【コスパ最強】自宅で「鳥貴族」したら店より安く済んだ / 飲み仕様すぎるテイクアウトについて

コロナ禍で多くの飲食店が被害を受けているが、中でも深刻なチェーンの1つが鳥貴族だ。なんでも、2020年4月の全店売上高が前年同月比で96.2%減だったという。96.2%減。とんでもない数字である。

そんな鳥貴族がテイクアウトを始めた……ってご存知だっただろうか? 私はつい最近まで知らなかった。なにせ、コロナ禍になってから鳥貴族どころか居酒屋に全然行けてない。きっと同じような人は多いかと思うので、以下で紹介していきたい。最初に注意喚起しておくが、これを持ち帰ったあとに仕事なんてやろうと思ってはイカンぞ

飲食店や居酒屋がテイクアウトをやることは今や珍しくも何ともない。だけど、大体のテイクアウトは弁当っぽい感じになっている。ようは、ご飯やらが付いてきて、それだけで食事として完結している形だ。

もちろん単品のテイクアウトなんていくらでもあるが、「選ぼうと思えばご飯かパンか何かしらの炭水化物が付いてくる」ってパターンがほとんどかと思う。だけど、鳥貴族のテイクアウトは……

串じゃないものと言ったら……

唐揚げ!

ポテト!

ご覧のとおり、チェーン店のテイクアウトとはいってもお弁当の方向に全然寄せてない。完全 “飲み仕様” であり、鳥貴族らしさが貫かれたテイクアウトなのだ。ちなみに、お店の人によると「ご飯類、麺類はテイクアウト対象ではありません」とのこと。

・実際に利用してみた

こんな内容だったら、そりゃあ帰りにビールくらいは買うというもの。それを飲んでしまったら、もう仕事するモードじゃなくなるというもの。つまるところ、弁当買う感覚で利用したら、気づいたら酔ってるかもしれんってことだ。実に恐ろしいテイクアウトである。

で、テイクアウトも全品税抜298円ってのは見逃せない。容器代とか色々かかっているにもかかわらず、店で食べるのと値段が同じ。当然ながら焼き鳥は1人前2本入りだ。冷静に考えて、サイゼリヤの串(アロスティチーニ)より100円ほど安いってすごくないだろうか?

だだし、全商品をテイクアウトできるわけではない。私の大好きな『ふんわり山芋の鉄板焼』や『とり釜飯』は対象外。そもそも、公式サイトを見ていたら、「テイクアウト開始!」と書かれてない店舗もある。

だから最寄りの店舗がテイクアウトに対応してるかどうかは公式ホームページで確認してもらうとして、注目はドリンクだ。

酒類は自分で用意する形になるので、スーパーとかで買ったら店舗の価格(税抜298円)よりいくらでも安くできる。……え、いいんすか? と言いたくなるが、いいのだ。遠慮は無用。好きなものを好きなだけ持ち帰るべし。

・テイクアウト時の注意点

ただ1つ、注意点を挙げるとしたら、購入したあと電車に乗る場合は気をつけろってことだろうか。私は職場近くの鳥貴族でテイクアウトしたが、帰宅途中の電車内で「いい匂い」を撒き散らしてしまい、ヒジョーにいたたまれないというか、申し訳ない気持ちになった。

鳥貴族のような居酒屋となると、自宅近くより職場近辺の方がすぐに店舗の場所が浮かぶ人は多いだろうが、テイクアウトするときはやっぱり家の近くの方がいいぞ。下手したら、新幹線で551の豚まんを食べてるみたいな状態になってしまうから。

参考リンク:鳥貴族「テイクアウトメニュー」 「店舗検索」帝国データバンク(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【まさか】タイ料理大好きっ子がスシローの「本格トムヤムラーメン」を食べた結果…

どれを食べてもハズレなし、数ある回転寿司チェーン店の中でも断トツのコスパを誇る我らがスシロー。中には1度も食べたことがないネタも存在するが、それだってきっと美味しいに決まってる。スシローの安定感は全盛期のヒョードルに匹敵するハズだ。だがしかし……。

今回は大変残念なお知らせをしなければならない。というのも、タイ料理が大好きな私、P.K.サンジュンがつい先日まで販売されていた『本格トムヤムラーメン』を食べてみたところ、おそらくスシロー史上初の黒星が待っていたのだ。

・トムヤムクンのラーメン

2019年4月下旬から発売されていたスシローの本格トムヤムラーメン。その名の通り、タイ料理の大定番「トムヤムクン」をベースにしたラーメンで、かなり辛く仕上げられていることが最大の特徴だ。価格は1杯380円、店舗によっては400円である。

タイ料理が大好きな私はもちろんトムヤムクンも大好物。都内のタイ料理店はもちろんのこと、本場タイでも幾度となくトムヤムクンを食している。ちなみに日本で1番美味しいと思うトムヤムクンは、茨城県にある「バンセンストア」のトムヤムクンだ。

・スシローならば大丈夫

それはさておき、タイ料理が大好きな私が食べてもスシローの『本格トムヤムラーメン』は間違いなく美味しいハズ。なにせ、これまでスシローで食べた料理の中で「これはダメだ」なんてものは1つとして存在しなかった。寿司とは程遠いタイ料理でも、スシローならば……!

