【かつ丼299円】最強激安スーパー「オーケーストア」のロースかつ重が激ウマすぎる! 厚みあるとんかつに染み込む甘めつゆは深い味

普段当たり前に接するものほど、そのありがたみは忘れがちである。例えば、かつ丼。以前、福井県出身者の友達は言っていた。「東京でかつ丼を初めて食べた時は感動した」と──。

なぜならば、福井県ではソースかつ丼が主流であり、卵とじにされていることにめちゃくちゃスペシャル感があったのだとか。もちろん、これは福井県出身者全てがかつ丼に感動するという話ではない。その友達がたまたま知らなかっただけだろう。だが、その時私(中澤)もまた目からウロコの気分になったものである。

言われてみれば、かつ丼はかなりスペシャルなメニューだ。とんかつに卵まで惜しみなく使われているのだから。そんなかつ丼が税抜き299円で売っているという。バ、バカな!? 一体かつ丼に何があったと言うんだ!!

・オーケーストアのかつ丼

ヤケを起こしたような値段でかつ丼を売っているのはディスカウントスーパーのオーケーストアである。私がその情報を得たのはTwitterから。以前ご紹介した「最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンド」の記事にかつ丼をオススメする声が届いたのだ。

しかし、そこまで安いと、逆に味が心配になってくる。肉が薄切りすぎたり、つゆが単調な甘い味で、安っぽかったりするかもしれない。

・調査

特に、つゆが安すぎる味だと、全体に響いて「買わない方がマシ」というのもありえるので調査が必要だ。さっそく、オーケーストアの惣菜コーナーを見てみたところ……ええッ!?

かつ丼だけでなく弁当系がほぼ税抜き299円だ! サバの塩焼きもガパオライスも299円!! 野菜天重に至っては税抜き199円じゃないか! なんだこの大特価パラダイスは!? それでいて、特に割引されているというわけではない。通常価格である。通常って何だろう

見たところ、分量的にも他のスーパーや弁当屋に劣るものではない。だが、さらなる調査のため、ロースかつ重を購入してみた。間違いなく299円である。

・3つのこだわり

どうやら、ロースかつ重はオーケーストア的にもおすすめの品であるようだ。売り場に貼られていたポップによると、オーケーのロースかつ重には3つのこだわりがあるという。

まずは、とんかつ。きめの細かさと上質な味わいのカナダ産三元豚を使用し、ロースかつを店内にて調理しているのだとか。次に、だし。「甘さが引き立ち食欲をそそる」と書いているため甘めなのだろう。オーケー特製オリジナル出汁のようだ。最後に、ごはん。甘みと旨みにこだわった富山県産米を店内で炊き上げ使用しているという。

・食べてみた

この3つの情報から客観的に判断できることは、少なくとも店内で作り、出来立てを提供しているということ。それはスーパーでは特に珍しいことではないかもしれないが、やはり299円という価格はありえない。味に秘密が隠されているのだろうか? 食べてみたところ……

普通にウマイやん。

ロースかつの肉は厚く、噛むと衣に染み込んだつゆがじゅんわりとにじみ出す。その味は確かに甘めだが、深みがあり決して安っぽいものではない

さらに、かつとつゆの旨みが染み込んだご飯もまた美味。ちゃんと「かつ丼食ってるなあ」という実感が味わえた。スーパーのかつ丼で考えると上出来だろう。まして299円となれば「激ウマすぎる」と言っても過言ではない味だ

知れば知るほどにその安さの謎が深まるオーケーストアのかつ丼。事実は1つ。これが299円で売っているということだ。安かろう悪かろうでないことは食べたら分かる。オーケーストアに行った時はぜひ確認してみてくれ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

