砂糖ナシの感動スイーツを発見!フルーツ+麹で罪悪感ゼロです

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。  美容にもアンチエイジングにもNGと言われるのが砂糖。私は砂糖なしのスイーツを日夜自作しているのですが、めちゃくちゃ美味 […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【3店舗限定】トッピング料金5000円の「金箔入りラーメン」を食べて思ったこと / ラー麺ずんどう屋:京都三条店

いつの時代も人々を魅了してやまない金(きん)。富と権力の象徴ともいえるゴールド。そんな金を庶民のグルメ・ラーメンにトッピングしたら……?

関西を中心に展開するラーメンチェーン・ずんどう屋の一部店舗で、現在「金箔トッピング」なるサービスが提供されている。味はともかく、どんな見た目か気になったので実際に食べてきた! たまには贅沢したっていいじゃない……。

・気になるのはやはり

「金箔トッピング」は2019年8月1日より提供されており、心斎橋店・新宿歌舞伎町店・京都三条店の3店舗限定での販売となっている。ラーメンに金箔を乗せるという禁断の贅沢体験に心惹かれた筆者は、さっそく京都三条店へと赴いた。

しかし金箔をトッピングするとなると、やはり気になるのは値段である。通常のラーメンより多少割高になることは覚悟せねばなるまい。1500円くらいか。いや2000円くらいまでは覚悟しておこう。そんな思いで店頭に来てみたのだが……。

5000円。

価格は5000円です(ラーメン料金は別途)。財布の中をのぞいてみると、所持金は9000円。背筋に冷たいものが走る感覚を覚えたが、ここまで来て後には引けまい。意を決して、金箔トッピングを注文した。

・スープに浮かぶ黄金郷

しかし5000円もはたいたのだ。それなりにゴージャスなものが出てきてくれないと困る。虫眼鏡で見ないと分からないような金箔だった場合、記事にすらできない可能性もあるぞ。

そんな心配をしながら、緊迫した面持ちでラーメンの到着を待つ。そして遂に着丼。

背脂たっぷりで美味しそう……って金箔は?

と思ったのも束の間、店員さんから何やらガラスの小瓶を渡される。そう、なんと自分でラーメンに金箔を振りかけて食べるスタイルなのだ! 何それ楽しそう!

それにしてもコレ、結構な量があるぞ。さすが5000円。思い切ってドバッといっちゃいますか!

うりゃあぁぁぁぁぁ!!!!!!!

力いっぱい金箔を振りかけまくった結果、スープの上に小高い黄金の山ができてしまった。なんという贅沢な光景。豊臣秀吉がラーメンを作らせたらこんなラーメンが出来上がるのかもしれない。

これまで多くのラーメンを食べ歩いてきたが、これほどラグジュアリー感のあるラーメンは初めてだ。ひとときばかりの殿様気分を味わうとしよう。

味に関しては、ぶっちゃけ通常のラーメンと変わりない。金箔を乗せたくらいで劇的に美味しくなるほど、世の中は甘くないのだ。ただ誤解のないように言っておくと、ずんどう屋のラーメン自体は普通にウマイ。こってり寄りの豚骨スープで、個人的にはかなり好きな味だ。

麺に金箔を絡ませ、スープに金箔を浮かべ、一心不乱に食べた。そしてふと思った。今日は死ねないな、と。

もし、帰りがけに事故や事件に巻き込まれて死んでしまったら大変だ。司法解剖された場合、筆者の体内からは大量の金が検出されることになる。「いったいこいつの身に何があったのか」と捜査関係者は大いに混乱するだろう。

「死亡した被害者の体内から大量の金が検出」というセンセーショナルな見出しとともに、ワイドショーを騒がせることにもなりかねない。そんな形で有名になりたくねえよ……。

・悲しい発見

それはさておき、余った金箔は持ち帰りOKだ。小瓶の中に少しだけ余っていたので、筆者も持って帰ることにした。

こってりしたラーメンを食べた後ということで甘いものが欲しくなり、帰りにファミレスに寄ることに。そこで注文したソフトクリームに金箔を散らしてみたのだが……。

インスタ女子が泣いて喜びそうな写真が撮れてしまった。ラーメンよりはるかに映えてますねえ(遠い目)。金箔ラーメンとは何だったのか……。

ということで「金箔を料理に散らすならスイーツが一番映える」という教訓を胸にしまい、家路へと就いたのでした。

〈完〉

・今回紹介したお店の情報

店名 ラー麺ずんどう屋 京都三条店
住所 京都市中京区石屋町121番地
時間 日~木:午前11時~午前3時LO 金~土:午前11時~午前6時LO
休日 年中無休(年末年始を除く)

