絶品なる地酒と海鮮!金沢の隠れ名店「居酒屋 六度」|石川県|LINEトラベルjp 旅行ガイド

北陸地方最大の都市、石川県金沢市。今回は金沢にある北陸地方の地酒と肴が楽しめる隠れた名店「居酒屋 六度」をご紹介します。金沢市内の観光スポットにも程近い好立地にあり、市内観光後の立ち寄りにもうってつけ。絶妙な焼き加減のノドグロや、海の宝石とも言える甘みの強い白エビなどを洗練された地酒と共に味わってみてはいかがでしょうか。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

座らずに飲むのが通!? 和風立ち飲み居酒屋の人気が加速中!

おしゃれフードトレンドを追え! Vol.35

食事の前後に一杯どう? 立ち飲みはいつものパーティ感覚で!

おしゃれ業界にはパーティがつきものだ。ショップの開店お祝いパーティ、ファッションショーやイベントのオープニング、新作お披露目パーティなど毎月のように何かしらのパーティが開かれている。繁忙期には連日シャンパン片手に立ち話を楽しんでいるのだが(これも大事な仕事なのだ)、椅子に座って話すより、ウロウロと歩きながら知り合いを見つけておしゃべりするのが盛り上がるわけだ。立ち話の輪が2人から3人に増え、さらに増えてネットワークが広がっていくのもパーティの魅力。立って飲むことに何となくクールさを感じている。だからこそ、最近の立ち飲み屋ブームの再来には心躍るものがある。

 

しばらく下火だった立ち飲み屋だが、最近またおしゃれ層を中心に人気が再燃中だ。立ち飲みブームは、さまざまなスタイルで何年かおきに来ている。例えば下町に代表される大衆酒場や酒屋の「角打ち」、本格ビストロ料理やスペイン料理が楽しめる立ち飲み、「俺のイタリアン」などに代表されるハイクオリティかつカジュアルな立ち飲みなどがここ10年くらいの流れだ。そして今、昨年あたりから人々が集まっているのは、和風居酒屋系立ち飲み。刺身や渋いお惣菜をつまみながら日本酒を少しずつ、そんなしっぽり系立ち飲みが今の気分だ。

 

相変わらずファッション業界の人だらけの人気居酒屋「なるきよ」(渋谷)では、玄人は奥の座敷に座らずに手前の立ち飲みゾーンで、というのがお決まりになっているらしい。

割烹並みのクオリティの料理をアンティーク食器で:立ち呑み 三ぶん(日比谷)

大人世代なら、立ち飲みとはいえ味や雰囲気に妥協はしたくない。立ち飲みの気軽さと本格的な料理と渋い雰囲気、その全てを兼ね備えた店が東京ミッドタウン日比谷3Fの「三ぶん」だ。L字カウンターだけの小さな店は、レトロ感が漂い、食器棚にはおちょこや小皿を中心に、大正や昭和の和食器が並んでいて眺めるだけでも楽しい。

まず店に入るとサービスで出てきたのがおちょこに入ったお粥。ぐっと一口、出汁の美味しさに驚愕する。「刺身盛り合わせ」はカツオ、ブリ、帆立貝の盛合せで、辛子と本生山葵が添えられ、江戸時代の醤油と言われる“煎り醤油”や塩をつけて。この日は牡蠣「サムライオイスター」や旬の「白子ポン酢」がおすすめだった。料理は素材も良く、練り物も一から手作り、調味料も手作りのものが用意されている。日本酒(コップ酒)は全て500円、お料理も200円〜1,000円。立ち飲み価格とスタイルを守りながら、割烹並みのハイグレードな和食が味わえる。隣には「割烹酒亭 三分亭 東京ミッドタウン日比谷」があり、厨房は立ち呑み三ぶんと共通。なるほど、割烹レベルの料理であることに合点がいく。

日本一の鮭定食のお店の姉妹店!:しゃけスタンド(代田橋)

