【全国唯一】極厚ローストビーフを食える「ビッグボーイダイニング」が最高すぎっ!! 東京・新宿

ファミリーレストラン「ビッグボーイ」をご存じだろうか? 名前は聞いたことがあるけど、行ったことないという人もいるだろう。私(佐藤)もその1人だった。そんなビッグボーイグループ全国約300店舗の中で、すさまじいメニューを出すお店が1店舗だけ存在する

そのお店「ビッグボーイダイニング」(東京・新宿)には、極厚ローストビーフがあるんだ。それを食ってみろ! もっとビッグボーイは評価されてイイと思うはずだ! 

・全国で唯一

ビッグボーイは「すき家」や「ココス」と同じゼンショーホールディングスの傘下にある(運営は株式会社ビッグボーイ)。2019年1月の段階でグループ店は全国に311店舗存在する(ヴィクトリアステーション・ミルキーウェイも含む)。その中で唯一、ローストビーフを提供しているのは、ビッグボーイダイニング西早稲田店だ。

・あふれる自信

私は知っていた、随分前からここにビッグボーイがあることを。だが、ここが他のお店と違うなんて全然知らなかったぞ。店に入ってメニューを見ると、トップを飾っていたのはローストビーフだ。ハンバーグやステーキを凌いで “ド”トップにローストビーフだと!?

どうやら並々ならぬ自信があるようだ。入口にはローストビーフ看板が立っていて、メニューを開いたら最初にコレだよ。こりゃもう「食え!」って言ってるようなもんだよね! ということで、330グラム(税別3090円)にサラダバーセット(税別)+ドリンクバー(税別180円)を注文した。

ちなみにお店では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行っている。入店時には手指消毒を促し、サラダバーは飛沫が入り込まないようにシートで覆い、バーのサイドに消毒液を置いている。さらにサラダを取る際には、ビニール手袋の着用を勧めていた。これにしたがって消毒後にビニール手袋をはめて、サラダを取り分けた。食べ放題のお店は以前よりも気を使うが、コレもニューノーマルだ。

・分厚すぎるだろ!?

さて、サラダを食べながら待っていると、来ました! 分厚いローストビーフ!!

こんな厚さのモノは見たことがない! 厚い、分厚すぎる!!

厚さは推定3センチ。これほどまでに食い甲斐を感じる逸品を見たことがない。有名ホテルのレストランでも、大抵は紙切れくらいに薄いローストビーフを出している。いや、それが普通だ。しかしここでは惜しみなく厚切り!! う~ん贅沢!

・500グラムでもペロリだ!

そのまま食っても十分に美味い。肉質は柔らかで下味もしっかりと付いている。別添えの赤ワインソースに浸すと、ほのかな酸味が加わって、味に奥行きが出てくる。さらに西洋わさびを付ければ、肉の甘さがより引き立って、食べる手が止まらない。330グラムを食い切ってもまだ食えそう! こりゃ500グラムでもペロリだよ、マジで!!

・全国販売すべきでしょ!

それにしても不思議なんだけど、なんで全国の店舗で提供しないんだろう? きっと作るのに手間がかかるとは思うけど、ライバルの多いハンバーグやステーキで勝負するよりも、ずっと有利に戦うことができるはず。このローストビーフならビッグボーイは1人勝ちできるんじゃないの? 看板メニューとして万人に受け入れられる味だと思うんだけどなあ……。とにかく肉好きは1度ご賞味あれ。ビッグボーイの評価が変わるはずだ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ビッグボーイダイニング 西早稲田店
住所 東京都新宿区戸山3-16-5
時間 10:00~翌2:00 ※新型コロナウイルスの影響で営業時間変更の場合有り

参考リンク:ビッグボーイ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

息をのむ絶景!「堂ヶ島ニュー銀水」グルメ・温泉・シュノーケリングも|静岡県|LINEトラベルjp 旅行ガイド

世界ジオパーク認定の伊豆半島・堂ヶ島は、壮麗な景観と夕陽の美しい観光地。その堂ヶ島の絶景と夕陽を堪能できるのが全室オーシャンビューの「堂ヶ島ニュー銀水」。息をのむパノラマビュー、海に架かるサンセットロード、絶景温泉・美食を楽しむ極上の時間はこのホテルならではの醍醐味。まるでプライベートビーチのような「つば沢ビーチ」では、お散歩はもちろん、夏にはシュノーケリングも!リピーター多数の魅力をお伝えします。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【突撃】100円自販機の謎エナジードリンク『スポラバMAX』を飲んでみた! マジで100円だけど成分はレッドブルとほぼ同じ!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 今日は俺に寄せられたエナジータレコミ、略してエナコミをご紹介するぞ! エナタレ? どっちでもいいわ!!