参考リンク:ラー麺ずんどう屋
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【気ままに検証】回転寿司屋の「茶碗蒸し」を食べ比べてみた! くら寿司・スシロー・はま寿司・かっぱ寿司

回転寿司屋に行くと、寿司以外にもついつい頼んでしまう。麺系はもちろん、外せないのが “茶碗蒸し” だ。だいたい週に1度は、近くの回転寿司屋へと足を運ぶ記者。3~4店舗をローテーションして楽しんでいる。

ある時いつものようにボーっと茶碗蒸しを食べていたのだが、ふと「店によって味や具材が違うなぁ」と気が付いた。なぜもっと早くに気付かなかったのか謎だが、一旦それは良しとしよう。こりゃあ、ゆるっと検証してみる必要がありそうだな! 

・カニカマな「くら寿司」

記者にとっての茶碗蒸しといえば、子どものころはまあまあ特別な日に食べるものだった。料理好きな母親も、なぜか茶碗蒸しはあまり作らなかったように記憶している。ちょっと良いお店で、たまに出て来る感じだったのだ。

個人的には中に入っている銀杏が特別好きで「行儀が悪いかな」などと思いつつ、匙でほじほじし、真っ先に食べるのが恒例であった。今となっては、シチュエーションを気にすることなく、気軽にほじほじできるのだから嬉しい限りだ。

そんな思い出はさて置いて、さっそく順番に見ていくとしよう。まずは “ビッくらポン!” でお馴染みのくら寿司だ。同店の茶碗蒸しの特徴はズバリ、カニカマ! 

どこをすくっても、カニカマがもっさり入っているのだ。ウマい。そのほか、ホタテや三つ葉が入っているところも良い。出汁がたっぷり目で、じんわりと体全体に染み渡る美味しさだぞ。

・鶏肉な「スシロー」

お次はスシローである。季節限定の冷たい茶碗蒸しもあり、気になるところではあったが定番のモノを注文だ。蓋を開けると、半月型の大きなカマボコが入っている。ふむふむ……悪くない。

もちろんそれだけでなく海老にホタテも入っていて、全体的に豪華であると言えるだろう。そしてなにより、ゴロゴロと入った鶏肉がポイントだ。海産物が入っているだけで十分なのに、肉を加えて来るとは大盤振る舞いではないか。これはこれでウマい! 

・銀杏と筍な「はま寿司」

さて、はま寿司を見てみよう。 “焼津産かつおだしの特性茶碗蒸し” と銘打っており、気合いが感じられるひと品である。中身はシイタケに筍、カマボコに鶏肉、そして銀杏だ。茶碗蒸しの王道を、きっちり押さえた内容だ。

茶碗蒸しと言えばコウでしょう、というのを具現化したような一皿である。派手さはなくとも、茶碗蒸しに求めるものが十二分に入っているのだ。焼津産というかつお出汁も優しい味わいで、スルっと喉を通っていく。こちらもウマそ!! 

・デカいシイタケと白魚な「かっぱ寿司」

最後はかっぱ寿司だ。最近看板から河童の姿は抹消されたものの、店内の至る所には河童が健在な、あのかっぱ寿司である。こちらは、なかなかに内容が盛りだくさんだ。三つ葉にカマボコにエビ、そして白身魚。極めつけにやたらとデカいシイタケが入っているのには驚いた。

偶然かもしれないが、シイタケは1切れでなく、3切れ程入っていたがいずれも大き目。そのせいか噛んだ瞬間に、ジュワっと口の中に出汁が広がった。魚もしっかりした食べ応えがあり、なるほどここもウマいなあ。

以上、4店舗の回転寿司屋における茶碗蒸しをゆるッと比較してみた。当然ながら、ところ変われば内容も味も違ってくるのが面白い。どっちがどう、というのではなくそれぞれに美味しかった。ちなみに値段は全店とも同じで、税抜180円。みなさんも自身の舌で、その違いを楽しんでみてはいかがだろうか。

参考リンク:くら寿司スシローはま寿司かっぱ寿司
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。