お菓子巡りの旅もいいかも?世界で見つけた7種類のしあわせスイーツ

「幸せになるためには?」そんな問いの答えを探るべく、私は2019年に世界27ヵ国の幸福国を巡る旅をしました。

旅の道中、このうえなく幸せを与えてくれたものは「あま〜いお菓子」。世界の地域ごとにそれぞれの特徴があり、それを味わいながらの旅は本当に楽しくて幸せでした。

日本で手に入るお菓子もありますが、どこの国のお菓子なのかを知って食べてみると、味わい方が変わるかも。

さあ、世界のお菓子巡りの旅をしませんか?

ヨーロッパ

食文化が進んだヨーロッパでは、高品質で、上品な味わいのお菓子が多い印象です。

値がはるものもありますが、絶品な味わいものも多いため、ご褒美やプレゼントにも最適です。

1、上品な味わい。LINDOR(リンドール/スイス)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
既に知っている方も多いと思います。スイスの有名なチョコレートメーカーのリンツ。私が特に好きなのがLINDOR(リンドール)。

丸いチョコレートの中にとろけるフィリングが入っています。この究極のなめらかさや、リンツならではの上品な甘さがたまらなく贅沢です。

世界のどこでも人気で、どの国でも商品が置いてあり、よく買って食べていました。たくさんのフレイバーがあることも飽きさせません。

贅沢な気分を味わいたいときや、プレゼントにあげたい一品です。

2、食の街イタリアの濃さ、Baci (バッチ/イタリア)

photo by Yumi Dohara
イタリアでは定番の人気チョコレート、Baci。ゴツゴツした見た目が特徴で、チョコレートの上部にはまるごと1個のヘーゼルナッツ、その下部にはナッツ入りのとろけるチョコレートが入っています。

1粒でも十分な食べ応えとおいしさがあり、さすが食の街イタリアを感じさせます。

Baciはイタリア語で「キス」の意味ですが、発売当初はその形からか、「げんこつ」という名前だったそうです。

また、一粒ひとつぶに愛の言葉が書かれたメモが入っている、どこまでも甘いチョコレートです。

3、コーヒーのお供にぴったりなLotus Biscoff(ロータス ビスコフ/ベルギー)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
さすがは、お菓子の国ベルギー生まれといえる商品。ベルギーは、チョコレートといいワッフルといい、ビールといい、何を食べてもおいしい美食の国だっただけに、このLotus Biscoffがベルギー産ということに納得します。

シナモンの香りとキャラメル風味の味わい、サクサクの食感がコーヒーにとてもよくあい、仕事の合間によく食べていました。

他のクッキーにはもちえない、上品で特徴的な味わいは、いつも気分をリラックスさせてくれます。

created by Rinker
ロータス
¥1,982
(2020/08/18 18:01:00時点 Amazon調べ-詳細)

4、十分な食べ応え!Hellema Peanut Cookies(ヘレマ ピーナッツクッキー/オランダ)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
ローストされたピーナッツのザクザクした食感、生地の濃厚さと食べ応えが大好きなクッキーです。ヘレマは150年の歴史のあるオランダの老舗。

クッキーへの大きなこだわりがあります。1枚1枚に十分な満足感があり、ナッツ好きにはたまらない一品。特におなかがすいているときに食べたくなるクッキーです。

中東

激甘のお菓子が多い中東。そんな中から見つけたのが、デーツ。いまやスーパーフードともいわれる、とても健康的な果物。

イスラエルやドバイで見つけ、この地の名産であることを知りました。安価で手に入ることがうれしく、よく食べていました。

5、アラブ王御用達の品質 DATE CROWN(デーツクラウン/アラブ首長国連邦)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
栄養価が非常に高いデーツ(なつめやし)。日本をはじめ世界でスーパーフードとしても知られる果物ですが、実はイスラエルやアラブ周辺地域の名産品です。

通常、お店には乾燥したものが売られていますが、通りかかった市場で生のものを食べて感激。より好きになりました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

プルーンをもっと甘くしたような、干し柿に近い味わい。イスラム諸国では、ラマダン後にはじめて食べる食事だそうで、栄養価の高さや消化のよさがわかります。

また、ラクダに乗って砂漠を旅する商人は、デーツ2〜3粒で何日も旅できるといわれるほど。このデーツクラウンはアラブ王室御用達メーカー、無添加の高品質な商品で特に絶品な味わいです。

