【テイクアウト限定】マクドナルドとバーガーキングの「マックキングセット(650円)」が超最高 / マック派とバーキン派が手を取り合うレベル

ハンバーガーチェーンの大手マクドナルド。そんなマックと熾烈な闘争を繰り広げているのがバーガーキングである。その長きにわたる争いは「マック派」「バーキン派」という派閥まで作り出した。

あるバーキン過激派はこう言う。「もうマックは食べる気がしない」と。一方、マック派はこう言う。「ファストフードなんだからマックくらいがちょうど良い」と。しばしば論争となる両者。しかし、今、お互いのことを知れば、長き戦争も終わるかもしれない。マックとバーキンの「マックキングセット」が超最高なのである

・バーキンのハンバーガー2コ500円

両者が近所にある私(中澤)としては、ハンバーガーのパティはバーガーキングの勝ちだと思う。ゴロゴロしたパティはこれぞハンバーグという食べごたえだ

そんなバーガーキングでは8月21日から9月3日まで、500円でハンバーガー2コが選べるキャンペーン「2コ得」が行われている。しかもその対象商品が、ワッパーチーズJr、スパイシーワッパーJr、テリヤキワッパーJrとガチ定番主力ばかりで完全に殺(ト)りにきてるラインナップであることは以前の記事でお伝えした通り。

・マックのポテト150円

「+300円」でポテトとドリンクもつけられるわけだが、個人的にはポテトはマック派だ。カリッと細めのポテトの塩味がたまらない

そんなマクドナルドでは8月19日から9月1日まで、ポテト全サイズ150円のキャンペーンが行われていることも以前の記事でお伝えした。そう、現在バーキンとマックが示し合わせたようにハンバーガーとポテトのキャンペーンを開催しているのである。

・合体

そこで、バーキンでワッパーチーズJrとテリヤキワッパーJrをテイクアウトの上、マックでポテトLをテイクアウトしてみた。これぞテイクアウト限定の奇跡のタッグ「マックキングセット(650円)」や

マックのビッグマックセットより40円も安いのにハンバーガーが2つついてくるし、バーキンで2コ得にセットをつけるより150円安いのにポテトはLサイズだ。食べてみると……

War is over

──お互いの長所を生かすようなコスパに私の中での戦争は終わった。バーキン派とマック派が手を取り合うべき時期が来たのかもしれない。少なくとも、ポテト150円が終わる9月1日までの2週間は。振り返れば、長かった戦いの歴史……

でも、想像してごらん?

派閥なんてないんだと

どちらも下では無いし

僕たちの上にはただ空があるだけ

<完>

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【知ってた】丸亀製麺、『牛焼肉冷麺』という名のうどんを発売! 繰り返す、冷麺という名の冷たいうどん!! 7月14日発売!

焼肉のシメと言ったら問答無用で冷麺である。酒がメインでライスを頼まなかったとしても、冷麺だけは外せないだろう。その際、基本的にはコシの強い盛岡冷麺一択だが、麺が細い韓国冷麺もまた本場感があって味がある。ああ、めっちゃ冷麺食いたくなってきた……!

とそこへ、俺たちの「丸亀製麺」がなんと冷麺を発売することを発表したぞ! マ、マジかよ……丸亀で冷麺!? 超気になるじゃんそれ!! なんでも『牛焼肉冷麺』という商品名で、近日発売されるとのこと。丸亀の冷麺楽しみだな~。しかし! この直後、私(あひるねこ)は「知ってた」と呟くことになる。

・丸亀の新商品

丸亀製麺は2020年7月14日から9月1日までの期間限定で、新商品『牛焼肉冷麺』を全国の店舗にて販売する(一部店舗を除く)。価格は並が690円、大が800円、得が910円でいずれも税込。その名の通り、麺の上に熱々の牛焼肉がのった豪華なメニューだ。

爽やかな酸味とテールスープの旨みが染み出た冷たいだしに、キムチ、もやし、小松菜といった具材が添えられており、これ一杯で焼肉を前菜からシメまで一度に楽しめるような作りになっているぞ。実に、実にウマそうである! が、しかし……。

私、気付いちゃったんです。

うどんやん。

・衝撃の事実

ガビーーーーーン。冷麺じゃなくて、冷たいうどんだったでござる。先に言え。ただ調べてみると、うどんも盛岡冷麺も主な原料はどちらも小麦粉(韓国冷麺はそば粉)。だから厳密には別に間違っていないし、そもそも丸亀新商品の時点で「知ってた」と言わざるを得ない。そりゃうどんだろ。

