【困惑】かつやの新商品『鶏ちゃん焼き』を注文してみたらデフォルトでバグみたいな仕様になっていて笑った

お盆明けの本日2020年8月17日、俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が恒例の新メニューを期間限定で発売した。中にはこの休みで仕事のやり方をすべて忘却してしまった人もいるかもしれないが、とりあえず今日のところは忘却したままこの新商品を食らうがヨロシ。そう、嘆くのは明日だ。

今回新たに登場したのは、岐阜県の郷土料理「鶏ちゃん焼き」。「鶏ちゃん」と書いて「けいちゃん」と読む。この料理をもし「かつや」で食べたらどうなるのか? というのが基本コンセプトらしいのだが……実際に注文してみたところ、デフォルトでバグみたいな仕様になっていたためぜひお伝えしたい。

・かつや新商品

「かつや」のご当地メニューアレンジ企画第2弾となる本作。「鶏ちゃん焼き」初体験なのでオリジナルをそもそも知らないのだが、俺たちの「かつや」のことだ。きっと間違いないものを出してくれるに違いない。

価格は丼だと590円、定食だと690円、単品だと490円(すべて税抜)になっており、もちろんテイクアウトにも対応しているとのこと。しばし待つと、いよいよ私(あひるねこ)が注文した丼がテーブルへと運ばれる。

・さっそく異変

ほう! なんともボリューミーなルックスだ。タレとよく絡んだ鶏から揚げがゴロゴロ入っているではないか。なるほど、これが「鶏ちゃん焼き」なんだな!

ん?

え?

いや……

なんかいるんだが。

・珍入者

「鶏ちゃん焼き」の奥にひっそりと佇む怪しく茶色い影……そう、まさかのチキンカツである。「鶏ちゃん焼き」の裏でチキンカツである。鶏の裏番組が鶏! 鶏の二乗! 誰も鶏から逃・げ・ら・れ・な・い!!

まあ商品名に『鶏ちゃん焼きチキンカツ』とハッキリ書いてあるので何も間違ってはいないのだが、よくよく考えると極めて意味不明な組み合わせだ。「鶏ちゃん焼き」を頼んだらデフォでチキンカツが付いてくるとか、もはやバグではないか。これには岐阜県民もビックリ不可避。

・味は最高

そんな安定の「かつや」節に逆に安心しつつ、気を取り直して初めての「鶏ちゃん焼き」を頬張ると、驚くことにこれが激ウマ! 特に味噌・醤油・にんにくが効いた濃厚ダレがちょうどいい具合にパンチが効いており、鶏肉とベストマッチでハチャメチャに美味である。ご飯も果てしなく進むぞ! ウマウマぁぁぁぁぁあああ!!

その一方で、「鶏ちゃん焼き」と1ミリたりとも絡もうとしないチキンカツの孤高ぶりには改めて笑いを禁じ得ない。合い盛りであるにもかかわらず、たまたまそこに居合わせただけというか、お互いがお互いにあまりにも無関心なのだ。まるで現代社会のような丼である。

・クールすぎる関係性

そもそも鶏から揚げとキャベツを焼いた「鶏ちゃん焼き」の隣に、千切りキャベツを大量に引き連れて来ている時点でまともな神経の持ち主ではないだろう。サクサク衣をソースでいただけるのは純粋に嬉しいが、「鶏ちゃん焼き」とチキンカツはそれぞれ別の人生を生きていることを、我々食べ得る側も十分理解する必要があるのではないか。

圧倒的なウマさを秘めながら、足並みを揃えることを知らない2羽の鶏たち。彼らの間にぬるいケミストリーなどは存在しない。合い盛りにされてなお “個” の強さを主張し合う超実力主義。それが「かつや」の新商品『鶏ちゃん焼きチキンカツ』なのだ。何を言っているのか分からないと思うし、自分でもよく分からないが、それでも食え──。現場からは以上である。

参考リンク:かつや
Report:かつや者・あひるねこ
Photo:RocketNews24.

★「かつや」関連の記事はこちら → シリーズ「かつや激闘集」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ルーマニアの「タピオカ事情」を調査!見つけたのは・・・アレだった !?【現地ルポ】


共産主義時代の独裁者チャウシェスク大統領を処刑するというルーマニア革命から今年で30年。2007年には欧州連合EUのメンバーになったルーマニアですが、はたしてタピオカを食べているんでしょうか?首都ブカレストで探してみました!

独裁時代の建造物がものすごい迫力!ルーマニアの街を散策

空港から市内へ向かうタクシーの運転手さんがルーマニア革命のことを突然話し始めました。「今から30年前に僕たちは革命を起こしてチャウシェスク大統領を殺したんだよ」と誇らしげに。ちょっとびっくりしました。たった30年前の出来事ですし、まだまだ生々しい記憶を持っている人たちがたくさんいるんですね。

冒頭の画像はチャウシェスクが「国民の館」という表向きの名前で作らせた、実は自分のための建物で、その大きさは世界で2番目の大きさを誇る、公共の建物です。ちなみにアメリカのペンタゴンに次ぐといいますから、これまたビックリです!


