鶏肉ぷりぷりのアジアン飯が、炊飯器で超カンタン。“和”の調味料も活躍

 日本人の舌に合う、カオマンガイ。  蒸し暑い季節、体がスパイシーなエスニック料理を欲することってありますよね。ステイホームがきっかけとなり、自炊を始めるようになった人も少なくないでしょうから、自宅で簡単においしいエスニ […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ポケモンとサーティワンのタイアップ! なんとなくピカチュウをシェイクにしてみたよ!

ポケモンファンのみんな、サーティワンとポケモンがタイアップしているぞ! 2019年8月1日から8月30日まで、「31ポケ夏!キャンペーン~ミュウツーの逆襲 EVOLUTION公開記念~」として実施されるそうだ!

なんでも「サーティワン史上初のピカチュウフレーバー」なアイスが出ているらしい。はたしてピカチュウフレーバーとはいかなるものなのか。それはネズミ味ではないのかなど色々気になったので、さっそく行ってきたぞ!

・ピカチュウ

サーティワンに来てみると、店頭には各種タイアップ情報に関する展示が。予約が必要だが、ピカチュウやイーブイのアイスケーキなんかもあるようだ。ケーキのお値段はどちらも3300円(※店舗によって異なる)。

ピカチュウフレーバーだというアイスは、正式名称を「ピカチュウの10まんボルト!~フルーツミックス~」という。なお、コラボと関連した特別フレーバーのアイスはこれだけだそう。

アイスを「ポケモンダブルカップ(580円)」で注文すれば、ピカチュウ、ミュウツー、ミュウのどれか好きな柄のカップと、3種類のピカチュウのスプーンからランダムで1種ついてくる。カップに入れるアイスはポケモンと無関係でもかまわない。

ピカチュウのアイスは、パイナップル、イエローピーチ、バナナ、アップル、オレンジを使ったソルベがメイン。そこに、口の中でパチパチするキャンディと、ピカチュウの顔をあしらったチョコが入っているという。

チラシや店頭の写真では、まあそれなりに可愛く微笑むピカチュウチョコ。しかし現物ではアイス内に完全に埋没しており発見は困難だった。味の方はソルベがいい感じに爽やかでウマい。また、パチパチするキャンディも、ちびっ子は狂喜乱舞間違いなしだろう。

3種のピカチュウのスプーンについては、愛嬌をふりまくピカチュウが2種に、好戦的なピカチュウが1種だ。今回ついてきたのは好戦的なピカチュウのスプーン。

ということで、サーティワンのポケモンタイアップはいかがだっただろうか? ここ最近の酷暑にピッタリな、冷たく美味しいサーティワンのアイスを、可愛いピカチュウやミュウ、かっこいいミュウツーのポケモンのカップでぜひエンジョイして欲しい!

……

……

・ピカァ?

普通ならこの辺で終わるのだろうが、今回はおまけ付きだ。

少し昔話をしよう。ちびっ子のポケモンファンのみんなは想像だにしないと思うが、ピカチュウが最初に登場したのは30歳を超えたおっさんな筆者がちびっ子(小学生)だったころのこと。

当初ピカチュウは全くフィーチャーされていなかったと記憶している。サトシとピカチュウがタッグを組むアニメも放送前だったため、ピカチュウはマジでただのモブな電気ネズミだった。

特筆して強いわけでもなく、あのころは色もついていなかった。鳴き声も現在のあざとさすら感じる可愛さなど微塵も無い、形容しがたい歪んだ電子音だった。

それでもピカチュウはそこそこの人気を獲得していた。理由は可愛さや強さとかではない。最初期に手に入るポケモンのなかで、そこそこのスペシャル感があったからだ……と思う。

ピカチュウが最初に出るのはマサラタウンを出てわりとすぐの「トキワのもり」。その時点でゲットできる主なポケモンは、最初に選ぶ1匹を除けば、果てしなく無力なトランセルや、その辺のハトじみたポッポ。大人からはドブネズミ? などと言われる始末のコラッタなどである。

そこにきて、電気を使えるピカチュウのスペシャル感。筆者も当時はピカチュウをゲットするため、「トキワのもり」の生態系を崩壊させんばかりに荒らしまわり、ゲットしたピカチュウのレベル上げにいそしんだものだ。その当時から20年以上にわたり、それなりに思っていたことがある。

ピカチュウ、ウマそうだよな

なぜかはわからない。あの黄色くて丸っこいボディがなんとなくウマそうなのだ。そしてピカチュウアイスはウマかった。そこからピカチュウが実在したらどんな味になるのかについて再び興味を持つのは、ごく普通のことだろう。

あ、そういえば、サーティワンって好きなアイスをシェイクにできたんだよな。ピカチュウの味について思考するうちに、遠い昔に知った情報を思い出してしまった。

ピカチュウ、シェイクにするしかないよな

・ピカチュウのシェイク

ピカチュウを食べることはできないが、ピカチュウアイスをシェイクにすることはできる。ということで再びサーティワンへ。

店員のお姉さん「何になさいますか!?」(笑顔)

筆者「ピカチュウの……」

お姉さん「ピカチュウの10まんボルト!~フルーツミックス~ですね!!」(笑顔)

