【時短グッズ】料理の素人が餃子を簡単&キレイに作れる「ぎょうざ包み」を使ってみた結果

皮に具を乗せてフチに水、それからヒダを……と餃子を自分で作るのは何かとめんどくさい。しかし、便利なことにたった数百円で時短できる商品もチラホラ。以前紹介した「ワンタッチ餃子パック(約100円)」のように、たとえ料理の素人だとしても簡単に餃子を作れるものだってあるものだ。

んで、基本的に値段が上がれば上がるほど便利になるのが世の理だが、今回は約600円の商品を見つけたので使ってみることにした。商品名は「ぎょうざ包み」とそのまんま。6倍価格の実力はどれほどのものだろうか。

・およそ600円で購入

購入した「ぎょうざ包み(雑貨店で税抜580円)」は株式会社マーナから販売されている。パッケージには「底が平らなヒダ付きの餃子が作れる」「手早くプロ級の仕上がり」などと書いてあるが、料理素人の私でも本当にそのような感じで作れるのか。

取り出してみたところ600円だけあって何だか「マシン感」とでも言おうか、気持ちしっかりしているように見えてチャチな感じはせず。手のひらサイズながら仕事はしてくれそうだ。それでは期待を胸に作っていくとしよう!

・使ってみた

材料を用意したらスタンバイOK。作り方は超簡単だ。

皮を指定された場所にセット。それから具を皮の中心にやや細長に乗せる。

あとは周りに水をつけ、皮がつきやすいようにしてガッチャンコとマシンをかみ合わせれば……

たったそれだけなのにキレイな餃子のいっちょあがりだ。確かに底がきちんと平らになっていて焼きやすそう。そしてそして……

見逃せないのがサイド部分。自然とヒダができており、グッと美しさが増す。マシンでガッチャンコしただけで、ここまでできているのはありがたい。

あとは単純作業の繰り返しではあるが、慣れたらサクサク作れてゴールは目前。最後に、餃子のプロ直伝「焼き餃子を美味しく作るコツ」で焼けば……

とても素人が作ったとは思えない餃子が完成した。私でも “っぽい餃子” を作れたのだから、料理が得意な人であればもっとキレイになったはずだ。

・しっかりできた印象

なお、約100円で買った「ワンタッチ餃子パック」と比べてみたが、やはり「ぎょうざ包み」の方が全体的によかった。

底がしっかりしていると焼きやすさが違う。見た目は二の次で食べられたらいいよって人であれば100円で十分だが、焼き目までこだわるならば500円差は安い買い物と言っていいだろう。

「ぎょうざ包み」は雑貨店ほか、通販などでも購入可能。料理素人の私が簡単にできたくらいなので、簡単&美しい餃子を作りたい人は使ってみるのもいいかも。それでは、よい餃子ライフを!

参考リンク:株式会社マーナ「ぎょうざ包み」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

新鮮なスパイス感が秀逸!SPICY CURRY 魯珈【東京スパイシーカレー特集】



ときには刺激的だったり、ときには爽やかだったり。
ピリッとした辛味と芳醇な香りが織りなすスパイス。
食べた瞬間から、舌と胃だけでなく細胞まで熱くしてくれるスパイスはもはや快楽性物質ではないでしょうか。

ところでここ数年、“スパイスカレー(スパイスカリー)”なるものが大阪で爆発的なブームを巻き起こしており、大阪名物の新定番として注目されています。

さらにそのムーブメントは東京にも飛び火し、専門店が続々と登場。その勢いはとどまることを知らず、大阪に負けない盛り上がりを見せているんですよ。

今回の特集では、そんな東京でも食せる魅惑のスパイスカレーをピックアップ。
第6回は、都内屈指の超人気店「SPICY CURRY 魯珈」をご紹介しましょう!

スパイスカレーの定義とは?

さて、そもそも「スパイスカレー」ってどんなものなのでしょうか?

某店主によれば、スパイスカレーの発祥は大阪・北浜にある「カシミール」というお店とのこと。その独創的な味に影響を受け、数々の名店が大阪で誕生。カレーマニアの枠を超えて幅広い層に親しまれるようになったのだそう。
一方、東京にも以前からスパイスカレー的なカレーを提供するお店は存在していたようなのですが、数も少なく今日のようなブームにはならなかったとのこと。

さらにスパイスカレーには以下のような特徴があることも判明しました。

・欧風ではなく、どちらかというインドやスリランカ系。
・基本はライス。
・野菜やアチャール(インド版漬物)がトッピングされたワンプレートスタイル。
・スパイスやハーブはお店独自で調合。

