【全国のお取り寄せまとめ】北海道・東北編〜豊富な海鮮と人気のスイーツ〜

北海道

ドゥーブルフロマージュ

ルタオのチーズケーキ 、ロイズのポテトチップチョコレート、六花亭の詰め合わせと、北海道の人気スイーツ3品、そしていくらを紹介。

>>>詳しくはこちら

青森県

青森県といえば、りんごと海鮮の宝庫。天然本マグロや活ほたて、贅沢なりんご食パン、そして実は生産量日本一のゴボウのおつまみもお取り寄せできます。

>>>詳しくはこちら

岩手県

盛岡冷麺

岩手県は、肉、魚、麺、銘菓まで幅広く紹介しています。サバ缶、ハンバーグ、冷麺のほか、かもめの玉子や南部せんべいの進化系も登場。

>>>詳しくはこちら

宮城県

宮城県からは、定番の牛タンはもちろん、ずんだ餅、しおがま、萩の月といった銘菓、漬魚セットもありますよ。

>>>詳しくはこちら

秋田県

秋田県もバリエーション豊かな商品を紹介。有名なきりたんぽ鍋やいぶりがっこ、B級グルメの横手焼きそば、そして山ぶとう「さなづら」のゼリーも。

>>>詳しくはこちら

山形県

米沢牛リブロース

山形県からは、最高級の米沢牛、フルーツ、お菓子。伝統のものから新しいアレンジまで、選ぶ楽しみがありますね。

>>>詳しくはこちら

福島県

福島県は銘菓の宝庫。定番や伝統、和と洋の融合など、根強い人気のお菓子がいろいろあります。福島以外の人も一度はその名を聞いたことがあるのでは?

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ドイツの老舗ハーブティーブランドより、ノンカフェインのスパイスチャイなどが登場

ハーブティー初心者にも飲みやすい

ポンパドール2

2019年3月、ドイツの老舗ハーブティーブランド・ポンパドールから発売されたオーガニックシリーズは、「オーガニックリラックスや良い眠り」をテーマにした全5種類で、アップルやミント、ジンジャーなどの素材を活かした内容でした。

そんなオーガニックシリーズに、新しく3種類のティーが仲間入り。

初めてハーブティーを飲む方にも飲みやすいよう、自然な甘みを持つハーブ・リコリスやステビアが加わっているのが特徴です。

今年、日本上陸50周年を迎えたドイツの老舗ハーブティーブランド・ポンパドールの新しい風味を、優雅なリラックスタイムのお供に選んでみてはいかがでしょうか?

個性豊かな3種類

オーガニック オリエンタルチャイ

・オーガニック オリエンタルチャイ

ノンカフェインで楽しめる紅茶不使用の本格的スパイスチャイです。9種類のスパイス&ハーブをブレンドしたスパイシーな味わいで、ミルクを注いでミルクティーとして飲むのがおすすめです。

オーガニック スタートユアデイ

・オーガニック スタートユアデイ

朝を気持ちよく始めるためにおすすめの爽やかなブレンド「オーガニック スタートユアデイ」は、有機マテ茶と有機ハーブをブレンドしています。有機スペアミントの爽やかな味わいが、1日の始まりに新鮮な気持ちへと導いてくれます。

オーガニック イングリッシュブレックファースト

・オーガニック イングリッシュブレックファースト

しっかりとした味わいが楽しめる紅茶ブレンド「オーガニック イングリッシュブレックファースト」は、フェアトレード茶葉を使用。南インドやスリランカの熱帯地域にある茶園のフェアトレード茶葉で、ミルクとの相性が抜群です。

内容量:各20ティーバッグ入り
価格:各780円+税
主要売場:オーガニック専門店、全国百貨店、輸入食品店、弊社通販サイト「ティーブティック」 他

好評発売中の既存5商品を紹介!

好評発売中の既存5商品を紹介!

・オーガニック ジンジャーレモン
有機ジンジャー、有機レモングラス、有機レモンピールなどをブレンドした茶葉です。ピリッとしたジンジャーに、レモングラスの爽やかな香りが漂います。

・オーガニック カーム&リラックス
有機シナモンをベースに、有機ルイボスなど12種類の有機ハーブをブレンド。穏やかなくつろぎのひとときにおすすめです。

・オーガニック スイートミント
すっきり爽やかな香りの有機ペパーミントに、有機リコリスをブレンド。ペパーミントティーを甘い味わいのスイーツ感覚で楽しめます。

・オーガニック スリープ&ドリーム
リラックスしたい夜の時間におすすめのハーブティー。すっきりとした有機レモンバームと有機ラベンダーのやさしい香りに包まれます。

・オーガニック スイートアップル
フルーティーな有機アップルに、上品でスパイシーな有機シナモンがアクセントで香る、やさしい甘さのフルーツハーブティー。

ポンパドールとは

ポンパドール

ポンパドール(POMPADOUR)は、1882年創業のドイツ・ティーカネン社(TEEKANNE)のハーブティーブランドとして、1913年に誕生しました。その後現在まで、ハーブやフルーツを使った健康的でナチュラルな生活を提案する商品を、数多く世に送り出してきました。

自社の品質方針“All from One Source”(栽培地からお客様のティーカップまでのプロセスを一貫して行うこと)のもと、自社のティー専門家が世界中から選んだ原料で商品を開発し、ティーバッグ製造マシン会社もグループ内に擁した生産体制で商品を生産しています。

