【朗報】ケンタッキー『30%OFFパック / バーレル / セット』、割引額でついに本気を出す! 特に『バーレル』がエグい…!! 8月21日発売

新型コロナの影響で多くの外食企業がダメージを受ける中、テイクアウト需要の拡大によって圧巻の絶好調ぶりを見せつける我らがケンタッキー。食品産業新聞社によると、今年4~7月の全店売上高は前年同期比16.4%増に達したそうだ。ウハウハやないか!

それが関係しているのかは分からないが、来たる2020年8月21日より発売される『30%OFFパック』『30%OFFバーレル』『30%OFFセット』は、その割引額においていよいよ本気を出してきていると言っていい。これが確変に入ったカーネルおじさんの余裕というヤツなのか……!?

・お得な限定パック

8月21日から9月1日までの期間限定で発売される『30%OFFパック / バーレル / セット』。3品同時発売という1998年のラルクみたいな売り方をするあたり、さすが確変おじさんと言ったところである。それぞれの内容は以下の通りだ。

30%OFFパック:オリジナルチキン3ピース、カーネルクリスピー、ナゲット5ピース、ポテト(S)

30%OFFバーレル:オリジナルチキン5ピース、カーネルクリスピー2ピース、ナゲット5ピース、ポテト(S)

30%OFFセット:オリジナルチキン、カーネルクリスピー、ナゲット5ピース、ポテト(S)

・どうなのよ?

今年7月に発売された『創業記念パック』について、私(あひるねこ)は当時の記事「今年最強クラスの有能」と書いた。それは余計なモノがごちゃごちゃ入っておらず、ほぼオリジナルチキンのみで構成されていたからだ。その観点から言えば、今回の3商品はどれもイマイチということになるはずだが……。

しかし、実際の割引額を計算してみた私は思わず言葉を失った。か、格が違ぇ……。『創業記念¥1000パック』の割引額が230円、『創業記念¥1500パック』の割引額が380円だったことを踏まえて、以下をご覧いただきたい。

30%OFFパック(税込1100円):通常購入金額1600円
30%OFFバーレル(税込1600円):通常購入金額2320円
30%OFFセット(税込760円):通常購入金額1100円

・圧倒

ほ、ほんげェェェェェエエエエエ! 通常購入金額は各メニューの単品価格を合算したものだが、もっとも少額の『30%OFFセット』でさえ340円の割引。『30%OFFバーレル』に至っては、まさかの720円割引である! いや引かれすぎだろ!! カーネルおじさんの不敵な笑みが脳裏に浮かんだのは私だけではあるまい……。

もちろん、ナゲットやカーネルクリスピーにさして興味を示さない “オリチキガチ勢” も一定数存在するだろうが、この強大な割引額はさすがに無視できないのではないか。コロナ時代の超勝ち組、ケンタッキーの余裕を垣間見た瞬間であった。

参照元:ケンタッキーフライドチキン食品産業新聞社
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

スパイシーなのに優しいスパイスカレー!「ウミネコカレー」【東京スパイスカレー特集】



ときには刺激的だったり、ときには爽やかだったり。
ピリッとした辛味と芳醇な香りが織りなすスパイス。
食べた瞬間から、舌と胃だけでなく細胞まで熱くしてくれるスパイスはもはや快楽性物質ではないでしょうか。

ところでここ数年、“スパイスカレー(スパイスカリー)”なるものが大阪で爆発的なブームを巻き起こしており、大阪名物の新定番として注目されています。

さらにそのムーブメントは東京にも飛び火し、専門店が続々と登場。その勢いはとどまることを知らず、大阪に負けない盛り上がりを見せているんですよ。

今回の特集では、そんな東京でも食せる魅惑のスパイスカレーをピックアップ。
第2回は、優しい味わいが病みつきになること間違いなしの「ウミネコカレー」をご紹介しましょう!

スパイスカレーの定義とは?

さて、そもそも「スパイスカレー」ってどんなものなのでしょうか?

某店主によれば、スパイスカレーの発祥は大阪・北浜にある「カシミール」というお店とのこと。その独創的な味に影響を受け、数々の名店が大阪で誕生。カレーマニアの枠を超えて幅広い層に親しまれるようになったのだそう。
一方、東京にも以前からスパイスカレー的なカレーを提供するお店は存在していたようなのですが、数も少なく今日のようなブームにはならなかったとのこと。

さらにスパイスカレーには以下のような特徴があることも判明しました。

・欧風ではなく、どちらかというインドやスリランカ系。
・基本はライス。
・野菜やアチャール(インド版漬物)がトッピングされたワンプレートスタイル。
・スパイスやハーブはお店独自で調合。

