【食べ比べ】永谷園お茶づけ-1グランプリ / レギュラーシリーズ5種を食べた結果 → とんでもないヤツがいた

お茶づけ海苔と言えば永谷園。手軽に作れてサラサラーッと流し込める味は、食欲が減退するこの時期の強い味方である。私(中澤)は、そんな永谷園のお茶づけが大好きなのだが、ある日、ディスカウントスーパー・オーケーストアでお茶づけ海苔を買おうとしたところ「たらこ茶づけ」なるものを発見した。

何コレ初めて見たぞ!? 梅好きの私は、これまで梅干茶づけ信者だったのだが、まだ見ぬ永谷園のお茶づけがあるかもしれない。そうと分かればこうしちゃいられない! レギュラーシリーズ全部揃えて永谷園お茶づけ-1グランプリ開催や!!

・全5種類

まず、永谷園のサイトの商品情報を確認してみると、レギュラーシリーズには「さけ」「梅干」「たらこ」「わさび」そして「お茶づけ海苔」の5種類が掲載されていた。

見たことのない味は たらこ だけだったのだが、考えたら わさび は食べたことがないし、さけ やただのお茶づけ海苔も大分長いこと食べていない気がする。大人の舌になった今、改めて同じリングで殴り合ったらどれが勝つのだろうか? 想像もつかない。

・初めてコスパ目線で向き合う

幸いにして、全てオーケーストアに売っていたため全種を購入した。まずは、皿に中身を出して乾燥した状態を確認してみると、さけ茶づけの具の大きさが目立つ。

ゴロゴロした鮭が食べごたえがありそうだ。子供の頃、家にはさけ茶づけが常備されていたが、こういったコスパ目線で見たことがないため新鮮に感じる。こんなに身が大きかったのか

ところで、あなたはお茶づけ海苔を使う時、ご飯に何をかけるだろうか。私はお茶を上からふりかける。しかも麦茶だ。冷え冷えの香ばしい風味とお茶づけ海苔のハーモニーが、この時期に最高なのである。しかし、今回はお茶づけ海苔単体の味をより知るためお湯で行いたい。

・ただのお茶づけ海苔

まずは、基本中の基本お茶づけ海苔の味を確認してみた。渋みのある味に緑茶っぽさを感じる。しかし、ただの緑茶ではなく、旨みが抜群なのが永谷園のお茶づけ海苔の良いところ

そこに豊かな海苔の風味が花を添える。特徴としては、唯一、あられが棒状になっていることか。そのため、ただのお茶づけ海苔とは言え食べごたえは十分である。

・さけ茶づけ

基本的には、この味にそれぞれの特性が加算されていくはずだ。続いてさけ茶づけを食べてみると、鮭の肉感が感じられる。とは言え、具が主張しすぎていなくて味が溶け合っている印象だ。さすが定番

・梅干茶づけ

それに比べ、梅干茶づけは梅干の味が勝ちすぎている気もする。お茶づけ海苔自体の味が梅干しに乗っ取られている感じがするのだ

まあ、梅干しなので余裕でご飯にマッチするし、前述の通り個人的には好きな味なのだが、お茶づけ海苔として見た時にバランスが良いのはさけ茶づけかもしれない。

・異端児たらこ

と、食べ比べだからこそ分かる細かな違いに感動していたのだが、次に食べたたらこ茶づけは明らかに異質だった。なんとたらこ茶づけは……

醤油味

そう、永谷園のお茶づけにお馴染みのあの緑の粉が入っていないのである。そのため、味的にもレギュラーシリーズの他のものとは一線を画す内容だった。たらこの風味がしっかりしつつも、口に広がるつゆはまろやかさがある。まるで、たらこで出汁茶漬けを作ったような味は永谷園の異端児と言えるだろう。

しかしながら、これはこれで多いにアリだ。出汁茶漬けを食べたいが、お茶づけのために出汁を作るのが面倒くさい時とか便利だと思う。

・とんでもないヤツがいた

それにしても、さすが永谷園。どの味もよくまとまっている。68年の歴史を感じるぜ。今回初めて全種類を食べるわけだが、私の中には早くも信頼のようなものが築かれつつあった。永谷園に間違いなし。

──だが、そんな信頼は、砂で作った城のようなものだったことを、わさび茶づけを食べた時に思い知る

辛ッッッッ!!!

