日本列島ゆるゆる古墳ハント(3)福岡県北九州市の「雨窪古墳」と資さんうどん

古墳ハント3雨窪古墳2

雨窪古墳は福岡県北九州市小倉南区と京都郡苅田町の境目にありますが、苅田町の町指定遺跡です。雨窪古墳は6世紀後半に作られたとされる円墳です。周囲には小円墳群があったということですが、消滅してしまい、見学できるのはこの雨窪古墳のみだそうです。

墳丘は元の大きさよりも小さくなっており、石室の入り口が見える状態になっています。以前は社会科見学等で石室に入れたようですが、残念ながら2019年に崩落が確認されて、現在は石室内に入ることはできません。苅田町は再公開を目指し現在修復をしているということです。

古墳ハント3雨窪古墳3

私にとっては、北九州空港にいくときにいつも気になっていた「北九州の古墳」として思い出深い「雨窪古墳」ですが、これ以外にも苅田町には色々な古墳があります。現在東京在住の私からすると、ちょっと車で行けば、いくらでも魅力的な古墳がある町に憧れがあります・・・!

古墳ハント3雨窪古墳4

雨窪古墳は北九州のめちゃうまうどん屋さん「資さんうどん」からも近く、私のお気に入り古墳の一つです。甘めで透明なお出汁にカリカリのゴボウ天と甘辛お肉のマッチングに「へ〜九州のうどんってこんななんだ〜」とか言ってたのに、気が付けば虜に・・・。古墳とうどん・・・今年はコロナの影響で帰省を断念したのですが、北九州に行きたい気持ちが募ります!

古墳ハント3雨窪古墳5

雨窪古墳
住所:福岡県北九州市小倉南区大字朽網/福岡県京都郡苅田町若久町

[All Photos by Mizutani salucoro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

まるで苔玉みたい?!独創的な抹茶スイーツを一日限定販売!【伊藤久右衛門】



京都・宇治に店舗を構える「伊藤久右衛門 本店」の菓子工房では、月に一度、オンラインショップで“菓子工房限定スイーツ”を販売しています。今回は、見た目が苔玉にそっくりな「宇治抹茶スイーツ 苔玉っちゃ(こけだまっちゃ)」を5月30日(木)に販売します!

独創性を大切にした新作スイーツが登場

江戸後期創業の、京都・伊藤久右衛門のブランドコピーは「人生に、お茶のじかんを。」。お茶のじかん、宇治茶の可能性を、様々なアプローチから提供したいと考え、それゆえに「独創性を大切にする」社風があります。



月に一度、オンラインショップから販売する“菓子工房限定スイーツ”。今回は、苔玉を模した新作スイーツ「宇治抹茶スイーツ 苔玉っちゃ(こけだまっちゃ)」が販売されます!

リアルなルックスの「苔玉っちゃ」の中身は?

「宇治抹茶スイーツ 苔玉っちゃ」の中には、苺とラズベリーをブレンドしたジュレに、抹茶スポンジを入れ、北海道産のバターと牛乳を使用したバタークリームで包んで仕上げました。



抹茶には、お濃茶に用いられる宇治抹茶を使用しています。お濃茶とバタークリームが主役の、リアルな苔玉をイメージした、独創的な美味しいスイーツです。

一日限り、販売数は限定100セット

月一回の“菓子工房限定スイーツ”のため「一日限り 100セット限定」販売となります。5月30日(木)に「朝10時より50セット」「夜8時より50セット」の計100セットをオンラインショップにて販売です。


宇治抹茶スイーツ 苔玉っちゃ(こけだまっちゃ)3個入
販売価格:送料込み 2,990円(税込)
販売期間:2019年5月30日(木)朝10時より50セット、夜8時より50セット
     計100セットを販売
URL   :https://www.itohkyuemon.co.jp/fs/ujicha/kokedama
取扱い店舗:オンラインショップ

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

砂糖ナシの感動スイーツを発見!フルーツ+麹で罪悪感ゼロです

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。  美容にもアンチエイジングにもNGと言われるのが砂糖。私は砂糖なしのスイーツを日夜自作しているのですが、めちゃくちゃ美味 […]