オープンテラスで回転寿司⁉ 世界で独自に発展した回転寿司事情

世界にもある回転寿司チェーン店

海外の回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

回転寿司、今では日本人の暮らしに欠かせない外食文化になりました。カウンターで握ってもらう高級寿司と、安くておいしい回転寿司、この二極化はしばらく続きそうですが、日本で生まれた回転寿司の文化、着実に海外にも伝わっています。

例えばアメリカのニューヨークでは、イギリス系の回転寿司チェーンである「Yo! Sushi」が2017年(平成29年)にオープンして、大変なにぎわいを見せました。もしかすると、何かのニュースで見た記憶が残っているかもしれません。

パリには「KAÏTEN」といった人気の回転寿司店がありますし、シンガポールにも回転寿司チェーン店の「SAKAE SUSHI」があります。

こうした海外に広がった回転寿司の文化、現地ではどのように変化、あるいは進化しているのでしょうか?

メニューが斬新

韓国の回転寿司

韓国ソウルの回転寿司

海外の回転寿司チェーン店を見て、真っ先に驚く点が、メニュー構成。例えばイギリスの回転寿司チェーン店であるYo! Sushiのメニュー表を見ると、皿に並んで回ってくるメニューに、鶏肉の餃子やどら焼き(Dorayaki Pancake)、チキンカツカレー、たこ焼きなどがあります。

もちろん、鮮魚の寿司もありますが、欧米のチェーン店らしく、サーモンとマグロがメニューの中心。日本のように、その土地でとれるさまざまな魚介類が、あれこれと寿司に生かせる環境ではないはずです。

そのような環境の違いでもメニューにバラエティーを持たせるためでしょうか。巻き物、揚げ物などを織り交ぜながら、ベルトコンベアーの上をにぎやかにしているようにも思えます。

ちなみにシンガポールに駐在経験のある、あるいは旅行経験のある日本人には有名なシンガポールのSAKAE SUSHIにも、コーン寿司など変わり種のメニューがありました(コーン寿司はそれほど変わり種ではないという意見もあると思いますが)。

外席で寿司を食べる

回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

日本の回転寿司店と言えば、店内の設計はだいたい一緒です。ベルトコンベアーに向かってカウンターのように座る席と、郊外型の店舗の場合は特に、ベルトコンベアーに接したボックス席のようなスペースが組み合わされている場合が多いはずです。

しかし、この店舗デザインも、海外の回転寿司屋の場合はちょっと異なります。例えばパリで人気のKAÏTENには、なんとパリらしく外席があります。つまり、店舗の外に路上に接する形で席があり、屋外の雰囲気を楽しみながら、寿司を楽しめます。

もともと江戸時代、日本でも寿司は屋台など外で食べました。外で食べてはいけない理由など一切ないのですが、今の日本人の標準的な考えでいうと、寿司は室内で食べる印象がありませんか?

そもそもパリの人は外席での食事を楽しむ習慣が強いですから、自然とこの形が選ばれたのかもしれませんね。

回転寿司でワインが飲める

回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

最後はドリンクについて。寿司と一緒に飲む飲み物といえば、緑茶、お酒でもビールといった感じでしょうか。ヨーロッパや北米の回転寿司店では、当たり前のようにワイングラスで、寿司に合わせて赤ワイン、白ワインを飲む姿が見られます。

店舗の内装も異なります。日本の回転寿司の場合は、和風建築の雰囲気に漁港の雰囲気をプラスしたようなつくりになっていますが、諸外国(特にヨーロッパ、北米)の場合は、変にスタイリッシュすぎたり、過剰にカラフルだったりと、様子が異なります。

その中で、当たり前のようにワインと一緒にすしを食べるのですね。ただ、言われてみるとワインと寿司、すごく合いそうですよ。日本の回転寿司店ではワインが出てこないお店の方が主流ですから、自宅に持ち帰ったときなどは、一緒に楽しんでみてもいいかもしれませんね。

[All photos in shutterstock]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【外国人に人気のラーメン屋を調査!vol.9】外国人人気がすごすぎる!「一蘭」に行ってきた


ラーメンは今や日本のソウルフードと言っても過言ではないほど。街中には多くのラーメン屋さんに溢れています。特に東京は激選区。そんな中で特に外国人観光客に人気のラーメン屋さんをここで紹介していきたいと思います。9回目はあの「一蘭」を紹介します。

とにかく行列行列行列!の人気すぎるお店

渋谷駅からほど近い場所にある一蘭
「一蘭」といえば、外国人観光客に人気のあるラーメン店。看板にもあるように「天然とんこつラーメン専門店」です。特に渋谷駅からほど近い渋谷店は、常に行列ができているほどの人気です。

階段を降りると行列が
階段を降りていくと、長い列がありました。ドアの中にも実は列が。多い時は階段の上の方まで並んでいることもあり、お客さんの8割くらいは外国人の方。とにかく、日本人よりも外国人に人気があるお店という感じです。

店内に入ったら食券で注文です
お店に入るとすぐに券売機があるので、食券を買います。サイドメニューはありますが、基本的にはとんこつラーメンのみです。筆者は通常の「ラーメン 980円・税込」を購入。現金のみしか使えないのでご注意を。替え玉は席でも注文できるので、ここで買わなくても大丈夫です。

