【使ってみた】『そのまま食べられる のりカップ』がめちゃんこ便利! ゴミがでないところも、とても良い!!

毎日弁当を作っている人は、本当にすごいなあと思っている。記者も時々、思い出したようにして弁当生活をはじめてみるのだが、長続きしない。やりだしたら楽しいのだが、やりはじめるまでに気力を要するのだ。

ワクワクするアイテムがあれば、ヤル気が出るかも……。そう思い、探してみたところ “そのまま食べられる のりカップ” なるものを発見。なんだか便利そうじゃないか。むむむ、俄然(がぜん)弁当を作りたくなって来たぞ! 

・食べて美味しいカップ

『そのまま食べられる のりカップ』は商品名の通り、食べられるカップだ。弁当におかずを詰める際に使われる、アレのことである。このタイプのカップは銀色だったり模様がついていたり、最近では洗って繰り返し使えるシリコンタイプもある。

『そのまま食べられる のりカップ』は海苔であるため、口に放り込んでもOK! それどころか美味しく、ゴミも出ないのだから便利過ぎると言っても過言ではあるまい。記者はネットで1袋(24枚入)税込377円(2020年8月11日時点)で、ポチっとしたぞ。

・米と海苔の相性はバツグン

さっそく弁当を作り、のりカップに入れていくとしよう。記者はご飯とミートボール、ひじきに高野豆腐などを入れてみた。ひじきや高野豆腐など、出汁を含むものは時間が経つとカップののりが多少シナっとすることはした。とは言え、許容範囲だ。

敢えて言うならば、最適だと感じたのは、やはり白米。フィット感がバツグンであるし、丸ごとパクっと食べても美味しい。海苔がシナっとしているのもオツである。「ご飯と海苔は、そりゃあ相性バツグンだよね~」と納得の結果となった。

カップのサイズに米を丸めるのが多少手間と言えば手間だが、たいしたことはないだろう。いずれにせよ、何を入れても破れるようなことはなく、使い勝手が良い。ちょっとした色のアクセントにもなる。これは弁当作りに、革命を起こしているのでは……と感じた次第だぞ。

参考リンク:アネストショップ『そのまま食べられる のりカップ』
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【大阪】18年間大阪で育った筆者が教えるコスパ最強の韓国料理店を現地ルポ



(C)Mayu Tsutsui

 

コリアンダイニング李朝園とは?

李朝園店外1
(C)Mayu Tsutsui

「コリアンダイニング李朝園」は、大阪を中心に兵庫、京都、奈良、滋賀で展開されているキムチ屋さんがプロデュースする韓国料理店。名物のサムギョプサルをはじめ、ビビンバや冷麺、韓国鍋、キンパなど本場の味を存分に味わうことができるお店です。

今回は、なんばグランド花月からほど近いなんばオリエンタルホテル1階にあるコリアンダイニング李朝園なんば店を訪れました。

李朝園店内1

(C)Mayu Tsutsui

李朝園店内2

(C)Mayu Tsutsui

カウンター席とテーブル席からなる、明るく清潔感のある店内。1つ1つの座席幅が広めにとられている印象です。

 

迷ってしまうほど、豊富なメニュー

李朝園メニュー

(C)Mayu Tsutsui

李朝園メニュー2

(C)Mayu Tsutsui

李朝園メニュー3

(C)Mayu Tsutsui

オリジナル冷麺やビビンバはハーフサイズも選択可能。少しずつ頼んで、たくさんの韓国料理を味わうことができます。

李朝園メニュー4

(C)Mayu Tsutsui

飲んべえな方が気になるであろうアルコール類は、韓国焼酎として有名なチャミスルやマッコリなど韓国のお酒もバッチリあります。

絶品キムチは食べ放題

キムチ

(C)Mayu Tsutsui

注文後、サービスとして提供されるキムチ。李朝園の看板商品であるキムチは、なんと食べ放題!太っ腹すぎます。

サムギョプサル

(C)Mayu Tsutsui

今回はサムギョプサルを2人前、オリジナル冷麺とクッパを注文しました。

クッパ

(C)Mayu Tsutsui

優しい出汁の効いたクッパ。体が温まります。

冷麺

(C)Mayu Tsutsui

さっぱりした李朝園オリジナルの冷麺は、麺がしっかりとしていて食べ応え抜群!口の中をすっきりとさせてくれます。

サムギョプサル2

(C)Mayu Tsutsui

サムギョプサル3

(C)Mayu Tsutsui

サムギョプサル4

名物のサムギョプサル。



(C)Mayu Tsutsui

サムギョプサルと言えば、レタスで包んだり、そのままコチュジャンを付けて焼肉風に味わうなど味わい方が豊富なのも特徴の一つです。筆者のオススメは、シソの葉で包んだもの。シソの風味で少し和テイストの効いた大人な味わいに仕上がりますよ!

 

いかがでしたか。18年間大阪で育った筆者が教えるコスパ最強の韓国料理店「コリアンダイニング李朝園」。大阪で韓国料理を食べたいと思った方はぜひ訪れてみてください。きっと大満足でお店を後にするはず。

 

「コリアンダイニング 李朝園 なんば店」
住所:大阪府大阪市中央区千日前2-8-17 なんばオリエンタルホテル1F
電話:06-6649-1066
アクセス:南海線・地下鉄御堂筋線なんば駅 B21出口徒歩1分 / JR・近鉄難波駅 徒歩3分
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~23:00 (料理L.O. 22:20 ドリンクL.O. 22:20)
定休日:年中無休

公式URL:https://richoen-namba.owst.jp

食べログ ぐるなび

 

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鶏肉ぷりぷりのアジアン飯が、炊飯器で超カンタン。“和”の調味料も活躍

 日本人の舌に合う、カオマンガイ。  蒸し暑い季節、体がスパイシーなエスニック料理を欲することってありますよね。ステイホームがきっかけとなり、自炊を始めるようになった人も少なくないでしょうから、自宅で簡単においしいエスニ […]