海からの風が気持ちいい!センスあふれるカフェで至福のひととき【三重・志摩】

サーファーに人気のビーチに近い高台

ビーチ

国府白浜のビーチです。ほどよく波があり、サーフィンはもちろん泳ぐのもおすすめです。

看板1

賢島の宿から電動アシスト自転車で、緑あふれる自然の中を駆け抜け約40分。「国府白浜」を過ぎて見つけたのがこの看板です。ここから坂を下ると目の前に海の景色が見えてきます。

海景色

ブロカントをセンスよくあしらった空間

外観2

坂を下ったり上ったりしてようやくカフェに到着。お店の前にはヴィンテージ・カー、グリーンに彩られたドアがアクセントになり、少し褪せたブロカントスタイルがいい雰囲気を醸し出しています。

くっきりとしたロゴもこちらのトレードマークです。

内観1

扉の先にはアンティークの椅子、ヨーロッパの教会で使われていたと思われるベンチ、ランプシェードetc・・・。時を経て味わいを帯びた家具や雑貨が、ニュアンスのある空間を作り上げています。

内観2

梯子やカゴ、ドライフラワーなど多彩なものがあしらわれながらも、統一感のある世界観が見事です。格子窓からの陽光がやわらかく射し込み、とっても心地のよい空間です。段差を付けることで空間がより広く感じられ、異なる表情が生まれています。

夏においしい!多彩なソーダとかき氷

ドリンク

緑を眺められる窓際の席を選びました。猛暑の中を自転車で来てバテかけていたので、まずはストロベリーソーダ、マンゴーソーダ(各550円・税込)をいただきます。しゅわしゅわソーダにしっかりと果肉の残ったシロップがミックスしてがおいしい!生き返る思いです。

かき氷

メニューにかき氷を発見!ご当地の食材を生かした「志摩特産 きんこ芋」(700円・税込)を注文してみました。火照った心身に冷え冷えのかき氷が染み入ります。きんこ芋のシロップが甘くて濃厚で、疲れた身体が癒やされます。瞬く間にたいらげてしまいました。

海からの風を感じながら憩うひととき

内観3

普段はサーファーが多く訪れるようですが、筆者が行ったときは普通にカフェを楽しむ人がちらほらという感じでした。食べ終わっても、この居心地の良い空間に留まっていたい・・・と、なかなか重い腰が上がりません。カップルや仲間同士はもちろん、一人で本を読んだり思い思いのひとときを過ごせそうです。

内観4

メニューはタコライスやロコモコ、パスタなどのランチセットにはじまり、スムージーやシェイクなどのドリンク、カクテルなどのアルコール、スイーツに至るまで幅広いラインナップです。かき氷は通年いただけるそうで、マンゴーあんにん、エメラルドビーチ(カルピスとクリームチーズ)など10種がそろいます。

テラス

テラスではワンちゃんOK。海を望めるのが魅力です。

海景色2

「SHEVRON ISE」とは?

看板2

敷地内には「SHEVRON CAFE」をはじめ、一棟貸しのゲストハウスが3棟、パン屋「Maki’s Bakery(マキズベーカリー)」、ブロカントを扱う雑貨店「SHEVRON SHOP(シェブロンショップ)」などが点在しています。これら全てを合わせたのが「SHEVRON ISE(シェブロンイセ)」。神戸で店舗内装や住宅新築の施工、リノベーションなどを行う「SHEVRON FACTORY(シェブロンファクトリー)」が手がけているそうです。お茶のついでにパンを買ったり、ステキな雑貨に出会えるのもうれしいですね。

ゲストハウス

ゲストハウスの1棟「12304 TINY HOUSE(タイニーハウス)」

今回はこの中のカフェをご紹介しました。ビーチで遊ぶときのランチやカフェ、アペリティフやディナーと、海辺のバカンスで理想的なひとときを過ごせます。伊勢神宮への参拝がてら立ち寄るのもおすすめですよ。

ラスト
[All photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission.

SHEVRON CAFE
住所:三重県志摩市阿児町国府3517-16
TEL:0599-47-4747
営業時間:11:00~21:00、土日祝9:30~21:00
不定休
[シェブロンISE]URL:http://shevronmart.com/ise/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

創業182年! 日本最古の天ぷら屋「雷門 三定(さんさだ )」で1番人気の『上天丼』を食べてきた

日本が世界に誇る伝統料理「天ぷら」。全国各地に多くの老舗が存在するが、180年以上の歴史を誇る日本最古の天ぷら屋が東京・浅草にある。

その店の名前は「雷門 三定(さんさだ)」で1番人気は『上天丼』とのこと。長い歴史を経て受け継がれてきた天丼は、いったいどんなものなのだろうか? 筆者はその味を確かめに浅草へと向かった。

・天保8年(1837年)江戸時代に創業

「雷門 三定」のホームページによれば、同社の創業は天保8年(1837年)江戸時代。初代の定吉が三河(今の愛知県)より上京した後に人形町で天ぷら屋台を始め、三河屋定吉から「三定」という現在の店名になったとのことだ。

そんな「雷門 三定」は東京メトロ銀座線の浅草駅1番出口から徒歩1分のところにある。筆者は開店から15分後の午前11時15分頃に到着。日本最古というだけあって、看板などからは老舗ならではの風情が感じられる。

・『上天丼』を注文

入店すると平日の昼前だからか十分空席があった。メニューを開くと天ぷらの盛り合わせや定食のほか、刺身や蕎麦などの日本食が豊富に並ぶ。前述の通り、同店の1番人気は『上天丼(1820円)』とのことでそちらを注文した。

15分ほど待ったところで……きた!