“これといった決まりはない”とも言えるスパイスカレー。この自由なスタイルこそが個性ある味わいを生むのかもしれません。

路地裏にひっそり佇む、隠れ家的名店


幡ヶ谷駅からすぐ近く、静かな路地裏に佇む「ウミネコカレー」。西永福での営業を経て2018年にこの地でリニューアルオープンしたのだそう。


シックな木目と白を基調とした店内。随所にアートが飾られており、感性が刺激されそうな雰囲気に満ちています。

カレーは4種用意。セットにするとかなりお得。


カレーはチキン、ポーク、キーマ、ひよこ豆というラインナップ。1種盛りと2種盛りにお好みでスープやサラダをセットにすることも可能。


今回は2種盛りでオーダー。ラッシーはすっきりした甘さで口当たりまろやか。


セットのサラダ。みずみずしいレタスや人参に香ばしい胡麻ドレッシングが見事にマッチ。

思わず撮りたくなる!フォトジェニックな盛り付け


チキンとキーマの2種盛り。円形に盛られたターメリックライスの上にキーマ、その傍にチキンカレーが鎮座。クリエイティブな盛り付けに思わず目を奪われます!


キーマカレーには三つ葉がトッピング。アチャールはキャベツとたまねぎ。どちらも絶妙な酸味でカレーの味を邪魔しません。

じんわり体に染み込む優しいカレー


じっくり煮込まれたチキンは口の中でほろっとほぐれる柔らかさ。スパイシー感がありながらも全体的にマイルド。食べ進めるごとに旨味とコクがじんわり体に染み渡る味わいです。


チキンよりもピリッとした辛味のキーマ。ふっくらと炊き上げられたターメリックライスやまろやかな卵黄とも相性抜群です。三つ葉の清涼感がアクセントとなり、それぞれの素材が至福のハーモニーを奏でる一皿でした。

総評:スパイシーでありながら優しさもしっかり

キーマもチキンもスパイスの香りと風味が際立ちつつも、決して尖った感じではなく全体的にマイルド。“スパイシーなのに優しいスパイスカレー”という言葉がピッタリの逸品でした。

ウミネコカレー
住所 東京都渋谷区幡ケ谷1丁目32−16
電話番号 070-6972-3103
営業時間 12:00-15:00 18:00-21:00 (L.O.30分前)
定休日 月曜定休(月曜祝日の場合は翌日火曜日)
https://uminecocurry.tumblr.com

[All photos by Nao]

東京のスパイスカレー専門店を6つピックアップした【東京スパイスカレー特集】もお見逃しなく!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【朗報】今回のマクドナルド「ポテト150円」はひと味違う / あのキャンペーンと組み合わせるとパーティー化待ったなし

暗い話題が多い今日この頃。何か明るくなれる話題はないかと探していたところ、2020年8月19日からマクドナルドがポテト150円キャンペーンを開始していた。キタコレ!

マックフライポテトが全サイズ150円となるこのキャンペーン。もはや定番となっているものだが、私(中澤)は気づいてしまった。あれ? ひょっとして同時開催しているあのキャンペーンと組み合わせると楽しいことになるのでは?

・店の外からは分からないが…

というわけで、検証するためにマクドナルドへとやって来た。店頭のポスターはポテト150円キャンペーン一色。どうやら、期間は9月1日までのようだ。

しかし、入店し、店内を見渡してみると……やっぱりまだやってた

チキンマックナゲット15ピース390円!!

期間限定ソース「アラビアータソース」と「レモンタルタルソース」の登場に合わせて7月22日から開始されているこのキャンペーン。通常価格580円のチキンマックナゲット15ピースが30%オフの390円になるものだ。期間は9月8日までで、本日からポテト150円とバチ被りである。

・注文してみた

つまり、チキンマックナゲット15ピースとマックフライポテトLを注文しても税込540円! てりやきマックバーガーセットより100円も安い!! そこで、この2つを注文してみたところ……

パーティーやん……!

あふれ出るマックフライポテト、箱いっぱいのチキンマックナゲット。しかも、チキンマックナゲット15ピースはソースを3種類選べるため、ナゲットソースをポテトにつけるなんていう荒業も余裕だ! アラビアータポテトウメェェェエエエ!!

・チキンマックナゲットの通常価格より40円安い

それでいて価格は確かに税込540円。チキンマックナゲットの通常価格よりまだ40円安い。もはやマックフライポテトは存在しなかったも同じ。よって、カロリーはゼロ。どれだけ食べても太らない。

奇跡のカロリーゼロ理論まで成り立ってしまう今回のポテト150円キャンペーンは、いつもとひと味違う。「ああハイハイお馴染みのあのキャンペーンね。たまには100円にして」と思っている人は、1度この540円パーティーを試してみてくれ。色あせたマクドナルドの風景が再び色づくはずだ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。