家で韓国を味わう!屋台の人気メニュー「韓国式トースト」を作ってみた

「韓国式トースト」とは?

「韓国式トースト」とは?

韓国のトーストは、屋台で手軽に食べられる人気のメニューです。朝ごはん代わりに買っていく人もちらほら。トーストというよりも、見た目はホットサンドといった感じです。バターたっぷりの鉄板で焼いた食パンに、卵焼きやハム、チーズなどを挟むのが定番。大体2,000ウォン(約200円)くらいから食べることができる、リーズナブルな食事なのです。

屋台でトーストを作る様子

お店では鉄板で卵焼きと食パンを焼いて作ってくれて、できたてをハフハフしながら食べるのです。味はなぜかちょっと甘い!実は使っているソースが甘いのです。しょっぱいメニューに甘みを入れるのが韓国っぽいのです。

最近は、お洒落なトーストも出てきましたが、今回紹介するメニューは、韓国で食べられるオースドックスなトーストになります。

ポイントは「○○」!韓国式トーストのレシピ

では、早速レシピを紹介します。

韓国式トーストの材料

<材料>1人分
食パン:2枚(8枚切り)
卵:1個
キャベツ・玉ねぎ・人参:好きな量で
ハム:2枚
チーズ:2枚(とろけるチーズ、チェダーチーズ)
塩:少々
砂糖:好きなだけ
バター:使う分だけたっぷり

材料の野菜は、残り物をなんでも入れてもいいかもしれません。ポイントは「砂糖」なので必須です!

作り方

野菜と卵を混ぜる

よくかき混ぜる

1:ボウルに刻んだキャベツ、にんじん、玉ねぎ、卵、塩少々を入れてよくかき混ぜます。

フライパンにバターを敷いて卵焼きを作る

2:フライパンを熱してバターをたっぷり敷いて、卵液を食パンの大きさに流し込みます。

両面をよく焼く

3:形を整えながら両面をきつね色に焼き色がつくまでよく焼きます。焼けたらお皿に取り出します。

バターをたっぷり使ってパンを焼く

4:同じフライパンにバターをたっぷり敷いて、食パンを焼いていきます。片面が焼けたら、再びバターを溶かして両面をきつね色になるまで焼きます。バターは惜しまず使ったほうがおいしく仕上がります!

きつね色になるまでこんがり焼く

5:きつね色によく焼けたら、お皿に取り出します。2枚同じように焼いていきます。

6:下準備はここまで!卵焼き、トーストしたパンが揃ったら、食材を順番に挟んでいきます。

マヨネーズを薄く塗る

7:パンの片面にマヨネーズを薄く塗ります。

卵焼きを乗せる

8:卵焼きを載せます。

ケチャップを塗って砂糖をまぶす

韓国式トーストのポイントは砂糖!

9:卵焼きにケチャップを薄く塗ったら、砂糖を好きなだけまぶします。

ハムを乗せる

チーズを乗せる

10:ハム、チーズを順番に重ねていきます

最後にパンを乗せる

少しだけ馴染ませる

11:もう1枚のパンを載せたら少しだけ馴染ませます。

半分に切ったら完成!

12:半分に切ったら、できあがりです!断面もきれいに仕上がりました!

甘くてしょっぱいがクセになる!

甘くてしょっぱいがクセになる!

下準備に少し手間はかかりますが、ボリュームもたっぷりで食べ応えがあります。とにかく、韓国式トーストのポイントは「甘くてしょっぱい」こと。最初は躊躇しますが、食べてみると最高においしく、クセになるのでぜひお試しください!

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

第2弾!新大久保食べ歩きグルメ<韓国式ホットドッグ>勝手に食べ比べランキング!



前回も好評だった新大久保の「韓国式ホットドッグ(ハットグ)」の食べ歩きコラム。あれから約半年の年月が過ぎ、新大久保にはホットドッグを扱うお店がたくさん増えました。今回は、前回とは違うお店をピックアップして、食べ歩きしてランキングをしてみました。

まずは前回の記事『新大久保食べ歩きグルメ<韓国式ホットドッグ>勝手に食べ比べランキング!』で韓国式ホットドッグについて復習してみてくださいね!

