【日本初】ハラミ専門店「ハラミが主役」に行ってみた! ご飯・カレー・スープ・サラダおかわり自由の食いしん坊に優しいお店!!

かねてからずっと行きたいと思っていた店に、ついに行けた! その名も「ハラミが主役」だ!! なんてイイ名前なんだろう。1度聞いたら忘れることのできない、インパクト絶大なネーミング、実にイイ! ということで、実際に行ってハラミの味を楽しんで来たぞ!!

・100分飲み放題、お通しは明治R1

ここは日本初のハラミ専門店として、東京・幡ヶ谷に2019年7月にオープンした。現在は池袋にも姉妹店を構えている。その名前から焼肉屋のようなイメージを抱く人もいるかもしれないが、昼は定食、夜は居酒屋である。

特徴的なのは名前だけではない。ドリンクは1000円(税別)100分飲み放題のみ。お通しはなぜかドリンクタイプの「明治R1」。いろいろとユニークなサービスを提供している。

・ハラミ定食のスペシャル!

昼はハラミ定食を出しているらしい。そいつを味わってみたい。そう思い私(佐藤)は平日昼間にお店を訪ねた。ちなみに月曜のみ、唐揚げ60分食べ放題の「唐揚げ狩りランチ」を行っている。ハラミよりも唐揚げだろ! という人は月曜ランチに訪ねることをオススメする。

今回注文したのは、スペシャル(税別1800円)だ。牛・豚・鶏の3種のハラミが計300グラムも盛られた定食である。ランチは全品ご飯・スープ・サラダ・カレーがおかわり自由となっている。

ハラミを堪能するだけでは飽き足らない食いしん坊の皆さん、繰り返す、ご飯・スープ・サラダ・カレーがおかわり自由だ! そうだよ、こういうのがイイんだよ!! 最近は気兼ねなくガッツリとメシを食える店が少なくなった気がする。まさに食いしん坊の期待に応えてくれる有難いお店だ。

・食いしん坊にやさしいお店

この日の私は昼前からお腹ペコペコだった。猛暑のせいでエネルギーを激しく消費しているからかもしれない。もうメシを食うのに一時の猶予もない。心のなかで『肉……、肉……』と念仏のように唱える始末。セルフサービスでご飯・スープ・サラダを早々と準備して、ハラミの到着を待った。

先にサラダを食うべきか? いやいやスープで喉の渇きを潤しておかないと、肉の旨さが半減する。いや待て……、ご飯をお腹に入れて、少し空腹を和らげた方が良いのではないか? そんなことを悶々と考えていたら、肉が来た! アツアツの鉄板にお肉てんこ盛り!!

自家製ステーキタレが鉄板に焼き付いて香ばしくかおる。肉の上に散りばめられたフライドオニオンも、やたらと鼻腔を刺激してくる。匂いだけでやられる……。もう腹が減りすぎて、私の理性が限界を迎えようとしていた。食う! 今すぐ食うっ!

ハラミは他の部位に比べると、カロリーが低いそうだ。実際に食べてみると、脂っぽくなく肉質はサッパリとている。それでいて肉感は強いので、食べ応えは抜群だ。ご飯との相性だっていい。

私は普段、ご飯を1膳しか食べない。だが、今日はもう1膳行こう! だってここにはカレーもあるもの! おかわりして肉カレーにしない訳にはいかないでしょ!

ひとつ欲をいえば、肉をもっと増量したい。ランチのスペシャルでも300グラムなので、できれば400グラムと500グラムがあるとさらに良いと思う。とにかく、ハラミが好きな人にオススメしたいお店だ。ランチはもちろん、夜の居酒屋営業でもハラミメニューが充実しているようなので、ぜひともチェックしてくれ。ハラミに対する、並々ならぬ愛情を感じるはずである。ハラミが主役、その名に偽りなし!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ハラミが主役
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-7-9 B1F
時間 平日11:30~15:00 17:00~22:00 / 土日12:00~15:00 17:00~22:00 ※自粛要請により時間短縮営業中
定休日 なし

参考リンク:ハラミが主役
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

日本人の味覚によく合う!ポーランドを旅したら絶対に食すべき名物料理7選

ジュレック(Żurek)


(C)Shutterstock.com

ポーランドの味噌汁とも称されるほど古くから親しまれる「ジュレック」。ライ麦を発酵させたZakwasという液体を使ったスープで、独特の酸味が特徴です。ソーセージやゆで卵をトッピングするのが定番。パンをくり抜いた器でサーブされることもあります。複雑な旨みと酸味をぜひ味わって!