出典:ellaguruさん

出典:ropefishさん

 

京王線代田橋駅に降りて徒歩5分の「沖縄タウン めんそーれ大都市場内」に、「しゃけスタンド」はある。日本一の鮭定食が食べられると定評のある鮭専門店「しゃけ小島」の姉妹店で、立ち飲み形式で絶品の焼き鮭や鮭つみれのおでんなどのしゃけメニューが味わえる。揚げウインナー、鶏のから揚げなど家庭料理も充実。すじこのクリームチーズは日本酒にぴったりだし、締めの名物しゃけカレーはビジュアルがエキゾチック! しゃけの懐の深さに気づき、魅力にハマるだろう。

奥三茶にありながら連日大人気の新立ち飲み:コマル(三軒茶屋)

撮影/石渡朋

写真:お店から

 

昨年オープンした三軒茶屋のスタイリッシュな立ち飲み屋は、10坪ほどの空間で円形カウンターを囲む立ち飲みスタイル。地元から集まったのか、若く個性的なファッションの男女でいつもいっぱい、ワイワイしている。キャッシュオンの立ち飲みスタイルが海外っぽい。刺身、ウニと岩のりワサビ、豚の生姜焼き、ラムレーズンチーズ豆腐など創作和風メニューが親しみやすい。おでん(100~300円)肴にちびちびやるのも良い。

 

立ち飲み屋は自由度が高い。仕事の流れで、パーティ後の2軒目として、アペリティフで、「どう? 一杯」という軽いノリで誘えるのが魅力的だ。いい企画が会議室ではなく喫煙所で生まれることがあるのと同様、座るよりも立って飲んだ方が、人との距離も縮まってアイデアも生まれやすい。新たな出会いも生まれやすいし、“わざわざ感”を嫌うクリエイター職にとっては偶然を生んでくれる立ち飲みは、パーティ以上の社交の場なのだろう。いつ来てもいつ帰ってもいい、そんな“ゆるさ”がたまらなく優しく心地よく感じるのだ。

 

※価格は税抜

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

〈サク呑み酒場〉「世界一の唐揚げ」は、サラリーマンのオアシスにあった

〈サク呑み酒場〉

今夜どう? 軽~く、一杯。もう一杯。
イマドキの酒場事情がオモシロイ。居酒屋を現代解釈したネオ居酒屋にはじまり、進化系カフェに日本酒バー。どこも気の利いたツマミに、こだわりのドリンクが揃うのが共通点だ。ふらっと寄れるアフター5のパラダイスを、食べログマガジン編集部が厳選してお届け!

お通しは目の前の大皿料理から選ぶ

「こちらのお惣菜がお通しになりますので、この中からお好きなものをお選びください」。カウンター席の前に並べられた3種の大皿料理を指して、女将はにっこり微笑んだ。手前から、「小南家の肉じゃが」「杉山家のイワシ南蛮漬け」「安成家のナスの煮浸し」とのこと。どれもおいしそうだが、それ以上に料理名の前に付いた「〇〇家」がいったい何を意味するのか気になってしまう。

各400円。しっかりめの量で、「お通しでこんなにあるの!」と驚きの声が上がる。

実際「杉山家」は女将の名前から、「小南家」や「安成家」もスタッフの名前からきているのだそう。そして、この店の名前は「新橋二丁目九番地 らんたん」。その名のとおり、新橋二丁目九番地にある“小料理屋感覚”の酒場である。

左から、料理長の大住圭さん、女将の杉山直実さん。大住さんはフレンチ出身。杉山さんは「ナオミと飲みましょ」を手がけるYouTuberでもある。

入りやすい店構えで女性客も安心

同店があるのは新橋駅からほど近い、小さな飲食店が軒を連ねるエリア。古くは花街だった場所で、烏森神社のそばにある。新橋といえば“サラリーマンの街”として有名だが、同店の男女比は半々。店側としては当初、男性客7~8割をイメージしていたが、予想以上に女性客が多くなった。それだけ女性客にとって居心地のよい店だったというわけだ。また、年代は30~40代が中心だが20代後半の若い客もいて、さらに上は60代までと幅広い。

