【クセがスゴい】餃子せんべいを食べてみたら想定外の味! もしも酒好きならばドストライク

せんべいと聞いたら皆さんはどんな味を思い浮かべるだろうか。おそらくほとんどは醤油味や甘みのあるタイプ。そりゃそうだ、そのあたりがオーソドックスである上、せんべいの味は今さら新しいも何もないのだから……と思いきや!

どうやらかなりの変化球も存在するらしく、なんと「餃子せんべい」なんてものを見つけたので買ってみることにした。そしてこれを食べてみたところ、想定外の味でクセがスゴかった……!

・せんべい一筋の老舗

餃子せんべいは都内のスーパーにて税込127円で売られていた。ちなみに製造元の株式会社川島屋は、創業昭和2年の超老舗で93年もの歴史を持つらしい。今から4年ほど前、同社のせんべいが人気番組『アメトーーク!』でも放送されたそうだから、その名を知っている人もいるかもしれない。

さて、購入した餃子せんべいは14枚入りで原材料にはうるち米をはじめ、砂糖や醤油、そしてガーリックパウダー、生にんにく、唐辛子粉などが使われている。

いかにもニンニクフレーバーがガツンとしてそうなラインアップだが、実際に開封してみると……

やはりにんにくの匂いがスゴい。しかしこいつは絶対にウマいやつ……と思うと同時に、人前ではなかなか食べられない感じもする。まぁ何はさておき、まずは1枚食べてみた。そしたらば……!!

これは……

_人人人人人人人人人人人_
> にんにくせんべい <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

・ビールに合う

正直に言うと、あまり餃子感はなく「にんにくせんべい」といった方がしっくりくるかもしれない。というのも、にんにくがガツンと効いているし醤油の組み合わせもイイ……スゴくイイのだが、餃子かと聞かれたら首をひねってしまうところがあるくらい “にんにくしている” のだ。ただ!

味の方はさすが老舗の一言に尽きる。せんべい一筋93年というだけに期待していたが、そっくりそのまま期待値通り。ビールに合わないワケがなく、それらが好きな人からするとツマミとしてドストライクだろう。値段も高くないし、これはアリ。ウマいツマミを探しているなんて人にはオススメだ。

・せんべいorせんぺい

余談ではあるものの、せんべいは九州地方だと「せんぺい」と呼ぶところもある。その由来は方言なのか原料なのか。いまだに謎は解き明かされていないが、もし九州地方で「せんぺい」を見かけても驚かないよう頭の隅っこに豆知識として入れておこう。

参照元:株式会社川島屋
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

風流な庭園付きスタバ! 埼玉県の『川越鐘つき通り店』には情緒ある素敵空間が広がっていた

全国に無数に存在する『スターバックスコーヒー』のなかに、独特な建築様式を有するものがいくつかあるのは皆さんご存知だろう。「リージョナル ランドマーク ストア」と呼ばれる店舗のことだ。

そのなかでも、埼玉県川越市の店舗は敷地内に日本庭園を有し、和風な外観で現地の景観に最高に溶け込んでいるらしい。実際に行ってみたところ、とてもクールで居心地のいいオシャレ空間になっていたぞ!

・小江戸川越

ちなみに、「リージョナル ランドマーク ストア」が建てられる場所というのは、その様式である理由が何かしら存在する。スタバ公式HPでも本形態については以下のように述べられている。

「日本の各地域の象徴となる場所に建築デザインされ、地域の文化を世界に発信する店舗の総称です」

「川越鐘つき通り店」における地域の文化とは、ずばり「小江戸」だろう。埼玉県川越市は「歴史まちづくり法」で「歴史都市」に認定されており、市内の一部のエリアでは江戸時代っぽい景観が保護されている

今回紹介するスタバがあるのは、そんな川越市でも最も「小江戸」感が強いエリアのほぼど真ん中……それどころか「時の鐘」という川越のシンボル的な鐘楼(しょうろう)の数軒となりにあるのだ。

そんなところに、近代的な普通のスタバの店舗を建てるわけにはいかないだろう。しかしそこは「リージョナル ランドマーク ストア」である。ちゃんと店舗の外観からかなり控えめで、周囲の景観に溶け込みまくっている

周辺の蔵作りの建築物に合わせて瓦屋根で、フロントは木造な感じが全開だ。スタバでおなじみの緑のマーメイドも、布に茶色で印刷されて小江戸仕様に。正面に掲げられている「STARBUCKS」の看板も木みたいな感じ。

