【実験】ウィルキンソン炭酸「レモン」「オレンジ」「ピーチ」「グレープフルーツ」全部混ぜたらこんな味

正確に「何年前!」とは言えないが、昔よりは確実に「炭酸人口」が増えている気がする。ここで言う “炭酸” とは、コーラやサイダーではなく「炭酸水」のこと。コンビニで普通に炭酸水が並んでいるなんて、一昔前なら考えられなかった。だって、昔そのまま炭酸水って飲んでた?

炭酸水は基本的に0kcalであることから、おそらくダイエッターからの支持を得ているものと思われるが、私、P.K.サンジュンも1日に2~3本の炭酸を消費している炭酸愛好家だ。中でもお気に入りは、刺激バシバシの強炭酸でお馴染みの『ウィルキンソン タンサン』である。

・お気に入りはウィルキンソンのグレープフルーツ

私が炭酸水にハマった理由は、ズバリ「0kcalだから」だ。油断するとすぐに太る私にとって、ジュース類はまさに天敵。かといってお茶じゃ物足りない私が炭酸水に辿り着くのは、ある意味で必然だったのであろう。

それまでは「コカ・コーラZERO」を大量消費していたのが、今ではすっかり無味にも慣れて炭酸水で十分な体になった。とはいえ、プレーンな炭酸水だと少々飲みづらいため、私はレモンやグレープフルーツなどの “フレーバー系炭酸水” を愛飲している。

私が毎日飲んでいるのは「ウィルキンソン タンサン」のグレープフルーツ。飲み始めてから かれこれ3~4年になるが、もはや私にとっては水以上に水的な存在だ。グレープフルーツを軸に、プレーン、レモン、オレンジあたりを挟むのが私の習慣になっている。

そのウィルキンソン タンサンに新フレーバー「ピーチ」が登場したのは、2020年7月のこと。これまでも「ジンジャー」などはあったが、私が記憶する限り「ピーチ」は今回が初めてのハズ。そして近所のスーパーでズラリと並ぶウィルキンソンを見て、ふと思った──。

「全部混ぜたらどんな味になるのだろう?」──と。

と・い・う・わ・け・で! 今回はウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」、そして新発売の「ピーチ」を混ぜて飲んでみることにした。なお、全て無味なので “味” という表現は適切ではないかもしれないが、この記事では香りも込みで “味” と表記させていただく。

・4つの味を混ぜる

さて、用意したのはウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」「ピーチ」の4種類。そして空の2リットルのペットボトルだ。ウィルキンソンは各種500mlなので4本全てを2リットルのペットボトルに注げば、ピッタリ収まる計算である。

さっそく、炭酸が抜けぬよう慎重に慎重に、ウィルキンソンを空のペットボトルに注いでいく。途中「もしかしたら溢れるかも?」とか「減ってるかも?」と思ったが、4本目を注ぎ終わると2リットルのペットボトルはピッタンコで満タンに。あとは軽く揺らして混ぜれば準備はOKだ。

いざ飲んでみると、ほう……これはなかなかウマい。何より特徴的なのは口当たりのまろやかさで、レモンを単体で飲んだ時のようなトゲトゲしさは皆無。私が大好きなグレープフルーツと共通する、とにかく飲みやすい味に仕上がっていた。

・すごく美味しいけれど

……が、残念なことにいくら考えても、いくら味わい直してもこの味を「〇〇味!」と断定することができない。あえて言うなら「フルーツポンチ味」だが、それは私が元ネタを知っているからだろう。これは困った。

ただし、心配はご無用。我々、ロケットニュース24にはグルメ記事を執筆するライターたちが多く在籍している。彼らならばズバッと「〇〇味!」と腑に落ちる答えを導き出してくれるに違いない。あえて正体は明かさず、ライター8名にミックス炭酸水を飲んでもらったところ……。

