【衝撃】ワタミのステーキレストラン『にくスタ』のトマホークステーキがスゴイ! モノによっては1人で食いきれない!!

ワタミグループが運営するステーキレストラン「カタマリ肉ステーキ & サラダバー にくスタ」を知っているだろうか? 関東に3店舗しか存在しないので、おそらくあまり知られていないと思う。

そのにくスタにスゴイ肉があるんだよ! 骨付き肉「トマホークステーキ」だ。肉好きにオススメしたい! ただし1人で注文する時は要注意だ。サイズのデカい肉に当たると食いきれないぞ!

・関東に3店舗

お店は現在(2020年8月)、東京の府中若松店・羽田大鳥居店、そして埼玉の上尾店の3店舗しかない。以前、蒲田にも店舗があったのだが、そのお店は系列の焼肉店にリニューアルしてしまった。この3店舗で出会える “夢” の肉メニューがトマホークステーキである。価格は1グラム6円(税別)。その日に入荷している肉のサイズによって販売価格は異なる。たとえば800グラムなら税別4800円。1キロなら税別6000円といった具合だ。

府中若松店を訪問した私(佐藤)は、もちろんトマホークを注文することにした。「800グラムくらいなら楽勝だな。1キロでも許容範囲」なんて考えていたら、その考えは甘かった!

この日はトマホークの在庫が1本しかなかったのだ。そのサイズが……、なんと1684グラムだったのだ! 今日はあきらめてランチを食べて帰ろうか……。それとも気合い入れて大食いにチャレンジするか……。5分考えた後、注文する決意を固めた。総重量には骨の重さも入っているという。肉部分だけならなんとかなるかも……。

・1684グラムの巨大トマホーク!

焼き時間は15分程度かかるとのこと。サラダ・ドリンクバーを利用できる「にくスタセット(税別490円)」を注文しておいたので、サラダを食べて待っていると、いきなり店内に鐘の音が響いた。その音が次第に近くなり、ワゴンを引いたスタッフが私のテーブルの前に止まった。

「お待たせしました。トマホークステーキです!」といって置いた鉄板の上には、想像をはるかに超えるデカさの肉塊があらわれた!

なんじゃこりゃーーー! 1.6キロの肉、デカすぎる!!

こんな骨付き肉、見たことがない。

私のiPhoneSEと比較すると、肉のデカさが際立つ。面積だけならSE4台分に匹敵するだろうか……。

・1人ステーキ焼肉状態

ここのステーキは、カットして鉄板上にある焼き台(ペレット)で加熱して食べるスタイルだ。肉を切るとその厚さに驚愕! 4センチはあるんじゃないの!? 一般的なステーキって厚くても2センチ程度だと思うんだけど、これはその倍! 今まで見てきた肉のなかで1番分厚いかも!

くーーっ! 画になる、実に画になるなあ。飴色に焼けた肉の表面、そしてほのかに赤身のさした肉の断面。この2色はこの世でもっとも美しい色合わせの1つだ。

見て楽しむのは最初だけだ。とにかく食わねば! 食べ始めたらかなり忙しくなってしまった。というのも、カットしては焼き台で焼き、またカットして焼く。それをひたすら1人でやらなくてはならない。まるで「1人ステーキ焼肉状態」。焼き台の上は肉で渋滞する始末だ。

脂身はお腹に負担がかかりそうだったので、赤身を中心に食べ進めていった。肉質は柔らかく食感はかなり淡泊だ。クセが少なく、ステーキソースなしでも肉の味がしっかりしている。これはもしかして完食行けるかも?

・事前に電話確認を

ゆっくりとしたペースで1時間食べ続けたが、これ以上はヤバいというところまで来てしまった。骨と骨まわりの脂身、それにカットした赤身(約150グラム)を残して完食を断念した。もう少し、サイズの小さい肉の在庫があれば……。とはいえ、頼んだ以上は完食すべきだった。

会計時にお店の方に残したことをお詫びすると、「お盆中に在庫がはけてしまって、この肉しか残ってなかったんですよね。皆さん食べやすいサイズからオーダーされるもので」と教えてくれた。「次は食べられるサイズをオーダーします」とお伝えして店を後にした。私のように1人で挑戦すると、敗北を喫する可能性があるので要注意だ。

なお、トマホークステーキは府中若松店のほか、羽田大鳥居店、上尾店でも提供している。ただし在庫状況によっては品切れの場合があるので、食べたい人はあらかじめお店に電話をして、肉の在庫を確かめたうえで予約することをオススメする

・今回訪問した店舗の情報

店名 カタマリ肉 & サラダバー にくスタ 府中若松店
住所 東京都府中市若松町1-24-3
時間 11:00~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ポン酢をスープに配合した “さっぱり系二郎” は本当にさっぱりしているのか検証してみた / 東京・渋谷「凛」

たとえ「ラーメン二郎」を食べたことがなくとも、「二郎と言えばこってり」というのは多くの人にとっての共通認識だろう。二郎がこってりでなくなるとしたら、核戦争とパンデミックと隕石衝突が同時に起こった末に地球最後の日がやってきた時くらいだろうと、筆者もまたそのように思っていた。

だが、どうやら「こってりではない二郎系ラーメン」はすでに完成しているらしい。とあるラーメン屋では、にわかには信じがたいことに「さっぱり系二郎」が食べられるというのだ。人智を超えた響きにつられ、気が付けば筆者の足は現地に向いていた。