外から見るとなんだかこじんまりしていて、日本庭園を有するとは思えないサイズ感だ。しかし中に入るとめちゃくちゃ天井が高く、奥まで吹き抜けですごく広く感じる。

しかも突き当たりは全面ガラス張りになっていて開放感が半端無い。まさに匠の技による空間マジック。

・日本庭園

ガラス張りの壁の向こう側には、表からだと存在が疑わしかった日本庭園と、庭園を一望できる結構広めのテラス席が。ちなみに庭園は竹の柵で囲われていて、中に入るのはNGだ。

なるほどこれは風流である。なお、テラス以外にも、店内中ほどにガラスで区切られたそれっぽい中庭がある。こちらは屋根付きなので雨の日でも利用可能だ。

・川越観光で一休みするにはぴったり

店内の雰囲気は最高に落ち着いており、店周辺の江戸時代風な情緒ある雰囲気を抱いたまま一休みできる素敵空間となっていた。周辺にも小さいカフェなどはちらほらあるが、少し長居するには気が引けるというもの。

その点スタバならそこまで気にしなくてもいいだろう。場所としても先述の通り、何せ観光の目玉な「時の鐘」のすぐそばである。川越に訪れた際には、ちょっとした足休めに利用してみてはいかがだろう。

・今回訪れた店舗の詳細

店名 スターバックス川越鐘つき通り店
住所  埼玉県川越市幸町15-18
時間 8:00~20:00
休日 不定休

参照元:スターバックス
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【悲報】“ほぼ居酒屋” と化した「やよい軒」でアルコールの販売休止が相次ぐ / 対象は東京都だけ? 実際に問い合わせてみた

定食チェーン「やよい軒」が現在、ほぼ居酒屋のような状態になっていることは前回前々回の記事でお伝えした。生ビールにハイボール、レモンサワーといったアルコール類が、超お得なキャンペーン価格で提供されているのだ。今ならリアルせんべろも夢ではない。ところが……!

そんな「やよい軒」で最近、アルコールの販売休止が相次いでいるらしい。一杯やろうと入ってみたら、セールどころかお酒自体が売られていなかったという絶望の声がSNSに多く寄せられているのだ。そ、そんなバカな……。一体何があったというのか?

・異変

私(あひるねこ)がその知らせを聞いたのは、ちょうど先週末の連休中のことだった。当編集部の中澤から私宛てに、1枚の画像が送られてきたのだ。どうやら「やよい軒」の店頭に掲示された告知POPらしい。そこには以下のように書かれている。

「当店の東京都の要請に伴う対応について

全時間帯において、アルコール類の販売を休止いたします。

何卒ご理解いただきますよう、宜しくお願い致します。

店主」

・青天の霹靂

えええええええええ!? アルコールの販売休止? しかも全時間帯だって!? キャンペーンは8月31日までなのに……そんなの悲報すぎますやん! ただ、POPには「東京都の要請に伴う対応」と書いてある。ということは、それ以外の地域ではキャンペーン及びアルコールの販売を継続しているのだろうか?

確認しようにも「やよい軒」の公式サイトにはそれらしき記載は見当たらない。そこで、直接問い合わせて確認してみることに! 分かったことを以下にまとめてみたのでご覧いただきたい。

分かったこと その1:今回のアルコール販売休止は東京都の店舗だけの話で、東京以外では変わらずアルコール類の販売を行っている。

分かったこと その2:都内でも一部店舗ではアルコール類の販売を行っている。キャンペーンも実施中。販売しているのは以下の11店舗。

巣鴨南口店、葛西店、西葛西店、蔵前店、亀有店、南池袋店、西新宿店、新中野店、亀戸北口店、国立店、町田店

分かったこと その3:販売休止は現時点で8月31日までを予定。

先月30日、東京都の小池百合子知事は都内で酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請すると発表した。今回の対応は、きっとその件が影響しているのだろう。

・全部コロナのせい

私が先月行った店舗では、「ごはんおかわりロボ」の導入や各席へのパーテーション設置など、新型コロナ対策は徹底されていたように思う。仕方がないとは言え、かなり激熱なキャンペーンだっただけに残念な話だ。

もちろんこれは東京以外にお住まいの方々には関係のない話であり、先述した11店舗でも変わらずアルコール類は販売中である。ビールやサワーがもっともおいしいこの季節。皆さんには私の分まで “やよい飲み” を楽しんでいただければ幸いだ。

参考リンク:やよい軒
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。