“これといった決まりはない”とも言えるスパイスカレー。この自由なスタイルこそが個性ある味わいを生むのかもしれません。

記帳制だから時間が読みやすい


大久保駅から歩くこと3分ほど。雑居ビル1階に佇むのが「SPICY CURRY 魯珈(ろか)」。女性店主が一人が切り盛りするスパイスカレー専門店です。数ヶ月前にテレビ番組「情熱大陸」にも出演し、ますますお客さんが多くなったのだとか。


連日行列が絶えないことで知られていましたが、最近では記帳制を導入。夜の部は17時スタート。16時に筆者が到着したところその時点での空席は18時からの枠のみ。通常開店の1時間前に記帳開始のようですが、その時点で並ばれているお客さんもおられるようです。やはり超人気店はハードル高い!


近所のカフェで時間をつぶして、18時に戻ってきました。名前を呼ばれて指定された席に着席。


カレーは4種。さらに台湾名物の豚バラ煮込みかけご飯「魯肉飯」もあります。カレー2種盛りや魯肉飯とカレーの合いがけもなども人気なのだそう。


ラッシー(200円)。カルダモンの爽やかな香りがたまりません!

新鮮なスパイスが際立つ、極上カレー


ろかプレート(950円)。カレーは魯珈チキンカレーをセレクト。たまねぎのアチャールやマスタードオイル高菜などが添えられ、ボリュームたっぷり。


甘味が強い玉ねぎとトマトの水分で煮込んだという魯珈チキンカレー。スパイスの芳醇な香りが限りなく秀逸!噛まずともほぐれる柔らかい鶏肉も絶品。一口食べるだけで高揚感が感じられる至福の味わいでした。


じっくり煮込まれた豚バラはジューシーな食感。八角の爽やかな香りが効いて深みたっぷり。ターメリックライスやカレーとも絶妙なコンビネーションに。中華とカレーの至福のハーモニーは、病みつきになりそうな美味しさ!

総評:2時間待っても食べる価値大!新鮮なスパイス際立つ極上スパイスカレー

今回筆者はお店到着から合計で2時間待っていたことになりますが、それでも十分価値がある極上の味わいでした。“スパイスの風味を活かすために必要以上に煮込まない”というカレーは一般的なものよりはるかに香りが秀逸。期待を裏切らない究極のスパイスカレーであること間違いなしです!

スパイシーカレー魯珈
住所 東京都新宿区百人町1丁目24−7
電話番号 03-3367-7111
営業時間 [月・水・金]11:00~16:00 [火・木]11:00~15:00/17:00~20:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日

[All photos by Nao]

東京のスパイスカレー専門店を6つピックアップした【東京スパイスカレー特集】もお見逃しなく!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

お菓子巡りの旅もいいかも?世界で見つけた7種類のしあわせスイーツ

「幸せになるためには?」そんな問いの答えを探るべく、私は2019年に世界27ヵ国の幸福国を巡る旅をしました。

旅の道中、このうえなく幸せを与えてくれたものは「あま〜いお菓子」。世界の地域ごとにそれぞれの特徴があり、それを味わいながらの旅は本当に楽しくて幸せでした。

日本で手に入るお菓子もありますが、どこの国のお菓子なのかを知って食べてみると、味わい方が変わるかも。

さあ、世界のお菓子巡りの旅をしませんか?

ヨーロッパ

食文化が進んだヨーロッパでは、高品質で、上品な味わいのお菓子が多い印象です。

値がはるものもありますが、絶品な味わいものも多いため、ご褒美やプレゼントにも最適です。

1、上品な味わい。LINDOR(リンドール/スイス)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
既に知っている方も多いと思います。スイスの有名なチョコレートメーカーのリンツ。私が特に好きなのがLINDOR(リンドール)。

丸いチョコレートの中にとろけるフィリングが入っています。この究極のなめらかさや、リンツならではの上品な甘さがたまらなく贅沢です。

世界のどこでも人気で、どの国でも商品が置いてあり、よく買って食べていました。たくさんのフレイバーがあることも飽きさせません。

贅沢な気分を味わいたいときや、プレゼントにあげたい一品です。

2、食の街イタリアの濃さ、Baci (バッチ/イタリア)

photo by Yumi Dohara
イタリアでは定番の人気チョコレート、Baci。ゴツゴツした見た目が特徴で、チョコレートの上部にはまるごと1個のヘーゼルナッツ、その下部にはナッツ入りのとろけるチョコレートが入っています。