詳しいエナコミは後述するとして、なんでも とある自販機に『スポラバMAX』とかいう謎のエナジードリンクが売られているんだとか。エ、エナッ? そんな名前は初めて聞いたな。こいつはチェックしてみる必要がありそうだ。よし、エナジーマン出動ォォォォオオオオ!

・情報提供

さて、それでは俺の元に届いたエナタレをご紹介しよう。以下、来たまんまコピペするぞ!

「最近後楽園駅付近の自販機でスポラバMAXというエナジードリンクを見つけました。ネットで調べてもあんま情報がでてこなかったんで是非レビューしてほしいです」

……アバウトすぎんだろ。

・驚異の難易度

「後楽園駅付近の自販機」ってお前……何台あると思ってんだよ。いや俺も正確には知らんけど、後楽園駅のどの辺りにある自販機なのかもうちょい情報くれよ! それは半径何キロを指すんだよ!! どこまで捜索の範囲を広げたらいいんだよ! まあいい、とりあえず行ってみるか。というワケで……

ノープランで後楽園にやって来た。

そういえば後楽園駅って初めて降りたかもしれない。なんだか新鮮だな、うん。ていうか……めっちゃ自販機あるんだが。駅構内だけで数台遭遇したぞ。ハードエナジーにも程がある! どっから探したらいいんだ!!

こうして、あてもなく歩き始めた俺だったが……

え?

あった。

・まさかの一撃

エ、エンナァジイイイィィィッッ! エナエナッ!! エンナァジイイイィィィィィィ!! 奇跡が起きたぞ。適当に歩いていたら、なんと一発で引き当ててしまったのだ! エンナァジイイイィィィッッ!! やはりエナドリの神に愛されているとしか言いようがない。が、それより何より……

やっす!

・超価格

なんとこの『スポラバMAX』、100円自販機の「スターベンディング」が出しているオリジナルエナドリだったのだッ。ネット販売でもないのに1本100円ってのは、なかなかに破格ではないだろうか。

『スポラバMAX』を購入、会社に持ち帰った俺は、とにもかくにもエナジーサーチ。 ※説明しよう! エナジーサーチとは、エナジーマンが缶の裏の成分表示をただ眺めることである!!

・サーチ結果

エナエナ(ふむふむ)。やはりと言うべきか、成分はどっからどう見ても超フツーだ。マジで書くことがないでござるよ薫殿。ただし、100ml当たりのアルギニン120mg、カフェイン32mgという数字は見逃せないだろう。そう、これはレッドブルとほぼ同じ配合量なのだ。お得!

それでは実際に飲んでみたい。エナジーテイスティン! ほほう、いかにもなエナドリ色だが、味の方はというと……

うむ、これまたTHE エナドリな王道フレーバーだ。何だろう、このワザとらしいまでの色と香り。レッドブルからいろんな事象を取り除いて、かろうじてブルにしたかのような……。でも「100円ならいっか!」みたいな感じで許せてしまう味でもある。普通においしく飲めるぞ。

・待望の男

おっと、今日は特別にもう一人いるんだった。カモン! 初代エナジーマン・GO羽鳥!! そう、今日はメカ羽鳥くんではなく、超久しぶりに本体のご登場である。ヒゲのせいか、めちゃくちゃ男らしい顔付きになっていて思わず吹き出したが、さっそくレッツドリンキン!

羽鳥「むッ!? なんか……安っぽい味がするな。決してマズくはないのだが、全体的に非常にパンチの弱いエナドリだ。200円だったら、たぶん俺は買わんぞ」

──なるほど。では100円だったら?

羽鳥「それなら……買ってもいいな」

そう、まさにそんな感じのエナドリである。これがレッドブルと同じ値段だったら絶対に買わないが、100円自販機に入ってたらたぶん買う。コスパ面に関してはかなり優秀と言えるだろう。買って損することはまずないはずだ。

・情報求む

「後楽園駅付近」というヒントだけ送られてきた時は正直ビビり倒したが、結果的にまだ見ぬエナドリに出会えて大満足&大感謝。ありがとな! 他にも何か面白いエナドリを発見したら、ぜひまた俺に教えてくれ! ただし、できれば場所は詳しく頼む。約束だぞ! それではまた会おう。エンナァジイイイィィィッッ!!

Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★エナドリ関連の記事はこちら → シリーズ「エナジー検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。