 

飲食店の店構えは、その時々の“時代の空気”が如実に反映されるもの。同店のまわりには古くから営業する店も多く、外から中が見えない店も少なくない。当時は普通だったこうした店構えも、イマドキの若者には少々ハードルが高いものがある。そこで、同店は店舗をガラス張りにし、店内を丸見えに仕上げた。これならどんな店か分かって安心感もある。こうした入りやすさも女性客や若い世代が増えた要因の一つとなっている。

ガラス張りで中が丸見えのため、初めての客でも安心。

クオリティの高いサワーが充実

イマドキの若者の飲酒傾向として挙げられるのが、ビールよりサワーやハイボールなどを好む人が案外多いこと。この事実を指して「ビール離れが進んだ!」などと短絡的に捉えるのではなく、ビール以外のアルコールのよさに着目する人が増えたと前向きに解釈した方が、嗜好の多様性を感じ取ることができる。同店ではこの点を強化し、サワーやハイボールをこれでもかと充実。こうしたポイントも、イマドキの若者にはとても魅力的に映る。

 

例えば、サワーは割り材にこだわってクオリティを高めており、「トマトサワー」は国産トマト果汁で作ったトマトリキュールを。「国産ライムサワー」はハチミツ入りの愛媛産ライム果汁を。いったい何が出てくるのかワクワクさせられる商品名の「レモンサワー・トゥザフューチャー」は国産レモン100%の果肉入りリキュールを使用。これはもう実際に頼んでみるしかない。

割り材のリキュールや果汁にもこだわって、魅力あるサワーに仕立てる。

相性のよいハイボールと唐揚げで舌鼓を打つ

一方、ハイボールは、「山崎ハイボール」「白州ハイボール」「知多ハイボール」など各種揃えるが、一番人気は「カラス森ハイボール」。烏森神社にちなんだハイボールだ。こうした新橋になじみのあるワードを用いたネーミングは客としても興味を引かれ、思わず注文したくなるもの。実はこの商品。名前はハイボールだがウイスキーは用いておらず、代わりにシェリー樽で5年貯蔵した麦焼酎をベースとしたリキュールを使用する。だが、そう聞かされなければ焼酎とはまったく気づかない、驚きの一杯だ。

「カラス森ハイボール」600円は黒板メニューで、「シェリー樽5年貯蔵」とアピールする。

ハイボールと相性のよい料理といえば、その代表格は揚げ物。同店でぜひとも食べておきたいのが「世界一の唐揚げ」で、丸っこい独特の形をしている。ガブッとかじると外はカリカリで、中はとってもジューシー。この唐揚げ、切り分けた鶏モモ肉を1個ずつ鶏皮で包むことで肉汁を逃さないよう工夫されており、衣は薄く、鶏肉の持ち味をダイレクトに楽しむことができる。からあげグランプリで最高金賞を受賞した大分の専門店から仕入れている。

「世界一の唐揚げ」600円。168℃の油で2度揚げし、計6分40秒揚げてカリカリに仕上げる。1人客にはハーフサイズにも対応。

刺身もサラダも、面白いように酒がすすむ

魅力的な酒場にはうまい刺身があるもので、同店では1種に絞った季節の刺身を提供。例えばこの時期なら春の訪れを告げるサワラだ。淡白な魚なのでひと工夫し、2種の味を楽しませてくれる。1つは燻製で、桜チップの冷燻に。もう1つは皮目をバーナーで炙り、香ばしさをプラス。鮮度のよい魚にひと手間加える贅沢さゆえ、これはもう日本酒が飲みたくなる。常時6~7種揃えた「季節の日本酒」から好みのものを選ぼう。