今回のルールは前回と同じように定番のポテトチーズドッグを全店舗でいただきます。

ニャムニャムハットググ

ニャムニャムハットグはまだ出来たばかり

まず最初に紹介するのは、イケメン通りの大久保通り入口近くにオープンした「ニャムニャムハットグ」です。ストライプの外観と大きなハットグのオブジェが目印。まだオープンしたばかりなのだとか。

ポテトチーズドッグをいただきます

ここで注文するのは1番にある「ごろごろポテトモッツァレラ」です。一番下にはウィンナーが入っているタイプのポテトチーズドッグです。注文は券売機で券を買う方式。

ごろごろのポテトがいっぱい

券を渡してから一つ一つ作って揚げていくので、できあがりまでは5分以上の時間がかかります。できあがったハットグは名前の通りポテトがごろごろたくさんついたタイプ。

甘い系もしっかりあります

トッピングはたくさん

トッピングは甘い砂糖系とチーズ系のシーズニング、ケチャップ、マスタード、スイートチリなどがあります。

迷ったらお店のオススメを

何をかけるか迷ったときは、お店のオススメのトッピングの仕方が書いてあるのでこちらを参考にするといいですね。余裕があればお店にある全種類をかけるといいかも!筆者は一番上のオススメの「甘酸っぱいソース」にしました。

トッピングをたっぷりかけて

トッピングをかけたものはこちら。最初に砂糖をふりかけた後に、ケチャップ、マスタード、そしてスイートチリソースがいい味出してます。最後にハニーバターシーズニングをかけて、少しだけ甘みを。



ニャムニャムハットグのチーズはミルク感が強い!モッツァレラチーズを食べているって感じがかなりあって満足感が高いです。何よりもスイートチリソースがぴったりで、新発見をしました。ミルクや、チーズ好きの人にはオススメです。

ニャムニャムハットグ
東京都新宿区大久保1丁目16−16
営業時間:不明

青春ホットドッグ

イケメン通りのせいしゅんホットドッグ

次は同じイケメン通りにオープンした「青春ホットドッグ 2号店」です。すでにかなりの行列。ここでは「ジャガイモレラホットドッグ」を注文します。お店の横にはタピオカミルクティー屋さんもあって、そちらも一緒に注文できるそう。

ハットグと一緒にタピオカミルクティーも頼めます

ここは生地にこだわりがあるよう。「毎朝120分間発酵熟成」と書いてあります。もちもちふわふわの食感なのかしら?期待が高まりますね。

生地は120分間熟成発酵

こちらも注文してから調理してくれるので、できあがりまでは5分以上の時間がかかります。混んでいるときはさらに待つこともありそう。できあがったポテトチーズドッグは、波型にカットされた大きめのポテトが目立ちます。

大きなポテトはかなり多め

トッピングはこんな感じ。甘いのと酸っぱい、しょっぱいが全部そろっていますね。カレーパウダーは今までで初めて見たかも?

ガーリックパウダーをかけてみました

ここでは砂糖をまぶした後に、ケチャップ、マスタード、スイートチリソース、ガーリックパウダーをかけてみました。ガーリックパウダーの香りがなかなか食欲をそそっていい感じです。

ツルツルしたなめらかなチーズが特徴

青春ホットドッグのチーズはツルツルしてなめらかな食感。衣は重くはないですが厚めでしっかりついています。ガーリックパウダーがハットグと相性が良くて◎です。ここも尻尾にソーセージが入っていました。

青春ホットドッグ
東京都新宿区大久保1-15-8
営業時間:10:00〜22:00
http://www.cchotdog.jp/

DEM’S ハットグ

DEM'S ハットグはいつも行列!

続いては、大久保通り沿いのスーパー「ソウル市場」の隣にある「DEM’S ハットグ」。実は半年くらい前まではケバブ屋さんでした(笑)。ケバブと一緒にハットグを出していたのは知ってましたが、専門店に変更したようです。今ではかなりの人気店!

実は元ケバブ屋さん

ケバブ屋さんから鞍替えしたので、お店の方たちはトルコ系の方の様子。ここは新大久保なので、韓国人の店員さんが多いのですが、なんともグローバルで不思議な光景。

レインボーポテレラは売り切れでした

レインボーカラーのチーズが入った「レインボーポテレラ」を注文したかったのですが、「売り切れ」だそう(午前中なのに!)。ということで「ポテレラ」を注文しました。

ポテトはかなり多め

注文してからできあがりまで待ちます。できあがったポテトチーズドッグは小さく角切りにされたポテトがいっぱいまぶしてあります。そしてこんがり揚がってる感じ。

ケバブ屋さんらしく、オーロラソースやホットソースが

ソースは、元ケバブ屋さんらしく、ケバブにつけるオーロラソースやホットソースがあるのが特徴。明太マヨネーズとかここでしか見かけないものも!

オーロラソース、ホットソースをかけてみました

せっかくなので、砂糖をしっかりまぶした後に、オーロラソース、ホットソース、ケチャップとマスタードをたっぷりとかけてみました。とにかく、韓国式ホットドッグには砂糖は欠かせないのです!

とにかくすごくチーズが伸びる!

ここのチーズは、とにかく伸びる!伸びて伸びてなかなか切れないほど伸びます!今まで食べてきたチーズドッグの中で一番の伸びかもしれません。トルコは伸びるアイス「トルコアイス」が有名ですけど、それと関係あるのかしら?

