【世界ひとり飯25】ベトナム・ホイアンのちゅるちゅる系スナックとストリートスイーツ

歩道の上のスナック屋台

バインベオチェン

ホイアンイエローの古い建物がかわいいホイアンの「古い街」(世界遺産登録の昔からの港町)を歩いていると、その黄色に映えるプラスチック製の真っ赤な椅子が並ぶお店が出ていました。それも、歩道の上に。

黄色い壁にはお店の名前とメニューが書かれていて、しっかり屋根もありました。そして、みんな何やらおいしそうに食べています。

バインベオはおなかのすき具合に合わせて

覗き込んでみれば「あ、これがバインベオだ」とピンときました。ホイアン名物の小皿で蒸した、ちゅるちゅるの料理です。

ベースは米粉。それを小皿に入れて蒸したものです。2種類あって、茶色いほうはお砂糖入りで、白いほうはプレーンで、えびの出汁たっぷりのたれをかけて、油で揚げた豚肉の皮と、揚げ玉ねぎを乗せてくれます。

バインベオ

ちゅるちゅるっとした食感に、ぱりぱりっとしたトッピングがアクセントになっています。ホイアンは海のすぐそばということで、えびのタレが濃厚でいいんです。

隣に座った女性は一人で6つ食べてました。これ、いくらでも食べられます。小さいから、自分のおなかのすき具合に合わせて食べられていいと思います!

バインベオは一皿5,000ドン(約25円)です。

バインボロックはタピオカ粉ベースでおかず系!

バインボロック

このお店のもう一つのメニューが、タピオカ粉で作ったバインボロック。バインベオは大きさも味もスナックというかおやつ系ですが、バインボロックはもうちょっとおかず系です。でも、お皿のサイズはやっぱり小さいので、いくつか食べられそうです。

バインボロックは、タピオカ粉で作った半透明の皮でえびと玉ねぎを包んで蒸したもの。こちらはチュルっとしつつモチっとした食感。そこに、ハムと揚げ玉ねぎを乗せて細い青ネギを振って、ヌクチャムを掛けます。

ヌクチャムは、ベトナムの魚醤ニョクマム、ライム、砂糖、水、唐辛子を混ぜた万能つけダレ。甘酸っぱくてよく合います。

バインボロックは一皿30,000ドン(約140円)です。

バインベオチェン

路上に出ている露店ですが、人が来ては食べて、そうしてどこかに帰って行ってと、なかなか繁盛しています。Google Mapにも乗ってます。

Bánh Bèo Chén
住所:48 Trần Phú, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, ベトナム
営業時間:15:00〜18:45
無休

スイーツもストリートで食べ歩き

バインサイ

ホイアンの街は、ほぼほぼ車が入ってこないので、路上にお店を出している人が多いんです。その中の一つ、バインサイはマンゴーケーキです。1個から買えました。

バインサイ

周りはモチっとダイフクのようで、中にマンゴーを煮詰めたものが入っていました。シンプルでおいしい。食べ歩きにもいい!1個10,000ドン(約50円)です。

チェー

夜になると、怪しい光の中で若い人たちが集まって何か食べています。またまた覗いてみると、チェーでした。タピオカとかあずきを入れて、ココナッツミルク、練乳などに、かき氷を入れて食べる冷たいデザートです。

チェー

チェーの屋台は街のところどころに出ていて、こちらでは若い男女が食べてました。価格は10,000ドン(約50円)から。

ストリートフードは思い切って食べる!

屋台と聞くと、なんとなく衛生的にどうかなと心配になる方もいるかと思います。でも食べてみたいと、ジレンマに悩む方も。「大丈夫!おいしそうだから、食べてみる」と食べるのが筆者です。ベトナムでは全く問題ありませんでしたが、旅の途中で疲れていたりしたら、ちょっと注意してくださいね。

[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【大正義】吉野家の「ねぎだく牛丼」が最高すぎる → 玉ねぎだけ追加できないのか中の人に聞いてみた結果…

出だしから唐突ではあるが、もうみなさんは吉野家の『ねぎだく牛丼』を召し上がっただろうか? 万が一まだ「食ってないけど?」という人は、悪いことは言わない、今すぐ吉野家へ駈け込め。自動ドアを突き破る勢いですべり込め。それくらい『ねぎだく牛丼』は最高だ。