? 辛ッ!! 舌に突き刺さる辛み。何コレ? ハリセンボン味? その辛みは、ちょっとつゆをすすっただけで鼻がツーンとして目にくるほどの強烈さ。

塗り絵で言うならクレヨンで力一杯塗り尽くしたレベルでお茶づけ海苔の味をわさびが塗りつぶしている。私はわさびが好きで、練りわさびだけでお茶づけをしたりもするが正直これはやりすぎだ。

・攻めまくっている

っていうか、市販のチューブ練りわさびをそのまま食べてもこんなに辛くない気がする。さすが本わさび使用……言うとる場合か! 子供が食べたら多分泣くからコレ!! 一体どうしたと言うんだ永谷園。わさびだけブレーキ壊れちゃってるぞ

しかし、裏を返せばこれは攻めまくっていると言える。チキンレースだったら壁ぶち破ってるレベル。なぜ、わさび味だけこんなにとんがっているのかは謎だが購入の際は注意してくれ。

・総括

というわけで、それぞれに個性が光りまくった「永谷園お茶づけ-1グランプリ」。誠に激闘だったと言えるだろう。それだけにどれが1番かは迷うところだが、個人的に優勝を決めるなら……

ただの「お茶づけ海苔」だ

決め手は、全て食べた後、純粋にもう1度食べたいと思ったのがコレだったから。食べ比べると分かるのだが、味つけと海苔の風味やアラレのバランスがとても良いのである。その雑味のないシンプルさは飽きない味となっている。

ただし、これはお茶づけとしての完成度の話で、他のお茶づけ海苔も味が劣るという意味ではないことを追記しておきたい。それこそ、私は全て食べた今でも梅干茶づけを買うだろうし。

何より、手軽に作れて、暑くともサラサラーッと食べられるのがお茶づけ海苔の良いところ。まだまだ暑い日は続くと思われるので、何も食べる気がしない時は、あなたも「永谷園お茶づけ-1グランプリ」を開催し、自分の優勝茶づけを見つけてみてはいかがだろうか。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【台湾グルメ】台北の「阿城鵝肉」で食べたガチョウがどれだけ最高だったか全力でプレゼンする

ハッキリ言って台湾をナメていました。事前にリサーチしたところによると「台湾料理は基本的に甘いんだよね~」とか「意外と薄いというかパンチに欠けるんだよね~」なんて聞いていましたが、とんでもない。断言します、台湾料理は爆ウマですLOVE 台湾

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンは人生初の台湾旅行に出かけてきたのですが、食べる料理の全てが感動するほど激ウマ。中でも心の底から感動したのが「ガチョウ」でした。高速で走るダチョウじゃありません、肝臓がフォアグラになったりする「ガチョウ」の方です。

・台湾マスターのオススメ

今回、私は事前に知人の “台湾マスター” から、台北で食べるべき料理を伝授されていました。中でもマスターが「絶対に食べた方がイイ。いや食べろ。むしろ初日に食え」と猛烈プッシュしてきたのが、ガチョウだったのです。

View this post on Instagram

台湾! 暑いッ‼

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on Oct 2, 2019 at 1:34am PDT

私はまんまと「あー、卵のデカい……」と言ってしまいましたが、台湾マスターからはすかさず「それダチョウ」とツッコミが。マスターいわく、私のようにダチョウとガチョウを勘違いする人は非常に多いとのことです。