筆者「ピカチュウのシェイクで」

お姉さん「(笑顔)」

筆者「(笑顔)」

お姉さん「ピカチュウを……シェイクですね」(苦笑い)

視線を感じて振り返ると、筆者の後ろに並んでいたポケモン愛に満ち溢れているであろうキッズたちが、超真顔でこちらを見ていた。ちなみにピカチュウをシェイクにすると、お値段は650円となる。そのままのピカチュウよりコストは増すようだ。

シェイクにされたピカチュウは、やはりアイスだったころといささか様子が違う。当然だが、液体感が増している。そういえばポケモンのわざで「ようかいえき」というのがあった。本記事とは無関係で申し訳ないのだが「ようかいえき」を食らうとどうなるのだろう。

「はかいこうせん」なども気になるが、こと今に限っては「ようかいえき」を食らうとどうなってしまうのか気になるなぁ。そんなことを考えながらピカチュウシェイクのボトルを見ると……

これは……アイスの時には埋没してよく認識できなかったピカチュウチョコではないか。なるほど、シェイクにされても原型をたもっていたようだ。おのれピカチュウ、ずいぶんと頑張るではないか。

途中で気づいたのだが、シェイクのストローではこのピカチュウチョコを吸い込むことができない。行儀は悪いものの、どうにかストローですくって食べようとしたが、ピカチュウたちは最後まで抵抗に抵抗を続けたことを記しておこう。

参考リンク:サーティワンアイスクリーム
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【かつ丼299円】最強激安スーパー「オーケーストア」のロースかつ重が激ウマすぎる! 厚みあるとんかつに染み込む甘めつゆは深い味

普段当たり前に接するものほど、そのありがたみは忘れがちである。例えば、かつ丼。以前、福井県出身者の友達は言っていた。「東京でかつ丼を初めて食べた時は感動した」と──。

なぜならば、福井県ではソースかつ丼が主流であり、卵とじにされていることにめちゃくちゃスペシャル感があったのだとか。もちろん、これは福井県出身者全てがかつ丼に感動するという話ではない。その友達がたまたま知らなかっただけだろう。だが、その時私(中澤)もまた目からウロコの気分になったものである。

言われてみれば、かつ丼はかなりスペシャルなメニューだ。とんかつに卵まで惜しみなく使われているのだから。そんなかつ丼が税抜き299円で売っているという。バ、バカな!? 一体かつ丼に何があったと言うんだ!!

・オーケーストアのかつ丼

ヤケを起こしたような値段でかつ丼を売っているのはディスカウントスーパーのオーケーストアである。私がその情報を得たのはTwitterから。以前ご紹介した「最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンド」の記事にかつ丼をオススメする声が届いたのだ。

しかし、そこまで安いと、逆に味が心配になってくる。肉が薄切りすぎたり、つゆが単調な甘い味で、安っぽかったりするかもしれない。

・調査

特に、つゆが安すぎる味だと、全体に響いて「買わない方がマシ」というのもありえるので調査が必要だ。さっそく、オーケーストアの惣菜コーナーを見てみたところ……ええッ!?

かつ丼だけでなく弁当系がほぼ税抜き299円だ! サバの塩焼きもガパオライスも299円!! 野菜天重に至っては税抜き199円じゃないか! なんだこの大特価パラダイスは!? それでいて、特に割引されているというわけではない。通常価格である。通常って何だろう

見たところ、分量的にも他のスーパーや弁当屋に劣るものではない。だが、さらなる調査のため、ロースかつ重を購入してみた。間違いなく299円である。

・3つのこだわり

どうやら、ロースかつ重はオーケーストア的にもおすすめの品であるようだ。売り場に貼られていたポップによると、オーケーのロースかつ重には3つのこだわりがあるという。

まずは、とんかつ。きめの細かさと上質な味わいのカナダ産三元豚を使用し、ロースかつを店内にて調理しているのだとか。次に、だし。「甘さが引き立ち食欲をそそる」と書いているため甘めなのだろう。オーケー特製オリジナル出汁のようだ。最後に、ごはん。甘みと旨みにこだわった富山県産米を店内で炊き上げ使用しているという。

・食べてみた

この3つの情報から客観的に判断できることは、少なくとも店内で作り、出来立てを提供しているということ。それはスーパーでは特に珍しいことではないかもしれないが、やはり299円という価格はありえない。味に秘密が隠されているのだろうか? 食べてみたところ……

普通にウマイやん。

ロースかつの肉は厚く、噛むと衣に染み込んだつゆがじゅんわりとにじみ出す。その味は確かに甘めだが、深みがあり決して安っぽいものではない

さらに、かつとつゆの旨みが染み込んだご飯もまた美味。ちゃんと「かつ丼食ってるなあ」という実感が味わえた。スーパーのかつ丼で考えると上出来だろう。まして299円となれば「激ウマすぎる」と言っても過言ではない味だ

知れば知るほどにその安さの謎が深まるオーケーストアのかつ丼。事実は1つ。これが299円で売っているということだ。安かろう悪かろうでないことは食べたら分かる。オーケーストアに行った時はぜひ確認してみてくれ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。