【海外B級】なぜか「南ベトナムで評判」だという機内食の謎

ベトナム旅行で『フォー』を食べるのを楽しみにしていたのだが、現地の食堂で運ばれてきたのは “想像と違うヤツ” だった。私がイメージしていたフォーとは……ホレ、薄くて優し〜いスープに平らな麺、ゆでた肉や葉っぱが浮かんだ “よくある例のアレ” である。

しかし実際のところ本場のフォーには、辛いモノや酸っぱいモノなど様々な種類が存在しており、結局 “例のアレ” は1度として登場しなかったのだ。どれも非常においしいフォー達だったが、せっかくなら “例のアレ” にも出会いたかったなァ……ベトナム……さよならァ……

・ベトジェットは超ポップ

小さな心残りを感じつつ、私は『ベトジェットエア(通称:ベトジェット)』で帰国の途についた。運賃が安い代わりに荷物預け・飲食物・サービスなどが有料である場合が多いLCC(格安航空会社)だが、中でもベトジェットは機内物販が充実していることで知られる。

旅の便利グッズからぬいぐるみ、洋服に水着までも網羅する「ベトジェットブランド」。商品ラインナップを機内で眺める時間はと〜っても楽しい。

お待ちかねの機内食も他LCCより充実している印象である。ベトナム風、洋風、タイ風、中華風、シンガポール風……1食500円前後だから、かなり良心的なのではないだろうか。

『インスタントヌードル』コーナーもあった。生麺を好みがちな日本に対し、アジア諸国ではレストランでインスタント麺を食べることも珍しくない。現に機内メニュー表を見れば、インスタントとはいえ屋台さながらに豪華なトッピングがされているぞ。これは期待できそう!

『ベトナム・ビーフ・インスタントヌードル』は豪華に牛肉が乗せられている様子。隣の『タイ風インスタントヌードル』にはエビやキノコも見えるし……クーーーーッ! 迷うなァ〜!!! お次は……『ナンバンインスタントヌードル』?

「ナンバン」とは “南蛮漬け” のナンバンか、はたまた地名か何かだろうか? どーにもピンとこない。ただ幸いにも『ナンバンインスタントヌードル』には、他の商品にはない “説明書き” が印刷されていたのだ。それはズバリ……

_人人人人人人人人人人_
> 南ベトナムで評判 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・南ベトナムで!?

……つまりコレは「南ベトナム料理」ということなのだろうか? しかしそうなると「評判」が文法的におかしな感じである。また「北ベトナムでは全く評判じゃないのか」も非常に気になるところだ。説明書きのおかげで余計に深まるナゾ……。

考えても混乱するだけと察した私は『ナンバンインスタントヌードル』(5万5000ドン / 約250円)を注文することにした。ついでにCAさんに「これは南ベトナム料理なのか」と尋ねれば問題解決だ。かくして10分ほどで運ばれてきた『ナンバンインスタントヌードル』とは……

_人人人人人人人人人_
> 普通のカップ麺 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・意外な結末

“見本と現物が違う” のはよくあることだが、日本だと「見本よりエビが小さい」「トッピングが少ない」くらいの誤差が一般的だ。「そもそも見本と別モノ」というパターンはある意味斬新である。

が、しかし! その感覚は国によって異なるのだろうし、考えてみればたった250円で屋台並みの料理が食べられるワケがない。ここは黙って食うべし! …………ン!? こ……これは!!!

これぞまさしく “例のフォー” !!!

・また乗りたいぜベトジェット

平たく透き通る麺、優しいスープ、強めに効いた化学調味料のうま味まで……『ナンバンインスタントヌードル』は、私の “漠然としたフォーのイメージ” そのままだったのである。こんなところで出会えるなんて……しかもよく見ると我らが『エースコック』の商品!

ベトナムどころか日本でも確実に大ヒットしそうに圧倒的なウマさだが、なぜ「南ベトナム」で評判なのだろう? 「北ベトナムでももちろん評判だけど、特に南で評判」の略かな? 謎が謎を呼ぶぜ『ナンバンインスタントヌードル』……!