Yoshio「さくらんぼ」

せいじ「ピーチ」

和才「桃」

佐藤「ピーチ?」

亀沢「ピーチ!」

原田「桃……」

あひるねこ「桃(ニヤッ)」

田代「アメリカのお菓子☆」

多数決の結果、「全部混ぜるとピーチ!」と言いたいところだが、ピーチは入っちゃってるので却下。厳正な審査の結果、今回はYoshioの「さくらんぼ味」を採用させていただく。これはなかなか言い得て妙。その後、何度も飲んでみたが「さくらんぼ味」に感じないこともない。いや、むしろかなり近い気がした。

・さくらんぼ味に認定

というわけで、ウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」「ピーチ」を混ぜると、さくらんぼ味になる。しかもかなり美味しいので、興味がある方はぜひ1度お試しいただきたい。ただし、人によっては「アメリカのお菓子味」に感じるかもしれません。現場からは以上です。

参照元:アサヒ飲料「ニュースリリース」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

君は『丸亀製麺のめんたま丼』を知っているか? 公式が「かなり美味しい」という裏メニューがマジでかなり美味しい / アレンジは無限大

ご飯に明太子と生玉子とかをのせたヤツ(めんたま丼)が実にウマい。……いきなり結論を書いてしまったが、早い話がそういうことだ。めんたま丼の “めん” とは明太子のことであり、“たま” は玉子を指す。

したがって、「めんたま丼」とは一種のTKG(卵かけご飯)と言っていいだろう。しかも、かなり贅沢なTKG。それが丸亀製麺で食べられる……って知ってた? 

・丸亀製麺公式Twitter アカウントのツイート

「このような食べ方を知っていましたか? うどんと一緒に天丼用ごはんを注文し、トッピングの明太子と生玉子、そしてお好みで天かす、ネギを乗せれば「めんたま丼」のできあがり! #これかなり美味しいです #新発見 #やってみた #丸亀製麺」

──ご覧の通り、めんたま丼は丸亀製麺の公式Twitter アカウントが紹介したもの。メニューには載っていないが、公式公認の裏メニューと言ったところだろうか。しかも、ハッシュタグで「#これかなり美味しいです」とつけられており、公式のイチオシ感が伝わってくる。

実際に私が試してみたところ、「そのまま作って食ったら十分にウマい」という結論……なのだが、焦ってはいけない。さらに贅沢にする方法もあるぞ。というのも公式アカウントは後日、以下のようにも呟いているのだ。

「本日は、以前ご紹介した #めんたま丼 に大根おろしをトッピングして #めんたまおろし丼 にして食べてみました。是非お試しください!#新発見 #やってみた #丸亀製麺」

──そう、大根おろしをトッピングした『めんたまおろし丼』も紹介しているのである。ここで、必要な材料をまとめると以下の通り。

【めんたま(おろし)丼に必要なもの】

・天丼用ごはん(130円)
・生玉子(70円)
・明太子(70円)
・大根おろし(70円 ※お好みで)
・青ネギ(無料 ※お好みで)
・天かす(無料 ※お好みで)

──大根おろしナシならトータルで税込270円、大根おろしアリでも税込340円。TKGと考えると高いが、丼ものと考えたら破格のコスパだろう。なにせ、吉野家の牛丼並(380円)よりも安いのだから。

・大根おろしをつけるべきか?

で、大根おろしのアリ・ナシどちらがいいかというと、個人的にはアリの方がオススメだ。プラス70円は惜しいけれど、それを差し引いても大根おろしの存在は大きいように思う。

言ってみれば、『めんたま丼』は、「生玉子」と「明太子」がご飯のお供の座を巡って争っているようなもの。だからこそウマいのだが、自己主張の強い明太子がちょっと目立ちすぎな印象も否めない。

しかし大根おろしがあることで、明太子を「まあまあ」となだめ、結果的に全体のバランスがより良くなる……気がする。

とはいえ、「とにかくジャンクな味が好き」という人は大根おろしナシで、天かすをバリバリかける方が美味しく感じるかもしれない。また、生玉子じゃなくて温泉玉子を使ってみるのも面白いだろう。そのあたりは個人の好みで調整してくれ。

私も今後いろいろなアレンジを試みる予定だ。良い組み合わせを見つけたら、追って報告しよう。

参考リンク:Twitter @UdonMarugame
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

レンジでできる『ふわふわ卵焼きメーカー』が思ったほど簡単じゃない … けど「喫茶店の厚焼きタマゴサンド」が作れるのは確かだよ!