アジア

饅頭やお餅など、日本の和菓子に似たものも多く、距離や文化の近さを感じました。また、南部は果物が安くて豊富で、日本人としてはうれしい限り。そこで感激した一品です。

6、ジューシーな王道 7Dz Dried Mangoes(セブンディー ドライマンゴ―/フィリピン)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フィリピンはマンゴー大国で安価で手に入るため、日本人にとっては天国!マンゴージュースやかき氷などをよく食べていました。

特にドライマンゴーはお土産の王道ですが、その中でも、この7Dマンゴーは一番人気。マンゴーが分厚くてジューシー、しっかりとした味わいがあります。

セブ島への留学時、学校の食事に飽きたときはよく食べていました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

created by Rinker
CEBU
¥1,950
(2020/08/18 18:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

オセアニア

ヨーロッパの上品な大人の味と比べると、甘さがしっかりと主張してくるようなお菓子が多い印象。食べ応えのある味わいが病みつきになります。

7、濃厚チョコのTIMTAM(ティムタム/オーストラリア)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
オーストラリアで大人気のチョコレート菓子、TIMTAM。こちらもお土産のテッパンです。ヨーロッパの上品なお菓子と比べると、こちらはしっかりとした濃厚な味わい。

チョコレートに挟まれたビスケットは、ティムタムだけのために開発されたサクサク食感のもので、このおいしさは一度食べだすとやめられません。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フレイバーが多いことも特徴。メジャーなミルクチョコレートのOriginalから、ホワイトチョコレート、ビター、キャラメル、チョコミント、二重コーティングされたダブルコートまで。

オーストラリアのビスケットシェアNO.1、アーノッツ社の自信作を是非味わってみてください。

created by Rinker
Arnott's(アーノッツ)
¥685
(2020/08/18 18:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

世界のお菓子でごきげんに

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
世界のお菓子それぞれの特徴をみていくと、地域によっての違いが見えてきて、これまでとは違った角度から世界を楽しめるかもしれません。

反対に、おかきやあられなどの日本のお菓子を海外に持っていったときは、日本食のクオリティの高さにとても喜ばれました。

お菓子を通しての国際交流は、みんなを幸せにすることでしょう。

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

苺を愛してやまない!苺尽くしのスイーツ専門店「ストロベリーピープス」登場

2020年5月上旬までの期間限定オープン

「STRAWBERRY PEEPS」は、ルミネエスト新宿の8Fにある、個性的な4ショップが集まるフードホール「PARK BAZAAR(パークバザー)」内の1ショップとして、2019年12月19日(木)より、2020年5月上旬までの期間限定ポップアップショップとして登場します。苺尽くしの甘酸っぱい美味しさを詰め込んだ、欲張りパフェやドリンクをお楽しみください!

THE ストロベリーパフェ/THE ストロベリーチョコレートパフェ


いちごゼリー、バニラアイス、グラノーラ、カスタードブリュレなど、最後まで美味しく召し上がれるように食感や味の違いにこだわった、苺尽くしの期間限定パフェです。
(左)「THE ストロベリーパフェ」1,200円(税抜)
チョコアイス、チョコホイップなど、チョコレートを盛り込んだパフェも登場。
(右)「THE ストロベリーチョコレートパフェ」1,300円(税抜)

BIG!BIG!BIG!パフェ


ワッフルやゼリー、アイス、クッキー、マシュマロと盛り盛りに仕上げた、超ビッグパフェ。3~4名のグループで、ワイワイとシェアして食べるのがおすすめです!
「BIG!BIG!BIG!パフェ」4,000円(税抜)

ハッピーストロベリーミルクセーキ


濃厚なミルクの風味と甘酸っぱい苺の酸味がたまらない、ミルキーなソフトクリームでつくったミルクセーキです。
「ハッピーストロベリーミルクセーキ」780円(税抜)

ラッキーストロベリースカッシュ


爽やかなローズマリーの風味がついた、苺の果肉入りの自家製スカッシュです。
「ラッキーストロベリースカッシュ」780円(税抜)

ちょっと大人のストロベリーサワー


苺をふんだんに使った、アルコール入りのドリンク。ごろごろ入った丸ごと苺と苺ゼリーを潰しながらごゆっくりどうぞ。
「ちょっと大人のストロベリーサワー」800円(税抜)

STRAWBERRY PEEPS(ストロベリーピープス)
営業時間:11:00 ~ 22:30
住  所:東京都新宿区新宿3丁目38番1号 ルミネエスト新宿 8F
電話番号:03-6457-4566
席  数:87席(PARK BAZAAR内総席数)
定 休 日:不定休(ルミネエスト新宿に準ずる)

公式サイト
twitter
Instagram

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「クイーンズ伊勢丹」のレトルトカレー3種がしっかりお店の味でウマい! 特にキーマカレーがウマい!! 贅沢ウマい!