私は帰国後、アジア食材店やネットなどでこの商品を探し回った。しかし残念ながら今のところ再会には至っていない。コロナ禍で海外への渡航は難しいのが現状だが、時が来たら私は真っ先にベトジェットに飛び乗ろうと思う。もちろん行き先は「南ベトナム」だ。

( ※ 本記事の情報は昨年12月の取材を元にしています)

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

“究極のレバニラ定食” を食べてみたら「老後はこれだけ食べていたい」気持ちにさせられた / 東京・北千住「ここのつ」

当然のことながら、世の中にはさまざまな料理店がある。しかし当然とわかっていながら、真の意味ではその事実を認識できていなかったのかもしれない。筆者がそう思わされたのは、つい先日、「究極のレバニラの提供を使命にしているお店がある」と聞きつけた時のことだった。

個人的に初めて耳にするタイプの使命感だったため、衝撃を受けると同時に大変興味を引かれた。一体どんなレバニラが食べられるのか。これはお店に行かない手はない。察しの良い方はお気付きかもしれないが、本記事は筆者による現地レポートなのでご覧いただきたい。

件(くだん)のお店の名前は「ここのつ」。場所は東京・北千住にある。

同店のHPには「究極のレバニラのご提供を使命に創業しました」との文言が記されており、引き戸に張られたポスターにも「究極のレバニラ」の文字が踊っている。

そのうえ店内のメニュー表を見れば、実にスペースの4分の1ほどを「究極のレバニラ」が占めている。ここまでレバニラが勢力を振るっているお店も珍しいのではなかろうか。それだけ注力しているという証だろう。

特筆しておきたいのは、このお店のレバニラが牛肉や豚肉を用いたものではないという点だ。何かと言えば鶏レバーである。牛や豚では味わえない、とろけるような食感をしているらしい。

期待しつつ「究極のレバにら定食(900円)」を注文。まもなく運ばれてきたトレーには味噌汁やサラダなどもひしめきあっており、充実ぶりに心が躍る。

とはいえやはり主役はレバニラ。見るからに美味しそうなそれに箸をつけてみる。そして口に含んだ瞬間、まるで大トロのようにレバー肉がとろけだした

正直、「とろける」と言っても「かなり柔らかい」程度だろうと勝手に見積もってしまっていたのだが、実際にはそれどころではなかった。もし店内の壁面に「はしゃいでも可」と張り紙がしてあったら、存分にはしゃぎたくなるほどの感動的な柔らかさだった。

ついでに「独り言も可」と張り紙がしてあったら、「嘘だろこれ……嘘だろ……」とぶつぶつ呟いていたに違いない。尋常ではなくソフトなうえに、レバーとしてのコクや旨味も濃厚で、それでいて臭みなどは全くない

信じがたいクオリティである。おまけにニラの方もシャキシャキと新鮮で、文句のつけようがない。「究極のレバニラ」の名にふさわしい完璧具合だ。

柔らかいので食べるのに全く力がいらないし、加えて飽きが来ない。「老後はこれだけ食べていたい」と思いながら夢中になって箸を動かし、あっという間に食べ終えた。

牛レバーや豚レバーではこの柔らかさは成しえなかったかもしれないと思うと、目の付け所に脱帽するばかりである。凝り固まるのではなく視点を変える──究極を目指す上での柔軟さが、そっくりそのままこのお店のレバーに反映されている気がした。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ここのつ
住所 東京都足立区千住旭町43-13
営業時間 月~土 11:00〜15:00(LO.14:30)、17:30〜23:30 (LO. 23:00)/ 祝日 11:00〜15:30(LO.15:00)、17:00〜22:00(LO. 21:30)
定休日 日曜

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

特大チャーシューに感激「1000円の壁超え」でも納得しかない醤油ラーメン

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。  忘れられないラーメンってありますよね。そんなときってだいたい、何にハートを鷲掴みにされているのか言い切ることなんてできなくて、いろんな要素にキュンしちゃっ […]