【使ってみた】『そのまま食べられる のりカップ』がめちゃんこ便利! ゴミがでないところも、とても良い!!

毎日弁当を作っている人は、本当にすごいなあと思っている。記者も時々、思い出したようにして弁当生活をはじめてみるのだが、長続きしない。やりだしたら楽しいのだが、やりはじめるまでに気力を要するのだ。

ワクワクするアイテムがあれば、ヤル気が出るかも……。そう思い、探してみたところ “そのまま食べられる のりカップ” なるものを発見。なんだか便利そうじゃないか。むむむ、俄然(がぜん)弁当を作りたくなって来たぞ! 

・食べて美味しいカップ

『そのまま食べられる のりカップ』は商品名の通り、食べられるカップだ。弁当におかずを詰める際に使われる、アレのことである。このタイプのカップは銀色だったり模様がついていたり、最近では洗って繰り返し使えるシリコンタイプもある。

『そのまま食べられる のりカップ』は海苔であるため、口に放り込んでもOK! それどころか美味しく、ゴミも出ないのだから便利過ぎると言っても過言ではあるまい。記者はネットで1袋(24枚入)税込377円(2020年8月11日時点)で、ポチっとしたぞ。

・米と海苔の相性はバツグン

さっそく弁当を作り、のりカップに入れていくとしよう。記者はご飯とミートボール、ひじきに高野豆腐などを入れてみた。ひじきや高野豆腐など、出汁を含むものは時間が経つとカップののりが多少シナっとすることはした。とは言え、許容範囲だ。

敢えて言うならば、最適だと感じたのは、やはり白米。フィット感がバツグンであるし、丸ごとパクっと食べても美味しい。海苔がシナっとしているのもオツである。「ご飯と海苔は、そりゃあ相性バツグンだよね~」と納得の結果となった。

カップのサイズに米を丸めるのが多少手間と言えば手間だが、たいしたことはないだろう。いずれにせよ、何を入れても破れるようなことはなく、使い勝手が良い。ちょっとした色のアクセントにもなる。これは弁当作りに、革命を起こしているのでは……と感じた次第だぞ。

参考リンク:アネストショップ『そのまま食べられる のりカップ』
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

京都発「麦わらぼうし」の焼きそばパンがおかしい! パンが容器のなかで行方不明になってる!!

焼きそばパン、それは日本独自の食文化が生んだ惣菜パン。名前の通りパンで焼きそばを挟んだ、わんぱくな軽食である。学生時代に「佐藤。焼きそばパン買って来いや」と使い走りさせられた暗い記憶が思い出される……。さて、そんな私(佐藤)の浮かない青春はさておき、焼きそばパンと聞けば誰でもその姿が思い浮かぶはずである。

しかしこの度、その常識を打ち砕く商品を発見してしまった。京都に店舗のある「麦わらぼうし」の焼きそばパンは、焼きそばとパンの配分が明らかにおかしい! 5対5かと思いきや、9対1で焼きそば! いや、ヘタしたらパンの割合は0.5くらいかもしれない!!

・たしかにてんこ盛りだが

私がこの商品を見つけたのは、東京・池袋西武本店で行われている食のイベント「食べ旅にっぽん グルマンマルシェ」の会場だ。全国から秋の味覚が集結した同イベントには、「映えるメニュー」も用意されているのだとか。

そのなかの1つに、麦わらぼうしが参加している。ホームページの写真を見ると、たしかにパンの上に焼きそばがてんこ盛り。これはちょっと食べてみたい!

・パンがない? いや、ある!

販売価格は550円。1つ購入して持ち帰って見てみると……。あれ? 何かおかしくないかな? パン、なくない?

少なくとも視界にパンは見当たらないのだが。これはただの焼きそばなんじゃないのかな……。

だがしかし! 容器をよく見てみると、何かいる!!

これはパン! たぶんパンだ!! お~い、パンッ! 大丈夫か~!?

・かぶりつけない……

容器から中身を取り出すと、その見た目はやっぱり焼きそばだ。これが惣菜パンとはにわかに信じがたい。

やはり焼きそばパンは、豪快にかぶりつきたいものだ。そう思い、パンを救出してみたのだが、これはもうかぶりつく代物ではない。

パンのサイズに対して、焼きそばの供給が過剰だ。さすが1玉半の麺を使用しているだけある。通常の焼きそばパンはやっぱりパンが主役のはず。だが、これは焼きそばメイン。パンは完全にオマケと化している。

イベント会場では、このほかにも個性的な全国のグルメが集結しているので、1度足を運んでみてはいかがだろうか。

・イベント詳細

名称 食べ旅にっぽん グルマンマルシェ
会場 西武池袋本店 7階催事場
住所 東京都豊島区南池袋1-28-1
会期 2019年10月26日~11月4日
時間 10:00~21:00、日祝10:00~20:00、最終日は16時まで

参照元:西武池袋本店
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鶏肉ぷりぷりのアジアン飯が、炊飯器で超カンタン。“和”の調味料も活躍

 日本人の舌に合う、カオマンガイ。  蒸し暑い季節、体がスパイシーなエスニック料理を欲することってありますよね。ステイホームがきっかけとなり、自炊を始めるようになった人も少なくないでしょうから、自宅で簡単においしいエスニ […]