米粉がモチモチ!人気店のバインミーと和菓子がヘルシーなのに満足度高い

 美容をアップしたい時に、意識したいのが毎日の食事。なかでも以前ご紹介したとおり、美人がよく食べているグルテンフリーのメニューは、やはりチェックしておきたいところです。

 そこで、今回はリピート必須なグルテンフリーメニューを出している2店舗をご紹介します。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

タロ芋タピオカミルクが濃厚で美味!台北・西門町「茶茶GO」実食ルポ【台湾】

台北・西門町の人気ドリンク店「Chachago 茶茶GO」

Chachago 茶茶GO

台湾の原宿とも呼ばれる街・西門町は、夜遅くまで若者たちや観光客が訪れる賑やかな街です。チェーン店からニューオープンのお店まで多種多様なドリンクスタンドが点在していますが、今回おすすめしたいお店が「Chachago 茶茶GO」というドリンクスタンドです。今回は西門店に訪れましたが、台湾だけでなく世界各地に店舗を構える人気店です。

メニュー表はこちら

メニュー表

こちらがメニュー表です。タピオカドリンクやフルーツドリンク、タロ芋ドリンクなど種類は豊富。値段も比較的手頃です。特に人気が高いドリンクがタロ芋ミルク系列「逮丸芋頭1號」と「逮丸芋頭2號」です。逮丸芋頭1號にはゴールドタピオカ(黄金珍珠)が、逮丸芋頭2號にはミニ芋団子(無敵芋圓)が入っています。価格はいずれも60元(約216円)です。

フルーツティーもおいしそう

フレッシュフルーツを使用したドリンクも人気のようで、お店の前で大きく紹介されていました。

濃厚タロ芋ペーストとタピオカがたっぷり!「逮丸芋頭1號」

タロ芋タピオカミルク

筆者が今回注文したのはゴールドタピオカ入りのタロ芋ミルク「逮丸芋頭1號」です。お店ではどちらかというと2號が人気のようでしたが、ゴールドタピオカを試してみたかったため1號にしてみました。

カップの中にはタロ芋ペーストとタピオカがたっぷりと入っています。よく混ぜながら飲んでくださいとね、のことです。新鮮なミルクと濃厚なタロ芋ペーストの自然な甘さ、そしてもちもちのタピオカとのハーモニーがとってもおいしい!まるでスイーツのようなドリンクです。カップ自体もそんなに大きくないので、観光の合間にちょっと甘い飲み物が欲しいなという時にぴったりだと感じました。

日本ではタピオカブームは一体いつまで続くのか?ということが話題になったりしますが、台湾のドリンクスタンドにタピオカがあるのはほぼ当たり前。台湾の街にはオリジナリティ溢れるタピオカドリンクがたくさんあり、お気に入りドリンクを探すのが楽しいです。台湾に旅行される時は、色々なドリンクスタンドに立ち寄ってみてくださいね。

chachago 茶茶GO台北西門形象店
住所:台北市萬華區漢中街36-1號
公式ホームページ:https://www.chachago.com.tw/

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コスパ最強】自宅で「鳥貴族」したら店より安く済んだ / 飲み仕様すぎるテイクアウトについて

コロナ禍で多くの飲食店が被害を受けているが、中でも深刻なチェーンの1つが鳥貴族だ。なんでも、2020年4月の全店売上高が前年同月比で96.2%減だったという。96.2%減。とんでもない数字である。

そんな鳥貴族がテイクアウトを始めた……ってご存知だっただろうか? 私はつい最近まで知らなかった。なにせ、コロナ禍になってから鳥貴族どころか居酒屋に全然行けてない。きっと同じような人は多いかと思うので、以下で紹介していきたい。最初に注意喚起しておくが、これを持ち帰ったあとに仕事なんてやろうと思ってはイカンぞ

飲食店や居酒屋がテイクアウトをやることは今や珍しくも何ともない。だけど、大体のテイクアウトは弁当っぽい感じになっている。ようは、ご飯やらが付いてきて、それだけで食事として完結している形だ。

もちろん単品のテイクアウトなんていくらでもあるが、「選ぼうと思えばご飯かパンか何かしらの炭水化物が付いてくる」ってパターンがほとんどかと思う。だけど、鳥貴族のテイクアウトは……

串じゃないものと言ったら……

唐揚げ!

ポテト!

ご覧のとおり、チェーン店のテイクアウトとはいってもお弁当の方向に全然寄せてない。完全 “飲み仕様” であり、鳥貴族らしさが貫かれたテイクアウトなのだ。ちなみに、お店の人によると「ご飯類、麺類はテイクアウト対象ではありません」とのこと。

・実際に利用してみた

こんな内容だったら、そりゃあ帰りにビールくらいは買うというもの。それを飲んでしまったら、もう仕事するモードじゃなくなるというもの。つまるところ、弁当買う感覚で利用したら、気づいたら酔ってるかもしれんってことだ。実に恐ろしいテイクアウトである。

で、テイクアウトも全品税抜298円ってのは見逃せない。容器代とか色々かかっているにもかかわらず、店で食べるのと値段が同じ。当然ながら焼き鳥は1人前2本入りだ。冷静に考えて、サイゼリヤの串(アロスティチーニ)より100円ほど安いってすごくないだろうか?

だだし、全商品をテイクアウトできるわけではない。私の大好きな『ふんわり山芋の鉄板焼』や『とり釜飯』は対象外。そもそも、公式サイトを見ていたら、「テイクアウト開始!」と書かれてない店舗もある。

だから最寄りの店舗がテイクアウトに対応してるかどうかは公式ホームページで確認してもらうとして、注目はドリンクだ。

酒類は自分で用意する形になるので、スーパーとかで買ったら店舗の価格(税抜298円)よりいくらでも安くできる。……え、いいんすか? と言いたくなるが、いいのだ。遠慮は無用。好きなものを好きなだけ持ち帰るべし。

・テイクアウト時の注意点

ただ1つ、注意点を挙げるとしたら、購入したあと電車に乗る場合は気をつけろってことだろうか。私は職場近くの鳥貴族でテイクアウトしたが、帰宅途中の電車内で「いい匂い」を撒き散らしてしまい、ヒジョーにいたたまれないというか、申し訳ない気持ちになった。

鳥貴族のような居酒屋となると、自宅近くより職場近辺の方がすぐに店舗の場所が浮かぶ人は多いだろうが、テイクアウトするときはやっぱり家の近くの方がいいぞ。下手したら、新幹線で551の豚まんを食べてるみたいな状態になってしまうから。

参考リンク:鳥貴族「テイクアウトメニュー」 「店舗検索」帝国データバンク(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。