同時に発売される辛味噌入りの『辛辛(からから)牛焼肉冷麺』も激しくウマそうだが、言うまでもなくこちらも冷麺ではなく冷たいうどんである。知ってた。価格は並が720円、大が830円、得が940円でいずれも税込。辛党のうどん党にオススメだぞ。

丸亀製麺の新商品『牛焼肉冷麺』。名前は冷麺ながら、その正体は大方の予想通りうどんだった。もしかしたら冷麺の口になっている人も中にはいるかもしれないが……丸亀のことだ。それを吹き飛ばすような激ウマなうどんを食べさせてくれるはずである。期待して待て!

参照元:丸亀製麺
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コスパ最強】自宅で「鳥貴族」したら店より安く済んだ / 飲み仕様すぎるテイクアウトについて

コロナ禍で多くの飲食店が被害を受けているが、中でも深刻なチェーンの1つが鳥貴族だ。なんでも、2020年4月の全店売上高が前年同月比で96.2%減だったという。96.2%減。とんでもない数字である。

そんな鳥貴族がテイクアウトを始めた……ってご存知だっただろうか? 私はつい最近まで知らなかった。なにせ、コロナ禍になってから鳥貴族どころか居酒屋に全然行けてない。きっと同じような人は多いかと思うので、以下で紹介していきたい。最初に注意喚起しておくが、これを持ち帰ったあとに仕事なんてやろうと思ってはイカンぞ

飲食店や居酒屋がテイクアウトをやることは今や珍しくも何ともない。だけど、大体のテイクアウトは弁当っぽい感じになっている。ようは、ご飯やらが付いてきて、それだけで食事として完結している形だ。

もちろん単品のテイクアウトなんていくらでもあるが、「選ぼうと思えばご飯かパンか何かしらの炭水化物が付いてくる」ってパターンがほとんどかと思う。だけど、鳥貴族のテイクアウトは……

串じゃないものと言ったら……

唐揚げ!

ポテト!

ご覧のとおり、チェーン店のテイクアウトとはいってもお弁当の方向に全然寄せてない。完全 “飲み仕様” であり、鳥貴族らしさが貫かれたテイクアウトなのだ。ちなみに、お店の人によると「ご飯類、麺類はテイクアウト対象ではありません」とのこと。

・実際に利用してみた

こんな内容だったら、そりゃあ帰りにビールくらいは買うというもの。それを飲んでしまったら、もう仕事するモードじゃなくなるというもの。つまるところ、弁当買う感覚で利用したら、気づいたら酔ってるかもしれんってことだ。実に恐ろしいテイクアウトである。

で、テイクアウトも全品税抜298円ってのは見逃せない。容器代とか色々かかっているにもかかわらず、店で食べるのと値段が同じ。当然ながら焼き鳥は1人前2本入りだ。冷静に考えて、サイゼリヤの串(アロスティチーニ)より100円ほど安いってすごくないだろうか?

だだし、全商品をテイクアウトできるわけではない。私の大好きな『ふんわり山芋の鉄板焼』や『とり釜飯』は対象外。そもそも、公式サイトを見ていたら、「テイクアウト開始!」と書かれてない店舗もある。

だから最寄りの店舗がテイクアウトに対応してるかどうかは公式ホームページで確認してもらうとして、注目はドリンクだ。

酒類は自分で用意する形になるので、スーパーとかで買ったら店舗の価格(税抜298円)よりいくらでも安くできる。……え、いいんすか? と言いたくなるが、いいのだ。遠慮は無用。好きなものを好きなだけ持ち帰るべし。

・テイクアウト時の注意点

ただ1つ、注意点を挙げるとしたら、購入したあと電車に乗る場合は気をつけろってことだろうか。私は職場近くの鳥貴族でテイクアウトしたが、帰宅途中の電車内で「いい匂い」を撒き散らしてしまい、ヒジョーにいたたまれないというか、申し訳ない気持ちになった。

鳥貴族のような居酒屋となると、自宅近くより職場近辺の方がすぐに店舗の場所が浮かぶ人は多いだろうが、テイクアウトするときはやっぱり家の近くの方がいいぞ。下手したら、新幹線で551の豚まんを食べてるみたいな状態になってしまうから。

参考リンク:鳥貴族「テイクアウトメニュー」 「店舗検索」帝国データバンク(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。