憧れの「志摩観光ホテル ザ クラシック」で夏限定スイーツを【三重・志摩】


(C)志摩観光ホテル

「志摩観光ホテル ザ クラシック」とは

ザ クラブ
カフェ&ワインバー「リアン」のある「ザ クラブ」(C)志摩観光ホテル

真珠の養殖で知られる英虞湾を望む賢島に立つこちらは、伊勢志摩における迎賓館のような役割を持つ歴史あるホテルです。1969年に開業し、昭和を代表する建築家・村野藤吾による設計とデザインがさすがの風格を感じさせます。

オーシャンビューの客室とともに、レストランでいただける看板メニューの「鮑ステーキ」と「伊勢海老クリームスープ」は、一度は堪能してみたいものです。2008年にオープンした「ザ ベイスイート」は、全室オーシャンビューのスイートルームという豪華さです。

サミット

最近では2016年に行われたG7伊勢志摩サミットの舞台となり、各国首脳が訪れたことでも知られています。ホテル内の一部施設は自由に見学することができます。

開業当時の面影が残るカフェ&ワインバー


(C)志摩観光ホテル

創業時からの面影を色濃く残す「ザ クラブ」にある、カフェ&ワインバー「リアン」。吹き抜けで天井が高く、窓の向こうには庭園を望め、開放感あふれる気持ちの良い空間です。天井には大きな梁、窓には障子があしらわれ、和洋折衷のクラシカルさが品を添えています。サービスもエレガントで、高級レストランにいるかのような気分を味わえますよ。

内観2

1日10食限定の「フルーツパフェ」

パフェ1

毎年人気という7月11日~8月31日まで味わえる「フルーツパフェ」(2,178円・税・サービス料込)。1日10個限定の希少さに心惹かれます。志摩産の苺“レッドパール”を生かしたシャーベット、バニラビーンズたっぷりの濃厚なバニラアイス、懐かしい味わいのプリン、季節のフルーツ、スポンジ・・・。オーソドックスで子どもの頃に食べたパフェを思い出します。そこにフルーツのジュレ、サクサクとしたクランチチョコレートが盛り込まれ、一つひとつが上質で誰もがおいしく堪能できます。

パフェ2

見た目も爽やかな「ハーブティソーダ」

ハーブティソーダ1

とっても涼しげな「ハーブティソーダ」(1,815円・税・サービス料込)。ホテルの温室で育った、レモングラスやアップルミントなど7種のハーブを使ったハーブティを、ジュレに仕立てています。シュワシュワのソーダに、ツルンとした透明のジュレが爽やかなのど越しです。透明感の中に志摩産の“南張メロン”とハーブの淡いグリーンが美しく映えます。メロンのソルベがトッピングされ、夏にうれしい一品です。こちらも8月末までの限定です。

ハーブティソーダ2

晴れた日にはテラス席が気持ちいい!

テラス
(C)志摩観光ホテル

晴れた日には海からの風を感じられるテラス席もおすすめです。目の前には緑あふれる庭園が広がり、自然の中でゆったりとくつろげます。お茶の後にはお庭を散策することもできます。英虞湾を望める開放感が、心身ともに癒やしてくれることでしょう。

英虞湾2

夏限定メニューはほかにも、トロピカルアフタヌーンティ(要予約)、アイスクリーム(あおさ・ほうじ茶)があります。シーフードパスタや松坂牛のハンバーガーなどのランチも豊富にそろいます。

伊勢神宮への参拝や海水浴がてら、憧れのクラシカルホテルで、ほんの少し贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがですか。

志摩観光ホテル ザ クラシック
カフェ&ワインバー「リアン」
住所:三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211(代)(受付時間9:00~20:00)
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:30)
※上記メニューの提供は11:30~17:30
URL:https://www.miyakohotels.ne.jp/shima-club/restaurant/cafewinebarlien/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