増え続ける「キッチン便利グッズ」は確かに便利なのだろうが、正直「なくても困るわけではない」ものも多いと感じてしまう。そんな私が珍しく購入を即決したのは『ふわふわ卵焼きメーカー』なる商品だ。

そのパッケージには分厚くてフワフワの、いわゆる「喫茶店のタマゴサンド」が印刷されていた。おまけに「シャカシャカしてレンジで加熱するだけ」といった、いかにも簡単そうな説明書きもある。本当であればこれぞ真の “便利グッズ” と言えるのではないか……!?

・あのタマゴサンドの作り方を僕達はまだ知らない。

『ふわふわ卵焼きメーカー』(税込660円)の全貌は、フタ付きのプラスチック容器にプレス用プレートが付いたシンプルなもの。

まず容器にタマゴを割り入れ、塩・牛乳・マヨネーズを指定の分量加える。個人的には砂糖やバターも加えたいところだが、分量を守ることがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここはキッチリと指示に従うことにしよう。

容器にフタをし、プレスプレートに付いた取っ手を上下に動かせば材料が混ざり合うシステムである。こいつぁ非常に簡単……

…………じゃねぇ!!!

なかなかの重労働!!!!!

手の力のみでプレートを上下させるにはそれなりの力を要するうえ、もう片方の手でガッチリ固定しておかねばフタごと外れてしまうありさまだ。説明書によればこの動作を「1分ほど」続けることで材料が混ざり合うのだという……20秒ほどで息が上がってきたぞ。

普通に箸か泡立て器で混ぜたほうがラクな気もするが、プレートを使用することがふわふわ卵焼きの必須条件だとすれば大変だ。ここは頑張ってプレスを続けるしかあるまい。

・お次は加熱

さて材料が混ざったら容器ごとレンジへ。

少ししたら一旦取り出し、かき混ぜて再び加熱する手順らしい。しかし……

所定のワット数、所定の時間通りに加熱したハズなのだが……

容器の中身は明らかに半煮えなのである。

仕方なく「掟破りの再々加熱」を敢行したところ……おおっ! ややブサイクではあるが “それっぽい感じ” になった!

・見た目も大事だよね

完成品をパンに挟んでみると、かなりイイ感じの厚焼きタマゴサンドが完成だ。このままでも十分おいしく、ひとまず手順通りにやっておけば大丈夫とみていいだろう。

しかし……コレが果たして “パッケージと同じもの” かと問われたら、いささか自信が持てぬ仕上がりではある。求めていた「喫茶店のタマゴサンド」はあくまでも、パンケーキのごとく均一な厚みというイメージだ。

よって私は再チャレンジを敢行することにした。1回目より真剣に混ぜ合わせ、少しレンジのワット数を上げてみた結果は……

さっきよりだいぶ立派!!!

・便利グッズも使い方次第

ひとくちに電子レンジと言っても様々なタイプがあること、また混ぜ方や力加減にも個人差があることから、手順をキッチリ守るばかりが正しいというわけでもなさそうだ。

ちなみにこの後バターや砂糖入りのバージョンも試してみたが、問題なく厚焼きタマゴを作ることができた。ただしアレンジもやりすぎると問題が発生するのかもしれないし、こればっかりは色々試して経験を積むしかないだろう。

いくら便利グッズと言っても使用するのは人間だ。今回の『ふわふわ卵焼きメーカー』は「誰でも簡単に同じものが作れる」といったシロモノではなかった。しかしながら使い方次第では、喫茶店超えのタマゴサンドを生み出す可能性を秘めていると言っていいはずである。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。