【全国のお取り寄せまとめ】中部編〜名物グルメに人気のスイーツ〜

新潟県


新潟といったら外せない「へぎそば」。さらにまろやかなコクとフレッシュな味わいが楽しめる「ドリンクヨーグルト」、通常の約3倍の巨大油揚げなど、ユニークな商品がそろっています。

>>>詳しくはこちら

富山県


東京ラーメンショーにおいて通算5度の日本一の栄冠を手に入れている名店「麺屋いろは」の「富山ブラックチャーシューめん」をはじめ、地元産コシヒカリ米粉を贅沢に使ったしっとりしたロールケーキや富山銘菓「甘金丹(かんこんたん)」などをご紹介。

>>>詳しくはこちら

石川県


加賀野菜のひとつ「五郎島金時芋」を使った「五郎島金時おいもぷりん」に加え、「厳選ズワイガニ」や「金沢おでん」と食べ応えのあるグルメがずらりと。

>>>詳しくはこちら

福井県


郷土菓子から生まれた和洋折衷銘菓「羽二重くるみ」を筆頭に、骨まで食べられる柔らかさの「鯖缶詰」、なめらかでもっちりとした「越前そば」などをピックアップ。

>>>詳しくはこちら

山梨県


銘菓・桔梗信玄餅の風味をそのままアイスにした「桔梗信玄餅アイス」、雪山をイメージしたスイーツ「ふじフォン」など、見た目もキュートな商品が集まっています。

>>>詳しくはこちら

長野県


創業95年の老舗おやき専門店が作る「おやき」、カラフルですね。そば粉100%「本十割そば」、軽井沢限定の食パン「ホールホイートブレッド」など、長野ならではの商品がそろいます。

>>>詳しくはこちら

岐阜県


熟成させ最高の味を生み出した「熟成飛騨牛(山勇牛)焼肉盛り合わせ」、良質な国産豚のもも肉だけを使って食品添加物を極力使用せず作られた「明宝ハム」、郷土料理の「五平餅」などをご紹介。

>>>詳しくはこちら

静岡県


言わずと知れた定番お土産「うなぎパイミニ」、脂がのった贅沢な味わい「うなぎ蒲焼き」に釣ってすぐ船上で瞬間冷凍したマグロを使った“まぐろフレーク”など、静岡の魅力が詰まった商品を集めました。

>>>詳しくはこちら

愛知県


明治12年の創業当時よりつくり続けている伝統の味「ういろう」、コクのある味わいの「生みそ煮込うどん」、そして手羽先サミット2018で殿堂入りした「手羽先」など、愛知のおいしさがたっぷり味わえますよ。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

びっくりドンキー『麻辣バーグライス』の「こういうのがいいんでしょ感」→ マジでこういうのを待ってたよ!

2020年1月29日、びっくりドンキーにある新作メニューが登場した。それは『麻辣バーグライス』。ご飯の上にハンバーグ、そしてその上に麻辣ソース、さらにナムル、最後に目玉焼きをドンドンドンとのせたメニューである。

ご飯もハンバーグも麻婆豆腐味もナムルも卵もみんなが大好きなヤツじゃん! 何その好きなもの全部のっけちゃいました〜こういうのがいいんでしょ感。ええ、好きですとも。ひたすら欲望に忠実な感じ、嫌いじゃない!

・夢の「肉だけ麻婆」

しかし、何でもごちゃのせにしたメニューが果たしてウマいのだろうか。冷静に考えるとびっくりドンキーはハンバーグの専門店だ。ハンバーグがマズいわけがない。ここは日本だ。白飯がマズいことはない。ナムルも卵もそれ自体がヒドイ味ということはまずないだろう。

つまりこの『麻辣バーグライス』の評価は、麻辣ソースがウマいかどうかにかかっていると言えるのだ。

結論から言おう。

ウマかったです!

 

ソースは想像より唐辛子の辛さはあるものの、激辛ではなくあくまでコク重視だ。花椒のシビレも控えめ。それでも薄かったり甘かったりすることなく頼もしい味わいに仕上がっているのは、さすが3年熟成の豆板醬使用のことはある! 

そんな少し濃いめでコク深い麻辣ソースは、ご飯と肉にピッタリとマッチ。そりゃひき肉と麻辣の相性の良さは言うまでもない。ゴロッとしたハンバーグと麻辣ソースの組み合わせは夢の「肉だけ麻婆」だった。

・ナムルがいい仕事していた!

ここまででほぼ満点の仕上がりだが、おまけのようで意外にイイ仕事をしていたのがナムルだ。ご存知のとおりナムルは中国にもないわけではないが、韓国料理というイメージが強い。麻婆豆腐にナムルというのは珍しい組み合わせだが、食べてみてこの麻辣バーグライスには無くてはならない存在であることがわかった。

コイツで辛さが調整できるのだ! 上述のとおりソース自体も辛いは辛いが、激辛ではない。辛いもの好きだと少し物足りないかもしれない。そこで刺激をプラスしてくれるのがナムルなのである。後がけ唐辛子パウダーではなくナムルをセレクトしてくるところがニクイねえ!

・卵の役割

さらにナムルとは逆にチェイサーの役割を果たしているのが卵だ。半熟卵のまろやかな味わいが辛さを中和してくれる。

つけあわせを上手に配分することで、柔らかな味わいからハードなところまで欲望のままに味が変えられる。それが『麻辣バーグライス』であった。

ハンバーグとソースとごはんで「肉だけ麻婆丼」、ナムルで辛さを調整し、ちょっと口のなかを落ち着けたいときには卵も一緒に口のなかに放り込む……好きなものを全部のせちゃうなんて頭悪そうな発想でいて、実はメチャクチャ頭いい食べ方なんじゃない? 

麻辣×ハンバーグなんて離れ業のようで、実はスタンダードな味わい。でも普通の麻婆豆腐よりかなりボリュームがあるので、腹ペコ野郎は今すぐびっくりドンキーへGOだ!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

松屋でも大人気だったシュクメルリ。レトルトを実食したら悪魔の食べ物と判明…

 『シュクメルリ』という料理をご存知でしょうか。 そういえば最近シュクメルリどうしているかなと気になってエゴサをしたら、多くの方が日常的につくっている様子が伺えて安心しました。パスタソースにしている方もいて参考になりまし […]