DEM’S ハットグ
東京都新宿区大久保1-16-15
営業時間:9:00~24:00

ナンマン ハットグ タピオカ

ナンマンハットグタピオカもいつも行列

最後は大久保通りにある「ナンマン ハットグ タピオカ」です。ここも連日行列がすごい!なんでも、ハットグとタピオカミルクティーという人気食べ歩きメニューを両方扱っていますからね。

オリジナルのピザモッツァレラチーズホットドッグがきになる

ここでは「ポテトモッツァレラチーズホットドッグ」を注文。どのお店も独自のメニューがあったりしますが、ここはピザ味の「ピザモッツァレラチーズホットドッグ」がオリジナルメニューのようです。

ポテトの他にパン粉??

もちろん注文してから調理してくれるので、できあがりまでは5分以上の待ち時間があります。できあがったポテトドッグにはポテト以外にパン粉みたいなものがまぶされてる??

トッピングは定番がずらり

トッピングは定番と言った感じ。スイートチリソースを置くお店が多くなりましたね。確かに相性はぴったりなので置いてもらえるととても嬉しいソースです。

オニオンパウダーをかけてみました

ここでは、シュガーパウダーをしっかりまぶした後に、ケチャップ、マスタード、スイートチリソース、チェダーチーズ、オニオンパウダーをかけてみました。オニオンがいい香り!

生地は甘くてふわふわ。アメリカンドッグみたい

生地はアメリカンドッグのような感じで甘めで分厚い感じ。ふわふわしています。チーズの量はそんなに多くないのですが、かなり伸びる感じ。他のお店と比べると、一番生地がしっかりしていました。

ナンマン ハットグ タピオカ
東京都新宿区百人町2-2−2 宮下ビル1F
営業時間:不明

今回の勝手にランキング!一番はどれ?

今回も4店舗のハットグを食べ比べしてみました。どの店舗もそれぞれの特徴があり甲乙つけがたい感じでしたが、前回と同様独断と偏見で勝手にランキングをつけてみました!

1位:ニャムニャムハットグ
チーズのミルク感とまろやかさがハンパない!
2位:青春ホットドッグ
軽い衣でふわふわもちもちで食べやすい
3位:DEM’Sハットグ
とにかく、チーズの伸びがすごい!!
4位:ナンマンホットドッグ
生地はアメリカンドッグのように甘めで美味しい

どんどん新しいハットグ屋さんが増えている新大久保。お店によって特徴が違うので、食べ歩いて自分好みのお店を見つけてみてくださいね。

[All Photos by Kaori Simon]

第1弾の『新大久保食べ歩きグルメ<韓国式ホットドッグ>勝手に食べ比べランキング!』『すで大行列!新大久保の人気グルメ「88hotdog」に行ってみた!』も要チェックです!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

お菓子巡りの旅もいいかも?世界で見つけた7種類のしあわせスイーツ

「幸せになるためには?」そんな問いの答えを探るべく、私は2019年に世界27ヵ国の幸福国を巡る旅をしました。

旅の道中、このうえなく幸せを与えてくれたものは「あま〜いお菓子」。世界の地域ごとにそれぞれの特徴があり、それを味わいながらの旅は本当に楽しくて幸せでした。

日本で手に入るお菓子もありますが、どこの国のお菓子なのかを知って食べてみると、味わい方が変わるかも。

さあ、世界のお菓子巡りの旅をしませんか?

ヨーロッパ

食文化が進んだヨーロッパでは、高品質で、上品な味わいのお菓子が多い印象です。

値がはるものもありますが、絶品な味わいものも多いため、ご褒美やプレゼントにも最適です。

1、上品な味わい。LINDOR(リンドール/スイス)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
既に知っている方も多いと思います。スイスの有名なチョコレートメーカーのリンツ。私が特に好きなのがLINDOR(リンドール)。

丸いチョコレートの中にとろけるフィリングが入っています。この究極のなめらかさや、リンツならではの上品な甘さがたまらなく贅沢です。

世界のどこでも人気で、どの国でも商品が置いてあり、よく買って食べていました。たくさんのフレイバーがあることも飽きさせません。

贅沢な気分を味わいたいときや、プレゼントにあげたい一品です。

2、食の街イタリアの濃さ、Baci (バッチ/イタリア)

photo by Yumi Dohara
イタリアでは定番の人気チョコレート、Baci。ゴツゴツした見た目が特徴で、チョコレートの上部にはまるごと1個のヘーゼルナッツ、その下部にはナッツ入りのとろけるチョコレートが入っています。

