「クイーンズ伊勢丹」のレトルトカレー3種がしっかりお店の味でウマい! 特にキーマカレーがウマい!! 贅沢ウマい!

都内を中心に展開する食品専門の高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」。普段「オーケー」を主戦場にしている身からすると、あのスーパーは時給3万くらいないと足を踏み入れてはいけないような気がしてしまうのだが、先日あまりに暑かったため涼む目的でつい入ってしまった。

「クイーンズ伊勢丹」はレトルトカレーがやたら充実しており、普通のスーパーでは見かけない高価なご当地商品もたっぷり用意されている。そんな中、個人的に特に気になったのが「クイーンズ伊勢丹」が独自に手掛けるオリジナルカレーだ。まだ食べていないため矛盾をはらんだ言い方になってしまうが、これは、たぶん絶対ウマい。

・高級レトルトカレー3種

レトルトカレーコーナーで大々的に展開&プッシュされていた「クイーンズ伊勢丹」のオリジナルカレー。今回購入したのは『11種類のスパイスと国産鶏のスパイシーカレー』

『トマトとカシューナッツのコク深いバターチキンカレー』

『クミンはじけるキーマカレー』の3種だ。

値段はそれぞれ税抜348円と まごうことなく貴族価格だが、お店で食べることを考えるならむしろ安いと言える。ちなみに『国産鶏とさつまいものグリーンカレー』っていう商品もあったんだけど、グリーンカレーがあまり好きじゃないのでパスさせていただいた。すまぬ。

・実食その1

さあ、まずは『11種類のスパイスと国産鶏のスパイシーカレー』から食べてみたい。パッケージからしてシャレオツな上に、3種類のカレーはすべて国産鶏を使用&化学調味料不使用という安心安全ぶりだ。さすがクイーン。女王陛下。

湯せんしてライスにかけた時点でスパイシーな香りがワッと漂ってくるが、いざ食べてみると唐辛子やマスタードシードなど、様々なスパイスがルーの中で混然一体となっているのがよく分かる。玉ねぎやチャツネも合わせているらしく、まるでお店のインドカレーのような多層的な味わいだ。

個人的にはもう少し酸味があってもいいような気がしたが、3種類の中でもっともレトルト感がないのはこれだろう。オシャレなカフェで1000円くらいで出しても、たぶん誰も気付かないんじゃないか。

・実食その2

続く『トマトとカシューナッツのコク深いバターチキンカレー』は、先ほどと一転してまず最初にカレーらしからぬ甘みがグオ~ンと押し寄せてくる。野菜、特に原材料にあるトマトビューレによるものだろうか。加えてカシューナッツペーストやバターによって、優しくまろやかなテイストに仕上がっている。

ただ、その甘さゆえに人を選ぶ味でもあるかな。ライスにかけるというよりは、ナンか、もしくはカレー単体で食べた方がウマい気がする。食べるスープ的な。ドロリと濃厚なのにどこかサッパリとした、上品な味わいが印象的だった。

・実食その3

そして最後に登場する『クミンはじけるキーマカレー』。先に言ってしまうと、今回の優勝はこのキーマである。これはマジでウマい。まあキーマカレーってどこで食べても大きなハズレはないけど、最近行った口コミの評価が高いインド料理屋よりも確実にウマかったぞ。

口に入れるとまず、商品名の通りクミンの香りがいっぱいにはじける。そして何より食感が素晴らしい。もも肉とむね肉という2種類の部位を使っているからか、一口の中で異なる食感が同時に楽しめるのだ。肉がそぼろみたいにポロポロしていなく、ギュッと噛みしめるような感じなのも良い。シンプルにウマい。

最初の『スパイシーカレー』と比べるとピリッとした刺激は皆無だが、実は後からじんわりスパイスの辛さが効いてくるぞ。3種類の中でもっとも地味かつフツーな佇まいながら、全体的なレベルの高さではピカイチと言えよう。迷ったらキーマを買うべし!

・たまのプチ贅沢に

聖地「オーケー」でたまに買う激安レトルトの軽く4倍はする貴族的代物だが、特にキーマカレーは下手な店で食べるよりもウマいので、ちょっとしたプチ贅沢気分を味わうにはちょうどいいと思われる。「クイーンズ伊勢丹」に立ち寄った際には(その時点で貴族だが)、ぜひチェックしてみて欲しい。

参考リンク:クイーンズ伊勢丹
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

タピオカの次は…2020年流行りそうな「トゥンカロン」ってなに?

