東海キヨスクと初コラボ!激レア「東京ばな奈ブリュレタルト」が新登場

食感がたのしい!ブリュレタルト

東京ばな奈ブリュレタルト02
ふわふわ食感のスポンジに包まれた今までの「東京ばな奈」とはまったく異なる新商品「東京ばな奈ブリュレタルト」は、食感も新感覚。ひとつひとつをブリュレしてパリッとキャラメリゼした表面に、東京ばな奈型のサクッとしたタルト、そして、バナナカスタード風味のクリームからトロッととろけ出すほろ苦いカラメルソースと、「パリッ」「サクッ」「トロッ」な食感を一度に楽しむことができます。

おみやげにはもちろん、自分へのご褒美としても

東京ばな奈ブリュレタルト5個入
ブリュレのおいしい焼き色を伝えるパッケージデザインにもご注目を。デザインのテーマは“東京ばな奈のレトロモダン”。焼き色を思わせるブラウンを基調の色としたテーブルセッティングで、ブリュレタルトの美味しさを写真で表現しています。

おみやげにはもちろん、小分けに包装になっているので自分用のおやつや、仕事の合間に食べるデスク菓子などにもピッタリ。初めて東海キヨスクとコラボレーションしたとびきりレアなおいしさを、ぜひともお確かめください!

■ 商品概要
◇東京ばな奈「見ぃつけたっ」ブリュレタルト 
【価格】5個入 842円(税込)、8個入 1,296円(税込)
【発売日】2020年8月5日(水)
【販売店】ギフトキヨスク東京ギフトパレット店、プレシャスデリ東京 by Kiosk、グランドキヨスク新横浜、ギフトキヨスク新横浜西
※8月18日以降は、JR東京駅・JR品川駅・JR新横浜駅の東海キヨスク各店にて順次展開予定。
【HP】https://www.tokyobanana.jp/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第17回ニュージランド・クイーンズタウン編」

Fresh Choice

Fresh Choice

「Fresh Choice」は、ニュージーランド国内各地で出会うことのできる地域密着型のスーパーマーケット。日本のスーパーと似た雰囲気で、特売を行なっていたり、ユーザーに寄り添ったサービスを提供しています。

Fish

豊かな海がもたらす新鮮な魚介類も魅力的です。たくさんの種類のサーモンが並ぶコーナーや、プリップリの海老も手に入ります。

food

Fresh Choiceでは「新鮮保証」を行なっており、万が一品質に不満があった場合には、無料で交換、あるいは返金してくれます。それほど、新鮮な食品に対するこだわりが強いんですね。

また、毎日午後4時から午後7時までの間、焼き立てのチキンが販売されていますが、もしも訪れて完売だった場合は、次回の来店時に無料で貰えちゃうサービスまであるんですよ。

お土産にぴったりCookie Time

Cookie time

ニュージーランド南島クライストチャーチより始まった焼きたてクッキースタンド「Cookie Time」は、日本でもお店がオープンし連日行列ができる人気っぷり。

Cookie Time save

もちろん、ニュージーランドの国内でもシェア80%を超える大人気クッキーです。

Cookie Time small

小さな小分け袋に入った一口サイズは、ばら撒きのお土産にぴったり。日本で買う半分以下の値段で手にすることができますよ。

地ビールも手に入る豊富な品揃え

Beer

ニュージーランド人はビールが大好き!その証拠に、スーパーマーケットでは数多くのビールが手に入ります。カラフルなパッケージは見ているだけでも楽しいですよね。

NZ Beer

ニュージーランド産の地ビールも手に入るので、ホテルで一杯なんてこともできちゃいます。ただし、購入の際にはアルコール販売可能時間に注意してくださいね。ニュージーランドでお酒が買えるのは、午前7時から午後11時まで!IDチェック(年齢確認)も必ずされると思って、パスポートを忘れずに。

Fresh Choice
住所 64 Gorge Rd, Queenstown 9300, New Zealand
電話 +64 3-441 1252

Countdown Queenstown

Countdown

「Countdown」は国内最大手の大型スーパーマーケットです。食品から日用品、常備薬まで行けば何でも揃う圧倒的な品数の多さが特徴です。

Countdown2

フルーツジュースだけでもこの品揃え!

meat

酪農大国ニュージーランドならではの新鮮なお肉の数々は、見ているだけでヨダレもの。日本のスーパーでは滅多にお目にかかれない、鹿肉やラム肉も豊富に取り揃えられています。

NZ candy

また、ニュージーランド生まれのスナックもたくさん見つけることができますよ。

kiwi party time

ニュージーランドの国鳥であるKiwiをあしらったパッケージのキャンディは、「Countdown」のオリジナル商品です。

大評判だったWhittaker’sのチョコレート

Whittaker's

ニュージーランドで誕生したチョコレートメーカーで1位2位を争うほど人気なのが、この「Whittaker’s」です。日本の一般的な板チョコは60グラム程度ですが、「Whittaker’s」の板チョコは250グラムと大容量!