また、サステナビリティ(持続可能性)を視野に入れたティー開発を行なっており、パッケージの箱やティーバッグの個包装袋には、FSC認証を持つ森林の木材を使用し製作。プラスチックやアルミは使用していません。彼らは、商品の品質だけではなく、人々の健康や環境保護の問題に注力している企業です。

日本緑茶センター株式会社:https://www.jp-greentea.co.jp/
ポンパドールブランド公式サイト:https://www.jp-greentea.co.jp/brand/pompadour/
通販サイト「ティーブティック」:https://www.tea-boutique.jp/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【突撃】100円自販機の謎エナジードリンク『スポラバMAX』を飲んでみた! マジで100円だけど成分はレッドブルとほぼ同じ!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 今日は俺に寄せられたエナジータレコミ、略してエナコミをご紹介するぞ! エナタレ? どっちでもいいわ!!

詳しいエナコミは後述するとして、なんでも とある自販機に『スポラバMAX』とかいう謎のエナジードリンクが売られているんだとか。エ、エナッ? そんな名前は初めて聞いたな。こいつはチェックしてみる必要がありそうだ。よし、エナジーマン出動ォォォォオオオオ!

・情報提供

さて、それでは俺の元に届いたエナタレをご紹介しよう。以下、来たまんまコピペするぞ!

「最近後楽園駅付近の自販機でスポラバMAXというエナジードリンクを見つけました。ネットで調べてもあんま情報がでてこなかったんで是非レビューしてほしいです」

……アバウトすぎんだろ。

・驚異の難易度

「後楽園駅付近の自販機」ってお前……何台あると思ってんだよ。いや俺も正確には知らんけど、後楽園駅のどの辺りにある自販機なのかもうちょい情報くれよ! それは半径何キロを指すんだよ!! どこまで捜索の範囲を広げたらいいんだよ! まあいい、とりあえず行ってみるか。というワケで……

ノープランで後楽園にやって来た。

そういえば後楽園駅って初めて降りたかもしれない。なんだか新鮮だな、うん。ていうか……めっちゃ自販機あるんだが。駅構内だけで数台遭遇したぞ。ハードエナジーにも程がある! どっから探したらいいんだ!!

こうして、あてもなく歩き始めた俺だったが……

え?

あった。

・まさかの一撃

エ、エンナァジイイイィィィッッ! エナエナッ!! エンナァジイイイィィィィィィ!! 奇跡が起きたぞ。適当に歩いていたら、なんと一発で引き当ててしまったのだ! エンナァジイイイィィィッッ!! やはりエナドリの神に愛されているとしか言いようがない。が、それより何より……

やっす!

・超価格

なんとこの『スポラバMAX』、100円自販機の「スターベンディング」が出しているオリジナルエナドリだったのだッ。ネット販売でもないのに1本100円ってのは、なかなかに破格ではないだろうか。

『スポラバMAX』を購入、会社に持ち帰った俺は、とにもかくにもエナジーサーチ。 ※説明しよう! エナジーサーチとは、エナジーマンが缶の裏の成分表示をただ眺めることである!!

・サーチ結果

エナエナ(ふむふむ)。やはりと言うべきか、成分はどっからどう見ても超フツーだ。マジで書くことがないでござるよ薫殿。ただし、100ml当たりのアルギニン120mg、カフェイン32mgという数字は見逃せないだろう。そう、これはレッドブルとほぼ同じ配合量なのだ。お得!

それでは実際に飲んでみたい。エナジーテイスティン! ほほう、いかにもなエナドリ色だが、味の方はというと……

うむ、これまたTHE エナドリな王道フレーバーだ。何だろう、このワザとらしいまでの色と香り。レッドブルからいろんな事象を取り除いて、かろうじてブルにしたかのような……。でも「100円ならいっか!」みたいな感じで許せてしまう味でもある。普通においしく飲めるぞ。

・待望の男

おっと、今日は特別にもう一人いるんだった。カモン! 初代エナジーマン・GO羽鳥!! そう、今日はメカ羽鳥くんではなく、超久しぶりに本体のご登場である。ヒゲのせいか、めちゃくちゃ男らしい顔付きになっていて思わず吹き出したが、さっそくレッツドリンキン!

羽鳥「むッ!? なんか……安っぽい味がするな。決してマズくはないのだが、全体的に非常にパンチの弱いエナドリだ。200円だったら、たぶん俺は買わんぞ」

──なるほど。では100円だったら?

羽鳥「それなら……買ってもいいな」

そう、まさにそんな感じのエナドリである。これがレッドブルと同じ値段だったら絶対に買わないが、100円自販機に入ってたらたぶん買う。コスパ面に関してはかなり優秀と言えるだろう。買って損することはまずないはずだ。

・情報求む

「後楽園駅付近」というヒントだけ送られてきた時は正直ビビり倒したが、結果的にまだ見ぬエナドリに出会えて大満足&大感謝。ありがとな! 他にも何か面白いエナドリを発見したら、ぜひまた俺に教えてくれ! ただし、できれば場所は詳しく頼む。約束だぞ! それではまた会おう。エンナァジイイイィィィッッ!!

Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★エナドリ関連の記事はこちら → シリーズ「エナジー検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。