【想定外】昆虫食なのにウマいだと…!! 近未来ラーメン味の「未来コオロギスナック2」を食べたら希望の光が見えた

つ、ついに来たか新時代! これまで昆虫食といえばマズいというイメージが拭えず。お世辞にもウマいとは言えないものばかりだったが、とうとう機は熟したらしい。

こういうのも「未来コオロギスナック2」がまさかのウマさ。正直1ミリも期待せずに食べてみたのだが……想像以上の味であまり昆虫らしさを感じなかったのだ! こ、こんな昆虫食は初めてかも!!

・新商品の昆虫食

同商品は都内の某スーパーで購入した。新商品棚に置いてあって税込213円。商品袋には「コオロギは地球を救う」「近未来ラーメン味」、さらにはかわいいコオロギのイラストが描かれているなど、どうにかして昆虫食のイメージを払拭しようとするような意図を感じられた。

ちなみに昆虫食レベルなる表記もあり。どうやら「★☆☆」と優しい仕様らしいが、その星1つでもクセがあるのが昆虫食というもの。もちろん食前の予想は厳しいだろう一択……だったのだが、前述したように「未来コオロギスナック2」は一味違った。

・いざ実食

開封すると、虫っぽいスメルがふわり。この時点でウッと抵抗してしまうが、遠くない未来に昆虫食が主流になると言われている現代。ここで逃げるわけにはいかないし、逃げたとしても足音は忍び寄っているから手を動かすしかない。

てことで食べたのだが……

意外とウマい!!

虫の気配が漂わないと言ったらウソになるが、明らかにパンチが軽い。これまでの昆虫食であれば口の中から虫が「コンチャース!」と挨拶してきた。しかし「未来コオロギスナック2」はチラリと後ろ姿が見えるくらい。昆虫食と言われずに食べたら普通のお菓子と間違えてもおかしくない!

・編集部メンバーに食べてもらった

ただ、私1人だけの判断で「これはイケる」とするのはよくないだろう。そこで……!

当編集部メンバーに中身を明かさず食べてもらうことにした。はたして本当にウマいとの判断でいいのか。いきなり食べてと言われたことで不穏な空気を感じとったメンバーもいたものの、以下がそれぞれの感想だ。

あひるねこ「味はマズいことなく普通かなぁ。なんか さやえんどう っぽい」

Yoshio「美味しい。昔食べたことがあるような……。えっと、なんだっけなぁ……カブトムシ?

P.K.サンジュン「甲殻類の味がするけど悪くはない。もう少し塩分あった方がよかったかも。買おうとは思わないけど、あったら食べる感じかなぁ〜」

亀沢郁奈「醤油味がする。ポンせんべいみたいな感じで美味しい!」

佐藤英典「ん、美味しいね。焼いた餅みたいで味付けは醤油かな?」

和才雄一郎「塩っぽい味がするけど、そんなことよりこれってもしかして……」

──と、大の虫嫌いである和才は危機を瞬時に感じとったのか昆虫食だと気づいたが、他のメンバーはほとんどスルー。これはホントにイケるかも……!!

最後は過去にゲンゴロウタガメなど数々の昆虫食を食べてきた虫キング・中澤星児に試してもらった。

匂いから即座に昆虫食と気づいたあたり、さすが経験者。そしていやだなぁ〜といいながらもヒョイッと食べるあたり、百戦錬磨の貫禄がある。んで、キングの評価はどうだったかというと……

中澤星児「虫っぽさはありますね。虫だとしたらウジャウジャしてる系……そうだなぁ、バッタかコオロギあたりの味かなぁ。でも……」

「虫の味って鼻に引っかかるところがあるんですが、これは かっぱえびせん みたいで味的には全然イケるし、無印良品のコオロギせんべいに似ていて食べやすい。たくさん食べるのはキツいけど、ツマミとしてはいいかと」

──とのことでかなりの高評価。やはり私がイケると感じたのは、決して気のせいじゃなかった。誰も「近未来ラーメン味」と気づかなかったことはさておき、どうやら時代が昆虫食に追いついたようだ。

・食べやすい昆虫食が開発される日は近い?

それにしても、なぜここまでイケたのか。推測するに、昆虫食の影を薄くさせたのは粉末にしていることだろう。販売元の株式会社MNHのHPを覗いてみたら、初代「未来コオロギスナック」はありのままの姿。目で苦手意識が生まれないのは大きいような気がする。

また、原材料にも粉末醤油やチキンエキスなど、さまざまな工夫が施されていたのも見逃せない。それでいて、原材料の表示で食用コオロギ粉末は3番目。つまり決して少ない量ではない(重量の割合の高い順に表記されているため)から努力の結晶とも言えるだろう。

なんだか希望の光が見えた「未来コオロギスナック2」。今後さらに食べやすい昆虫食が開発される日は近いかもしれない。コオロギは高タンパクで低カロリー、さらには環境負荷も少ないとメリットが多いし期待したい。

参照元:株式会社MNH
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

神戸に新感覚のスイーツ誕生。生杏仁プリン専門店「神戸ミルク」

洋菓子の激戦区、神戸に新しいスイーツ店がオープンしました。中華街の南京町に誕生した「神戸ミルク」は、杏仁風味のとろけるような進化系の生杏仁プリン専門店。兵庫県六甲山麓の牛乳を使用した、杏仁豆腐でもないプリンでもない新しいスイーツの登場です。

