いながきの駄菓子屋探訪(7)愛知県名古屋市北区「つねかわ」

「つねかわ」の「スナックロール」に期待高まる

駄菓子屋が多く残る愛知県の中でも、名古屋市内は人口が多いこともあってか、さらに格段に多く、インターネット上にも情報がたくさんあります。その中でもさまざまなメディアが「つねかわ」というお店の「スナックロール」という、駄菓子を使った鉄板焼メニューを紹介していて、「これはリトルグルメ※だ!」と、ものすごく期待値が高まり訪ねてみました。

※宮永が小学生の時に流行っていた「OH!MYコンブ」というアニメの中で、駄菓子で作る創作料理が「リトルグルメ」と呼ばれていました。1980年付近に生まれた方は覚えている方も多いのではないでしょうか?
愛知県名古屋市つねかわ2
つねかわは名古屋市中心部から北東に伸びる国道19号線、ものすごい交通量の幹線道路沿いにありました。お店の近所の方に「ここ、道路の幅と車の数がすごいですね」と話すと、「昔は片側1車線だったのに、拡張工事でこんなになっちゃった」とのことです。

鉄板のカウンターと駄菓子売り場、味噌おでん

愛知県名古屋市つねかわ3
店内に入ると、右側に大きな鉄板のカウンターが、左側に駄菓子売り場が広がっています。入り口には味噌つぼごと温められているおでん。赤味噌にドボンと漬けて食べる愛知のおでんです。壁に貼ってあるメニューには味や見た目の想像がつかない名前が並んでおり、ワクワクが止まりません。
愛知県名古屋市つねかわ4
愛知県名古屋市つねかわ5

スナックロールとは?

早速気になるスナックロールを注文すると、溶いた卵を薄く広げて、取り出したのは「うまい棒」。サクサクのうまい棒を中心にふわっとした卵をクルクル巻き、調味料をつけて串で刺してできあがりです。いろんな所で話題になるのも納得のインパクトとおいしさでした。
愛知県名古屋市つねかわ6
愛知県名古屋市つねかわ7
愛知県名古屋市つねかわ8
つねかわは、昭和50年にお好み焼きや焼きそば等の鉄板焼のお店としてスタートしたそうです。鉄板焼の待ち時間につまんでもらうために駄菓子を置き始め、現在の形になったとのこと。駄菓子の創作メニューの数々は、お客さんである子どもたちの発案から定着したものが多いんだそうです。

懐の深さこそが愛される理由

愛知県名古屋市つねかわ9
「うちの子どもが小さいときに、自宅で面倒を見ながら働けるようにって始めたんですよ。長くやってるから、始めた頃から来てるお客さんは子どもを連れてきたり、孫を連れてくることもある。この商売はそういうところが楽しいねえ。駄菓子は利益がなくて大変だけど、うちは鉄板焼きがあるからここまでやってこられた。これから駄菓子屋を始めるなら、駄菓子だけじゃない売り物も考えたほうがいいよ」

日本中の駄菓子屋を訪ねていることを告げると、「近所の人じゃないから教えてあげる」と、自家製調味料や鉄板料理の作り方のポイントなどを細かく教えてくださいました。お客さんの発案したメニューを採用したり、見知らぬ人間にレシピを教えてくれたり・・・その人間性、懐の深さこそが、このお店が長年愛され続ける理由であると強く感じます。

面白くておいしいメニューの数々

愛知県名古屋市つねかわ10
愛知県名古屋市つねかわ11
名古屋市周辺ではメジャーな駄菓子屋メニューの「たません」、卵でビッグカツを包んだ「たまかつ」、ただでさえ辛い「タラタラしてんじゃねーよ」を焼いてソースと唐辛子をかけた「こんじょう焼き」、引き伸ばして薄く焼いた餅を帆タラで包んだ「もちホタラ」・・・子どもの空想力を現実に落とし込んだような面白くておいしいメニューの数々に、注文が止まりませんでした。
愛知県名古屋市つねかわ12
これ以外にも食べに食べたんですが、このままだと旅ではなくただの食レポになってしまいそうなのでここまでにします(笑)。つねかわのリトルグルメが気になる方は、ぜひ名古屋へ。柔和な表情で優しく応対してくれる店主と、お話し好きの面白い旦那さんが、常連さんでも一見さんでも分け隔てなく温かく迎えてくれますよ。