1粒でも十分な食べ応えとおいしさがあり、さすが食の街イタリアを感じさせます。

Baciはイタリア語で「キス」の意味ですが、発売当初はその形からか、「げんこつ」という名前だったそうです。

また、一粒ひとつぶに愛の言葉が書かれたメモが入っている、どこまでも甘いチョコレートです。

3、コーヒーのお供にぴったりなLotus Biscoff(ロータス ビスコフ/ベルギー)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
さすがは、お菓子の国ベルギー生まれといえる商品。ベルギーは、チョコレートといいワッフルといい、ビールといい、何を食べてもおいしい美食の国だっただけに、このLotus Biscoffがベルギー産ということに納得します。

シナモンの香りとキャラメル風味の味わい、サクサクの食感がコーヒーにとてもよくあい、仕事の合間によく食べていました。

他のクッキーにはもちえない、上品で特徴的な味わいは、いつも気分をリラックスさせてくれます。

created by Rinker
ロータス
¥1,982
(2020/08/18 18:01:00時点 Amazon調べ-詳細)

4、十分な食べ応え!Hellema Peanut Cookies(ヘレマ ピーナッツクッキー/オランダ)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
ローストされたピーナッツのザクザクした食感、生地の濃厚さと食べ応えが大好きなクッキーです。ヘレマは150年の歴史のあるオランダの老舗。

クッキーへの大きなこだわりがあります。1枚1枚に十分な満足感があり、ナッツ好きにはたまらない一品。特におなかがすいているときに食べたくなるクッキーです。

中東

激甘のお菓子が多い中東。そんな中から見つけたのが、デーツ。いまやスーパーフードともいわれる、とても健康的な果物。

イスラエルやドバイで見つけ、この地の名産であることを知りました。安価で手に入ることがうれしく、よく食べていました。

5、アラブ王御用達の品質 DATE CROWN(デーツクラウン/アラブ首長国連邦)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
栄養価が非常に高いデーツ(なつめやし)。日本をはじめ世界でスーパーフードとしても知られる果物ですが、実はイスラエルやアラブ周辺地域の名産品です。

通常、お店には乾燥したものが売られていますが、通りかかった市場で生のものを食べて感激。より好きになりました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

プルーンをもっと甘くしたような、干し柿に近い味わい。イスラム諸国では、ラマダン後にはじめて食べる食事だそうで、栄養価の高さや消化のよさがわかります。

また、ラクダに乗って砂漠を旅する商人は、デーツ2〜3粒で何日も旅できるといわれるほど。このデーツクラウンはアラブ王室御用達メーカー、無添加の高品質な商品で特に絶品な味わいです。

アジア

饅頭やお餅など、日本の和菓子に似たものも多く、距離や文化の近さを感じました。また、南部は果物が安くて豊富で、日本人としてはうれしい限り。そこで感激した一品です。

6、ジューシーな王道 7Dz Dried Mangoes(セブンディー ドライマンゴ―/フィリピン)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フィリピンはマンゴー大国で安価で手に入るため、日本人にとっては天国!マンゴージュースやかき氷などをよく食べていました。

特にドライマンゴーはお土産の王道ですが、その中でも、この7Dマンゴーは一番人気。マンゴーが分厚くてジューシー、しっかりとした味わいがあります。

セブ島への留学時、学校の食事に飽きたときはよく食べていました。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)

created by Rinker
CEBU
¥1,950
(2020/08/18 18:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

オセアニア

ヨーロッパの上品な大人の味と比べると、甘さがしっかりと主張してくるようなお菓子が多い印象。食べ応えのある味わいが病みつきになります。

7、濃厚チョコのTIMTAM(ティムタム/オーストラリア)

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
オーストラリアで大人気のチョコレート菓子、TIMTAM。こちらもお土産のテッパンです。ヨーロッパの上品なお菓子と比べると、こちらはしっかりとした濃厚な味わい。

チョコレートに挟まれたビスケットは、ティムタムだけのために開発されたサクサク食感のもので、このおいしさは一度食べだすとやめられません。

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
フレイバーが多いことも特徴。メジャーなミルクチョコレートのOriginalから、ホワイトチョコレート、ビター、キャラメル、チョコミント、二重コーティングされたダブルコートまで。

オーストラリアのビスケットシェアNO.1、アーノッツ社の自信作を是非味わってみてください。

created by Rinker
Arnott's(アーノッツ)
¥685
(2020/08/18 18:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

世界のお菓子でごきげんに

photo by 和田英士(アトリエグラフィア)
世界のお菓子それぞれの特徴をみていくと、地域によっての違いが見えてきて、これまでとは違った角度から世界を楽しめるかもしれません。

反対に、おかきやあられなどの日本のお菓子を海外に持っていったときは、日本食のクオリティの高さにとても喜ばれました。

お菓子を通しての国際交流は、みんなを幸せにすることでしょう。

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。