京都発!盆栽のような抹茶パフェと、花畑のようなブルーベリーパフェ「FUKUNAGA901」

京都駅ビルの便利なロケーション

FUKUNAGA外観

京都の玄関口といわれる京都駅に併設された駅ビルの8階、開放感のある大階段の隣にある「FUKUNAGA901」。京都観光に出る前にランチ、帰りの新幹線に乗る前に軽食やシメパフェならぬ食べ納めにと、多様に活用できるカフェです。

フォトジェニックな抹茶パフェ「京の盆栽」

抹茶1

京都に来たからにはやはり抹茶テイストを味わいたい!というわけで、まずはこちらの抹茶パフェ「京の盆栽」(1,420円・税込)をオーダー。苔庭に見立てたプレートの上には、手作りの温もりを感じる“トキノハ”による清水焼の器、そしてパッと目を惹くのが自家製のまんまる抹茶アイス、小さな丸はお麩のチョコレートです。

抹茶3

苔庭、清水焼、抹茶で京都らしさを表した造形美。上には抹茶のチュイルがあしらわれ、この美しさを崩すのは惜しい気分です。同時に中はどうなっているのだろう・・・と思わず覗いてみたくなります。

抹茶2

どこから食べ始めたらよいのか迷いつつ、まんまるの抹茶アイスからいただきます。抹茶風味がしっかりと濃厚です。京都府南部、和束町産の抹茶を使用しているとのこと。2つほどいただくと器の中身を食べやすくなりますよ。

自家製のカステラやアイス、抹茶ゼリーや白玉、あんこ入りでしっかりと甘味を感じる贅沢な味わいです。バニラのエスプーマが軽やかさを添え、お麩のチョコレートのサクサク感がアクセントになっています。全体的に和のテイストが凝縮し、小ぶりながらもリッチな一品。京都に来た喜びを実感できるはずです。

あまりにもかわいらしい!「ぶるーべりー畑」

もう一つ、ぜひとも味わいたいのが旬のフルーツをふんだんに使った季節限定のパフェ「ぶるーべりー畑」(1,500円・税込)です。表面には厳選されたみずみずしいブルーベリーがぎっしりと並んでいます。

ブルーベリーの自家製ヨーグルトシャーベット、さっくりとした歯ごたえのブルーベリーのメレンゲ、仕上げにさわやかなミントとお花の砂糖菓子が添えられ、食べるのがもったいないほどキュートな一品です。

ブルーベリー2

まずはブルーベリーからいただきます。口の中ではじけるブルーベリーは、自然な風味と酸味が夏にぴったり!アイスではなくシャーベットがメインなので、全体的にさわやかです。ふわふわのスポンジに泡のような食感のバニラのエスプーマ、自家製カスタードクリームがコクを添え、中はケーキのような感じでもあります。

ブルーベリー3

中にもブルーベリーのマリネがたっぷりと盛り込まれ、目にもよさそうです。「これは何の味だろう?」と不思議に思ったのは、自家製ライチのソルベでした。飽きのこないよう微妙に異なるフルーツが添えられ、細部に至るまでこだわりが感じられます。ブルーベリーづくしで基本的にはさっぱりといただけますが、ケーキのような濃厚さもあり、小ぶりにして食べ応えがあります。

FUKUNAGA内観

ほかにもパフェは「おじぎぱふぇ(ピーチ)」、店名にちなんだ「901パフェ」「ティーポンチ」があります。ケーキやスコーンなどのスイーツ、カレーやパニーニなどの軽食、ドリンク類も充実しています。京都駅でカフェ選びに迷ったときには気軽に立ち寄ってみてくださいね。

FUKUNAGA901
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル内8F
電話:075-342-0082
営業時間:10:00~19:00(L.O.18:30)
URL:http://www.fukunaga294.jp
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

“青いカニカマ”ソーダ風味の衝撃。メーカーに開発秘話とおいしい食べ方を聞いた

 カニカマといえば誰もがあの赤×白の見た目を想像すると思いますが、なんと水色のカニカマが今年8月1日から夏季限定で販売されているのを知っていますか? 商品名は、「サラダスティック ソーダ風味」(一正蒲鉾、税込149円)。 […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【焼き鳥】あの「博多ぐるぐるとりかわ」を取り寄せ出来るばい! フライパンで焼くだけでバリバリのうまうま!!!!

家で焼鳥するのって難しくない? パリジュワっと良い感じに焼くの、難しくない? オーブンや魚焼きグリルを使ってみるものの、なかなか上手くいかない。もしかすると、鶏の仕込み方自体に問題があるのかもしれない。

そんな悩みを、ぐるっとまとめて解決してくれる商品に出会ってしまった。博多竹乃屋の「ぐるぐるとりかわ」を取り寄せれば、万事OK! フライパンを使うだけで、あっという間にパリッとモチモチでジューシーに仕上がっちゃうのだ。味はもちろんバリうま!!!! 

・もっと早く知りたかったオンラインショップ

福岡に縁がある方であれば、竹乃屋はご存じのことだろう。博多駅ナカにも店舗が入っているもんな。同店は何を食べても美味しいが「マストで頼んどかんといかんやろ」と、多くの人が注文するのが “博多ぐるぐるとり皮” である。

こちらはその名の通り、1枚の皮をぐるぐると串に刺して巻き付けてあるモノだ。焼いては寝かし、焼いては寝かしを繰り返し、秘伝のタレに漬け込んであるとのこと。あの美味しさはそうやって作られているのね……。

記者は最近知ったのだが、2020年4月12日よりオンラインショップがオープンしていたようだ。早く教えてくれよ! そんなことを思いながら、サイトにて取り急ぎ “ぐるぐるとり皮20本入り(税込3240円)” をポチっとな。

・思わずため息がでる美味しさ

冷蔵庫にキンキンに冷やしたビールを用意し、ぐるぐるとりかわをお迎えする準備は万端! 到着したモノは冷凍された状態で、パックに入っている。注意書きによると冷蔵庫に入れて、じんわり解凍する必要があるそうだ。

今すぐ食べられない状況にもどかしさを感じながらも、待っている間のワクワク感がなんともたまらない。頭の中はもう、とりかわでいっぱいだ!! 解凍されてからはあっという間。フライパンで5分ほど焼くだけで完成だ。

ビールをプシュッとしまして、いざ実食。うん……バリうまだな! 唯一無二な、同店ならではのモチモチ感が最高だ。フライパンで焼いたとは思えない、パリッとさも良い。仕込みの段階で何度も焼いては寝かしを行っているからか、油加減も程良い。

何度も言って申し訳ないが、ガチでバリうま。咀嚼(そしゃく)後に、思わずため息が出るほどである。正直、20本ぽっちじゃ全然足りない。50本くらいあってもペロっとイケちゃうなということで、この記事を書き終えてのち、再び注文しようとしている。

参考リンク:竹乃屋 オンラインショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。