「サワラのお刺身」700円。手前が皮目をバーナーで炙ったもので、奥が燻製にしたもの。薬味はわさびと梅肉を添える。

「酒場ではサラダも立派なつまみ」。そう感じさせてくれるのが「特製ドレッシングのクレソンサラダ」である。クレソンと赤水菜のシンプルなサラダだが、これが実に酒がすすむおいしさだ。味の決め手は、リンゴ、アンチョビ、メープル、ハチミツなど数十種の材料で作った特製ドレッシング。サラダをシャリシャリ噛むごとにクレソンの苦味がほどよく舌に伝わり、それでいてまろやかな味わいで、実にバランスの取れたおいしさを堪能できる。

「特製ドレッシングのクレソンサラダ」500円。酒に合うテイストに仕上げられており、酒がすすむこと間違いなし。

“マグロのたたき”と“醤油”と“オリーブオイル”の巧みな調和

うまい締めの食事メニューがあるのも魅力的な酒場の条件で、同店でオススメなのが「とろたく丼」。静岡のマグロ専門問屋から仕入れる高品質のマグロのたたきを使用し、醤油とオリーブオイルで味つけする。これをご飯に盛り、その上からぶわっと万能ネギをちらし、刻みタクアンを添える。思わずハッとする、彩りの鮮やかさに目を奪われること間違いなし。

 

自分で醤油をかけて食べるスタイルではなく、店側が最初からベストな味つけに仕上げているため、うっかり醤油をかけすぎる心配もない。醤油が主張しすぎることなく、マグロの甘味をいい具合に引き出しており、さらにオリーブオイルが加わることで風味のよい一体感が生まれている。見ばえのよさ。そして、何ともいえない心地よい後口。同メニューで、この日の素敵な体験を脳裏に刻み込もう。

「とろたく丼」600円。その見ばえのよさから、最後にいい印象が脳裏に刻まれる。

店頭の“壁の文字”と“照明器具”が目印

烏森神社周辺の昔ながらのたたずまいのあるエリアで飲んでみたいと思っても、若者には少々ハードルが高いものがある。それならまず、気軽に入りやすい「新橋二丁目九番地 らんたん」を体験し、これを足がかりにまわりの店を攻めてみるのもよいだろう。だが一番よいのは、同店に何度も何度も通って今という“時代の空気”を身にまとい、一緒に新しい歴史を積み重ねていくことだ。

 

店頭の壁には「新橋二丁目九番地」と店の住所が書かれており、さらにその横には照明器具のランタンが置かれている。「そのまんまじゃん!」と思わずそうツッコミたくなる、親しみやすさが同店の真骨頂だろう。ガラス戸ごしに店内を覗けば、楽しそうな雰囲気につい吸い込まれそうになる。ハードルの高さなど微塵もない、烏森神社周辺のニューフェイスの店なのだ。

暖簾に「らんたん」の文字は入るが、これといった看板はない。店頭の壁の住所の書き込みと照明器具のディスプレイ。これが同店なりの「看板」なのである。 
【本日のお会計】
■食事
・お通し 400円
・世界一の唐揚げ 600円
・サワラのお刺身 700円
・特製ドレッシングのクレソンサラダ 500円
・とろたく丼 600円■ドリンク
・カラス森ハイボール 600円
・レモンサワートゥーザフューチャー 500円合計 3,900円

※価格はすべて税抜

 

<店舗情報>
◆新橋二丁目九番地 らんたん
住所 : 東京都港区新橋2-9-12 蟹江第二ビル 1F
TEL : 03-6206-1516
営業時間 : 【月~金】 16:00~23:30(L.O 22:30) 【土】 16:00~23:00(L.O 22:30) ※8月14、15日はお盆休みとさ…
定休日 : 日曜日、祝日

※外出される際は、感染症対策の実施と人混みの多い場所は避けるなど、十分にご留意ください。
※本記事は取材日(2020年3月5日)時点の情報をもとに作成しております。
 
取材・文:印束義則(grooo)
撮影:松村宇洋