・台北の阿城鵝肉

さてそのガチョウですが、日本ではそこまで馴染みのある食材ではありません。見た目はアヒルに近いビジュアルで、味は鴨に近いとのことですが……。台湾マスターがそこまで言うなら仕方ありません。台北に到着した初日に「阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)」まで足を運びました。

「阿城鵝肉」はグリーンラインの「松江南京駅」の8番出口から徒歩10分ほどのところにあるガチョウ専門店で、観光客でもアクセスは比較的容易です。というか、店の名前をGoogleマップに打ち込めば、きっちり店までナビゲートしてくれます。優秀です、Googleマップ。

ただし「阿城鵝肉」は人気店なので、多少の行列は覚悟しておいた方がいいでしょう。回転が早いので30分は待ちませんが、それでも夕食時だとすんなり入れる方が珍しいハズです。メニューを見ながら注文票に悪戦苦闘しながら書き込みましょう。大丈夫、最後はボディランゲージでなんとかなるものです。

・マストで注文して欲しいメニュー

絶対に注文して欲しいのは「ガチョウのスライス」で、燻製と水煮タイプがあります。私は燻製をチョイスし、他には「ガチョウの油がかかったご飯」そして「スープ」を注文しました。総額285元でしたから、日本円にするとちょうど1000円くらいでしょうか。

んでもって、食べてみたらマジでビックリ仰天! ガチョウのスライスのおいしいことおいしいこと。ウソではなく1人だったのに「ウマッ」って言いましたもんね。言ったというか声が自然に出てしまいました。今まで食べたどんな鳥料理よりもウマいんです。

肉質は噛みごたえがあり、例えるならば軍鶏に近い感じ。また鴨と同じではありませんが、ガチョウ独特の野生味はありました(ただしクセはありません)。あまりに肉がウマくて衝撃を受けましたが「ガチョウの油がかかったご飯」もバカウマ! この2つはマストで注文してください。

・3日連続で通った

味については「とにかくおいしい」としか言いようがないのですが、どれだけ衝撃を受けたかという客観的な証拠を述べると、私は結局「阿城鵝肉」に3日連続で通いました。マジです。2日目も3日目もポケモンGOの会場で会った顔見知りの人を誘い、正真正銘3日間連続です。

ほら、中華料理って1人だとたくさん注文できないじゃないですか? なので、本当に顔見知りくらいの方たちで恐縮だったんですが「ガチョウ食べに行きません?」と強引に誘いました。それくらい「阿城鵝肉」のガチョウに魅せられてしまったのです。

心残りは「ガチョウのスライス」の水煮タイプが3日間とも売り切れていたこと。マスターいわく「燻製と同じくらいおいしい」と聞いていたので残念でなりません。今回の台湾旅行で唯一の心残りです。

私の仕事はライターです。書くことは当然として、ネタ探しも重要な仕事です。なので、海外に行ったらなるべく多くの店に足を運び、多くのネタを仕入れたいんですね。でも「阿城鵝肉」のガチョウはそれすら放棄するほどの衝撃的なウマさでした。初日の夜、ガチョウが夢に出てきたんですから。

残念ながら、マスターは「あの手のガチョウは日本だと食べられないからね~」と言っていたので、どうしてもガチョウが食べたければ台北に飛ぶしかないでしょう。というか「阿城鵝肉」は日本に出店しないんですかね? 投資を真剣に検討したいくらいウマかったです。

というわけで、台湾に訪れたらまずはガチョウを食べること、これは全力でオススメしたいと思います。むしろ台湾でガチョウを食べてない場合、台湾に行っていないことになるのではないでしょうか? 思い出しながら書いてたらヨダレが出てきました。もう台北に行きたいです。

参考リンク:阿城鵝肉
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

海からの風が気持ちいい!センスあふれるカフェで至福のひととき【三重・志摩】

サーファーに人気のビーチに近い高台

ビーチ

国府白浜のビーチです。ほどよく波があり、サーフィンはもちろん泳ぐのもおすすめです。

看板1

賢島の宿から電動アシスト自転車で、緑あふれる自然の中を駆け抜け約40分。「国府白浜」を過ぎて見つけたのがこの看板です。ここから坂を下ると目の前に海の景色が見えてきます。