グルメ本編集長が教える、新しい店の見つけ方。基本は口コミだけど、もっと大切なのは…

イメージ写真

「新しいお店はどうやって見つけるのですか?」
グルメ本の編集長をしていると、この質問は本当によくいただきますが、確かにとても知りたいことですよね。
僕は20年以上お店を探し続けていますが、まだインターネットが普及していない時代は、建設中の工事現場のプレートを見たり、求人情報誌などをチェックしたりしていました。「ニューオープンにつきアルバイト募集!」という、あれです。その点、今は調べようと思えばスマホやPCに情報があふれているから楽ですよね。

マニアックな飲食店検索サイトの使い方

 

一方で、検索で出てこなければ、その店は存在しないのと一緒、という恐ろしい現実もあり、お店側にとってもSNSをどう利用すべきかは大きな問題です。
あるお店で聞いたのですが、「食べログ」にはユーザー有志のパトロール隊員というのがいるそうです。担当エリアを決めて、それぞれが定期的に巡回し、新しいお店を見つけると食べログに登録するのだとか。驚くことに彼らの活動は全くのボランティアのようです。
また別のレストランの店主は、オープンしたばかりの頃、来店してもいないのに電話でお店の概略だけを聞いて、ブログにさも食べてきたようにアップされたとぼやいていました。
「ニューオープンのお店」というのは、とにかく人の情熱を駆り立てるのです。
「一番最初にこの店を紹介したのは私!」と言いたい気持ちはわかります。

僕だってそうです。お鮨が大好きなのですが、個人的に新店探しに愛用しているのが食べログのニューオープン情報。夜の予定が何も入っていないときに、ひとりで行くためにPCを眺めます(「鮨 ニューオープン」で検索すると出てきます)。チェーン店から個人店まで、ずらりと並んだリストを見ながら、果たして新たな原石はないか、ひたすら目を凝らすのです。

たいていはまだ口コミも投稿されていないので、写真や場所、店名、予算などから推察します。“この文字が店名に入っているということは、あの系列か?” “あんな場所でこの値段設定とは相当自信があるのか?”とか、探偵の如く推理していくのが楽しくて。どちらかというと、仕事ではなく趣味の領域です。そしていいかも! と思ったらすぐに電話してその日のうちに訪れます。

とはいえ、自分の予想を超える出会いはなかなかなく、それだけに出会えた時は楽しいわけです。最近では銀座の「鮨み富」さんがヒットでした。名店「新冨寿し」出身というところに惹かれたのですが、コースオンリー・一斉スタート全盛の時代に、昼から通し営業、お好みOKという形態が受けて、今では大人気店となっています。
ちなみに先日、食べログを立ち上げた村上敦浩さんとお会いした時に伝えたら「あのページを活用しているとは相当マニアックですよ」と笑われました。確かに。

基本は口コミ、インフルエンサーのSNSから情報も

 

さて、本題の“お店探しの方法”です。
僕が編集している「東京最高のレストラン」の目玉が、巻頭の注目店情報です。
毎年、1年以内にオープンした中から約20軒のお店を選び、そこにメンバー全員がそれぞれ予約を取って訪れて、座談会形式で批評して点数を付けるというものです。ありがたいことに、注目店に入ることを目標にしてくださるシェフもけっこういます。

この20店を最終的に決定するのが僕の役目なので、12月に本が発売されるや、すぐに翌年版に掲載するお店探しをスタート。そして、候補となった店の店名、ジャンル、エリア、特徴などをエクセルのファイルに書き込んで随時更新していくのです。メンバー以外閲覧不可なこのファイルは、おそらく東京で一番コアなニューオープンリストだと思います。

ではそのお店はどうやって探すのか? メインは「口コミ」です。「なーんだ」と思われるかもしれませんが、口コミで大事なのは「誰からの情報か」なんです。10店しか知らない人が教えてくれた“いい店”と、1000店を超すほど食べ歩いている人の情報では、その信頼度が違いますよね。

特に最高のレストランの口コミは森脇慶子さん、小石原はるかさんといった、雑誌の取材などでも常にニューオープン情報を追い続けているメンバーが中心ですから、精度とスピードがたまらなく速いのです。このおふたりとは、いつもフェイスブックのメッセンジャーやLINEで楽しく情報交換をしています。