1粒でも十分な食べ応えとおいしさがあり、さすが食の街イタリアを感じさせます。

Baciはイタリア語で「キス」の意味ですが、発売当初はその形からか、「げんこつ」という名前だったそうです。

また、一粒ひとつぶに愛の言葉が書かれたメモが入っている、どこまでも甘いチョコレートです。

3、コーヒーのお供にぴったりなLotus Biscoff(ロータス ビスコフ/ベルギー)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
さすがは、お菓子の国ベルギー生まれといえる商品。ベルギーは、チョコレートといいワッフルといい、ビールといい、何を食べてもおいしい美食の国だっただけに、このLotus Biscoffがベルギー産ということに納得します。

シナモンの香りとキャラメル風味の味わい、サクサクの食感がコーヒーにとてもよくあい、仕事の合間によく食べていました。

他のクッキーにはもちえない、上品で特徴的な味わいは、いつも気分をリラックスさせてくれます。

created by Rinker
ロータス
¥1,982
(2020/08/18 18:01:00時点 Amazon調べ-詳細)

4、十分な食べ応え!Hellema Peanut Cookies(ヘレマ ピーナッツクッキー/オランダ)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
ローストされたピーナッツのザクザクした食感、生地の濃厚さと食べ応えが大好きなクッキーです。ヘレマは150年の歴史のあるオランダの老舗。

クッキーへの大きなこだわりがあります。1枚1枚に十分な満足感があり、ナッツ好きにはたまらない一品。特におなかがすいているときに食べたくなるクッキーです。

中東

激甘のお菓子が多い中東。そんな中から見つけたのが、デーツ。いまやスーパーフードともいわれる、とても健康的な果物。

イスラエルやドバイで見つけ、この地の名産であることを知りました。安価で手に入ることがうれしく、よく食べていました。

5、アラブ王御用達の品質 DATE CROWN(デーツクラウン/アラブ首長国連邦)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
栄養価が非常に高いデーツ(なつめやし)。日本をはじめ世界でスーパーフードとしても知られる果物ですが、実はイスラエルやアラブ周辺地域の名産品です。

通常、お店には乾燥したものが売られていますが、通りかかった市場で生のものを食べて感激。より好きになりました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

プルーンをもっと甘くしたような、干し柿に近い味わい。イスラム諸国では、ラマダン後にはじめて食べる食事だそうで、栄養価の高さや消化のよさがわかります。

また、ラクダに乗って砂漠を旅する商人は、デーツ2〜3粒で何日も旅できるといわれるほど。このデーツクラウンはアラブ王室御用達メーカー、無添加の高品質な商品で特に絶品な味わいです。

アジア

饅頭やお餅など、日本の和菓子に似たものも多く、距離や文化の近さを感じました。また、南部は果物が安くて豊富で、日本人としてはうれしい限り。そこで感激した一品です。

6、ジューシーな王道 7Dz Dried Mangoes(セブンディー ドライマンゴ―/フィリピン)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フィリピンはマンゴー大国で安価で手に入るため、日本人にとっては天国!マンゴージュースやかき氷などをよく食べていました。

特にドライマンゴーはお土産の王道ですが、その中でも、この7Dマンゴーは一番人気。マンゴーが分厚くてジューシー、しっかりとした味わいがあります。

セブ島への留学時、学校の食事に飽きたときはよく食べていました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

created by Rinker
CEBU
¥1,950
(2020/08/18 18:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

オセアニア

ヨーロッパの上品な大人の味と比べると、甘さがしっかりと主張してくるようなお菓子が多い印象。食べ応えのある味わいが病みつきになります。

7、濃厚チョコのTIMTAM(ティムタム/オーストラリア)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
オーストラリアで大人気のチョコレート菓子、TIMTAM。こちらもお土産のテッパンです。ヨーロッパの上品なお菓子と比べると、こちらはしっかりとした濃厚な味わい。

チョコレートに挟まれたビスケットは、ティムタムだけのために開発されたサクサク食感のもので、このおいしさは一度食べだすとやめられません。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フレイバーが多いことも特徴。メジャーなミルクチョコレートのOriginalから、ホワイトチョコレート、ビター、キャラメル、チョコミント、二重コーティングされたダブルコートまで。

オーストラリアのビスケットシェアNO.1、アーノッツ社の自信作を是非味わってみてください。

created by Rinker
Arnott's(アーノッツ)
¥685
(2020/08/18 18:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

世界のお菓子でごきげんに

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
世界のお菓子それぞれの特徴をみていくと、地域によっての違いが見えてきて、これまでとは違った角度から世界を楽しめるかもしれません。

反対に、おかきやあられなどの日本のお菓子を海外に持っていったときは、日本食のクオリティの高さにとても喜ばれました。

お菓子を通しての国際交流は、みんなを幸せにすることでしょう。

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。