オープンテラスで回転寿司⁉ 世界で独自に発展した回転寿司事情

世界にもある回転寿司チェーン店

海外の回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

回転寿司、今では日本人の暮らしに欠かせない外食文化になりました。カウンターで握ってもらう高級寿司と、安くておいしい回転寿司、この二極化はしばらく続きそうですが、日本で生まれた回転寿司の文化、着実に海外にも伝わっています。

例えばアメリカのニューヨークでは、イギリス系の回転寿司チェーンである「Yo! Sushi」が2017年(平成29年)にオープンして、大変なにぎわいを見せました。もしかすると、何かのニュースで見た記憶が残っているかもしれません。

パリには「KAÏTEN」といった人気の回転寿司店がありますし、シンガポールにも回転寿司チェーン店の「SAKAE SUSHI」があります。

こうした海外に広がった回転寿司の文化、現地ではどのように変化、あるいは進化しているのでしょうか?

メニューが斬新

韓国の回転寿司

韓国ソウルの回転寿司

海外の回転寿司チェーン店を見て、真っ先に驚く点が、メニュー構成。例えばイギリスの回転寿司チェーン店であるYo! Sushiのメニュー表を見ると、皿に並んで回ってくるメニューに、鶏肉の餃子やどら焼き(Dorayaki Pancake)、チキンカツカレー、たこ焼きなどがあります。

もちろん、鮮魚の寿司もありますが、欧米のチェーン店らしく、サーモンとマグロがメニューの中心。日本のように、その土地でとれるさまざまな魚介類が、あれこれと寿司に生かせる環境ではないはずです。

そのような環境の違いでもメニューにバラエティーを持たせるためでしょうか。巻き物、揚げ物などを織り交ぜながら、ベルトコンベアーの上をにぎやかにしているようにも思えます。

ちなみにシンガポールに駐在経験のある、あるいは旅行経験のある日本人には有名なシンガポールのSAKAE SUSHIにも、コーン寿司など変わり種のメニューがありました(コーン寿司はそれほど変わり種ではないという意見もあると思いますが)。

外席で寿司を食べる

回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

日本の回転寿司店と言えば、店内の設計はだいたい一緒です。ベルトコンベアーに向かってカウンターのように座る席と、郊外型の店舗の場合は特に、ベルトコンベアーに接したボックス席のようなスペースが組み合わされている場合が多いはずです。

しかし、この店舗デザインも、海外の回転寿司屋の場合はちょっと異なります。例えばパリで人気のKAÏTENには、なんとパリらしく外席があります。つまり、店舗の外に路上に接する形で席があり、屋外の雰囲気を楽しみながら、寿司を楽しめます。

もともと江戸時代、日本でも寿司は屋台など外で食べました。外で食べてはいけない理由など一切ないのですが、今の日本人の標準的な考えでいうと、寿司は室内で食べる印象がありませんか?

そもそもパリの人は外席での食事を楽しむ習慣が強いですから、自然とこの形が選ばれたのかもしれませんね。

回転寿司でワインが飲める

回転寿司イメージ

※写真はイメージです。

最後はドリンクについて。寿司と一緒に飲む飲み物といえば、緑茶、お酒でもビールといった感じでしょうか。ヨーロッパや北米の回転寿司店では、当たり前のようにワイングラスで、寿司に合わせて赤ワイン、白ワインを飲む姿が見られます。

店舗の内装も異なります。日本の回転寿司の場合は、和風建築の雰囲気に漁港の雰囲気をプラスしたようなつくりになっていますが、諸外国(特にヨーロッパ、北米)の場合は、変にスタイリッシュすぎたり、過剰にカラフルだったりと、様子が異なります。

その中で、当たり前のようにワインと一緒にすしを食べるのですね。ただ、言われてみるとワインと寿司、すごく合いそうですよ。日本の回転寿司店ではワインが出てこないお店の方が主流ですから、自宅に持ち帰ったときなどは、一緒に楽しんでみてもいいかもしれませんね。

[All photos in shutterstock]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【斬新】ローソンストア100の新商品『サテンのオムライス風パン』が想像の斜め上すぎてそのまま大気圏突破! ケチャップのかけ方まで斜め上

喫茶店のナポリタンやオムライスには何やら心惹かれるものがある。ナポリタンは思いきりケチャップ味で、オムライスは今っぽい “ふわとろ” ではなく、薄い卵でしっかり包んだタイプだとなお良い。そしてこの場合、カフェではなく喫茶店であることが非常に重要だ。

さて、毎度毎度ワケの分からないアイテムを出しては我々を驚かせてくれる「ローソンストア100」だが、今度の新商品は『サテンのオムライス風パン(税抜100円)』だという。なんてグッドタイミング。しかし……発売を前に届いたサンプルを開けてみたところ、やはりそこは安定のローソンストア100であった。何やコレ。

・ローソンストア100新商品

届いた新商品は全部で4種類。ローソンストア100は今回、2020年7月17日に公開される『今日から俺は!! 劇場版』とコラボしており、先述した『サテンのオムライス風パン』は、1980年代の喫茶店で提供されていたオムライスをイメージして作られたそうだ。サテン(喫茶店)という言葉が使われているのはそのためである。

ただ、そもそもの疑問として、オムライス風のパンとは一体何なのか? 袋から出してみると……

ぶっちゃけただのパンにしか見えない。

・嫌な予感

パンの上にはケチャップで「N」? みたいな文字が書かれており、パンの色と相まってまあ何となくオムライスに見えなくもないが……ま、まさか……それで『オムライス風パン』なのか? え、見た目の話!? さすがにそれはないだろ!