ちなみに小石原さんはインスタマニアでもあって、全く知らない人がアップした画像からとんでもない無名の店を探し出したりして、それが「注目店」として取り上げられることも多々あります。森脇さんはシェフとのネットワークがすごいので、誰誰さんの弟子が今、物件を探し中、といったとても初期段階の情報まで持っていたりします。

もちろんそれ以外にもさまざまなサイトや記事で見つけた気になるお店は、僕の場合はiPhoneのメモ機能にカテゴリを作り、そこにコピペして保存しておきます。会食の場で仕入れた情報は、店名と特徴だけを自分のアドレス宛にメールしたりもしますが、たいてい酒に酔っていますので翌日読んでも意味不明なことも多々…。

フェイスブックの「友達」のポストも重大な情報源です。仕事柄、著名なインフルエンサーやシェフの方々と多くつながっているので、新しいお店情報もどんどん流れてきます。

例えば皆さんの場合は、「公開」にしているインフルエンサーもけっこういますから、フォローしてみるのもいいかもしれません。

そういえば、お店側からの発信としてよく覚えているのは、今では全くといっていいほど予約の取れなくなった鮨店「東麻布天本」さんです。店主の天本さんは有名なお鮨屋さんを辞めてから、今のお店をオープンするまで、滋賀や京都の日本料理屋さんなどで新たに学び直したんですね。その過程をフェイスブックでアップする中で知り合いもどんどん増えて、なんだかみんなが天本さんを応援する雰囲気になり、開店前から期待度マックスに。当然オープンするや、あっという間に人気店への道を駆け上がりました。
彼がどこまで意識していたかはわかりませんが、お金をかけずにPRする方法としてはとても有効だと思います。
最近はインスタグラムで宣伝するお店も多いですが、そういったSNSでの地道な努力から、ある日爆発することはよくありますので。

自分の心と体にとことん問いかける習慣をつけて

 

お店情報は集めるのも大事ですが、発信することも重要だと思っています。この人(媒体)に伝えると有効に活用してもらえるかもしれない、信頼できるかも、周囲からそう思われると自然に情報が集まるようにもなります。
ですので僕は、フェイスブックには自分自身が本当においしかった、楽しかったと感じたお店のことしか書きませんし、店名を隠したりもしません。もちろんおいしくても忙しかったりで書けないこともありますが。

ちなみに「どこかいい店を知りませんか?」と聞かれることが頻繁にあります。
これは僕だけでなくグルメライターさんなどもよく「喜んでお教えしたいのだけれど…」とぼやいているのですが、出来るだけ具体的な質問のほうがありがたいんです。せめて「3人で美味しい肉を、ひとり5000円以内で食べたい」くらいまでは希望を言ってもらえると、嬉しいですね。「どうしても接待を成功させたいんです!」「久しぶりに帰国する友人の誕生日なので喜ばせたくて」といった、感情的な目的も併せて教えてもらえると、こちらもより真剣になります。経験上、仕事のできる人はこの聞き方が上手です。

普段でもお店を探すときにはまず、自分自身の心と体にとことん問いかける習慣をつけると、お店探しが楽しくなります。果たして自分が欲しているものは何か? 牛なのか豚なのか、ワインかはたまた日本酒か、そうやって内なる会話を続けていくと、自然と自分の食べたいものが明確になります。結果として、お店選びの失敗が少なくなりますので、ぜひ試してみてください。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【海外B級】なぜか「南ベトナムで評判」だという機内食の謎

ベトナム旅行で『フォー』を食べるのを楽しみにしていたのだが、現地の食堂で運ばれてきたのは “想像と違うヤツ” だった。私がイメージしていたフォーとは……ホレ、薄くて優し〜いスープに平らな麺、ゆでた肉や葉っぱが浮かんだ “よくある例のアレ” である。

