容とは?出店記念の限定ドリンクなども登場します。

大阪限定ドリンク「モチモチチーズティー」が登場!

machi machi外観

10月16日(水)に関西随一のターミナル駅である大阪梅田駅から徒歩30秒の場所にオープンするのは、台湾メディアに神のチーズティーとも呼ばれているチーズティー専門店「machi machi」です。

一杯ずつ丁寧に抽出された台湾茶に、世界中から厳選した風味豊かなチーズクリームが見事にマッチング。チーズクリームには生クリームや塩などがプラスされており、「チーズキャップ」と呼ばれています。

今回は、大阪初出店を記念して限定ドリンク「モチモチチーズティー」が登場。店名である「machi machi」は、中国語で「モチモチ」という発音から「お餅のようにくっつきあうベストパートナーでありたい」という願いが込められています。

その由来に基づき、「モチモチチーズティー」では、モチモチの白玉団子を、テッカンノンチーズティーの上に大胆に乗せ、ピーナッツや胡麻などを粉末状にした「麺茶粉」をトッピングしています。そのインパクトは、大阪名物「たこ焼き」のよう!

大阪らしい限定ドリンクは、白玉団子を濃厚なチーズクリームにディップしながら味わってみて。

mochi mochi Cheese Tea
モチモチチーズティー
¥630

オープン記念!プレゼント

オープンから3日間限定で、新形状「オリジナルドリンクホルダー」をプレゼントします。対象期間は、10月16日(水)~10月18日(金)の3日間。参加方法も簡単で、インスタグラムで「machi machi」の日本公式アカウント(@machimachi_japan)をフォローするだけ!※各日先着100名様(合計300名様)限定です。

「タロイモボール」トッピングが無料に

さらに嬉しいお知らせが!10月19日(土)から9日間限定で、通常100円(+Tax)の「タロイモボール」トッピングが無料になっちゃうんです。

10月19日(土)~10月27日(日)の期間中、オリジナルドリンクホルダー同様に、インスタグラムで「machi machi」の日本公式アカウント(@machimachi_japan)をフォローすると「タロイモボール」が無料になります。※お一人様一回限り有効

タロイモボールとは、サツマイモとタロイモ(里芋)を蒸かし、すり潰し、濾すことで、滑らかかつ白玉のようなモチモチした食感が楽しめます。ほのかに感じる芋本来の甘みや香りが、一度食べると病みつきになる美味しさです。

神のチーズティーの正しい楽しみ方

これを知っておくと、いつもよりも美味しく飲めるかもしれない・・・、神のチーズティーの正しい楽しみ方をご紹介します。

・Try!Cheese Cap
まずは、チーズキャップを楽しみます。ストローを使わずに、キャップのチーズ専用飲み口からダイレクトにチーズキャップを。風味豊かなチーズの旨味を感じます。

・Taste! Taiwanese Tea
チーズキャップを堪能したら、じっくりと台湾茶を味わいます。ストローを使えば、カップ下に広がる台湾茶をストレートに楽しむことができますよ。茶葉本来の豊かな香りが全身に染み渡ります。

・Stir! Cheese Cap & Tea
最後には、チーズキャップと台湾茶を混ぜ合わせて、味の変化を楽しむのが醍醐味。チーズフォームのミルキーさとコク、あっさりとした味わいの台湾茶の黄金バランスは、さすが神のチーズティーだからこそなせる技というべきでしょう。

machi machi 阪急梅田店
住所 : 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 離れ1F
営業時間 : 11:00-21:00
公式Instagram
公式HP : https://machimachi.baycrews.co.jp

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

松屋の「まぐろ丼」が本気すぎてヤバい! 牛丼屋ってレベルじゃねーぞオイ!!

およそ1カ月前の2020年6月30日に、松屋が公式Twitterにて「”店舗限定新商品6つ同時に発売” 記念全部食べたら松屋TシャツプレゼントCP」と題して全国の各地で限定メニューを出していたのを覚えているだろうか。

キャンペーンは7月7日まででとっくに終了しているが、この時の6つの限定商品の中で、ひときわ異彩を放っていたのが「まぐろ丼」である。その時は活動圏内に取り扱い店舗が無かったためスルーしたが、どういうわけか今になってフラっと寄った店舗で発見。

さっそく食べてみたところ……牛丼屋ってレベルじゃねぇぇえええええ! 並の海鮮系チェーンが逃げ出すレベルで美味いぞ! 松屋どうなってんだ!!

・だって牛丼屋だし?

なお、券売機の表示的には店舗限定のようで、執筆時点(2020年8月7日)では公式TwitterやHPにも関連する情報が一切ないため詳細は不明。まあ松屋ではよくあること。きっとまた試験的に何やらやっているのだろう。

ちなみに、店舗でポスターを見た時に思ったのは「フン、牛丼屋にまぐろ丼はムリでしょ(笑)」というもの。確かに松屋はすでに、牛丼屋とは思えないクオリティのカレーを出している。ぶっちゃけ並のカレー屋より美味いとすら思う。

しかし美味いまぐろ丼を出すのは、美味いカレーを出すより難易度が高いように思うのだ。それに、鮮魚を扱うのに最適化された仕入れルートや設備を持つであろう海鮮系のチェーン店や回転寿司屋にまぐろ丼は割とあり、我々はそういったところの、可もなく不可もないまぐろ丼の味を知っている。

松屋のまぐろ丼は、せいぜいその手の海鮮系チェーンの劣化版か、良くて同じ程度の「まあその辺の回転寿司屋で食えるよね」的なクオリティだろうと思っていた。

・松屋の反撃

まぐろ丼のラインアップは2種類。730円の『6枚盛』と、1000円の『大漁12枚盛』だ。どちらもテイクアウトも可能で、ライス大盛り無料サービスもあるもよう。270円差でまぐろが倍になるということで、迷わず『大漁12枚盛』をオーダー。まあ、そんなに期待はしていないけ……

おや?

松屋の反撃は、提供と同時に素早く開始された。まずデカい。ケチ臭さゼロである。これはもしかして、結構ヤルのでは? 

どんぶりの半分はまぐろに覆われており、もう半分には とろろ がかけられている。12枚なので、表面的に見えるまぐろの下にもまぐろがある。そして不可欠なネギと刻み海苔も。人によっては不要かもしれないが、生卵もついている。

・美味そう

まあでも、何よりも重要なのはまぐろ。しかしどうだろう。見れば見るほど……

ちゃんと新鮮で……

実に美味そう。

・美味い

いやまだだ。見栄えが良くても、やはり食べてみないと何とも言えない。微妙なまぐろにありがちな、パサついていたり、魚臭いゴムみたいだったりする可能性はまだ残っている。

ワサビを溶いた醤油をかけ、一口食べてみると……

フフッ、うっま!

一口目で思わず笑ってしまったレベルでガチなまぐろ丼である。臭みゼロ。程よい厚さとプリプリ感。何だこれは。マジで良い赤身じゃないか! その辺の海鮮系チェーンのまぐろ丼より美味いと思う。

このクオリティとボリュームで1000円という値段設定は、もはや意味が分からない。他所で食べたら1500円くらいはすると思う。唯一の欠点を述べるなら、実施店舗や期間が今のところ不明(もしかしたら公式Twitter等で情報が公開されるかもしれない)な点だろう。

もし近隣の店舗で偶然みかけたら、それは実に幸運なことだ。マジで美味いので、絶対に食べるべき1品だと思う。美味すぎるカレーに続き、まぐろ丼もイケるとは……松屋とは一体何なのだろう?

参考リンク:松屋、Twitter @matsuya_foods
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。