[(C)以外photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【嘘やろ】かつやの新商品『デミたまメンチカツ』を食べに行ったら「ミルクボーイ」が “あのネタ” をやっていてそれどころじゃなかった

少々ハードルを上げすぎたのかもしれない──。今年に入り、私(あひるねこ)は反省していた。とんかつチェーン「かつや」の新商品に対してである。これまで数多くの “頭おかしい” 系メニューを生み出してきた「かつや」。とは言え、それが毎回続くとは限らないのだ。

その証拠に、前回は『青ねぎ味噌チキンカツ』、今回は『デミたまメンチカツ』と、非常に真っ当な商品ラッシュが続いている。なるほど、ここ最近はどういじり倒してやろうかばかり考えていたが、たまには真面目にレビューしてみるのもいいかもしれない。しかし……結論から言うと、それは無理だった。

・待望の新作

本日2020年2月7日より販売が始まった『デミたまメンチカツ』。「かつや」はハンバーグ派にもぜひ食べてもらいたいと自信をのぞかせる。丼(税抜590円)にするか鍋定食(税抜690円)するか迷いつつ、メニュー写真を見ると定食推しっぽかったのでそちらをチョイスした。

・主役はメンチカツ

鍋定食は大きなメンチカツが2個にキャベツの千切り、ご飯、とん汁(小)がセットだ。丼だとメンチが玉子でとじられているらしいが、定食は上から生卵が落とされている。

加えて見るからに濃厚そうなデミグラスソースと粉チーズがかかっており、大きさといい厚さといい かなりのボリューム。ソースもたっぷりで、先ほどからメンチがひたひたに浸っているぞ。きっと旨味が衣全体に染み渡っていることだろう。

半分に切られたメンチを持ち上げると、ズッシリとした重みが箸に伝わってくる。お肉が隙間なくギチギチに詰まっているようだ。卵の黄身とよく絡めれば……。

うむ、絶対ウマい。

頬張ると、ジューシーな肉汁とソースが口の中で弾けるように広がるのを感じる。言うまでもなくウマし。やはりメンチカツには、男の子っぽいとんかつソースよりも華やかなデミグラスソースがよく似合う。加えてご飯もよくすすむ。

メンチはキャベツの下にも隠れており、思った通りガッツリとした食べ応えだ。ただ一つだけ要求すると、粉チーズの存在感はもう少し欲しかった気もする。ここがもしサイゼなら、軽く倍はバシがけしていたかもしれないな。とは言え、総合的には大満足だった。ごちそうさまでした。

・ここから本題

さて、我ながら何の面白みもない記事になってしまったが、実はこれには理由がある。正確に言うと、入店の段階で私は『デミたまメンチカツ』どころではない事態に遭遇していたのだ。ではここで、丼か定食で悩んでいた場面にまで時を戻そう……。

「メニュー写真を見ると定食推しっぽかったのでそちらをチョイスした」

そう、この部分である。一見、私の注意はメンチの方に向いているようだが、メニューの下の方をよく見ると……。

いやコーンフレークやないか!!!

・まさかのミルクボーイ

え、コーンフレーク!? 「かつや」で!? コーンフレークはね、まだ朝の寝ぼけてる時やから食べてられるのよ。そんな時間から「かつや」に来るような客は、コーンフレークなんて求めてへんのよ。ならコーンフレークとちゃうがな! と思い再びメニューを見てみると……。

やっぱりコーンフレークやないか!!!!