しかし実際のところ本場のフォーには、辛いモノや酸っぱいモノなど様々な種類が存在しており、結局 “例のアレ” は1度として登場しなかったのだ。どれも非常においしいフォー達だったが、せっかくなら “例のアレ” にも出会いたかったなァ……ベトナム……さよならァ……

・ベトジェットは超ポップ

小さな心残りを感じつつ、私は『ベトジェットエア(通称:ベトジェット)』で帰国の途についた。運賃が安い代わりに荷物預け・飲食物・サービスなどが有料である場合が多いLCC(格安航空会社)だが、中でもベトジェットは機内物販が充実していることで知られる。

旅の便利グッズからぬいぐるみ、洋服に水着までも網羅する「ベトジェットブランド」。商品ラインナップを機内で眺める時間はと〜っても楽しい。

お待ちかねの機内食も他LCCより充実している印象である。ベトナム風、洋風、タイ風、中華風、シンガポール風……1食500円前後だから、かなり良心的なのではないだろうか。

『インスタントヌードル』コーナーもあった。生麺を好みがちな日本に対し、アジア諸国ではレストランでインスタント麺を食べることも珍しくない。現に機内メニュー表を見れば、インスタントとはいえ屋台さながらに豪華なトッピングがされているぞ。これは期待できそう!

『ベトナム・ビーフ・インスタントヌードル』は豪華に牛肉が乗せられている様子。隣の『タイ風インスタントヌードル』にはエビやキノコも見えるし……クーーーーッ! 迷うなァ〜!!! お次は……『ナンバンインスタントヌードル』?

「ナンバン」とは “南蛮漬け” のナンバンか、はたまた地名か何かだろうか? どーにもピンとこない。ただ幸いにも『ナンバンインスタントヌードル』には、他の商品にはない “説明書き” が印刷されていたのだ。それはズバリ……

_人人人人人人人人人人_
> 南ベトナムで評判 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・南ベトナムで!?

……つまりコレは「南ベトナム料理」ということなのだろうか? しかしそうなると「評判」が文法的におかしな感じである。また「北ベトナムでは全く評判じゃないのか」も非常に気になるところだ。説明書きのおかげで余計に深まるナゾ……。

考えても混乱するだけと察した私は『ナンバンインスタントヌードル』(5万5000ドン / 約250円)を注文することにした。ついでにCAさんに「これは南ベトナム料理なのか」と尋ねれば問題解決だ。かくして10分ほどで運ばれてきた『ナンバンインスタントヌードル』とは……

_人人人人人人人人人_
> 普通のカップ麺 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・意外な結末

“見本と現物が違う” のはよくあることだが、日本だと「見本よりエビが小さい」「トッピングが少ない」くらいの誤差が一般的だ。「そもそも見本と別モノ」というパターンはある意味斬新である。

が、しかし! その感覚は国によって異なるのだろうし、考えてみればたった250円で屋台並みの料理が食べられるワケがない。ここは黙って食うべし! …………ン!? こ……これは!!!

これぞまさしく “例のフォー” !!!

・また乗りたいぜベトジェット

平たく透き通る麺、優しいスープ、強めに効いた化学調味料のうま味まで……『ナンバンインスタントヌードル』は、私の “漠然としたフォーのイメージ” そのままだったのである。こんなところで出会えるなんて……しかもよく見ると我らが『エースコック』の商品!

ベトナムどころか日本でも確実に大ヒットしそうに圧倒的なウマさだが、なぜ「南ベトナム」で評判なのだろう? 「北ベトナムでももちろん評判だけど、特に南で評判」の略かな? 謎が謎を呼ぶぜ『ナンバンインスタントヌードル』……!

私は帰国後、アジア食材店やネットなどでこの商品を探し回った。しかし残念ながら今のところ再会には至っていない。コロナ禍で海外への渡航は難しいのが現状だが、時が来たら私は真っ先にベトジェットに飛び乗ろうと思う。もちろん行き先は「南ベトナム」だ。

( ※ 本記事の情報は昨年12月の取材を元にしています)

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。