【優秀冷食】これはリピあり! 麺屋武蔵監修のまぜそばが冷凍食品トップクラスのウマさで夏にもピッタリ!!

これはアリだ! もう最初から結論を言ってしまったが、そう思えるくらいウマかった。何なら冷凍食品の中でもトップクラスかもしれないポテンシャルを秘めている。

何のことかというとテーブルマークから販売されている「麺屋武蔵監修の辛まぜそば」である。よくあるような まぜそば かな〜と軽い気持ちで食べたら、想像していた味を軽く超えてきた! 夏に辛いものが食べたいなんてときにもってこい!!

・名店監修のまぜそば

個人的な体感かもしれないが、同商品はどこにでも置いているタイプではないような気がする。ありふれすぎずレアすぎず。私はちょくちょくパトロールしているスーパーに入荷されているのを見つけ、税抜268円で購入することができた。

ちなみに「麺屋武蔵」は東京西新宿に本店を構える名店。これまでローソンとのコラボ商品もやっているため、その名を知っている人は多いのではないだろうか。そんなお店の味を気軽に自宅で味わえるのだからありがたし!

・ラクラク調理で素直にウマい

さて、ここからは何がよかったのかダダダッとお伝えしていこう。まずは冷凍食品らしくササッと作れることが1つ。外袋に少し切れ目を入れ、指定された時間レンジで加熱すればOK。やることはたったそれだけ。なのに……!

名店監修の本格的なまぜそばが完成しちゃう。あとはかき混ぜれば食べられる状態になるから、時間がないときなんかにも助かりそうだ。また、ケチケチすることなく390gの大盛り仕様なのもよい。

そして肝心の味だが、そこらへんのお店で まぜそば を食べるよりもいいんじゃないかとさえ思えるウマさで素直によい。程よい辛さと魚介の旨味が口の中に広がっていけば、手を止めるのはもはや困難!

辛さも辛さで絶妙なラインを攻めていて、辛いのが苦手な人でもイケるし辛党でもイケる……ついつい食べたくなるような魔力を兼ね備えていた。さらには麺にもしっかりコシがあって、食べ応えも十分。正直、かなり満足度は高い。

当初こそ390gは結構あるなぁと思っていたが、あまりのウマさで即完食。これなら2杯、いや3杯くらいイケたかもしれない。当然ながら我が家の冷凍軍にスタメン入り。この先、リピートしていくことにした。

・捨てるのも楽チン

もうここまででも十分すぎるが、元からトレーがついていてそのままポイしていいのもまた最高。唯一、気をつけるのは……外袋を外したら中身にラップがないため、裏返しでレンチンしてしまうと大変なことになることくらいか。

「麺屋武蔵監修の辛まぜそば」はまぜそばどころか冷凍食品の中でもトップクラスの味なので、もし見つけたら買っても損はないだろう。汗を流しながら辛いものを食べるのも夏の醍醐味。冷食の麺類でどれを食べようか迷ったら、コレを選ぶのをオススメしたい。

参考リンク:テーブルマーク株式会社「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」
Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

スタバ店員に「甘い系が苦手な人」でも飲めるメニューはないか聞いてみたら……

誰もが認めるお洒落カフェのトップである「スタバ」。しかし当然世の中には、好きな人もいれば苦手だという人もいる。苦手な人達の理由は様々で、「お洒落過ぎて嫌」「注文がまるで呪文のよう」「値段が高すぎる」など、スタバ自体に否定的であることも多い。

一方で、「スタバのドリンクは甘すぎて飲めない」という、単に味が苦手な人もいる。私自身も甘い系のドリンクが苦手で、スタバに行ってもブラックコーヒーやカフェオレ等、スタバでなくてもいいような商品しか頼めない。このことをスタバ店員の友人に相談したら、とあるメニューを紹介されたので、実際にそれを頼んでみた。

・ナイトロ コールドブリュー ムース フォーム ダーク キャラメル

私が紹介されたメニューとは、まるで呪文のような商品名の「ナイトロ コールドブリュー ムース フォーム ダーク キャラメル」である。この「ナイトロ コールドブリュー」というのは14時間かけてゆっくりと水で抽出したコーヒーに、窒素ガスを加えたもの。水出しすることで香り高い風味が引き出され、窒素ガスを加えることで、まろやかな口あたりとクリーミーな味わいが生まれるそうだ。

スタバ店員の友人曰く、この商品はキャラメルのムースを使用しているので、ビター好きの人でもほんの少しの甘さを楽しむことができ、なおかつスタバにしかないドリンクなのでオススメなのだという。

・窒素とコーヒーのグラデーション

実際に注文してみると、ビールサーバーのような蛇口式の機械でコーヒーをいれてくれた。店員さんが「層になっていくのが、このコーヒーは綺麗なんですよ」と教えてくれ、見れば窒素の泡はグラスの上へ、コーヒーは下へとさがっていく。そのためグラデーションができあがり、確かに綺麗な層になった。

コーヒーをいれ終わると、その上にキャラメルのムースを乗っけていく。さらにその上から、エスプレッソパウダーを振りかければ、「ナイトロ コールドブリュー ムース フォーム ダーク キャラメル」の完成! スタイリッシュでかっこよく、お洒落な見た目をしている。