コーンフレークを衣のかわりにして、鶏肉をカラッと揚げとるやないか! 3月6日に発売されるという『ザクザクスパイシーチキンカツ丼』。この “ザクザク” と表された食感はきっと、コーンフレークによるものに違いない。開発担当者の頭ん中どうなっとんねん。

・さすが俺たちの「かつや」

あまりにも衝撃的な新メニュー予告によって、私の意識は完全にそちらに持って行かれてしまった。もちろん先述したように、『デミたまメンチカツ』は味・ボリュームともに申し分のない新商品だ。しかし……。今はもうコーンフレークのことしか考えられない状態である。続報に鬼期待。

参考リンク:かつや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コスパ最強】自宅で「鳥貴族」したら店より安く済んだ / 飲み仕様すぎるテイクアウトについて

コロナ禍で多くの飲食店が被害を受けているが、中でも深刻なチェーンの1つが鳥貴族だ。なんでも、2020年4月の全店売上高が前年同月比で96.2%減だったという。96.2%減。とんでもない数字である。

そんな鳥貴族がテイクアウトを始めた……ってご存知だっただろうか? 私はつい最近まで知らなかった。なにせ、コロナ禍になってから鳥貴族どころか居酒屋に全然行けてない。きっと同じような人は多いかと思うので、以下で紹介していきたい。最初に注意喚起しておくが、これを持ち帰ったあとに仕事なんてやろうと思ってはイカンぞ

飲食店や居酒屋がテイクアウトをやることは今や珍しくも何ともない。だけど、大体のテイクアウトは弁当っぽい感じになっている。ようは、ご飯やらが付いてきて、それだけで食事として完結している形だ。

もちろん単品のテイクアウトなんていくらでもあるが、「選ぼうと思えばご飯かパンか何かしらの炭水化物が付いてくる」ってパターンがほとんどかと思う。だけど、鳥貴族のテイクアウトは……

串じゃないものと言ったら……

唐揚げ!

ポテト!

ご覧のとおり、チェーン店のテイクアウトとはいってもお弁当の方向に全然寄せてない。完全 “飲み仕様” であり、鳥貴族らしさが貫かれたテイクアウトなのだ。ちなみに、お店の人によると「ご飯類、麺類はテイクアウト対象ではありません」とのこと。

・実際に利用してみた

こんな内容だったら、そりゃあ帰りにビールくらいは買うというもの。それを飲んでしまったら、もう仕事するモードじゃなくなるというもの。つまるところ、弁当買う感覚で利用したら、気づいたら酔ってるかもしれんってことだ。実に恐ろしいテイクアウトである。

で、テイクアウトも全品税抜298円ってのは見逃せない。容器代とか色々かかっているにもかかわらず、店で食べるのと値段が同じ。当然ながら焼き鳥は1人前2本入りだ。冷静に考えて、サイゼリヤの串(アロスティチーニ)より100円ほど安いってすごくないだろうか?

だだし、全商品をテイクアウトできるわけではない。私の大好きな『ふんわり山芋の鉄板焼』や『とり釜飯』は対象外。そもそも、公式サイトを見ていたら、「テイクアウト開始!」と書かれてない店舗もある。

だから最寄りの店舗がテイクアウトに対応してるかどうかは公式ホームページで確認してもらうとして、注目はドリンクだ。

酒類は自分で用意する形になるので、スーパーとかで買ったら店舗の価格(税抜298円)よりいくらでも安くできる。……え、いいんすか? と言いたくなるが、いいのだ。遠慮は無用。好きなものを好きなだけ持ち帰るべし。

・テイクアウト時の注意点

ただ1つ、注意点を挙げるとしたら、購入したあと電車に乗る場合は気をつけろってことだろうか。私は職場近くの鳥貴族でテイクアウトしたが、帰宅途中の電車内で「いい匂い」を撒き散らしてしまい、ヒジョーにいたたまれないというか、申し訳ない気持ちになった。

鳥貴族のような居酒屋となると、自宅近くより職場近辺の方がすぐに店舗の場所が浮かぶ人は多いだろうが、テイクアウトするときはやっぱり家の近くの方がいいぞ。下手したら、新幹線で551の豚まんを食べてるみたいな状態になってしまうから。

参考リンク:鳥貴族「テイクアウトメニュー」 「店舗検索」帝国データバンク(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。