フウオドニク(Chłodnik)


(C)Nao

冷たい(Chłodny)という言葉から名付けられた冷製スープ「フウオドニク」。ポーランドの夏に人気の一品です。ビーツとヨーグルトやサワークリームなどからで作られ、奥深い酸味が楽しめます。トッピングはラディッシュの薄切りやゆで卵がスタンダードスタイル。

ビゴス(Bigos)


(C)Shutterstock.com

”狩人のシチュー”という意味を持つ「ビゴス」。繊切りしたキャベツとザワークラウトを豚肉やベーコン、タマネギ、キノコと一緒にじっくり煮込んだ料理です。地方や家庭によってそれぞれ材料が異なり、いわゆるお袋の味といった郷土料理のひとつ。

ピエロギ(Pierogi)


(C)Shutterstock.com

肉や野菜、チーズなどさまざまな具材を包んだポーランド版餃子「ピエロギ」。日本の餃子のように「茹で」「焼き」「揚げ」と楽しみ方のバリエーションも豊富。酸味のあるサワークリームが添えられるのが定番です。もちもちした食感はやみつきの美味しさ!

クレムフカ(Kremówka)


(C)Nao

パイ生地でたっぷりカスタードクリームをサンドした「クレムフカ」。見た目ほど甘すぎずあっさりといただけるお菓子です。ポーランド出身の故ヨハネ・パウロ2世の好物だったというエピソードも有名。

ポンチュキ(Pączki)


(C)Nao

小麦粉や卵、牛乳、イーストを混ぜた生地にジャムなどのフィリングを入れて揚げたドーナツ「ポンチュキ」。ポーランドの定番スイーツで専門店はもちろんスーパー、コンビニとあらゆる場所で販売。表面のカリッとした食感と、生地のもっちり感がたまりません!

ライ麦パン(Chleb żytni)


(C)Shutterstock.com

世界でもトップクラスのライ麦生産量を誇るポーランド。レストランやカフェでパンをオーダーすると必ずと言っていいほどこのライ麦パンが登場。弾力ある噛みごたえと独特の酸味はクセになる美味しさ。ぜひポーランド料理と一緒に味わいたいところ。

以上、日本人の舌にも合いやすいポーランド料理をご紹介しました。旅した時の参考になれば嬉しいです!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

奈良県産の食材を使ったお惣菜がたっぷり!優雅なホテルのビュッフェランチに大満足【奈良駅】

 

朝から行けるホテルビュッフェ

奈良駅から徒歩1分で到着する「PIAZZA HOTEL NARA(ピアッツァホテル奈良)」。目の前にはバスのロータリー、1階にはローソンが入っています。この11階建てのホテルの3階にある、宿泊していなくても立ち寄れるレストランが「レストラン La Festa(ラ・フェスタ)」です。

レストラン La Festa 3F外観
ガラスに囲まれたエレベーターで3階に昇ると、これまたガラスに囲まれたお城のようなロビーが広がっていて、すでに心は貴族・・・お花が豪華に生けられて、スタッフの方が丁寧に迎えてくれました。

レストラン La Festa メニュー
こちらのレストランでは、朝と昼のビュッフェをいただけますが、今回ランチタイムに伺いました。

モーニング(7:00〜10:00)は大人2,200円(税込)、ランチ(11:30〜14:30)だと平日は大人1,980円(税込)、土日祝は大人2,310円(税込)と、日により少し違います。