さらに、お土産にも最適な小さなサイズや、1つずつ小分け梱包された物もありますよ。筆者もお土産に購入しましたが、日本人の口に合う味で大評判。もっと買ってくればよかったと後悔するほどの美味しさです。

気になる日本食のラインナップ

world food

最大手のスーパーマーケットということもあり、世界各国の商品も手に入ります。

japanese foods

もちろん、日本食も手に入ります。商品によっては、日本と変わらない値段の物もあり、クイーンズタウンの中心地に日本食レストランが多いのも納得できます。

Sushi

寿司キットなんてものまであります。

teriyaki

焼き鳥のたれに「TERIYAKI SAUCE」とシールが貼ってあったり、英語で成分が確認できるように、説明のシールが貼ってあります。

MISO

海外で日本語を見ると、何だかホッとしますよね。

レジ袋は有料!

Countdown3

ニュージーランドに住む人々の多くは、自然を大切にする考えが強く、エコにも積極的に取り組んでいます。2018年の夏には、ニュージーランドの首相がレジ袋の使用禁止を2019年夏までに行うと宣言し、スーパーマーケット各社で廃止の動きが出ているほど。

筆者が訪れた際には、レジ袋は有料でしたが、今後は廃止のお店も増えますので、買い物の際にはエコバックを忘れずに持っていきたいですよね。

Countdown Queenstown
住所 30 Grant Rd, Frankton, Queenstown 9371, New Zealand
電話 +64 3-441 0030

[All photos by Mia]
Do not use images without permission.

世界のスーパーマーケットをめぐる旅、バックナンバーもぜひ!
『【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「イギリス編」』
『【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第1回フランス編」』
『【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第2回オランダ編」』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【焼き鳥】あの「博多ぐるぐるとりかわ」を取り寄せ出来るばい! フライパンで焼くだけでバリバリのうまうま!!!!

家で焼鳥するのって難しくない? パリジュワっと良い感じに焼くの、難しくない? オーブンや魚焼きグリルを使ってみるものの、なかなか上手くいかない。もしかすると、鶏の仕込み方自体に問題があるのかもしれない。

そんな悩みを、ぐるっとまとめて解決してくれる商品に出会ってしまった。博多竹乃屋の「ぐるぐるとりかわ」を取り寄せれば、万事OK! フライパンを使うだけで、あっという間にパリッとモチモチでジューシーに仕上がっちゃうのだ。味はもちろんバリうま!!!! 

・もっと早く知りたかったオンラインショップ

福岡に縁がある方であれば、竹乃屋はご存じのことだろう。博多駅ナカにも店舗が入っているもんな。同店は何を食べても美味しいが「マストで頼んどかんといかんやろ」と、多くの人が注文するのが “博多ぐるぐるとり皮” である。

こちらはその名の通り、1枚の皮をぐるぐると串に刺して巻き付けてあるモノだ。焼いては寝かし、焼いては寝かしを繰り返し、秘伝のタレに漬け込んであるとのこと。あの美味しさはそうやって作られているのね……。

記者は最近知ったのだが、2020年4月12日よりオンラインショップがオープンしていたようだ。早く教えてくれよ! そんなことを思いながら、サイトにて取り急ぎ “ぐるぐるとり皮20本入り(税込3240円)” をポチっとな。

・思わずため息がでる美味しさ

冷蔵庫にキンキンに冷やしたビールを用意し、ぐるぐるとりかわをお迎えする準備は万端! 到着したモノは冷凍された状態で、パックに入っている。注意書きによると冷蔵庫に入れて、じんわり解凍する必要があるそうだ。

今すぐ食べられない状況にもどかしさを感じながらも、待っている間のワクワク感がなんともたまらない。頭の中はもう、とりかわでいっぱいだ!! 解凍されてからはあっという間。フライパンで5分ほど焼くだけで完成だ。

ビールをプシュッとしまして、いざ実食。うん……バリうまだな! 唯一無二な、同店ならではのモチモチ感が最高だ。フライパンで焼いたとは思えない、パリッとさも良い。仕込みの段階で何度も焼いては寝かしを行っているからか、油加減も程良い。

何度も言って申し訳ないが、ガチでバリうま。咀嚼(そしゃく)後に、思わずため息が出るほどである。正直、20本ぽっちじゃ全然足りない。50本くらいあってもペロっとイケちゃうなということで、この記事を書き終えてのち、再び注文しようとしている。

参考リンク:竹乃屋 オンラインショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。