国民の館へと続く並木が茂る広いウニリィ通りを進むと、巨大な噴水が目の前に現れました。画像のバスの大きさと比べると、その規模がわかります。これも共産主義時代の遺産です。

ブカレスト
そのそばにあるのが旧市街。10年くらい前までは廃墟のようだったという人もいましたが、今では旅行客を相手にするレストランやバーなどが立ち並ぶ歓楽街になっています。ルーマニア料理店も多く、賑やかな地区です。

タピオカスイーツを探してレストランへ

ブカレスト
インターネットでブカレストの「タピオカスイーツ」を探しました。日本では繁華街ならどこにでもあるようなタピオカドリンクのスタンドなどは見つかりません。見つかったのは「タピオカプリン」でした。それも、それを食べれるのはレストランのようで、食後のデザートのひとつのようです。

ブカレスト
今回訪れた「Restaurant Savart」があるのは、旧共産党本部のあたり。ルーマニア国立美術館や、コンサートホール「アテナウエム」の美しい建物があったりと、街歩きが楽しい地区です。

ブカレスト
お店を訪れたのは午後2時ごろ。オープンな広いテラスに座って「デザートだけでもいいですか?」と聞いてみると、40歳くらいの女性店員が快く迎えてくれました。メニューも見ずに「タピオカスイーツがあるって聞いてきました」というと、人気のデザートだと言ってにっこり。

ついに見つけた「タピオカスイーツ」!そのお味は!?

ブカレスト
こちらがその「タピオカプリン」。小さな粒のタピオカとココナッツミルクで作ったプリンに、マンゴーがたっぷり乗っていて、アーモンドとミントがいいアクセントになっています。

女性店員に「小さなころからこういうの食べてたの?」と聞いてみると、革命後にあちこちのレストランで出すようになって、人気になったと教えてくれました。それ以前にはお米で作るライスプディングがあったらしいのですが、暖かい国からやって来たタピオカとココナッツをマンゴーで飾る食べ物は、共産主義時代には想像もつかない食べ物だったに違いありません。タピオカドリンクも、そのうち人気が出るかもしれませんね!

ブカレストへは直行便はありませんが、ターキッシュエアラインならイスタンブールから1時間ほど。まだまだ革命の記憶が新しい街を訪ねるのも面白いと思いますよ。

Restaurant Savart
住所:George Enescu Str., no. 2-4, Area 1, Bucharest
電話:+40 (0)743 57 57 57
営業時間:【月〜日】12:00–0:00
HP:https://savart.ro/en/contact-restaurant-en/

[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

浅草で意外なスイーツ発見!お漬物屋さん「丸仁の森」のミルクソフトクリーム実食ルポ

お漬け物屋さん「丸仁」の新しいコンセプトショップ「丸仁の森」

浅草と柴又に店舗を構えるお漬物屋さん「丸仁(まるじん)」。浅漬け、古漬け、佃煮など、季節や天候によって40種類もそろっています。近年は自社農園や契約農家さんと野菜作りの研究に取り組み、今の時代に合ったお漬物や広い世代に愛される佃煮の商品開発に力を注いでいます。

丸仁の森 外観
そんなお漬物屋さん「丸仁」の新しいコンセプトのお店が、今回立ち寄った「丸仁の森」です。雪のように真っ白な外観で、看板の書体が美しいお店に、お漬物屋さんの古風なイメージが吹き飛びました。

丸仁の森 店内お漬物
店内には、白だしごぼう・ラー油生姜・ザーサイなど定番のお漬物、佃煮、乾物がきれいに並べられています。

丸仁の森 店内商品
ほかにドレッシング、おやつのにんにく、ごまいわしといった意外性ある商品もあって、どれも体に良さそうです。

岩手県のミルクソフトクリームを実食

その中で注目したスイーツが「ナチュラルミルクソフトクリーム」です。

丸仁の森 ナチュラルミルクソフトクリーム ポップ
岩手県遠野市の「多田自然農場」直送、ソフトクリームのために育てられたという牛さんから届く牛乳で作ったソフトクリームです。お味はバニラ・抹茶・ミックスの3種類(各450円・税込)。その誠実さが伝わってくるソフトクリームの説明が壁に貼ってありました。

丸仁の森 ナチュラルミルクソフトクリームミックス
注文してからお店の方が丁寧に巻いてくださった「ミックスソフトクリーム(抹茶・バニラ)」。その食感は、柔らかすぎず硬すぎず、ゆっくり味わえるちょうどよい口当たりです。

丸仁の森 ナチュラルミルクソフトクリームミックス
真っ白なバニラと穏やかな緑の抹茶。バニラを一口食べると、生クリームのようにミルキーで爽快な牧場に来たような心地に・・・。抹茶は渋すぎず濃すぎず、ミルク感あってマイルドなので、お子さんでも食べやすいほど優しい抹茶です。

ミルキーで濃厚なのに後味はさっぱり、冬でも食べたくなるソフトクリームです。

ジェラートやシェイクも登場!秋から新しい装いに!

ちなみに、新しくソフトクリームと同じ多田自然農場の牛乳を使用した 「ヨーグルトシェイク」も販売開始されました。プレーン(500円・税込)・キウイ・ストロベリー・マンゴー・ブルーベリー(各550円・税込)の5種類。

さらに2020年夏から「シャーベット&ジェラート」も登場しているようです。リッチマンゴーシャーベット・季節限定キウイジェラート(各400円・税込)とあり、ソフトクリームとともに食べ歩きにピッタリですね!

丸仁の森 店内
実はお店が2020年9月に右隣の角地に移転予定とのこと。住所はそのままに、和風の外観に生まれ変わるそうで、今から楽しみです!

お漬物と同じようにソフトクリームにも真摯な姿勢が向けられている丸仁の森。にぎわう浅草の仲見世を少し離れただけで、素敵なスイーツと出会えたうれしい発見でした。浅草の景観を楽しみながらスイーツ休憩とお土産をゲットできる穴場スポットに、ぜひ立ち寄ってみてください。

丸仁の森
住所:東京都台東区浅草1-35-6
営業時間:平日10:00~17:00、土日祝10:00〜18:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため時短営業
定休日:不定休
交通:「浅草駅」A4出口から徒歩約7分
HP:https://www.otsukemono-marujin.com/

[all photos by kurisencho]

~人生に旅心を~