居酒屋「甘太郎 池袋60階通り店」に「リモート飲み専用席」 Zoom搭載iPadも

居酒屋「甘太郎 池袋60階通り店」(豊島区東池袋1、TEL 050-3851-0463)は8月11日、「リモート飲み専用席」を設置した。

みんなの経済新聞ネットワーク

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

絶品ドイツパンで朝食を。下北沢駅直結のベーカリー&ビアレストランが誕生

写真:お店から

クラフトドイツビールとモダンドイツ料理の専門店「SCHMATZ(シュマッツ)」が、新業態「SCHMATZ BAKERY & BEER(シュマッツ・ベーカリー&ビア)」 を11月1日、下北沢にオープンした。

朝食メニューの「クロックマダム」600円/写真:お店から

ドイツパンをはじめ、クラフトドイツビールにソーセージなど、ドイツならではのメニューをモーニングからディナーまで楽しめる、新しいスタイルのレストランだ。

ドイツ人オーナーこだわりのパンがずらり!

下北沢駅直結の商業施設「シモキタエキウエ」内に誕生した「SCHMATZ BAKERY & BEER(シュマッツ・ベーカリー&ビア)」 。

 

ドイツ・ハンブルグ出身のオーナーであるクリストファー・アックス氏とマーク・リュッテン氏にとって、パンとは特別なフードであり、かねてからベーカリーをオープンさせるのが夢だったのだという。

写真:お店から

店内にはふたりのこだわりが詰まったパンがずらり。伝統的なブレッツェルやライ麦パンをアレンジしたもののほか、クロワッサンやバゲットなどバラエティ豊かなパンを朝8時から買い求めることができる。イートインはもちろん、テイクアウトもOKだ。

「ブレッツェル」280円
「バターインブレッツェルスティック」280円

まず試したいのが、伝統的な「ブレッツェル」280円。バターのコクと塩気をより楽しみたい方は「バターインブレッツェルスティック」280円をどうぞ。

写真、左から「ほうれん草とフェターチーズのシュトゥルーデル」180円、「ゴルゴンゾーラとクルミのライ麦ロール」320円

シュトゥルーデルやライ麦ロールなどお食事系のパンや、「ストロベリールバーブクラウン」240円といったスイーツパンも揃う。

パンに、クラフトビールに、伝統料理。楽しみ方は自由自在!

朝食メニュー「ヴァイスヴルスト(ボイル白ソーセージ)」800円

イートインの朝食メニューには、「クロックマダム」600円や「アボカドトースト」450円などのオープンサンドが登場。朝からがっつりと食べたい方には、ブレッツェルロール付きの「ヴァイスヴルスト(ボイル白ソーセージ)」がおすすめ。

ランチメニュー「ハム&ジャーマンポテトブレッツェルサンド」950円

ランチにはフレッシュなグリーンの野菜やハーブを使用したサラダにパンとスープがセットになる「グリーングリーンサラダ」1,200円や、ジャーマンポテトとハムをブレッツェルに挟んだ、ザ・ドイツなサンドイッチが並ぶ。

 

コーヒーとの相性も抜群だが、休日ならばぜひランチビールと合わせて食べてほしい。

「ソーセージ3種盛り」1,650円

ディナータイムは、気軽に味わえるタパスや、常時約11種を揃えるオリジナルソーセージ、ドイツの伝統料理のシュニッツェルなどが並ぶ。

写真左から、ドイツ風のピザ「スモークサーモンジェノベーゼ」1,300円、「生ハムルッコラ」1,300円

ビール片手に大人数でわいわいと楽しむなら、ドイツ風ピザもおすすめだ。

写真:お店から

朝食からランチ、軽食に、ディナーまで。シーンに合わせて、自慢のドイツパンとクラフトビール、そして伝統料理を自由に組み合わせて楽しもう。

 

※価格はすべて税抜

 

<店舗情報>
◆SCHMATZ Bakery&Beer 下北沢
住所 : 東京都世田谷区北沢2-24 シモキタエキウエ 2F
TEL : 050-5456-2120
営業時間 : 8:00~11:00 モーニング 11:00~15:00 ランチタイム 15:00~17:00 カフェタイム 17:00~23:00 ディナ…
定休日 : 年中無休(設備点検等により不定期で営業を休ませて頂く場合がございます)

 

取材・撮影・文:食べログマガジン編集部

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し

中部地区を地盤とする主要外食チェーンが、6月から7月にかけて回復の兆しが見えてきている。コロナ禍で休業や営業時間の短縮など最も大きな影響を受けた4月の既存店売上高は、ほとんどが20~50%台だったが、6~7月には80%台まで回復。

前年比には届かないものの、店舗での新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を徹底するなど客数が戻ってきているほか、テイクアウトやデリバリーなど新しい生活様式に合わせたサービスを提供し、マイナス幅の軽減に努めている。

物語コーポレーション(物語)の既存店売上高前年比は4月27.9%と苦戦したが6月96.3%まで改善。壱番屋は4月74%が[…]

中部主要外食チェーン 客足徐々に戻り売上8割まで回復 焼肉復調、ディナーも持直し食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