海景色

ブロカントをセンスよくあしらった空間

外観2

坂を下ったり上ったりしてようやくカフェに到着。お店の前にはヴィンテージ・カー、グリーンに彩られたドアがアクセントになり、少し褪せたブロカントスタイルがいい雰囲気を醸し出しています。

くっきりとしたロゴもこちらのトレードマークです。

内観1

扉の先にはアンティークの椅子、ヨーロッパの教会で使われていたと思われるベンチ、ランプシェードetc・・・。時を経て味わいを帯びた家具や雑貨が、ニュアンスのある空間を作り上げています。

内観2

梯子やカゴ、ドライフラワーなど多彩なものがあしらわれながらも、統一感のある世界観が見事です。格子窓からの陽光がやわらかく射し込み、とっても心地のよい空間です。段差を付けることで空間がより広く感じられ、異なる表情が生まれています。

夏においしい!多彩なソーダとかき氷

ドリンク

緑を眺められる窓際の席を選びました。猛暑の中を自転車で来てバテかけていたので、まずはストロベリーソーダ、マンゴーソーダ(各550円・税込)をいただきます。しゅわしゅわソーダにしっかりと果肉の残ったシロップがミックスしてがおいしい!生き返る思いです。

かき氷

メニューにかき氷を発見!ご当地の食材を生かした「志摩特産 きんこ芋」(700円・税込)を注文してみました。火照った心身に冷え冷えのかき氷が染み入ります。きんこ芋のシロップが甘くて濃厚で、疲れた身体が癒やされます。瞬く間にたいらげてしまいました。

海からの風を感じながら憩うひととき

内観3

普段はサーファーが多く訪れるようですが、筆者が行ったときは普通にカフェを楽しむ人がちらほらという感じでした。食べ終わっても、この居心地の良い空間に留まっていたい・・・と、なかなか重い腰が上がりません。カップルや仲間同士はもちろん、一人で本を読んだり思い思いのひとときを過ごせそうです。

内観4

メニューはタコライスやロコモコ、パスタなどのランチセットにはじまり、スムージーやシェイクなどのドリンク、カクテルなどのアルコール、スイーツに至るまで幅広いラインナップです。かき氷は通年いただけるそうで、マンゴーあんにん、エメラルドビーチ(カルピスとクリームチーズ)など10種がそろいます。

テラス

テラスではワンちゃんOK。海を望めるのが魅力です。

海景色2

「SHEVRON ISE」とは?

看板2

敷地内には「SHEVRON CAFE」をはじめ、一棟貸しのゲストハウスが3棟、パン屋「Maki’s Bakery(マキズベーカリー)」、ブロカントを扱う雑貨店「SHEVRON SHOP(シェブロンショップ)」などが点在しています。これら全てを合わせたのが「SHEVRON ISE(シェブロンイセ)」。神戸で店舗内装や住宅新築の施工、リノベーションなどを行う「SHEVRON FACTORY(シェブロンファクトリー)」が手がけているそうです。お茶のついでにパンを買ったり、ステキな雑貨に出会えるのもうれしいですね。

ゲストハウス

ゲストハウスの1棟「12304 TINY HOUSE(タイニーハウス)」

今回はこの中のカフェをご紹介しました。ビーチで遊ぶときのランチやカフェ、アペリティフやディナーと、海辺のバカンスで理想的なひとときを過ごせます。伊勢神宮への参拝がてら立ち寄るのもおすすめですよ。

ラスト
[All photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission.

SHEVRON CAFE
住所:三重県志摩市阿児町国府3517-16
TEL:0599-47-4747
営業時間:11:00~21:00、土日祝9:30~21:00
不定休
[シェブロンISE]URL:http://shevronmart.com/ise/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

~人生に旅心を~