ファミマの「噛む系」おやつ、“キング・オブ・噛みごたえ”はどれ?

 ライターの高木沙織です。  何をするにもこれまでのようにはいかない日々。そして、ストレス……。溜まりますよね。溜まりまくりです。さまざまなメディアで自宅でできるストレス発散法が取り上げられていますが、そのための準備すら […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【レシピあり】酢豚にパイナップルを入れた犯人が判明 → 清朝生まれの中国料理『古老肉(ぐーらおろう)』 沢井メグのリアル中華:第16回

かつて中国住みだった沢井メグが中国料理を粛々と作るコーナー『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』。

第15回では酢豚の “原作候補” のひとつである「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」をご紹介したが、今回はもうひとつの候補をご紹介したい。その料理「古老肉(ぐーらおろう)」が有力候補である最大の理由は、パイナップルである。

・パイナップル入りの肉料理「古老肉」

「古老肉」は中国人に「日本の酢豚の元の料理ってなに?」と聞くと、前回ご紹介した糖醋排骨と並び名前が挙がる料理だ。咕咾肉や咕噜肉と表記することもある。

どちらも甘酸っぱい肉料理。糖醋排骨は浙江省と江蘇省が起源と言われているのに対し、古老肉は広東省が発祥の地と言われている。

糖醋排骨との最大の違いは「パイナップル」が入るかどうか、ということ! いや、日本の酢豚のようにパイナップルを入れない店もあるが、スタンダードなところでは入っている可能性が高いのである。これはかなりの有力候補。その材料や作り方からヒモ解いてみよう。

【材料】

・豚肉ロースブロック:200g ※バラブロックでもOK
・パイナップル:150g(缶詰のもので4~5枚くらい)
・ピーマン:1こ
・パプリカ:1こ
肉の下味用
・胡椒:少々
・塩:少々
・片栗粉3g
・卵黄:1こ分
味付け用
・醤油:大さじ1
・ケチャップ:大さじ3
・酢:大さじ2
・砂糖:20g
・味覇など中華スープの素:小さじ1/2

【作り方】

1.豚肉を1~1.5cm角に切り、塩、コショウで下味をつけて、卵黄→片栗粉をまぶしておく。

2.ピーマンとパプリカ、パイナップルを食べやすい大きさにカットする。味付け用の調味料を混ぜておく。

3.1の肉を多めの油で揚げ焼きにする。表面がキツネ色になったら一度、皿にもどす。よりヘルシーにいきたい場合はオーブン焼きにしてもOKだ。


4.フライパンに油をしき、2で混ぜた調味料を投入。ピーマン、パプリカ、パイナップル、3の肉を入れて炒める。煮汁が飛べば完成!

・ほぼ酢豚

材料を見て気づいた方もいらっしゃるだろう。「ほぼ酢豚じゃないか!」と。その通り、味はほとんど日本の酢豚。違いを言うなら酸味が控えめと言ったところだ。

ただ不思議なことに、とても似ているにも関わらず、パイナップルの存在に違和感がない。パプリカという野菜のような果物のような存在が、パイナップルのフルーツ感を馴染ませているように感じられる。

これなら酢豚のパイナップル否定派にも「一度食べてみて」とオススメできる。正直、私は酢豚より古老肉の方が好きだーッ!

 

・結局のところどちらが “原作” なのか

結局のところ、酢豚の元になった料理は糖醋排骨なのか古老肉なのか。広東省人民政府によると、古老肉は清の時代(1644~1912)に誕生したという。欧米人に大人気だった糖醋排骨を彼ら向けに改良したのがこのパイナップル入りの古老肉なのだとか。

その後、古老肉は当時の満州経由で日本にも伝わったと言われている。細かい部分は諸説あるものの、糖醋排骨→古老肉→酢豚という流れであるようだ。

ああ、それで両方とも「酢豚の元の料理」と言われ、どちらも間違いとは言えないわけだ。両者の違いをもう一度まとめると……

古老肉 → パイナップル入り。味付けにケチャップが使われるなどほぼ酢豚だが、日本のものより酸味控えめでマイルド。

糖醋排骨 → 醤油、砂糖、酢というシンプルな味付け。より酸味が少なく甘い。

という特徴があってウマイ。好みに合わせて作りわけたり、食べ比べをすると欧米文化が入ってきた頃の中国の歴史を感じられるかもしれない!

