中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し

中部地区を地盤とする主要外食チェーンが、6月から7月にかけて回復の兆しが見えてきている。コロナ禍で休業や営業時間の短縮など最も大きな影響を受けた4月の既存店売上高は、ほとんどが20~50%台だったが、6~7月には80%台まで回復。

前年比には届かないものの、店舗での新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を徹底するなど客数が戻ってきているほか、テイクアウトやデリバリーなど新しい生活様式に合わせたサービスを提供し、マイナス幅の軽減に努めている。

物語コーポレーション(物語)の既存店売上高前年比は4月27.9%と苦戦したが6月96.3%まで改善。壱番屋は4月74%が[…]

中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

創業昭和15年の老舗食堂でいただく最高の元祖サバだしラーメンとは? / 宮城県石巻市の「食堂亀鶴(きかく)」

味噌や塩、醤油やとんこつなどスープひとつとってみても奥が深い麺料理・ラーメン。

それぞれの地域にご当地グルメがあるように、ラーメンにもその土地ならではのご当地ラーメンがあります。なかでも魚介のだし系ラーメンは、カツオやあさり、マグロなど、スープに使う魚介類の種類も豊富です。

新鮮な魚が獲れることで有名な宮城県の石巻市は、様々な魚介類を使った料理が名物ですが、最高の味わいを楽しめるラーメンが生まれた場所でもあります。

今回は、石巻市発祥のさっぱりとしていながらも、美味しいコクを楽しめる「サバだしラーメン」をご紹介しましょう。

お店の名前は名店「食堂亀鶴(きかく)」です。

サバだしラーメンで知られているのは石巻市の飯野川地区。

東北一の大河である北上川の下流、西岸の地域に位置しており、冬になると白鳥が飛来したり、川ではしじみや鮭、さくらますがとれたりと、自然が豊かな地域です。

昔ながらの商店街の風景が残っているこちらのエリアでは、もともと日常の食事にも多くサバだしを使っていたと言われています。

2011年には石巻専修大学の学生たちが地域の食文化のサバだしに着目し、地元商店や企業と協力。サバのあらで取っただしをベースにした「サバだしラーメン」を考案し、全国的に広く知られるようになりました。

飯野川地区にはラーメン店が数軒並びますが、なかでも食堂亀鶴は老舗の名店のひとつ。

昭和15年の創業当初からサバ節をスープに使用しており、秘伝のスープを味わうことができます。店内はテーブル席が並ぶアットホームな雰囲気で、壁には芸能人のサインなども飾られています。

看板メニューはなんといっても、新鮮な三陸産のサバを使ったサバだしラーメン。風味豊かなあっさり系のスープと、喉を潤す芳醇なサバだしがたまりません。

亀鶴ではサバのもつ特有の臭みやクセが出ないように、サバの頭と中骨から身を取り、水洗いし、時間をかけて熱風乾燥させただしだけを使用したり、様々な工夫をしているとのこと。

手間暇かけてだしを抽出しているため、旨味だけが残ったスッキリとした味わいと、美味しいコクを堪能することができます。

そして、ラーメンにトッピングされている揚げつみれも絶品。噛めば噛むほどに魚介の旨味をたっぷりと感じることができます。

あっさりとしながらもスープは全体的にしっかりとコクがあり、後をひくこと間違いなし。魚介のエキスがたっぷりと入ったスープはごくごくと飲み干してしまいます。

たっぷりとランチを食べたい方は、セットメニューもおすすめです。たとえばソースカツ丼とさばだしラーメンセットはボリュームも満点。実はカツ丼にも秘伝のサバだしが使われています。

魚介系ラーメンがお好きな方はぜひ一度、石巻市の新鮮な魚介の旨味がつまったさばだしラーメンを味わってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 食堂亀鶴
住所 宮城県石巻市相野谷飯野川町171
営業時間 11時〜14時
定休日 月曜日

明日、旅に行きたくなるメディア

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

潮目変わるチルド麺市場 新型コロナで間口急拡大 日清食品チルド社長 伊地知稔彦氏

「潮目が変わった」。長期低落傾向が続いていたチルド麺市場だが、新型コロナウイルス感染症拡大による内食機会増を受け、2019年度は4年ぶりにプラス成長で着地。今期も7月中旬まで二ケタ伸長するなど好転している。「6月後半から需要に落ち着きが見られる」というものの、「ユーザーの裾野が広がったことは間違いない」と語る伊地知稔彦日清食品チルド社長が、チルド麺市場の現状と9月1日からスタートする同社の「おいしいeco麺」プロジェクトの取り組みなどについて語った。

  ▽  ▽

2019年度のチルド麺市場は、2月後半から3月にかけての需要がかなり大きかったこともあり、4年ぶ[…]

潮目変わるチルド麺市場 新型コロナで間口急拡大 日清食品チルド社長 伊地知稔彦氏食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