生杏仁プリン専門店「神戸ミルク」

神戸ミルク「生杏仁プリン」

全国でも洋菓子の激戦区として知られる神戸に、新しくオープンした生杏仁プリン専門店「神戸ミルク」。神戸の中華街・南京町エリアで、杏仁風味のとろけるプリンを販売しています。店内の工房で手掛ける手作りプリンです。

フレーバーは全部で4種類

神戸ミルク「生杏仁プリン」

杏仁豆腐の素材をいかしつつ、とろけるようになめらかな食感に仕上げられた進化系の「生杏仁プリン」。フレーバーは、プレーンのほか兵庫産のメロンを使ったメロン味やマンゴー味など、全部で4種類から選べます。

神戸ミルク「生杏仁プリン」

・生杏仁プリン: 380円(税抜)
・なめらかプリン(プレーン): 400円(税抜)
・生杏仁プリン(マンゴー): 430円(税抜)
・生杏仁プリン(メロン): 500円(税抜)

お土産にもぴったり「ご当地プリン」

神戸ミルク「生杏仁プリン」

神戸で人気の観光地でもある中華街界隈にあり、兵庫産の六甲山麓牛乳や兵庫産のフルーツを使った生杏仁プリンは、ご当地プリンとしてお土産にも最適。中華風な装いのパッケージでテイクアウトできます。

【神戸ミルク】

住所: 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目1-1 新元町ビル1F
営業時間: 10:00~20:00

Instagram
Facebook
Twitter

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【100均検証】ダイソーに100円で売っていたそうめん『島原素麺』が予想外にウマくて大反省! 教訓「価格でそうめんを見てはいけない」

反省している。私は先日、とても失礼なことをしてしまった。無知ゆえに、まるで「身なりで人を見る」ような感覚で、「価格でそうめんを見る」をしてしまったのである。

そりゃ見るだろ! 価格は重要だろ!! というか、ふつう、いや、とくにそうめんは味と価格が比例しているだろっ!! ……とツッコむ人も多いだろう。そしてそれは事実かもしれない。

だが!!!!!!!

そうでないこともあるんだなってのが今回のお話。それも100均のお話である。

・揖保乃糸を切らしていた

自分の中での史上最強そうめん汁「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」を作り終えた私は、おもむろに食料庫をチェックした。たしか揖保乃糸の残り半分(3束)があるはずだ。それを45秒ほど茹でたら完成……ふふふふふ……とニヤニヤしながらゴソゴソ探るも……

ない。

どうやら揖保乃糸、知らぬ間に食べちゃったらしい。オウマイガー……。今からスーパーに行くのは嫌だし、今さら「これ(汁)は冷凍保存しておいて、別の料理を食べる」なんて選択肢は考えられない。もう口が邪道そうめん。何がなんでも、邪道をキメたい! ファイヤーッ!!

──と、そこで思い出したのが、いつぞやかダイソーで買った100円の『島原素麺』だった。ネタになったらいいなと買っておいたそうめん。食糧庫じゃなくて「100均倉庫」のほうに、おそらくそれは眠っている。ゴソゴソゴソ……

あった。

ということで、「そうめん難民」の状態からは抜けているのだが、私の心はブルーだった。正直言おう。「チッ、100円のかよ……」と思っていた。「どうせそんなに……」と思っていた。つまるところ、ナメていた。無知がゆえに、ナメていた。

パケ裏の調理法を見てみると、茹で時間は2〜2分半とある。ほっほ〜、ということは、おそらくこれ、ちょっと太め?

やはり、やや太め。というか……

なんか「棒ラーメン」を茹でている感覚……

仕上がりも……

そこはかとなくラーメンっぽいぞ……?

まぁでも、汁が絶対的にウマいから、たとえ「麺」がダメでも満足できる……とか、失礼すぎることを考えながら作っていた。

そして……

何も期待はしていなかったが、

むしろ「消化試合」的な感覚だったが、

ためしに「麺」だけを食べてみたところ……

\ズズズズッ……/

おや?

あれ?

これはこれで……

うまくないか?

ためしに「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」に浸してみると……

よくからむ……というか、染みているというか、なんというか……まるでラーメン! そして、まさかと思いながら食べてみると……

アイヤーッ……!!

う、う、美味すぎるアル……!!(KO)

ちょっとこれ、「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」にピッタリというか。むしろ揖保乃糸よりも、こっちの「島原素麺」のほうが合うというか! なんなら「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」のオフィシャル推奨そうめんに指定したいくらいのドンピシャ感! しかもなんだろう、あまり食べたことのない感覚の「そうめん」なのだ。ラーメンみたいなそうめんというか……。

決して「安い味」なんかじゃない。こんなのが1パック(6束)100円で買えるとか奇跡だろ!! ちょっとこれ……「スタメン入り(常備)」決定じゃない? 次ダイソーで見かけたら、3パックくらい買っとこっかなって。甘く見ていて大反省! ナメていた自分に喝! である。

・悟りのそうめん

島原素麺が教えてくれたのは「そうめんは価格ではない」ということ。なにごとも、中身、いわば実力、すなわち「真」を見てから判断したいものである。

これがあるから100均検証はやめられない。100均パトロールとは “出会い” であり、“気付き” であり、そしてなにより修行である。またひとつ、悟りの境地に近づいた気がする。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。