参考リンク:広東省人民政府
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

★こちらもどうぞ→『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』シリーズ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

レンジでできる『ふわふわ卵焼きメーカー』が思ったほど簡単じゃない … けど「喫茶店の厚焼きタマゴサンド」が作れるのは確かだよ!

増え続ける「キッチン便利グッズ」は確かに便利なのだろうが、正直「なくても困るわけではない」ものも多いと感じてしまう。そんな私が珍しく購入を即決したのは『ふわふわ卵焼きメーカー』なる商品だ。

そのパッケージには分厚くてフワフワの、いわゆる「喫茶店のタマゴサンド」が印刷されていた。おまけに「シャカシャカしてレンジで加熱するだけ」といった、いかにも簡単そうな説明書きもある。本当であればこれぞ真の “便利グッズ” と言えるのではないか……!?

・あのタマゴサンドの作り方を僕達はまだ知らない。

『ふわふわ卵焼きメーカー』(税込660円)の全貌は、フタ付きのプラスチック容器にプレス用プレートが付いたシンプルなもの。

まず容器にタマゴを割り入れ、塩・牛乳・マヨネーズを指定の分量加える。個人的には砂糖やバターも加えたいところだが、分量を守ることがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここはキッチリと指示に従うことにしよう。

容器にフタをし、プレスプレートに付いた取っ手を上下に動かせば材料が混ざり合うシステムである。こいつぁ非常に簡単……

…………じゃねぇ!!!

なかなかの重労働!!!!!

手の力のみでプレートを上下させるにはそれなりの力を要するうえ、もう片方の手でガッチリ固定しておかねばフタごと外れてしまうありさまだ。説明書によればこの動作を「1分ほど」続けることで材料が混ざり合うのだという……20秒ほどで息が上がってきたぞ。

普通に箸か泡立て器で混ぜたほうがラクな気もするが、プレートを使用することがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここは頑張ってプレスを続けるしかあるまい。

・お次は加熱

さて材料が混ざったら容器ごとレンジへ。

少ししたら一旦取り出し、かき混ぜて再び加熱する手順らしい。しかし……

所定のワット数、所定の時間通りに加熱したハズなのだが……

容器の中身は明らかに半煮えなのである。

仕方なく「掟破りの再々加熱」を敢行したところ……おおっ! ややブサイクではあるが “それっぽい感じ” になった!

・見た目も大事だよね

完成品をパンに挟んでみると、かなりイイ感じの厚焼きタマゴサンドが完成だ。このままでも十分おいしく、ひとまず手順通りにやっておけば大丈夫とみていいだろう。

しかし……コレが果たして “パッケージと同じもの” かと問われたら、いささか自信が持てぬ仕上がりではある。求めていた「喫茶店のタマゴサンド」はあくまでも、パンケーキのごとく均一な厚みというイメージだ。

よって私は再チャレンジを敢行することにした。1回目より真剣に混ぜ合わせ、少しレンジのワット数を上げてみた結果は……

さっきよりだいぶ立派!!!

・便利グッズも使い方次第

ひとくちに電子レンジと言っても様々なタイプがあること、また混ぜ方や力加減にも個人差があることから、手順をキッチリ守るばかりが正しいというわけでもなさそうだ。

ちなみにこの後バターや砂糖入りのバージョンも試してみたが、問題なく厚焼きタマゴを作ることができた。ただしアレンジもやりすぎると問題が発生するのかもしれないし、こればっかりは色々試して経験を積むしかないだろう。

いくら便利グッズと言っても使用するのは人間だ。今回の『ふわふわ卵焼きメーカー』は「誰でも簡単に同じものが作れる」といったシロモノではなかった。しかしながら使い方次第では、喫茶店超えのタマゴサンドを生み出す可能性を秘めていると言っていいはずである。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。