蕎麦にそびえ立つ肉の山! しぶそば蒲田店「DX肉盛り冷やしかき揚げ」が夏バテをぶっ飛ばすパンチ力 / 立ち食いそば放浪記:第241回

青い空、ギラギラの太陽、夏真っ盛り。皆さん、バテてはいないだろうか? 私(中澤)は目下食欲が減退中。もうそばくらいしか食べる気がしないので、スタミナのつきそうなそばをレポートしたい。

重なる肉はまさに山! でも、冷やしそばだからツルッといける。しぶそば蒲田店で販売中の「DX肉盛り冷やしかき揚げ(税込920円)」が、夏バテ気味の体にも染み込むスタミナメニューだった。

・公式画像ではいまいちわからなかった

実は、2020年8月1日からしぶそば蒲田店では爆盛り祭り的なものが開催されている。「DX肉盛り冷やしかき揚げ」だけでなく、海老天・かき揚げ・かぼちゃ天・ちくわ天・きつねが入った「蒲田オールスターズ(税込680円)」や、麺1キロの「爆もり(税込980円)」なども展開されているのだ。

しぶそばTwitterアカウント(@sibusoba)の投稿によると、「DX肉盛り冷やしかき揚げ」は、同時に販売されている「肉盛り冷やしかき揚げ(税込680円)」の肉量を2倍にしたもののようである。しかし、投稿されている画像が他のものより小さいせいか、いまいちその迫力が伝わってこない。そこで実際に食べてみることにした。

・感染予防対策

東急蒲田駅の改札内にある駅そばであるしぶそば蒲田店。店の前に着くと、まず目を引いたのは、両サイドに設置されたデカめの送風機。元々、ホームに面する壁が全部入り口のような設計の立ち食いそば屋なので風通しは悪くなさそうだが、コロナ禍に際する意識の高さが垣間見える。

また、店頭には感染予防対策で従業員が行っていることと客へのお願いなどが貼り出されている。こんなご時世だし、念を入れて入れすぎることはないのかもしれない。かく言う私も、取り組みがハッキリ明示されていることに少し安心感を覚えたのは事実だ。

というわけで、券売機で「DX肉盛り冷やしかき揚げ」の食券を購入し中に入ると、席もビニールで1席ずつ区切られていて半個室のようになっている。立ち食いそば屋の中でも、かなりしっかりした対策が講じられているように感じた。対コロナ意識の高さでは業界No.1かもしれない

・真の実力

もちろん、厨房もビニールで仕切られている。そんなビニールの向こう側から「DX肉盛り冷やしかき揚げ」が登場した。出てきた丼を上から見ると、豚肉で麺がほぼ隠れている。さすが2倍。しかし、この時私はまだ分かっていなかったこのそばの真の実力を

丼を横から見てみたところ……

山かよ

何重にも折り重なり丼を突き抜けた肉はまさに山!! まず肉を少し食べないと崩落の危険もある。そんな肉マウンテンが蕎麦の上にそびえていた。

そこで慎重に肉を食べてみると、甘めの味付けと豚肉の旨みが、染み出しそばつゆとよくマッチしている。ピーナッツが具に入っているのは少しストレンジな異色の組み合わせな気がするが、ピリッと香ばしい味と食感が豚肉のアクセントとなっている。もはや、これだけで定食のおかずが完成するレベル

・満を持してのヒーロー登場

さらに、ボリューミーな唐辛子フライは、辛みがそんなに無くポリポリ食べられて、これもストレンジな食感。この豚肉量でも飽きない工夫がされているようだ。そんな感じで豚肉を掘っていると……

かき揚げ先輩キタァァァアアア

立ち食いそばのアイドルであるかき揚げ先輩。しかも、しぶそばのかき揚げは分厚い上、コーンなどが入っている甘いマスクのイケメンだった。ヒーローは遅れてやってくる。ここでの登場は、待ちに待った登場と言えるだろう。よっ! つゆも滴る良い男!!

ステーキとかに比べると地味な印象のある蕎麦だが、しぶそば蒲田店の「DX肉盛り冷やしかき揚げ」はマジでデラックス。バテていても食べるのが楽しくなる “味のビックリ箱” のような蕎麦であった。この夏、蒲田民の強い味方となるかもしれない。

・今回紹介した店舗の情報

店名 しぶそば蒲田店
住所 東京都大田区西蒲田7-69-1東急蒲田駅改札内
営業時間 平日7:00~22:00 / 土7:00~21:00 / 日・祝日7:00~20:00(※コロナウイルス感染拡大のため当面の間営業時間変更→土20:00まで、日・祝日19:00まで)
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

37年間 “食わず嫌い” していた『イカスミのパスタ』を生まれて初めて食べた感想 → 「匂いを嗅いだ時点で混乱」

誰にだって、苦手なものはある。しかし、はっきりとした根拠をもって「苦手」と判断していることは意外と少ない。というか、実際のところフワフワした曖昧な理由で「嫌い」と主張しているケースがほとんど……と思うのだがどうだろう。

食べ物の好き嫌いひとつ取ってもそうだ。たとえば、私は長年『イカスミのパスタ』が苦手だった。正確には、苦手だと思っていた。その主な理由は「いくら何でも黒すぎる」というものだったが、今から思えばこれほど意味の分からない言い分はない。

なぜ私は、あんな馬鹿げた理由で、『イカスミのパスタ』を食わず嫌いしていたのか……。この心地よい後悔について以下で紹介したい。

・『イカスミのパスタ』への偏見

私が『イカスミのパスタ』を避けていたもう1つの理由、というか偏見は匂いである。きっとクサいんだろうと。イカ自体、味は美味しくても匂いを嗅ぐとキツいんだから、そのスミをベースにしたソースはヤバいだろうと。絶対にクセが強いんだろうと。