おそらく吉野家の「ねぎだく牛丼」は「オニオングラタンスープ」と同じくらい玉ねぎがウマいメニューであるが、欲を言えばもっともっと玉ねぎだけを追加したい。どうにかならんものか……? いても立ってもらいられず、吉野家に問い合わせてみることにした。

・ウマいけどややこしい

遠慮なしに申し上げるが、吉野屋の『ねぎだく牛丼』はシステムがやや難しい。というのも通常の「牛丼」と『ねぎだく牛丼』ではそもそもの価格設定が違い、多くの人がイメージするであろう「値段はそのままだけど玉ねぎが多めの牛丼」ではないからだ。

つまり「牛丼」と『ねぎだく牛丼』は「カレーとカツカレーの関係」だと思えばスッキリする。通常の牛丼に玉ねぎを追加トッピングした牛丼、それが吉野家『ねぎだく牛丼』なのだ。

ところがどっこい、さらに複雑なのは「小盛」「並盛」「アタマの大盛」「大盛」「特盛」「超特盛」……と、それぞれ肉と玉ねぎの比率が違うため、玉ねぎ単体での追加注文ができないということ。これが一般的なカツカレーと大きく異なるところで、例えば「ねぎダブル」のような注文は不可能だ。

・なんとかならないのか?

とはいえ、マジのマジで吉野家の「ねぎだく牛丼」……いや、吉野家の玉ねぎはウマい。とろけるような食感、かと思えばシャキシャキ食感、濃厚な甘み……などなどまさにパーフェクトな玉ねぎである。もし記者が玉ねぎに転生するならば、ぜひとも吉野家に出荷してもらいたいものだ。

それはどうでもいいとして、本気で玉ねぎだけ追加できないものか……! というわけで吉野家の広報に連絡し「玉ねぎだけを追加する方法はないのか?」聞いてみることにした。

──ねぎだく牛丼、最高でした。

「ありがとうございます」

──ただ、少々ややこしいですね? 確認ですが「牛丼とねぎだく牛丼」の関係は「カレーとカツカレー」の関係と考えて間違いないですよね?

「はい、間違いございません。牛丼に玉ねぎをトッピングしたメニューとお考えいただければと思います」

──ただですね、一般的なカツカレーと違って、玉ねぎだけの追加トッピングはできませんよね?

「そうですね……。現状、そのような注文は承っておりません

──そこが理解できません。ハッキリ言って吉野家の玉ねぎは最高です。なぜ玉ねぎだけの追加を可能にしないのでしょうか?

「そうですね……。そもそも、ねぎだく牛丼にはかなりの量の玉ねぎが入っておりますので、さらに玉ねぎをご所望するお客様がいらっしゃることを想定していませんでした」

──ここにいます(キリッ)。というか、日本中に200万人くらいいると思います。

「なるほど……。もしそのようなご要望が多いようであれば、我々としても単体での注文を検討させていただきますが、現状では導入予定はございません……」

──ということは、現段階で “玉ねぎ10倍トッピング” をするとしたら、ねぎだく牛丼を10個買ってくるしかないですかね?

「そうですね、玉ねぎは別容器でご提供させていただいておりますので、その方法であれば10倍なども可能かと思います」

──わかりました。やるしかねえ。

ご覧のように、現時点で「玉ねぎだけの追加オーダーは不可」ということであった。残念ではあるが、まだ発売開始したばかりの商品。鬼神の如く『ねぎだく牛丼』を食いまくりながら、今後の展開を見守ろう。

2020年が始まって間もないが、吉野家の『ねぎだく牛丼』は多くのビジネスマンのスタンダードランチになる可能性を秘めている。まだ召し上がっていない方は、ぜひ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:吉野家
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

スイカに若返り効果、マンゴーに美容成分…キレイを助ける夏フルーツ7つ

 体も心も満たすために。  暑い夏にひんやり涼しい食べ物といえば、「果物」。実は春と秋に挟まれたこの時期こそ、様々な果物が出回っていて、フルーツ天国を実感できる季節なんです。でも、ダイエットや美容のことを考えると、どんな […]