やってきたのは東京・渋谷にある「凛」という二郎系のラーメン店である。

店先の看板に「しょうゆ(800円)」や「塩(930円)」などのメニューが記してあり、最上部にはなんと「ポン酢(900円)」の文字が。そう、このお店ではポン酢を使った二郎系ラーメンを提供しているのだ。

かくして「さっぱり系二郎」は普通に人智の範囲内であることが判明したわけだが、それにしても驚きのメニューだ。未体験の身からすれば、本当にさっぱり系として成立しているのだろうかという疑問も湧く。

なにせ二郎とポン酢は、それぞれこってり界とさっぱり界の元締めであり、水と油が泣いて逃げ出すような好対照の存在だ。喧嘩どころか、互いに一切の手心なしで殺し合いそうな予感さえある。

願わくは丼の中で手を取り合い、共存していてほしい。融和への願いを胸に秘めつつポン酢ラーメンを注文したところ、10分ほどで実物が到着した。

麺の上にうずたかく積み上がったもやしとキャベツは、まさしく二郎のランドマーク。縮れた太麺も含め、見た目は完全に二郎のそれである。注文時に「ニンニク入れますか」と聞かれて瞬き1つのあいだに「入れます」と答えたため、ニンニクもトッピングされている。

肝心の味の方はいかがか。やや緊張を覚えながらもスープを飲んでみると、まずさわやかな酸味が口の中に広がった。ポン酢そのものの味というわけではなく、ラーメン向けにマイルドに調整されている。実にほどよい酸っぱさだ。

そしてポン酢の要素のあとに、すかさず二郎の風味が通り過ぎていく。独特の醤油感と、パンチのあるニンニクの香り。柔らかめの麺をすすってみても、ポン酢に負けないジャンキー成分が確かに絡んでいる。

例えるなら、ポン酢の海の上を二郎の風が吹き抜けていくような感じだ。有史以来初めて使われたであろう比喩を使ってしまったが、ともかくこれはまさしくポン酢二郎、さっぱり系二郎と呼ぶほかない一品である。

味といい具材のボリューミーさといい、「二郎を食べている」という感覚に十分没入できるし、なおかつ濃厚さと絶妙に溶け合う爽快感までも堪能できる。ここまで徹底的な融和路線が打ち出されていたことに、己の不勉強を悔いるほかない。

歴史は自分の知らないあいだに動いているものだ。地球最後の日などではなく、ここから新たな時代が始まっていくのだろう。二郎をよく知る人こそ、このラーメンを食べればそんな感想を抱くに違いない。ぜひともご賞味あれ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 凛 渋谷店
住所 東京都渋谷区宇多川町6-20
営業時間 11:00~15:00 / 18:00~22:00
定休日 日曜

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【朗報】ケンタッキー『30%OFFパック / バーレル / セット』、割引額でついに本気を出す! 特に『バーレル』がエグい…!! 8月21日発売

新型コロナの影響で多くの外食企業がダメージを受ける中、テイクアウト需要の拡大によって圧巻の絶好調ぶりを見せつける我らがケンタッキー。食品産業新聞社によると、今年4~7月の全店売上高は前年同期比16.4%増に達したそうだ。ウハウハやないか!

それが関係しているのかは分からないが、来たる2020年8月21日より発売される『30%OFFパック』『30%OFFバーレル』『30%OFFセット』は、その割引額においていよいよ本気を出してきていると言っていい。これが確変に入ったカーネルおじさんの余裕というヤツなのか……!?

・お得な限定パック

8月21日から9月1日までの期間限定で発売される『30%OFFパック / バーレル / セット』。3品同時発売という1998年のラルクみたいな売り方をするあたり、さすが確変おじさんと言ったところである。それぞれの内容は以下の通りだ。

30%OFFパック:オリジナルチキン3ピース、カーネルクリスピー、ナゲット5ピース、ポテト(S)

30%OFFバーレル:オリジナルチキン5ピース、カーネルクリスピー2ピース、ナゲット5ピース、ポテト(S)

30%OFFセット:オリジナルチキン、カーネルクリスピー、ナゲット5ピース、ポテト(S)

・どうなのよ?

今年7月に発売された『創業記念パック』について、私(あひるねこ)は当時の記事「今年最強クラスの有能」と書いた。それは余計なモノがごちゃごちゃ入っておらず、ほぼオリジナルチキンのみで構成されていたからだ。その観点から言えば、今回の3商品はどれもイマイチということになるはずだが……。

しかし、実際の割引額を計算してみた私は思わず言葉を失った。か、格が違ぇ……。『創業記念¥1000パック』の割引額が230円、『創業記念¥1500パック』の割引額が380円だったことを踏まえて、以下をご覧いただきたい。

30%OFFパック(税込1100円):通常購入金額1600円
30%OFFバーレル(税込1600円):通常購入金額2320円
30%OFFセット(税込760円):通常購入金額1100円

・圧倒

ほ、ほんげェェェェェエエエエエ! 通常購入金額は各メニューの単品価格を合算したものだが、もっとも少額の『30%OFFセット』でさえ340円の割引。『30%OFFバーレル』に至っては、まさかの720円割引である! いや引かれすぎだろ!! カーネルおじさんの不敵な笑みが脳裏に浮かんだのは私だけではあるまい……。

もちろん、ナゲットやカーネルクリスピーにさして興味を示さない “オリチキガチ勢” も一定数存在するだろうが、この強大な割引額はさすがに無視できないのではないか。コロナ時代の超勝ち組、ケンタッキーの余裕を垣間見た瞬間であった。

参照元:ケンタッキーフライドチキン食品産業新聞社
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。