ほぅ、これが日本最古の天ぷら屋の天丼か。

丼から海老の尻尾がはみ出ており、ふたの隙間からはごま油の豊かな香りがふわりと漂う。さて、中はどうなっているのか? ふたをそっと開けてみたら……

これは美味しそうだ。茶色い衣を纏(まと)った海老・きすが上に乗っていて、その下にはどっしりとかき揚げがたたずむ。果たしてこれまで何人の人々がこの天丼に舌鼓を打ってきたのだろうか──。

まずは海老から食べてみると……

なるほど! 全体をつゆにくぐらしているためか衣は意外にもしっとり。また、たれの甘さは控えめで、ごま油の香りがよりいっそう際立つ仕上がりだ。

きすもふんわり柔らかく優しい仕上がりで、たれと白身が一体になってご飯を誘う。

さらにかき揚げをいただいてみたところ……

しっとりしていながらも香ばしい衣と、海老、ホタテ、イカなどの魚介が混ざり合い旨味が倍増。噛むほどに素材の風味が広がる味わい深いかき揚げだ。

天ぷらもご飯も量感たっぷり。しかし、食べ応えがありながら油っぽさを感じさせないところは、さすが庶民に長く愛され続けてきた老舗の天丼である。

日本最古の天ぷら屋が作る『上天丼』はごま油の豊かな香りと、しっとり柔らかな衣が印象的な一品だった。まだ食べたことのない方は、同店ならではの味わいを確かめにぜひ浅草を訪れてみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 雷門 三定 (さんさだ )
住所 東京都台東区浅草1-2-2
時間 11:00~21:00
休日 年中無休

参考リンク:雷門 三定
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【悲報】“ほぼ居酒屋” と化した「やよい軒」でアルコールの販売休止が相次ぐ / 対象は東京都だけ? 実際に問い合わせてみた

定食チェーン「やよい軒」が現在、ほぼ居酒屋のような状態になっていることは前回前々回の記事でお伝えした。生ビールにハイボール、レモンサワーといったアルコール類が、超お得なキャンペーン価格で提供されているのだ。今ならリアルせんべろも夢ではない。ところが……!

そんな「やよい軒」で最近、アルコールの販売休止が相次いでいるらしい。一杯やろうと入ってみたら、セールどころかお酒自体が売られていなかったという絶望の声がSNSに多く寄せられているのだ。そ、そんなバカな……。一体何があったというのか?

・異変

私(あひるねこ)がその知らせを聞いたのは、ちょうど先週末の連休中のことだった。当編集部の中澤から私宛てに、1枚の画像が送られてきたのだ。どうやら「やよい軒」の店頭に掲示された告知POPらしい。そこには以下のように書かれている。

「当店の東京都の要請に伴う対応について

全時間帯において、アルコール類の販売を休止いたします。

何卒ご理解いただきますよう、宜しくお願い致します。

店主」

・青天の霹靂

えええええええええ!? アルコールの販売休止? しかも全時間帯だって!? キャンペーンは8月31日までなのに……そんなの悲報すぎますやん! ただ、POPには「東京都の要請に伴う対応」と書いてある。ということは、それ以外の地域ではキャンペーン及びアルコールの販売を継続しているのだろうか?

確認しようにも「やよい軒」の公式サイトにはそれらしき記載は見当たらない。そこで、直接問い合わせて確認してみることに! 分かったことを以下にまとめてみたのでご覧いただきたい。

分かったこと その1:今回のアルコール販売休止は東京都の店舗だけの話で、東京以外では変わらずアルコール類の販売を行っている。

分かったこと その2:都内でも一部店舗ではアルコール類の販売を行っている。キャンペーンも実施中。販売しているのは以下の11店舗。

巣鴨南口店、葛西店、西葛西店、蔵前店、亀有店、南池袋店、西新宿店、新中野店、亀戸北口店、国立店、町田店

分かったこと その3:販売休止は現時点で8月31日までを予定。

先月30日、東京都の小池百合子知事は都内で酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請すると発表した。今回の対応は、きっとその件が影響しているのだろう。

・全部コロナのせい

私が先月行った店舗では、「ごはんおかわりロボ」の導入や各席へのパーテーション設置など、新型コロナ対策は徹底されていたように思う。仕方がないとは言え、かなり激熱なキャンペーンだっただけに残念な話だ。

もちろんこれは東京以外にお住まいの方々には関係のない話であり、先述した11店舗でも変わらずアルコール類は販売中である。ビールやサワーがもっともおいしいこの季節。皆さんには私の分まで “やよい飲み” を楽しんでいただければ幸いだ。

参考リンク:やよい軒
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。