人気のお土産ラーメンもあります
お土産のラーメンも販売していて、こちらはお土産で買って行かれる外国人の方を多く見かけました。作り方の動画もちゃんと用意してあるようです。

空席案内板

青いランプになったら空有です
中に入ると「空席案内板」があって、ここで席の様子をうかがえます。青いランプになった席が空いている席のよう。席が空くとお店のスタッフの方が案内してくれるのでしばし待ちます。

オーダー用紙に記入します
席が空くのを待っている間にオーダー用紙に自分の好みのオーダーを書き込みます。筆者のオーダーはこちら。基本的な味は変えずに、にんにくなし、硬めの麺にしました。辛いものが好きな韓国人の方は、「赤い秘伝のタレ」をかなり多くするのだとか。

一蘭といえば「味集中カウンター」
一蘭といえば、仕切り付きの一人用カウンター「味集中カウンター」ですね。「周りを気にせずにラーメンを召し上がっていただけるシステム」ということで、これのおかげで女性のお客さんのみならず、有名人の方も安心して来店されるのだとか。このカウンターは外国人のお客さんからはウケがよく、一つのアトラクションのように捉えられているようでした。

サイレントカードに追加注文を記入

追加注文はこのボタンで

飲み干してしまうほど美味しい一蘭のとんこつスープ


しばらく待っていると、目の前の窓からラーメンが運ばれてきました。ラーメンが目の前にサーブされると、カーテンが閉められてさらに集中できる空間に。一蘭のラーメンはシンプルなとんこつラーメンです。

トッピングはシンプル
トッピングはシンプル。ネギとチャーシュー、そして一蘭秘伝の赤いタレです。キクラゲなどのトッピングが欲しい場合は、追加注文になります。

臭みのないクリーミーなとんこつスープ
一蘭のとんこつスープは、100%豚の骨から抽出した天然とんこつスープ。全く臭みがないのが特徴。飲んでみるととてもクリーミーなんです。ラーメンのスープというにはもったいないくらいの味。

プチプチとした食感が気持ちい特製生麺
麺は一蘭が作り出した特製生麺を使用。一スープとの相性を考えた特別な小麦を独自にブレンドしているのだとか。プチプチとした独特な食感が気持ちいいのです。硬めで注文しておくと、麺があまり伸びずに美味しくいただけます。

赤い秘伝のたれを少しずつとかします
一蘭特製の「赤い秘伝のたれ」を少しずつ混ぜながらいただきます。唐辛子をベースに30数種類の材料を調合・熟成させた「赤い秘伝のたれ」は、一蘭が生み出した調味料。かなり辛いのですが、これが深みを増してくれます。あっという間にスープまで飲み干してしまいました。

渋谷店は24時間営業。空いている時間を見計らって


渋谷店はどの時間に行っても混んでいるイメージがありますが、実は24時間営業なので、時間を見計らえば並ばずに入れそうです。飲みの後とかの締めのラーメンにも使えそうです。最後の一滴まで飲み干したくなるとんこつラーメンを食べに行ってみましょう。

一蘭 渋谷店
住所:東京都渋谷区神南1-22-7 岩本ビルB1F
電話番号:03-3463-3667
営業時間:24時間営業
HP:https://ichiran.com/

[All Photos by Kaori Simon]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【全国のお取り寄せまとめ】関東編〜郷土料理や定番土産の銘菓〜

茨城県

「いばらき地養豚」を使ったメンチとコロッケのセットをはじめ、江戸時代から伝わる伝統菓子「吉原殿中」やメディアでもたびたび取り上げられるアマビエ様の焼き印が入ったアマビエ様セット。そして実は卵生産量日本一の茨城県にふさわしい濃厚プリンを紹介。
>>>詳しくはこちら

栃木県

栃木名物といったら外せない餃子はもちろん、国内外から人気の高い「金谷ホテル」のパン、県民に愛され続けるローカルドリンク「レモン牛乳」をアイスにした一品などをピックアップ。

>>>詳しくはこちら

群馬県


群馬を代表するソウルフード「焼きまんじゅう」や、郷土料理「おっ切り込みご膳」など、群馬ならではのグルメが集結。地元みなかみ町に多く存在するブナの木をイメージしたバームクーヘンも。

>>>詳しくはこちら

埼玉県

”食の逸品コンクール” 食のプロが選ぶ『料理王国100選』に7年連続認定された、和菓子屋のスイートポテト「スィートポテトべにあかくん」を筆頭に、埼玉県のおみやげナンバーワン「草加せんべい」、日本三大銘茶の一つ「狭山茶」の抹茶を使用した「ダックワーズ」などを紹介。

>>>詳しくはこちら

千葉県


成田ゆめ牧場の牛乳を使用した「まきばの夢チーズケーキ」、びわの果肉をたっぷりそのまま閉じ込めた夏にぴったりな「まるごと枇杷ゼリー」、そして契約農家の方が作った特別栽培野菜セットなど目白押し。

>>>詳しくはこちら

東京都


ビーントゥバーのチョコレートサンド「マジドカカオ」、江戸っ子が好んだ牛鍋の粋な味を「家庭に持ち帰りたい」という希望から生まれた牛肉佃煮、そして定番の東京ばな奈をご紹介しています。

>>>詳しくはこちら

神奈川県


湘南名物のしらすを使用したキッシュや鎌倉土産の定番「クルミッ子」、横浜中華街老舗の味が楽しめるセットなどグルメがずらりと並びます。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~