そのクセが一部の人にウケたおかげで『イカスミのパスタ』は知名度を獲得しているが、自分の好みではないだろうと。“からすみ” や “このわた” と同じようなもんだろうと。つまるところ『イカスミのパスタ』は、酒飲みが好きなヤツだろうと。

だから、アルコールが弱い自分には向かないだろうと。ちなみに、こっちは今だにハンバーグと鶏の唐揚げが大好きやぞと。そんな味覚の自分に、『イカスミのパスタ』はハードル高すぎるやろと。

──ざっと以上である。

ご覧の通り、『イカスミのパスタ』に関して、ポジティブな要素は1つもない。だから、私がイタリアのベネチアを訪れ、「名物の1つがイカスミのパスタ」と知ったときは正直がっかりした。「よりによってそれかよ」って感じだ。

・空気に流されて

しかし……。忘れもしないベネチア滞在の最終日。入ったレストランで周りを見渡すと、たまたま隣にいたテーブルのグループが全員 “黒いパスタ” を食べていたのだ。店員さんに聞けば、『イカスミのパスタ』は店のオススメメニューで、多くの人が頼むという。

え? そんなに美味しいの? と気になったところに、店員さんがプッシュしてくる。でもなぁ。イカスミだしなぁと迷っている私を見て、今度は隣のお客さんが「めちゃくちゃ美味いから!」的なことを言ってくるので、私は半ば仕方なく『イカスミのパスタ』を注文した。つまり、私が『イカスミのパスタ』を頼んだ理由は空気に流されたからである。

・匂いが

やがてやって来た『イカスミのパスタ』。分かってはいたが、真っ黒だ。容赦のない黒さに若干気落ちしながらも、匂いを嗅いだ瞬間……!

私は混乱した。漆黒の物体から、「絶対に美味い」と確信する匂いが放たれていたからである。それはちょっと奇妙な感覚と言っていい。視覚は絶望しているのに、嗅覚は狂喜しているとでも言おうか。

その嗅覚に後押しされるまま、恐る恐る食べてみたところ……

……

……

……

……

何も喋れなかった。隣のテーブルのお客さんが「な! 美味いだろう?」的な視線を向けてきたので、「うん」と返したが、それ以外に何かを言う余裕なんてなかった。大げさに言えば、目の前にある食べ物を口の中に送り込むこと以外、何もしたくない気分。つまるところ……

めちゃくちゃ美味い!

このコクは何だろう? 魚介だけでなくチーズも加えられているのだうか? 塩味の加減といい、イカの絶妙な主張具合といい、すべてのバランスが完璧だ。イカの臭みなんて一切ない。むしろ旨味しかない。旨味のかたまり!

・手のひら返し

もちろん、日本でも「味噌ラーメン」の味が店によって異なるように、すべての『イカスミのパスタ』が上のような味というワケではない。たまたま私が入った店がアタリだった可能性もあるし、中にはマズい店だってあるだろう。

それは頭で分かっているのだが……。あの一瞬で、私の『イカスミのパスタ』への偏見が崩れたのもまた事実。手首がねじれるほどの勢いで、手の平を返してしまったのだ。それにしても、あの黒い物体があんなに繊細な味だったなんて……今思い出すだけでも……。

・訪れた飲食店の詳細データ

店名 Vecia Cavana
住所 Rio Tera Santi Apostoli Cannaregio 4624 | Zona Strada Nova, 30121 Venice, Italy
時間 12:00〜15:00 / 19:00〜22:30

執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【全国のお取り寄せまとめ】関東編〜郷土料理や定番土産の銘菓〜

茨城県

「いばらき地養豚」を使ったメンチとコロッケのセットをはじめ、江戸時代から伝わる伝統菓子「吉原殿中」やメディアでもたびたび取り上げられるアマビエ様の焼き印が入ったアマビエ様セット。そして実は卵生産量日本一の茨城県にふさわしい濃厚プリンを紹介。
>>>詳しくはこちら

栃木県

栃木名物といったら外せない餃子はもちろん、国内外から人気の高い「金谷ホテル」のパン、県民に愛され続けるローカルドリンク「レモン牛乳」をアイスにした一品などをピックアップ。

>>>詳しくはこちら

群馬県


群馬を代表するソウルフード「焼きまんじゅう」や、郷土料理「おっ切り込みご膳」など、群馬ならではのグルメが集結。地元みなかみ町に多く存在するブナの木をイメージしたバームクーヘンも。

>>>詳しくはこちら

埼玉県

”食の逸品コンクール” 食のプロが選ぶ『料理王国100選』に7年連続認定された、和菓子屋のスイートポテト「スィートポテトべにあかくん」を筆頭に、埼玉県のおみやげナンバーワン「草加せんべい」、日本三大銘茶の一つ「狭山茶」の抹茶を使用した「ダックワーズ」などを紹介。

>>>詳しくはこちら

千葉県


成田ゆめ牧場の牛乳を使用した「まきばの夢チーズケーキ」、びわの果肉をたっぷりそのまま閉じ込めた夏にぴったりな「まるごと枇杷ゼリー」、そして契約農家の方が作った特別栽培野菜セットなど目白押し。

>>>詳しくはこちら

東京都


ビーントゥバーのチョコレートサンド「マジドカカオ」、江戸っ子が好んだ牛鍋の粋な味を「家庭に持ち帰りたい」という希望から生まれた牛肉佃煮、そして定番の東京ばな奈をご紹介しています。

>>>詳しくはこちら

神奈川県


湘南名物のしらすを使用したキッシュや鎌倉土産の定番「クルミッ子」、横浜中華街老舗の味が楽しめるセットなどグルメがずらりと並びます。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~