都内を中心に展開する食品専門の高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」。普段「オーケー」を主戦場にしている身からすると、あのスーパーは時給3万くらいないと足を踏み入れてはいけないような気がしてしまうのだが、先日あまりに暑かったため涼む目的でつい入ってしまった。

「クイーンズ伊勢丹」はレトルトカレーがやたら充実しており、普通のスーパーでは見かけない高価なご当地商品もたっぷり用意されている。そんな中、個人的に特に気になったのが「クイーンズ伊勢丹」が独自に手掛けるオリジナルカレーだ。まだ食べていないため矛盾をはらんだ言い方になってしまうが、これは、たぶん絶対ウマい。

・高級レトルトカレー3種

レトルトカレーコーナーで大々的に展開&プッシュされていた「クイーンズ伊勢丹」のオリジナルカレー。今回購入したのは『11種類のスパイスと国産鶏のスパイシーカレー』

『トマトとカシューナッツのコク深いバターチキンカレー』

『クミンはじけるキーマカレー』の3種だ。

値段はそれぞれ税抜348円と まごうことなく貴族価格だが、お店で食べることを考えるならむしろ安いと言える。ちなみに『国産鶏とさつまいものグリーンカレー』っていう商品もあったんだけど、グリーンカレーがあまり好きじゃないのでパスさせていただいた。すまぬ。

・実食その1

さあ、まずは『11種類のスパイスと国産鶏のスパイシーカレー』から食べてみたい。パッケージからしてシャレオツな上に、3種類のカレーはすべて国産鶏を使用&化学調味料不使用という安心安全ぶりだ。さすがクイーン。女王陛下。

湯せんしてライスにかけた時点でスパイシーな香りがワッと漂ってくるが、いざ食べてみると唐辛子やマスタードシードなど、様々なスパイスがルーの中で混然一体となっているのがよく分かる。玉ねぎやチャツネも合わせているらしく、まるでお店のインドカレーのような多層的な味わいだ。

個人的にはもう少し酸味があってもいいような気がしたが、3種類の中でもっともレトルト感がないのはこれだろう。オシャレなカフェで1000円くらいで出しても、たぶん誰も気付かないんじゃないか。

・実食その2

続く『トマトとカシューナッツのコク深いバターチキンカレー』は、先ほどと一転してまず最初にカレーらしからぬ甘みがグオ~ンと押し寄せてくる。野菜、特に原材料にあるトマトビューレによるものだろうか。加えてカシューナッツペーストやバターによって、優しくまろやかなテイストに仕上がっている。

ただ、その甘さゆえに人を選ぶ味でもあるかな。ライスにかけるというよりは、ナンか、もしくはカレー単体で食べた方がウマい気がする。食べるスープ的な。ドロリと濃厚なのにどこかサッパリとした、上品な味わいが印象的だった。

・実食その3

そして最後に登場する『クミンはじけるキーマカレー』。先に言ってしまうと、今回の優勝はこのキーマである。これはマジでウマい。まあキーマカレーってどこで食べても大きなハズレはないけど、最近行った口コミの評価が高いインド料理屋よりも確実にウマかったぞ。

口に入れるとまず、商品名の通りクミンの香りがいっぱいにはじける。そして何より食感が素晴らしい。もも肉とむね肉という2種類の部位を使っているからか、一口の中で異なる食感が同時に楽しめるのだ。肉がそぼろみたいにポロポロしていなく、ギュッと噛みしめるような感じなのも良い。シンプルにウマい。

最初の『スパイシーカレー』と比べるとピリッとした刺激は皆無だが、実は後からじんわりスパイスの辛さが効いてくるぞ。3種類の中でもっとも地味かつフツーな佇まいながら、全体的なレベルの高さではピカイチと言えよう。迷ったらキーマを買うべし!

・たまのプチ贅沢に

聖地「オーケー」でたまに買う激安レトルトの軽く4倍はする貴族的代物だが、特にキーマカレーは下手な店で食べるよりもウマいので、ちょっとしたプチ贅沢気分を味わうにはちょうどいいと思われる。「クイーンズ伊勢丹」に立ち寄った際には(その時点で貴族だが)、ぜひチェックしてみて欲しい。

参考リンク:クイーンズ伊勢丹
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。