いやしかし……ローソンストア100ならあり得る。アイツらたまに本気でそういうことやってくるからな。卵をたっぷり使ったパンにケチャップで文字を書いて「オムライスです」はマジであり得る。油断は禁物だぞ。ていうか、「N」って何なんだよ! のび太のシャツかよ!!

・急転

もはや昭和~平成期の のび太のシャツにしか見えなくなってきたが、ここで確認のため半分に切ってみたところ……

次の瞬間、衝撃が走る。

まさかの……

パンの中にライス……!!

・斜め上

な、何ィィィィィィイイイイ!? そう、パンの具材として卵だけでなく、なんとケチャップライスが詰め込まれていたのである。その発想はなかった! さすがに想像の斜め上というか、もう普通にオムライス食えよという気分にさえなってしまう。何なんだこれ。

ただ、もっちりしたパンともっちりしたケチャップライスとの相性は決して悪くない。オムライスなのかどうかと聞かれると少々悩むが、惣菜パンとしては割とありだし、軽く温めるとよりおいしく食べられた。もっとケチャップライスが入っていてもよかった気がする。

やはりローソンストア100は一筋縄ではいかぬ相手だ。さて、ここで再び気になったのが、ケチャップで書かれた「N」という文字は一体何だったのかという点である。主役の2人の名前は三橋と伊藤だから「N」関係ないし……これ何の「N」?

・謎

しばらく考えてもよく分からなかったため、思い切ってローソンストア100の開発担当者に尋ねてみることに。もしかしたらコアなファンしか気付かない暗号のようなものかもしれない。当サイトがその点を指摘した最初のメディアになるか?

が!

担当者「ケチャップの『N』は生産上の都合によるもので、映画とはまったく関係ございません」

まさかの無意味……!

・徹底的に斜め

やはり何から何まで想像の斜め上だったローソンストア100。『サテンのオムライス風パン』を含む映画とのコラボ商品は本日7月15日発売なので、気になる人はチェックしてみて欲しい。一通り食べたが、4つの中でもっとも斜めってるのが本商品であることは間違いない。

参考リンク:ローソンストア100
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【全国のお取り寄せまとめ】関東編〜郷土料理や定番土産の銘菓〜

茨城県

「いばらき地養豚」を使ったメンチとコロッケのセットをはじめ、江戸時代から伝わる伝統菓子「吉原殿中」やメディアでもたびたび取り上げられるアマビエ様の焼き印が入ったアマビエ様セット。そして実は卵生産量日本一の茨城県にふさわしい濃厚プリンを紹介。
>>>詳しくはこちら

栃木県

栃木名物といったら外せない餃子はもちろん、国内外から人気の高い「金谷ホテル」のパン、県民に愛され続けるローカルドリンク「レモン牛乳」をアイスにした一品などをピックアップ。

>>>詳しくはこちら

群馬県


群馬を代表するソウルフード「焼きまんじゅう」や、郷土料理「おっ切り込みご膳」など、群馬ならではのグルメが集結。地元みなかみ町に多く存在するブナの木をイメージしたバームクーヘンも。

>>>詳しくはこちら

埼玉県

”食の逸品コンクール” 食のプロが選ぶ『料理王国100選』に7年連続認定された、和菓子屋のスイートポテト「スィートポテトべにあかくん」を筆頭に、埼玉県のおみやげナンバーワン「草加せんべい」、日本三大銘茶の一つ「狭山茶」の抹茶を使用した「ダックワーズ」などを紹介。

>>>詳しくはこちら

千葉県


成田ゆめ牧場の牛乳を使用した「まきばの夢チーズケーキ」、びわの果肉をたっぷりそのまま閉じ込めた夏にぴったりな「まるごと枇杷ゼリー」、そして契約農家の方が作った特別栽培野菜セットなど目白押し。

>>>詳しくはこちら

東京都


ビーントゥバーのチョコレートサンド「マジドカカオ」、江戸っ子が好んだ牛鍋の粋な味を「家庭に持ち帰りたい」という希望から生まれた牛肉佃煮、そして定番の東京ばな奈をご紹介しています。

>>>詳しくはこちら

神奈川県


湘南名物のしらすを使用したキッシュや鎌倉土産の定番「クルミッ子」、横浜中華街老舗の味が楽しめるセットなどグルメがずらりと並びます。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~