つねかわ
住所:愛知県名古屋市北区上飯田東町1-37
電話:052-912-2572
営業時間:11:00~20:00
定休日 不定休

[All photos by Atsushi Miyanaga]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「パンとエスプレッソと」新店舗が新駅”高輪ゲートウェイ”にオープン



表参道のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」をはじめ、12店舗を展開する株式会社日と々の店舗「bread,espresso&」が、2019年3月1日(金)に高輪ゲートウェイにオープンしました!ブーランジェリーならではのメニューを、ぜひお楽しみください。

新駅に「bread,espresso&」がオープン

10周年を迎える「パンとエスプレッソと」は、ロゴや商品を一新。「bread,espresso&」として新駅「高輪ゲートウェイ」にオープンしました。新しい駅と新しい店舗が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ拠点として、町全体の発展に役立つようにと、真っ白な店内に願いが込められています。

bread,espresso&店内

様々なシーンに合わせて楽しめるメニュー

「パンとエスプレッソと表参道」でも好評の食パンの「ムー」をはじめ、他の系列店舗には無いメニューも楽しめるんだとか。モーニング、ランチ、ティーのそれぞれの時間帯に合わせたメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。




bread,espresso&(英文)ブレッドエスプレッソ(和文)
■住所:105-0023 東京都港区芝浦4-9-13
■TEL:03-6435-3375
■営業時間:8:00〜19:00(ラストオーダー 18:00)
■定休日:なし
■ホームページ:http://www.bread-espresso.jp/
■Instagramアカウント:@bread.espresso.and.takanawa
■メニュー:定番食パン「ムー」、サンドイッチ、ドーナツ、ほか 約30種類のパン。

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ドーナツもサブスクで。北陸の旬を楽しむ「ウフフドーナチュ」がsubscに登場

subscとは?

 subsc とは?
「subsc」は、全国の注目ショップが厳選したアイテムが「毎月1回・定額」で自宅に届く、「サブスクリプションボックス/定期便」専門のオンライン・ショッピングモール。何が届くかわからないから、「毎月ワクワクする」そんな新しいショッピング体験が楽しめます。

1回利用後の解約や、スキップ、継続購入の停止・解約はいつでも可能なので、安心ですよ!

新規オープンのウフフドーナチュ

こんなママたちが大切に作っています

「ウフフドーナチュ」は、石川県・金沢より、ママたちが子どもたちを想って、毎日生地から手作りしている優しいドーナツです。霊峰白山の伏流水と、地元の食材をふんだんに使い、保存料は無添加だから、身体に優しい味わいが楽しめます。

毎月届くドーナチュ

北陸の旬が楽しめるドーナチュたち
ひとつひとつ丁寧に、大切にママたちが仕上げたドーナツ「ウフフドーナチュ」が、「subsc」に登場です。

生地のおいしさがしっかり感じられると人気のスタンダードなプレーンドーナツ、カラフルのチョコレート(抹茶・レモン・いちご等)コーティングされたドーナツなど、バラエティ豊かなドーナツが堪能できます。旬素材を使ったドーナツを含む150種類以上のドーナツから、お楽しみおまかせアソートセットが見逃せません。

旬のドーナツ例一覧
1月 金沢春菊/2月 中島菜/3月 桜グレーズ/4月 塩レモン/5月 赤崎イチゴ/6月 ナッツ練りこみ/7月 ブルーベリー/8月 かぼちゃシナモン/9月 レモングレーズ/10月 クーベルチュールチョコレート/11月 ゆずグレーズ/12月 べにはるか

作ってすぐに冷凍したものが届くから、できたてのドーナツが味わえます。30分ほど自然解凍すれば、フレッシュなドーナツのおいしさが自宅で感じられるお手軽さが魅力。数あるドーナツから厳選!毎月届くウフフドーナチュで、優しいおいしさとワクワクを味わいましょう!朝食、おやつ、プレゼントにも向いています。

北陸の旬が楽しめるドーナチュをお届け!(8個セット)
[月額 3,000円/送料・消費税込み]
北陸の旬が楽しめるドーナチュをお届け!(13個セット自宅用)
[月額 4,000円/送料・消費税込み]
毎月変わる!かわいいミニドーナツバー入りギフトセット
[月額 3,000円/送料・消費税込み]
「ウフフドーナチュ」subsc店
申し込みサイト:https://subsc.jp/features/34

PR TIMES

~人生に旅心を~