中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し

中部地区を地盤とする主要外食チェーンが、6月から7月にかけて回復の兆しが見えてきている。コロナ禍で休業や営業時間の短縮など最も大きな影響を受けた4月の既存店売上高は、ほとんどが20~50%台だったが、6~7月には80%台まで回復。

前年比には届かないものの、店舗での新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を徹底するなど客数が戻ってきているほか、テイクアウトやデリバリーなど新しい生活様式に合わせたサービスを提供し、マイナス幅の軽減に努めている。

物語コーポレーション(物語)の既存店売上高前年比は4月27.9%と苦戦したが6月96.3%まで改善。壱番屋は4月74%が[…]

中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【きわどい】セブンの新作レンジ麺『一風堂監修 博多とんこつラーメン』を食べてみた正直な感想 → スープと具だけ売って欲しい

日進月歩で進化を続けるコンビニグルメ。中でも去年リニューアルしたセブンイレブンの「レンジ麺」は、合計で約6000万食(2019年12月末時点)を売り上げているらしい。もはや定番シリーズと言っていいだろう。

「すみれ」や「中華蕎麦とみ田」など有名店が監修した商品がすでに発売されているが、2020年1月15日より新たに『一風堂監修 博多とんこつラーメン(税込496円)』が仲間に加わったということで さっそく食べてみた。実は私(あひるねこ)、初レンジ麺である。

・一風堂がレンジ麺に

「一風堂監修」という言葉には引かれるものの、なにせ初めてなものでレンジ麺の勝手がよく分からない。そもそも、これは一体どんな仕組みなんだ。いきなりレンチンしても構わんのか。おい、いいんだな? ホントにするぞ? 爆発しないか!?

\ チーン /

・しなかった

フタを開けると、もやしを温めたような匂いがあたりに漂う。とんこつラーメンっていうか、野菜炒めだろコレ。と思ったら、どうやら麺と具を後入れするタイプの容器らしい。トレーのつまみを引っ張って上手くスライドさせると……。

ぬるっと入った。

ほう、なかなか本格的なルックスだ。具材はチャーシュー、青ネギ、辛味きくらげ、もやしとなっており、味はおそらく一風堂で言うところの『白丸』だと思われる。まずは麺、いやスープからズズッてみたい。

・店レベル

こ、これは……! 思ったよりもギトギトしてなくて、豚骨の割にはスッキリしているぞ。と言っても、決してアッサリしているワケではなく、むしろ断固コッテリクリーミーだ。一風堂っぽい味……なのかは正直よく分からなかったが、お店っぽい味であることは間違いないだろう。ちょっと塩分強いけどウマし。

加えて具材のレベルもかなりのものである。きくらげなんて、ピリ辛な味付けといい歯ごたえといい、完全に博多ラーメン屋のそれじゃないか。続くチャーシューも、きくらげほどではないにしろ十分満足できるクオリティーだ。味・コスパ共に優秀な部類と言えよう。

・きわどいけど……

ただ、麺に関しては評価が分かれるような気がしている。私の場合は、ハッキリ言ってナシだ。なぜか。この麺は博多ラーメンに近付けるため、細くかたく、そしてプツッとした歯切れの良さが出るように作られている。それはいい。なんとか一風堂を再現しようとする努力を感じる。だがしかし……。

このザラッ、ボソッとした食感だけはどうもいただけないのだ。もし手元にあるなら、試しにビーフンだと思って食べてみて欲しい。これはビーフンこれはビーフンこれはビーフンこれはビーフンこれはビーフン……。たぶんだけど、もうビーフンにしか思えなくなるぞ。そうなっちゃった人がいたら、正直すまんかった。

・麺抜き希望

個人的にはもういっそのこと、スープと具だけで売って欲しいくらいである。麺はこっちで何とかするし、なんなら最初からご飯をブッ込んで雑炊にするのも辞さない構えである。もしくは豆腐を入れて豆腐スープね。何それ普通にウマそう。

さて、ちょっと辛い評価になってしまったが、ぶっちゃけ言うと酔っぱらった勢いでシメに買って食べる分にはクソうまいから、上で書いたことは別に気にしなくてもいい。おそらくこれは、そういう商品だと思う(違うかもしれない)。

参考リンク:セブンイレブン
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

潮目変わるチルド麺市場 新型コロナで間口急拡大 日清食品チルド社長 伊地知稔彦氏

「潮目が変わった」。長期低落傾向が続いていたチルド麺市場だが、新型コロナウイルス感染症拡大による内食機会増を受け、2019年度は4年ぶりにプラス成長で着地。今期も7月中旬まで二ケタ伸長するなど好転している。「6月後半から需要に落ち着きが見られる」というものの、「ユーザーの裾野が広がったことは間違いない」と語る伊地知稔彦日清食品チルド社長が、チルド麺市場の現状と9月1日からスタートする同社の「おいしいeco麺」プロジェクトの取り組みなどについて語った。

  ▽  ▽

2019年度のチルド麺市場は、2月後半から3月にかけての需要がかなり大きかったこともあり、4年ぶ[…]

潮目変わるチルド麺市場 新型コロナで間口急拡大 日清食品チルド社長 伊地知稔彦氏食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