一品一品に奈良食材

ランチビュッフェは月ごとにテーマが決められて季節感にあふれていました。奈良県産の食材を使用したお惣菜が15品以上、ごはん、スープ、お味噌汁、パン、スイーツと和洋中バラエティ豊かなメニューで美しく並んでいます。

レストラン La Festa ビュッフェ台
一品ずつ小鉢に分けてあり、なくなりそうになったらその都度補充されていました。

レストラン La Festa ご飯味噌汁台
県産ヒノヒカリのご飯、お漬物には奈良漬けも。

レストラン La Festa 季節メニューうなぎの蒸し寿司
季節メニューのうなぎの蒸し寿司、

レストラン La Festa お惣菜
奈良県産豆腐の肉味噌田楽(左)、有機丸大豆の自家製豆腐(右)、

レストラン La Festa ビュッフェ台
カポナータ、あさりと県産トマトのパスタ、白身魚のかば焼き、米沢豚の県産塩麹の生姜焼き、肉団子と県産茄子のマーボーナス、海老のチリソース、山形牛の牛筋カレー、自家製春雨サラダ、素麺の煮凝り風、鴨ロースの燻製など。

レストラン La Festa お惣菜
一品ずつが繊細な味わいで申し分なく、何度食べても飽きないおいしさ・・・小鉢も一皿ずつ絵柄が違って、トレーの上が美術館のように華やかです。

レストラン La Festa 焼き立てパン
この日の焼き立てパンは、クロワッサン・ピーカンメープル・パンオショコラ・ラティス(アップルパイ)の5種類でした。

レストラン La Festa パン台
パンのケースのお隣にはジャムやバターのほか、トースターもあるので温めることもできます。

レストラン La Festa デザート
デザートは季節のフルーツのゼリーや、レアチーズケーキ(左)とクーベルチュールケーキ(奥)。なめらかで濃厚なアイスは、むらさきいも・チョコレート・バニラ・抹茶・ダブルベリー・マンゴーのシャーベットと種類も豊富。

レストラン La Festa 和菓子デザート
和菓子は葛まんじゅう(上)、自家製葛きり(黒蜜がけ)(中)、わらび餅(下)と奈良らしさにあふれてます。

とろける誘惑の一口サイズのスイーツ!何度もおかわりしてしまいました!

できたてがうれしいオーダービュッフェも

現在、新型コロナウイルスの影響で一部オーダービュッフェ形式で、サラダやピザなどできたてを席まで持ってきてくだいます。

レストラン La Festa 本日のサンドイッチ
本日のサンドのたまごサンドイッチ。

レストラン La Festa タマゴサンドイッチ
オーダーしてから作るので、パンもぱさついてなくてしっとり!

レストラン La Festa 本日のピザ バジルピザ
熱々濃厚チーズのバジルピザ。

レストラン La Festa デザートパンケーキ
パンケーキは目の前で焼かれてライブ感も楽しめました。

レストラン La Festa 焼き立てパン
パンもスタッフの方にお願いすると、焼き立ての良い香りとサクサクを味わえます。

レストラン La Festa アルコールメニュー
ちなみに、別料金で「特選山形ステーキ」や、ビール・ワインなどお酒も追加できます。

眺め最高の空中レストラン

アレルギー表示、取り分けのトングやスプーンも“使用前・使用後”と使い分けて配置され、お食事の席にはパーテーションもあり、衛生面とコロナ対策も十分配慮されていました。

レストラン La Festa 店内
スタッフの方も快く、時間制限はなく、お料理、サービス、雰囲気と大満足なひととき。自然光が降りそそぐ中、空に浮いた心地で優雅に奈良ランチをしてみてはいかがでしょう。

レストランLa Festa
住所:奈良県奈良市三条本町11-20(PIAZZA HOTEL NARA内3階)
電話:0742−30−2200
モーニングビュッフェ:7:00〜10:00(L.O.9:30)
ランチビュッフェ/11:30〜14:30(L.O.14:00)
定休日:月・火
交通:「JR奈良駅」より徒歩約1分
HP:https://piazzahotel.co.jp/lafesta.html

[all photos by kurisencho]

~人生に旅心を~