「タピる」が流行語大賞トップ10入りするなど、2019年に大きなブームを巻き起こしたタピオカドリンク。そしてタピオカに続くかもしれない、2020年の注目株のスイーツが「トゥンカロン」です。そのカワイすぎるフォトジェニック […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【実験】ウィルキンソン炭酸「レモン」「オレンジ」「ピーチ」「グレープフルーツ」全部混ぜたらこんな味

正確に「何年前!」とは言えないが、昔よりは確実に「炭酸人口」が増えている気がする。ここで言う “炭酸” とは、コーラやサイダーではなく「炭酸水」のこと。コンビニで普通に炭酸水が並んでいるなんて、一昔前なら考えられなかった。だって、昔そのまま炭酸水って飲んでた?

炭酸水は基本的に0kcalであることから、おそらくダイエッターからの支持を得ているものと思われるが、私、P.K.サンジュンも1日に2~3本の炭酸を消費している炭酸愛好家だ。中でもお気に入りは、刺激バシバシの強炭酸でお馴染みの『ウィルキンソン タンサン』である。

・お気に入りはウィルキンソンのグレープフルーツ

私が炭酸水にハマった理由は、ズバリ「0kcalだから」だ。油断するとすぐに太る私にとって、ジュース類はまさに天敵。かといってお茶じゃ物足りない私が炭酸水に辿り着くのは、ある意味で必然だったのであろう。

それまでは「コカ・コーラZERO」を大量消費していたのが、今ではすっかり無味にも慣れて炭酸水で十分な体になった。とはいえ、プレーンな炭酸水だと少々飲みづらいため、私はレモンやグレープフルーツなどの “フレーバー系炭酸水” を愛飲している。

私が毎日飲んでいるのは「ウィルキンソン タンサン」のグレープフルーツ。飲み始めてから かれこれ3~4年になるが、もはや私にとっては水以上に水的な存在だ。グレープフルーツを軸に、プレーン、レモン、オレンジあたりを挟むのが私の習慣になっている。

そのウィルキンソン タンサンに新フレーバー「ピーチ」が登場したのは、2020年7月のこと。これまでも「ジンジャー」などはあったが、私が記憶する限り「ピーチ」は今回が初めてのハズ。そして近所のスーパーでズラリと並ぶウィルキンソンを見て、ふと思った──。

「全部混ぜたらどんな味になるのだろう?」──と。

と・い・う・わ・け・で! 今回はウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」、そして新発売の「ピーチ」を混ぜて飲んでみることにした。なお、全て無味なので “味” という表現は適切ではないかもしれないが、この記事では香りも込みで “味” と表記させていただく。

・4つの味を混ぜる

さて、用意したのはウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」「ピーチ」の4種類。そして空の2リットルのペットボトルだ。ウィルキンソンは各種500mlなので4本全てを2リットルのペットボトルに注げば、ピッタリ収まる計算である。

さっそく、炭酸が抜けぬよう慎重に慎重に、ウィルキンソンを空のペットボトルに注いでいく。途中「もしかしたら溢れるかも?」とか「減ってるかも?」と思ったが、4本目を注ぎ終わると2リットルのペットボトルはピッタンコで満タンに。あとは軽く揺らして混ぜれば準備はOKだ。

いざ飲んでみると、ほう……これはなかなかウマい。何より特徴的なのは口当たりのまろやかさで、レモンを単体で飲んだ時のようなトゲトゲしさは皆無。私が大好きなグレープフルーツと共通する、とにかく飲みやすい味に仕上がっていた。

・すごく美味しいけれど

……が、残念なことにいくら考えても、いくら味わい直してもこの味を「〇〇味!」と断定することができない。あえて言うなら「フルーツポンチ味」だが、それは私が元ネタを知っているからだろう。これは困った。

ただし、心配はご無用。我々、ロケットニュース24にはグルメ記事を執筆するライターたちが多く在籍している。彼らならばズバッと「〇〇味!」と腑に落ちる答えを導き出してくれるに違いない。あえて正体は明かさず、ライター8名にミックス炭酸水を飲んでもらったところ……。

Yoshio「さくらんぼ」

せいじ「ピーチ」

和才「桃」

佐藤「ピーチ?」

亀沢「ピーチ!」

原田「桃……」

あひるねこ「桃(ニヤッ)」

田代「アメリカのお菓子☆」

多数決の結果、「全部混ぜるとピーチ!」と言いたいところだが、ピーチは入っちゃってるので却下。厳正な審査の結果、今回はYoshioの「さくらんぼ味」を採用させていただく。これはなかなか言い得て妙。その後、何度も飲んでみたが「さくらんぼ味」に感じないこともない。いや、むしろかなり近い気がした。

・さくらんぼ味に認定

というわけで、ウィルキンソン タンサンの「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」「ピーチ」を混ぜると、さくらんぼ味になる。しかもかなり美味しいので、興味がある方はぜひ1度お試しいただきたい。ただし、人によっては「アメリカのお菓子味」に感じるかもしれません。現場からは以上です。

参照元:アサヒ飲料「ニュースリリース」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。