というわけで、スシローで『本格トムヤムラーメン』をオーダー。追加のパクチーも100円でオーダーできるのも非常にありがたい。さすが無敵のスシロー。トムヤムラーメンを食べる消費者の心理を分かりぬいている。

やってきた本格トムヤムラーメンは、レモングラスとコブミカンが香る “香りはマジで本格派” のトムヤムクンだ。具にはワンタンがトッピングされており、ボリューム的にもちょうどいい。さっそく一口いただいてみると……。

辛ッ!

あ、結構辛い!!

けど全然美味しくないッッ!!!!

ズバリ申し上げるが、本格トムヤムラーメンは圧倒的に旨味が足りていなかった。トムヤムクンに限らず、辛い料理はその分の旨味がなければ美味しくならない。辛ければ辛いほど旨味を強くする、これは激辛料理のセオリーである。

その点、本格トムヤムラーメンは “ただ辛いだけのトムヤムクン” になってしまっていた。愛するスシローにこんなことを言うのも気が引けるが、ハッキリ言って本格トムヤムラーメンは駄作。タイ料理好きとしては到底受け入れられないクオリティであった。

ところが──。

当編集部のスシローマスター、中澤星児は本格トムヤムラーメンが「美味しかった」という。彼はそこそこ味覚が確かな男なのだが、念のため「トムヤムクン食べたことある?」と尋ねたところ、

「いや、ないです」

……と教えてくれた。つまり、本格トムヤムラーメンは、タイ料理好きにとっては超イマイチで、タイ料理ビギナーにとっては美味しく感じる一杯なのかもしれない。

今回は厳しいジャッジを下したが、それでもスシローが最高であることは紛れもない事実である。さあ、スシローよ。もう1回トムヤムクンで勝負してみろ。そしてタイ料理好きの俺に「ウマい!」と言わせてくれ。リベンジはいつでも受け付ける。

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

三ツ矢史上 “最高レベルに酸っぱい” らしい『三ツ矢』アセロラを飲んでみた! かつて最高に酸っぱかった「グリーンレモン」と比較してみたぞ!!

なにかってーと “ビタミンC ” が欲しい、そんな年頃の三十路記者です。2020年8月18日、1日分のビタミンCとクエン酸が配合されているという炭酸飲料、『三ツ矢』アセロラの販売が開始。しかもなんと、このドリンク “三ツ矢ブランド” で最高レベルに酸っぱいというではないか。

いいねいいね、酸っぱいの大好きだぞ! せっかくなので、これまで三ツ矢史上最高に酸っぱいと言われていた『三ツ矢』グリーンレモンと飲み比べてみることにした。むむむ……なるほどこれは、結構違いがあるな!! 

・圧倒的にアセロラが酸っぱい

真っ赤なパッケージが目を引く『三ツ矢』アセロラ。記者はコンビニにて、税抜140円で購入した。デカデカと “三ツ矢ブランド最高レベルに酸っぱい” と書かれている。お前さん、こないだ『三ツ矢』グリーンレモンを発売していた時も似たようなこと言うてたやん……

と思わないではないが、取り敢えず一旦その件については脇に置いておこう。上記したように、両ドリンクの酸っぱさを比較するため、取り急ぎ “グリーンレモン” から飲んでみることにする。いざ! 

ふむふむ。“グリーンレモン” は確かに酸っぱ目ではあるが、個人的には甘みもソコソコ強いと感じる。食後などにじっくり飲みたくなるタイプと言えば伝わるだろうか。はじめて飲んだが美味しいな。ビールなどと混ぜても良さそうだ。

さて、次は “アセロラ”いってみよう。おおおお~、これは酸っぱい。グリーンレモンの後に飲むから余計にそう感じるのか、結構酸っぱいぞ!! お腹の下あたりがキュっとする酸味だ。個人的には、めちゃめちゃ好み。朝起きてすぐに口に入れシャキッと目を覚ましたい、そんな感じのドリンクである。

・混ぜてみた

両ドリンク、それぞれに違った美味しさがある。ということは、混ぜればよりウマいんじゃない? 閃いた記者は、ミックスさせてみることに! はじめはアセロラの味と酸味が勝っていたが、次第にレモン特有の苦みのようなものも出てきて、そこそこイケた。

酸味が倍になるようなことはなかったが、これはこれでアリなような気がした次第。偶然、両ドリンクが手元にあるという奇特な方は試してみると良いだろう。

とにもかくにも、酸味が効いていてとっても夏向きな『三ツ矢』アセロラ。熱中症対策に必要なナトリウムも含有されているとのことなので、ますます今の時期に重宝しそうだ。買い置きしておくのも良いかもしれないな!

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。