・飲んでみた

最初の方はムースしか口に入らなかった。初めて飲んだので、飲み方の正解は分からないが、これではふわふわでほろ甘な、キャラメルムースのことしか分からない。なのでスプーンで少しかき混ぜて、下のコーヒーへもアプローチをはかる。しかしそれでもムースの層は崩れず、層の分厚さを再確認させられた。

・コーヒー部分に到着

諦めてムースだけを飲んでいたら、しばらくしてムースに隙間が空き、コーヒーを飲めるようになった! コーヒーはやはり香りが凄く良い。すっきりとしたビターで、窒素が入っているせいなのか、ビターでも口当たりはまろやかに感じる。ムースだけでは美味しさがいまいち伝わらなかったが、コーヒーと一緒に飲めばとても美味しい。

そのまま最後の方まで飲みすすめていくと、ムースが残って甘さが一気に増した。飲めない程の甘さではなかったが、ビター強めの方が個人的には美味しく感じた。甘いのが全くダメという人は、このムースでも受け付けないかもしれない。

・ビター好きでも飲める甘さ

私の場合、スタバの甘い系の飲み物は気持ち悪くなってしまうため、頑張っても半分くらいしか飲むことができない。そんな私が、最後まで飲み切ることが出来た。甘さがあったものの、とても控えめだったからだ。個人差はあると思うが、これくらいの甘さなら飲める人は多いと思う。

しかし「ナイトロ コールドブリュー ムース フォーム ダーク キャラメル」は店舗限定で、東京ですら14店舗しかない。スタバ店員の友人によると、特殊な機械を使っているためまだ全国的には少ないのだという。甘い系が苦手な人にとって、スタバはまだまだメニューの幅が狭そうだ。

参考リンク:スターバックス® ナイトロ コールドブリュー ムース フォーム ダーク キャラメル
Report:mai
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

レンジでできる『ふわふわ卵焼きメーカー』が思ったほど簡単じゃない … けど「喫茶店の厚焼きタマゴサンド」が作れるのは確かだよ!

増え続ける「キッチン便利グッズ」は確かに便利なのだろうが、正直「なくても困るわけではない」ものも多いと感じてしまう。そんな私が珍しく購入を即決したのは『ふわふわ卵焼きメーカー』なる商品だ。

そのパッケージには分厚くてフワフワの、いわゆる「喫茶店のタマゴサンド」が印刷されていた。おまけに「シャカシャカしてレンジで加熱するだけ」といった、いかにも簡単そうな説明書きもある。本当であればこれぞ真の “便利グッズ” と言えるのではないか……!?

・あのタマゴサンドの作り方を僕達はまだ知らない。

『ふわふわ卵焼きメーカー』(税込660円)の全貌は、フタ付きのプラスチック容器にプレス用プレートが付いたシンプルなもの。

まず容器にタマゴを割り入れ、塩・牛乳・マヨネーズを指定の分量加える。個人的には砂糖やバターも加えたいところだが、分量を守ることがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここはキッチリと指示に従うことにしよう。

容器にフタをし、プレスプレートに付いた取っ手を上下に動かせば材料が混ざり合うシステムである。こいつぁ非常に簡単……

…………じゃねぇ!!!

なかなかの重労働!!!!!

手の力のみでプレートを上下させるにはそれなりの力を要するうえ、もう片方の手でガッチリ固定しておかねばフタごと外れてしまうありさまだ。説明書によればこの動作を「1分ほど」続けることで材料が混ざり合うのだという……20秒ほどで息が上がってきたぞ。

普通に箸か泡立て器で混ぜたほうがラクな気もするが、プレートを使用することがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここは頑張ってプレスを続けるしかあるまい。

・お次は加熱

さて材料が混ざったら容器ごとレンジへ。

少ししたら一旦取り出し、かき混ぜて再び加熱する手順らしい。しかし……

所定のワット数、所定の時間通りに加熱したハズなのだが……

容器の中身は明らかに半煮えなのである。

仕方なく「掟破りの再々加熱」を敢行したところ……おおっ! ややブサイクではあるが “それっぽい感じ” になった!

・見た目も大事だよね

完成品をパンに挟んでみると、かなりイイ感じの厚焼きタマゴサンドが完成だ。このままでも十分おいしく、ひとまず手順通りにやっておけば大丈夫とみていいだろう。

しかし……コレが果たして “パッケージと同じもの” かと問われたら、いささか自信が持てぬ仕上がりではある。求めていた「喫茶店のタマゴサンド」はあくまでも、パンケーキのごとく均一な厚みというイメージだ。

よって私は再チャレンジを敢行することにした。1回目より真剣に混ぜ合わせ、少しレンジのワット数を上げてみた結果は……

さっきよりだいぶ立派!!!

・便利グッズも使い方次第

ひとくちに電子レンジと言っても様々なタイプがあること、また混ぜ方や力加減にも個人差があることから、手順をキッチリ守るばかりが正しいというわけでもなさそうだ。

ちなみにこの後バターや砂糖入りのバージョンも試してみたが、問題なく厚焼きタマゴを作ることができた。ただしアレンジもやりすぎると問題が発生するのかもしれないし、こればっかりは色々試して経験を積むしかないだろう。

いくら便利グッズと言っても使用するのは人間だ。今回の『ふわふわ卵焼きメーカー』は「誰でも簡単に同じものが作れる」といったシロモノではなかった。しかしながら使い方次第では、喫茶店超えのタマゴサンドを生み出す可能性を秘めていると言っていいはずである。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。