クルクル長い「トルネードポテト」を、100均グッズ vs 2500円カッターで作ってみた

 お祭りの屋台や、原宿でお馴染みの「トルネードポテト」。自粛で外出が減ったり、お祭りが中止になったり、トルネードポテトを食べる機会が減りましたよね。  お家でトルネードポテトが作れる調理器具があると聞き、今回著者は「ぐる […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

エシレのディニッシュパンのお味は? 3種類の味を実食ルポ!【東京丸の内 エシレ・メゾン デュ ブール】



2009年に世界初エシレ バター専門店としてオープンした、東京駅の丸の内ブリックスクエアにある「エシレ・メゾン デュ ブール」。濃厚な発酵バターの味が上品で美味しいと、オープンから時間が経った今でもとても人気なんです。

店頭で売られている数あるエシレバターを使った商品の中で、今回は3種類ある”パン”を食べ比べ。エシレバターを使ったこだわりのパンの秘密をルポいたします。

エシレのパン購入までの待ち時間は・・・?



筆者が到着したのは10:15頃。この時点ですでに行列。ちなみに一番人気のバターケーキはこの時点ですでに売り切れでした。お店の中は満杯で、外に並んでる人が折り返し店の端まで並んでいる状態。




番号札などは配られないので、並んでひたすら待ちます。行ったのが2月の天気の悪い日だったので、外で日陰にある店舗前は本当に寒い!冬場に行かれる際は、足裏ホッカイロや帽子・手袋など、防寒グッズを持って行くことをおすすめします。



40分くらい経ったころ、やっと店内へ。お店の中はバターの美味しそうな香りが漂い、とてもお腹が空きます。右側にあるパンブースの目の前で注文。ここで買いたい全ての品物を店員さんに伝え準備してもらいます。その後レジまで行って会計。



結局並んでから購入まで、ぴったり1時間ほどかかりました。そこまで行列ではないと思っていたのにびっくり。並ぶ時は道路を挟んで反対側まで列が続くそうなので、できれば午前中の空いてる時間に行くことをおすすめします。

3種類を食べ比べ!使用するバターが異なるエシレのパンの味の違いは?



ではいよいよエシレバターを使った3種類のパンを食べ比べ!ちなみにエシレでは「ヴィエノワズリー」の種類の中のラインナップです。

3種類のパンは・・・
①パン・オ・ショコラ 432円
②パン・オ・レザン・エ・オ・ピスタシュ 540円
③ショソン・オ・ポム 810円
です。

まず①のパン・オ・ショコラ(432円)。何層も重なったディニッシュ生地の中心にチョコがちょこんと入っています。層の間にチョコが入っているかと思いきや、中心に1粒という感じでした。バターとチョコの相性は良かったです!



そして②のパン・オ・レザン・エ・オ・ピスタシュ(540円)。カスタードクリームとラムレーズンが練り込まれた甘い生地の上に、ピスタチオが贅沢に散りばめられたパン。どっしり重めで、味もしっかりしているので食べ応え抜群。ピスタチオとレーズンの相性がとても良い感じです。



最後に③のショソン・オ・ポム(810円)。こちらはりんごパイ。りんごの甘みをそのまま詰め込んだ感じの甘すぎないコンポートを、バターでさくっと包んで焼き上げており、上品なアップルパイという感じでした。1個でもかなり食べ応えがあるので、すぐにお腹がいっぱいになります。シェアするのがおすすめ。



それぞれ違った美味しさがあるので好みに合わせて選ぶのをおすすめします。筆者的にはこの中だと③のりんごパイ生地が、バターとりんごの甘みがマッチして好みでした!

美味しいうちに早めに食べて!エシレのパンの賞味期限



一番はその日のうちに、焼きたてに近いときに食べるのがおすすめだそうですが、基本的には賞味期限は購入日含めて2〜3日だそう。香りが非常に良かったため、時間が経つとその風味も飛んでしまいそうですので、なるべく早く食べるのがおすすめです。冷めてしまったらオーブンで温め直して食べると、焼きたての美味しさが復活するそうですよ。

フランス産の高級バター「エシレ」ってどうして人気なの?



そもそもエシレバターってどんなバターなの?と、聞いたことがあっても詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?エシレバターとは、フランス中西部にあるエシレ村で作られる希少な発酵バター。クリーミーで上品な口あたり、そして火を通すと芳醇な香りが広がるのが特徴です。



エシレ村の位置するヌーヴェル・アキテーヌ地域圏は、大西洋の温暖な気候に恵まれ、乳牛がのびのびと育つことができる環境が揃っています。石灰分の多い土壌から豊かな牧草が育ち、それを食べて育った乳牛たちは、乳成分の多いバターづくりに最適なお乳を出してくれるそう。だからこそ濃厚で芳醇なバターを作ることができるんですね。

世界初のバター専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」は東京駅丸の内南口から徒歩5分!



