鶏肉ぷりぷりのアジアン飯が、炊飯器で超カンタン。“和”の調味料も活躍

 日本人の舌に合う、カオマンガイ。  蒸し暑い季節、体がスパイシーなエスニック料理を欲することってありますよね。ステイホームがきっかけとなり、自炊を始めるようになった人も少なくないでしょうから、自宅で簡単においしいエスニ […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

禁断の裏メニュー「背脂100%ラーメン」が “本当の背脂の味” を教えてくれた / 東京・板橋「下頭橋ラーメン」

背脂。この2文字を見ただけで、どうしようもなく心が躍る。背脂という言葉を記すために漢字が生まれたのではないかと思うほどだ。苦手な人もいるだろうが、こってり好きの界隈においては、死ぬほど愛されてやまない食材である。

そんな背脂がたっぷりとスープに浮かぶ……どころか、背脂100%のラーメンを提供するお店があるという情報を入手した。嘘だろ……? それってもうスープじゃなくて背脂そのものなのでは? どんなラーメンなんだ? 気になりすぎて狂いそうなので現地に向かった。

・果たして実在するのか

ときわ台駅と上板橋駅のはざま辺りに目当ての店、『下頭橋(げとばし)ラーメン』はある。

年季の入った引き戸、店名入りの暖簾(のれん)がどこか懐かしさを誘う。このクラシックな店構えの奥に、特殊なラーメンが待っているとは連想しにくい。

背脂100%……まるで果汁のようなノリで言ってのけるが、本当に実在するのか。

店に入って目についたメニュー表は、ラーメン(750円)とチャーシューメン(1100円)のみという潔さ。そこに背脂100%ラーメンの文字はない。

あらかじめ知っていなければ注文できない裏メニューだとは聞いていたので、店主に「背脂100%のラーメンって頼めますか?」と尋ねてみる。これでもし「は? 何言ってんの?」と言われたら、一生「背脂ピエロ」の名を背負わねばならないが……「できますよ」と返ってきた。

ほっと胸をなで下ろし、席に着く。それから10分もしないうちに丼がやってきた。

・果たしてこれはラーメンなのか

ついに現れたその姿を見て、思わず自分の目を疑う。

め、麺が見えねぇ…!

丼になみなみと満ちる背脂で、麺が見えないのである。動揺のあまり、「あれあれ~? 麺さんはどこかにかくれんぼしちゃったのかなぁ?」と心の中で保育士のように丼に話しかけてしまう。

目の前でひしめき合う大量の背脂。「スープじゃなくて背脂そのものなのでは?」と思っていた過去の自分に言いたい。「正解」と。

まるで背脂の海だ。こんな光景は見たことがない。しかし同時に、「こんなの美味いに決まってる」という確信も湧いていた。興奮を覚えつつ箸を差し入れ、麺の感触を探り当てる。持ち上げようとしたが……重い背脂が重い。お前こんなに重かったっけ? 

やや力を入れると、海面を引き裂いてズボボボボと麺が登場。沈没船の引き上げ作業めいたその様子は、一種のアトラクションのようでもあった。

麺はとろみのある背脂をたっぷりとまとっていて、底の方からタレも引き連れてきている。ラーメンというより油そば……いや、もはや比率的にそば油に近いが、お味の方はどうか。

・どうしてこんなに美味いのか

口に入れた瞬間、細かいことなど吹き飛ぶような衝撃を食らった。甘いそして美味い。背脂の口溶けとともに爆発的に広がる豊潤な甘さ、むせ返るような香り、それらをコクのあるタレがさらに推し進めて脳天まで届けてくる。

濃密な味わいでありながら、丼全体の統一感のおかげか不思議とあっさりもしている。太すぎず細すぎずツルツルとした麺を夢中になってすするうちに、心はすっかり背脂の海の中。快くクラクラするような風味がたまらない。

これがラーメンかどうかよりも、どうしてこんなに美味いのかを考えるべきだ……そう思っていた私は、まもなくその理由に気付いた。

ここのお店の背脂は、ほかのお店とは違ってスープによって薄められていない。つまり限りなく純度が高いのだ。それが美味さの核だろう。今までに味わったことのない、いわば背脂の真の姿本当の味に触れられたわけである。