「エシレ・メゾン デュ ブール」は東京駅の丸の内南口から徒歩5分。南口改札を出ると目の前にKITTEがあるので、その前を右に進みます。最初の交差点の目の前の横断歩道を渡り左へ進むと、右手にレンガ造りの建物が見えます。これがブリックスクエアです。




中庭っぽくなっている中の方へ進んで行くと、エシレの看板が。すでに行列になっているのですぐに見つけられました。

①パン・オ・ショコラ 432円
②パン・オ・レザン・エ・オ・ピスタシュ 540円
③ショソン・オ・ポム 810円
賞味期限 購入日含めて2〜3日
※なるべく早く食べるのがおすすめ

エシレ・メゾン デュ ブール
https://www.kataoka.com/echire/maisondubeurre/
〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F
OPEN  10:00~20:00 不定休
TEL&FAX 03-6269-9840
ACCESS
JR「東京」駅 丸の内南口から徒歩5分
JR「有楽町」駅 国際フォーラム口から徒歩5分
丸ノ内線「東京」駅 地下道直結
千代田線「二重橋前<丸の内>」駅から徒歩3分
有楽町線「有楽町」駅から徒歩5分

『エシレの誘惑〜エシレスイーツ特集〜』では、エシレのバターケーキ「ガトー・エシレ ナチュール」やエシレのアイス「エシレ グラス/ブール」、濃厚フレッシュバターをサンドした「サブレサンド」などたっぷりと実食ルポします。お見逃しなく!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【海外B級】なぜか「南ベトナムで評判」だという機内食の謎

ベトナム旅行で『フォー』を食べるのを楽しみにしていたのだが、現地の食堂で運ばれてきたのは “想像と違うヤツ” だった。私がイメージしていたフォーとは……ホレ、薄くて優し〜いスープに平らな麺、ゆでた肉や葉っぱが浮かんだ “よくある例のアレ” である。

しかし実際のところ本場のフォーには、辛いモノや酸っぱいモノなど様々な種類が存在しており、結局 “例のアレ” は1度として登場しなかったのだ。どれも非常においしいフォー達だったが、せっかくなら “例のアレ” にも出会いたかったなァ……ベトナム……さよならァ……

・ベトジェットは超ポップ

小さな心残りを感じつつ、私は『ベトジェットエア(通称:ベトジェット)』で帰国の途についた。運賃が安い代わりに荷物預け・飲食物・サービスなどが有料である場合が多いLCC(格安航空会社)だが、中でもベトジェットは機内物販が充実していることで知られる。

旅の便利グッズからぬいぐるみ、洋服に水着までも網羅する「ベトジェットブランド」。商品ラインナップを機内で眺める時間はと〜っても楽しい。

お待ちかねの機内食も他LCCより充実している印象である。ベトナム風、洋風、タイ風、中華風、シンガポール風……1食500円前後だから、かなり良心的なのではないだろうか。

『インスタントヌードル』コーナーもあった。生麺を好みがちな日本に対し、アジア諸国ではレストランでインスタント麺を食べることも珍しくない。現に機内メニュー表を見れば、インスタントとはいえ屋台さながらに豪華なトッピングがされているぞ。これは期待できそう!

『ベトナム・ビーフ・インスタントヌードル』は豪華に牛肉が乗せられている様子。隣の『タイ風インスタントヌードル』にはエビやキノコも見えるし……クーーーーッ! 迷うなァ〜!!! お次は……『ナンバンインスタントヌードル』?

「ナンバン」とは “南蛮漬け” のナンバンか、はたまた地名か何かだろうか? どーにもピンとこない。ただ幸いにも『ナンバンインスタントヌードル』には、他の商品にはない “説明書き” が印刷されていたのだ。それはズバリ……

_人人人人人人人人人人_
> 南ベトナムで評判 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・南ベトナムで!?

……つまりコレは「南ベトナム料理」ということなのだろうか? しかしそうなると「評判」が文法的におかしな感じである。また「北ベトナムでは全く評判じゃないのか」も非常に気になるところだ。説明書きのおかげで余計に深まるナゾ……。

考えても混乱するだけと察した私は『ナンバンインスタントヌードル』(5万5000ドン / 約250円)を注文することにした。ついでにCAさんに「これは南ベトナム料理なのか」と尋ねれば問題解決だ。かくして10分ほどで運ばれてきた『ナンバンインスタントヌードル』とは……

_人人人人人人人人人_
> 普通のカップ麺 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・意外な結末

“見本と現物が違う” のはよくあることだが、日本だと「見本よりエビが小さい」「トッピングが少ない」くらいの誤差が一般的だ。「そもそも見本と別モノ」というパターンはある意味斬新である。

が、しかし! その感覚は国によって異なるのだろうし、考えてみればたった250円で屋台並みの料理が食べられるワケがない。ここは黙って食うべし! …………ン!? こ……これは!!!

これぞまさしく “例のフォー” !!!

・また乗りたいぜベトジェット

平たく透き通る麺、優しいスープ、強めに効いた化学調味料のうま味まで……『ナンバンインスタントヌードル』は、私の “漠然としたフォーのイメージ” そのままだったのである。こんなところで出会えるなんて……しかもよく見ると我らが『エースコック』の商品!

ベトナムどころか日本でも確実に大ヒットしそうに圧倒的なウマさだが、なぜ「南ベトナム」で評判なのだろう? 「北ベトナムでももちろん評判だけど、特に南で評判」の略かな? 謎が謎を呼ぶぜ『ナンバンインスタントヌードル』……!

私は帰国後、アジア食材店やネットなどでこの商品を探し回った。しかし残念ながら今のところ再会には至っていない。コロナ禍で海外への渡航は難しいのが現状だが、時が来たら私は真っ先にベトジェットに飛び乗ろうと思う。もちろん行き先は「南ベトナム」だ。

( ※ 本記事の情報は昨年12月の取材を元にしています)

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。