こんなに付加価値が高いのに、通常のラーメンと同じ750円であるから驚きだ。知る人ぞ知る、常識を壊す一品……まさしく禁断の裏メニューと言えよう。

ただし、それゆえ提供できる数には限りがあるようなので、興味を持たれた方は気をつけて足を運んでほしい。裏メニューとはいえ、多くの人に味わってもらいたい衝撃がここにはある。

・今回紹介した店舗の情報

店名 下頭橋ラーメン
住所 東京都板橋区常盤台3-10-3
営業時間 18:00~翌4:00
定休日 水曜

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【かつ丼299円】最強激安スーパー「オーケーストア」のロースかつ重が激ウマすぎる! 厚みあるとんかつに染み込む甘めつゆは深い味

普段当たり前に接するものほど、そのありがたみは忘れがちである。例えば、かつ丼。以前、福井県出身者の友達は言っていた。「東京でかつ丼を初めて食べた時は感動した」と──。

なぜならば、福井県ではソースかつ丼が主流であり、卵とじにされていることにめちゃくちゃスペシャル感があったのだとか。もちろん、これは福井県出身者全てがかつ丼に感動するという話ではない。その友達がたまたま知らなかっただけだろう。だが、その時私(中澤)もまた目からウロコの気分になったものである。

言われてみれば、かつ丼はかなりスペシャルなメニューだ。とんかつに卵まで惜しみなく使われているのだから。そんなかつ丼が税抜き299円で売っているという。バ、バカな!? 一体かつ丼に何があったと言うんだ!!

・オーケーストアのかつ丼

ヤケを起こしたような値段でかつ丼を売っているのはディスカウントスーパーのオーケーストアである。私がその情報を得たのはTwitterから。以前ご紹介した「最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンド」の記事にかつ丼をオススメする声が届いたのだ。

しかし、そこまで安いと、逆に味が心配になってくる。肉が薄切りすぎたり、つゆが単調な甘い味で、安っぽかったりするかもしれない。

・調査

特に、つゆが安すぎる味だと、全体に響いて「買わない方がマシ」というのもありえるので調査が必要だ。さっそく、オーケーストアの惣菜コーナーを見てみたところ……ええッ!?

かつ丼だけでなく弁当系がほぼ税抜き299円だ! サバの塩焼きもガパオライスも299円!! 野菜天重に至っては税抜き199円じゃないか! なんだこの大特価パラダイスは!? それでいて、特に割引されているというわけではない。通常価格である。通常って何だろう

見たところ、分量的にも他のスーパーや弁当屋に劣るものではない。だが、さらなる調査のため、ロースかつ重を購入してみた。間違いなく299円である。

・3つのこだわり

どうやら、ロースかつ重はオーケーストア的にもおすすめの品であるようだ。売り場に貼られていたポップによると、オーケーのロースかつ重には3つのこだわりがあるという。

まずは、とんかつ。きめの細かさと上質な味わいのカナダ産三元豚を使用し、ロースかつを店内にて調理しているのだとか。次に、だし。「甘さが引き立ち食欲をそそる」と書いているため甘めなのだろう。オーケー特製オリジナル出汁のようだ。最後に、ごはん。甘みと旨みにこだわった富山県産米を店内で炊き上げ使用しているという。

・食べてみた

この3つの情報から客観的に判断できることは、少なくとも店内で作り、出来立てを提供しているということ。それはスーパーでは特に珍しいことではないかもしれないが、やはり299円という価格はありえない。味に秘密が隠されているのだろうか? 食べてみたところ……

普通にウマイやん。

ロースかつの肉は厚く、噛むと衣に染み込んだつゆがじゅんわりとにじみ出す。その味は確かに甘めだが、深みがあり決して安っぽいものではない

さらに、かつとつゆの旨みが染み込んだご飯もまた美味。ちゃんと「かつ丼食ってるなあ」という実感が味わえた。スーパーのかつ丼で考えると上出来だろう。まして299円となれば「激ウマすぎる」と言っても過言ではない味だ

知れば知るほどにその安さの謎が深まるオーケーストアのかつ丼。事実は1つ。これが299円で売っているということだ。安かろう悪かろうでないことは食べたら分かる。オーケーストアに行った時はぜひ確認してみてくれ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。